アフターピルを絶対に毎回使ってはいけないたった1つの理由

アフターピルは望まない妊娠を回避するための緊急避妊薬です。
ではアフターピルは不妊に繋がることがあるのか、また飲み過ぎると良くない理由など解説していきます。

アフターピルは不妊に繋がる?

アフターピルは不妊に繋がる?

「将来は子供が欲しいけど、アフターピルを飲むと妊娠できなくなるのか?」
そんな疑問を抱く方は多くいらっしゃいます。

結論から言うと、アフターピルは服用しても不妊に繋がることはありません

アフターピルは排卵を遅らせる、または排卵をさせないことで妊娠を防ぐ効果を持った薬です。
しかしこうした効果は一時的なものであり、アフターピルが将来の不妊の原因となることはありません。

アフターピルの避妊率は高い

アフターピルは、行為が終わってから飲むタイミングが早ければ早いほど避妊率は高まります

タイミング 避妊率
行為直後~12時間 99.5%
13~24時間 98.5%
25~36時間 98.2%
37~48時間 97.4%
49~60時間 96.9%
61~72時間 95.9%

このように、性行為から72時間以内(3日)の服用であれば高い避妊率を発揮するのがアフターピルです。
性行為から72時間以上過ぎると避妊率が落ちてしまうため、アフターピルは早めの服用が重要になります。

またアフターピルでも、120時間以内(5日)の服用で約98%の避妊率を期待できる種類のものもあります。

あくまでも”緊急”避妊薬であり、体への負担もゼロではないため頻繁に飲むべき薬ではありません
しかし望まない妊娠を避けるため、万が一の際にはアフターピルの服用を選択肢として考慮しておくことをおすすめします。

アフターピルを毎回使用してはいけない理由

アフターピルを毎回使用してはいけない理由

アフターピルは高い避妊率が期待できる薬です。
しかし「行為の度に毎回飲めばいいのでは?」と考えるのは誤りです。

ここではアフターピルが体に及ぼす影響に触れた上で、服用した際に起こりうる副作用を解説していきます。

身体に及ぼす影響

アフターピルの成分は、黄体ホルモンという種類の女性ホルモンです。
しかもアフターピルは含まれるホルモンの量が多い、中用量ピルとなります。

こうしたアフターピルが身体に及ぼす影響として考えられるのが、ホルモンバランスの乱れです。

女性の体内では、常に女性ホルモンの分泌が行われています。
しかしそこでアフターピルを服用することで一時的に血中の女性ホルモンの濃度が上がってしまい、身体に異変が生じてしまうのです。

アフターピルは副作用が出やすい薬ですが、その理由はホルモンバランスが乱れてしまうことにあります。

比較的軽い副作用

アフターピルの副作用として起こりやすいのが、以下の症状です。

  • 吐き気
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 眠気
  • 消退出血

いずれの症状も、通常は24時間以内に治まります。

特に注意したいのは、吐き気の副作用です。
アフターピルの服用後に嘔吐をしてしまうと、成分も一緒に吐き出されてしまうことで避妊に失敗する可能性が生じます。
目安となるのは2時間なので、アフターピルを服用してから2時間以内は吐き気をできるだけ我慢しましょう。

また2時間以内に嘔吐をしてしまった場合は、もう1度アフターピルの服用が必要になります。

重篤な副作用

極めて稀な副作用ですが、アフターピルには血栓症の発症リスクがあります。
一般的に血栓症のリスクが高いとされるのは、次のような方です。

  • タバコを1日15本以上吸う方
  • 肥満体質の方
  • 35歳以上の方
  • 寝たきりの生活をしている方
  • 糖尿病や高血圧などの持病がある方

上記に当てはまる方は、事前に医師に相談することをおすすめします。

アフターピルはどこで購入できるのか

アフターピルは頻繁に飲んでいては身体的な負担が大きくなりますが、緊急時にはやはり必要になります。
一般的には病院で処方されるアフターピルですが、実は海外通販でも購入することが可能です。

病院ではなく海外通販でアフターピルを購入することで、次のようなメリットがあります。

  • 病院と同じ種類を取り扱い
  • 誰にもバレずに購入できる
  • 値段が安い

アフターピルが必要な状況に置かれていても、「病院には恥ずかしくて行けなかった」という方は少なくありません。
しかし海外通販であれば、PCやスマホから注文をするだけで簡単に購入が可能です。

また病院と同じ種類のアフターピルを、海外通販なら低価格で入手できます。

ノルレボ アイピル エラ
名称 ノルレボ ノルレボジェネリック
(アイピル)
エラ
病院価格 約15,000~20,000円 約8,000~12,000円 約10,000~20,000円
海外通販 3,320円 1,200円 4,950円
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

ただし海外通販は、代金の支払いから商品の到着まで約2週間かかることが通常です。
行為の後に注文しても、とても間に合いません。
そのため海外通販は、いざという時に備えてアフターピルを常備しておきたいという場合の利用がおすすめです。

急いでいる方は病院へ

アフターピルを購入する上でメリットが大きい海外通販。
しかし商品の到着が遅く、緊急時には間に合わないことが欠点です。

「コンドームをつけずに性行為をしてしまった」
「避妊に失敗しているかも…」

不安があれば、すぐに病院を受診しましょう。
病院であれば受診した日のうちにアフターピルを処方してもらえるため、お急ぎの場合にも安心です。

また恥ずかしい、近くに病院が無いなどの方は、病院のオンライン処方を利用することがおすすめです。
最近ではスマホで5分申し込み・最短1時間で発送、とオンライン処方でのスピード感を重視した病院も増えています。

常に避妊したい場合~女性主体の方法~

避妊をするために毎回アフターピルを服用するのでは、身体にかかる負担が大きくなってしまいます。
望まない妊娠を避けるためには、日頃から避妊を行うことが大切です。

ここでは、女性が主体となってできる避妊方法を集めてみました。

どれも女性主体でできる避妊方法になります。
3つの方法を記載しましたが、将来のことや身体への負担を考えると最もおすすめなのは低用量ピルの服用です。

それぞれの避妊方法について、順番に解説します。

低用量ピル

低用量ピル

低用量ピルの服用は、定番となる避妊方法です。

メリット
  • 正しい服用でほぼ100%の避妊効果
  • 生理痛軽減や美容などにも有効
  • 服用をやめると妊娠も可能
デメリット
  • 飲み始めに副作用が出ることも
  • 血栓症のリスク

低用量ピルは正しい服用方法を守ることで、約99.7%の避妊効果が期待できると言われています。
さらに生理痛や生理前のイライラの緩和、ニキビの軽減など避妊以外にも様々な利点もあります。

また低用量ピルの服用をやめると妊娠が可能となるため、子供が欲しくなったときでも安心です。

ただし低用量ピルの副作用として血栓症が報告されているため、血栓症の発症リスクが高い方は注意しなくてはなりません。

避妊器具(IUD・IUS)

避妊方法の1つとして、避妊器具を使用する方法もあります。

IUD(子宮内避妊具)IUS(子宮内黄体ホルモン放出システム)などの小さな器具を、子宮の中に入れる避妊方法です。

メリット
  • 薬を飲み忘れる心配がない
  • 使用感が少ない
デメリット
  • 医師による装着、除去が必要
  • 出産、中絶経験のある方が主な対象
  • 定期的な診察が必要

避妊器具は挿入してしまえば使用感がほとんどなく、女性主体での避妊が可能になります。

しかし器具の挿入、また取り外しの際には必ず病院に行かなくてはなりません。
また正しい位置に入っていないと効果が落ちてしまうため、定期的な診察も必要です。

避妊手術

避妊手術は、女性なら卵子の通り道を手術でふさぐ方法です。

メリット
  • ほぼ確実に避妊が可能
  • 半永久的に避妊効果が続く
デメリット
  • 再び妊娠することが難しい

避妊手術による避妊効果は非常に高く、その避妊効果は半永久的に続きます。

しかし再び妊娠をしたくなった場合でも、元の妊娠ができる状態に戻すことは簡単ではありません

おわりに

アフターピルは、行為の後にすぐ飲むことで高い避妊効果が期待できます。
不安があるときは、望まない妊娠を避けるためにもアフターピルの服用を検討しましょう。

ただしあくまでも緊急避妊薬であることを忘れてはいけません。
毎回の避妊にアフターピルばかり使っていては、身体への負担が大きくなってしまいます。

継続的に避妊をしたいのであれば、低用量ピルを使うことをおすすめします。

また何よりも大切なのは、あなたの身体です。
「後でアフターピルを飲めばいいや」という安直な姿勢ではなく、地道な継続こそが確実に避妊を成功させるための方法です。

タイトルとURLをコピーしました