クラミジアは市販薬で治せるのか? 徹底調査!裏技もご紹介!

薬を見ている女性

クラミジア(クラミジア感染症)は、日本で最も多い性感染症(STD)のひとつです。

クラミジアの症状や病院での診察を考えると、市販薬で治せるのであれば治したいですよね。
当ページでは、市販薬でクラミジアは治せるのか?について、さらにクラミジアの薬が通販で買える裏技をご紹介!

クラミジアは市販薬で治せるのか?

クラミジアに感染した場合、下記の症状を引き起こします。

  • 1. 尿道炎(男性)
  • 2. 子宮頚管炎(女性)
  • 3. 咽頭炎(男女とも)等

症状が出ない人もいますが、悪化させた場合は男女ともに不妊を招く場合もあります。

市販薬で治せれば、通院する時間も精神的負担も減るのですが、治療薬として使用する抗生物質は医師の診断
が必要なため、クラミジアの治療薬の市販薬が販売されることは、今のところないようです。

現時点の治療薬としては以下のものがありますが、いずれも病院で処方される抗生物質になります。

クラミジア治療薬
  • ジスロマック
  • クラリシッド
  • クラビット
  • シタフロキサシン

クラミジアは自然治癒しない

まれにではありますが、1 年ほどで自然治癒する場合もあります。
しかし、検査することもなく放置すると、慢性的な腹痛や卵管閉塞等、合併症のリスクも高くなってしまいま
す。

よって、クラミジアは自然治癒はしない、放置すると上記のような症状から重篤な病気につながる可能性もあ
る、ということを念頭に治療を始めましょう。

もしも、通院や検査なしでクラミジアのお薬を手に入れたいなら、裏技として個人輸入の選択もあります。

なぜクラミジアの薬は市販されていないのか?

クラミジアの薬はなぜ市販されていないのか、下記で項目に分けて詳しく解説します。

医療用医薬品に分類されているから

クラミジア感染症に使用する抗生物質は、薬局での販売が認められていません。
クラミジア感染症治療に使う抗菌薬(抗生物質)は、医師の処方箋が必要になるからです。

薬によって、販売できる場所や、販売方法などが異なります。

薬によって、販売できる場所や、販売方法などが異なります。

クラミジアの薬は全て医療用医薬品に含まれており、法律で市販できないよう定められています。

個人輸入の場合、個人で使用する場合のみ認められています。(販売や譲渡は禁止です)

飲み合わせなど注意が必要な薬があるから

各自の健康状態によって飲んではいけない薬だったり、既に処方されている薬がある場合は飲めない薬もあり
ます。

クラミジアの治療薬のひとつであるジスロマックの場合、以下のような注意喚起が記されています。

・禁忌=本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
・併用注意=制酸剤
ワルファリン
シクロスポリン
ネルフィナビル
ジゴキシン
ベネトクラクス
・重大な副作用=ショック(頻度不明)、アナフィラキシー(頻度不明)
・その他の副作用=発疹、蕁麻疹
白血球数減少
血管障害
血圧低下
ALT増加
腎臓痛
下痢
頭痛、めまい
・・・等。

ジスロマックは安全性の高い薬ですが、併用禁忌や副作用には注意が必要です。

過剰摂取や乱用を避けるため

抗生物質は耐性が付きやすいため、乱用による耐性リスクを避けるために市販されていない、という理由があ
るようです。

抗生物質を使い続けていると、細菌の薬に対する抵抗力が高くなり、薬が効かなくなってしまうことがありま
す。

このような細菌の事を薬剤耐性菌と呼びます。
この薬剤耐性は、耐性を持たない別の細菌に伝達され、その細菌も薬剤耐性化し連鎖することがあります。

抗生物質の塗り薬は市販されている

ドラッグストアには、抗生物質を含む外用薬は販売されています。
例えば、以下のもの。

  • テラマイシン軟膏
  • ドルマイシン軟膏
  • クロマイ-P軟膏

等があります。

しかし、クラミジア感染症を治すことが目的であれば、ジスロマック等の内服薬を飲む必要があります。
残念ながら、上記の外用薬では抗生物質が入っていてもクラミジアを治療することはできません。

身体の内部にいる細菌を殺菌する必要があるため、皮膚の表面から薬を塗っても内部までは届かないからです。
抗生物質を飲み始めると数日で症状が改善し、1週間程度で治る事がほとんどです。

もちろん、例外はありますが、クラミジア感染症は、抗生物質を服用して治療すれば完治する病気なのです。

通院・検査なしでクラミジアの薬を買いたいなら個人輸入

クラミジア感染症の薬を、通院・検査なしでどうしても買いたいなら、処方される同等もしくは同じ薬を海外
から個人輸入する方法があります。

普通の通販と同じように、ネットでクラミジアの薬を海外から購入できます。

抗生物質は医師の処方箋が必要な薬になりますが、個人輸入の場合は自宅で待っていれば届きます。
個人輸入であれば通院する必要もなく、送料が掛かったとしても病院で処方してもらうより価格も安くすむで
しょう。

デメリット
  • 届くまで時間が掛かる。
  • 責任は自己判断

海外からの発送になるので、どうしても到着までに時間が掛かってしまいます。
少しでも早く欲しいということであれば、病院で処方してもらうのが良いかもしれません。

薬を個人輸入することに罪悪感がある人もいるようですが、これは厚生労働省も認めている購入方法なので全
く問題ありません。

個人輸入で買えるクラミジア薬一覧

ジスロマックや価格の安いジスロマックジェネリックをはじめとした、個人輸入で買えるクラミジア治療薬を紹介します。

ジスリン
ジスロマックジェネリック
クラビリン
クラビットジェネリック
アジー
ジスロマックジェネリック
レボフロックス
クラビットジェネリック
種類 ジスリン クラビリン アジー レボフロックス
有効成分 アジスロマイシン レボフロキサシン アジスロマイシン レボフロキサシン
価格 1000mg10錠
6,490円
500mg10錠
1,800円
1000mg6錠
3,900円
250mg100錠
3,150円
商品

クラミジアの検査キットは市販されている?

クラミジア感染症の検査キットは市販はされていませんが、専用の機関に送れば検査をしてもらえるサイトが
あります。

郵送で検査キットを送ってもらい、自宅で検査が完結できます。
価格は5,000~6,000円ほどです。
咽頭と性器両方だと、1万円ほどです。

・病院に行く交通費や時間にしばられない。
・誰にも会わなくて良い。
・自分で出来るので陰部検査の抵抗感がない。

など便利な面があります。

・価格が高い
・郵送で出さなければいけない
・結果までに時間がかかる

などのデメリットもあります。

個人輸入ならお得に検査キットが買える

クラミジアの薬同様、クラミジアの検査キットも個人輸入で購入できます。

郵送して検査する方法ではなく、その場ですぐ検査結果が出るので、すぐに感染しているかを調べることができます。

価格も非常に安く、お得に検査キットを買うことができます。
もしもの時のためにあらかじめ購入しておくと大変便利です。
※海外から届くのに時間がかかるため、すぐ検査結果を知りたい場合は病院へ行きましょう。

クラミジア検査キット3回分
クラミジア検査キット3回分 商品名:クラミジア検査キット3回分 1箱 3,150円

まとめ

クラミジア感染症を発症した場合、市販薬に頼る事はできません。
それでも、何らかの理由で病院に行けない場合、「個人輸入でクラミジアの薬を購入」という選択肢があります。

医師の処方なしで購入できる個人輸入は自己責任ではありますが、時間や掛かる手間の節約にもなり、なおか
つプライバシーも守られるいう大きなメリットもあるので、上手に活用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました