ピルの種類一覧|それぞれの違いや特徴を詳しく解説

避妊や生理痛の緩和などに用いられるピルですが、低用量ピルや超低用量ピルなどの種類ごとにどのような違いがあるかご存知ですか?
ピルの種類によって使用目的や副作用の程度が異なるため、正しく理解しておくことが大切です。

本記事では、現在ピルを服用している方やこれから服用したいと思っている方に向けて、ピルの種類を分かりやすく解説します。
ピル選びの参考にしてみてください。

ピルの種類

ピルにはさまざまな種類があり、配合されている成分やホルモンの含有量により効果が異なります。
それぞれのピルの特徴や主な使用目的をご説明します。

アフターピル

ノルレボ

アフターピルは、避妊に失敗してしまった場合に使用される緊急避妊薬というものです。
緊急に妊娠を防ぐために、用いられています。

現在使用されている、アフターピルの主な有効成分はレボノルゲストレルです。
先発薬にはノルレボがあり、避妊の失敗から72時間以内に服用することで高い避妊効果があります。

ただしアフターピルはあくまでも緊張で避妊が必要となる場合のみ使用する薬であり、常用するお薬ではないことに注意してください。

高用量ピル

高用量ピルは75ug以上のエストロゲンが含む薬を指します。
しかし副作用のリスクが高いことから、現在では国内外問わず使用されていません

中用量ピル

プラノバール

中用量ピルは50ug以上のエストロゲンを含む薬を指します。

主に一時的な月経移動を行う際に使用されます。
また、不正出血や過多月経などに用いられることもあります。

その他にも、中用量ピルはヤッペ法による緊急避妊薬としても使用されています。
性行為後、72時間以内に2錠、その12時間後にさらに2錠を服用します。

中用量ピルは黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2つを有効成分としています。
日本では、ノルゲストレルとエチニルエストラジオールを含む、プラノバールが処方されています。

低用量ピル

トリキュラー

低用量ピルは30~40ugのエストロゲンを含む薬を指します。
ピルの中でも最も一般的な経口避妊薬と呼ばれているものです。

主に、避妊や生理周期の安定、生理痛の改善などに用いられています。

低用量ピルも黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2つを有効成分としています。
有名な低用量ピルには、マーベロン・トリキュラー・ルナベルLDなどがあります。

超低用量ピル

ヤーズ

超低用量ピルは20ugのエストロゲンを含む薬を指します。
ピルの中でも唯一、月経困難症にのみ保険が適応されています。
主に、月経困難症や避妊、子宮内膜症による疼痛の改善などに用いられています。

超低用量ピルも黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2つを有効成分としています。
有名な超低用量ピルにはヤーズ・ルナベルULD・ジェミーナなどがあります。

低用量ピルよりもエストロゲンの含有量が少ないことで、副作用のリスクが軽減されています。

ミニピル

セラゼッタ

ミニピルはエストロゲンを含まない薬を指します。
エストロゲンを含まないため、エストロゲンを原因とする副作用の心配がいりません。

ミニピルは主に、避妊や生理周期の安定に用いられています。
低用量ピルや超低用量ピルはニキビの改善にも効果がありますが、ミニピルでは肌改善の効果は低いとされています。

喫煙者の方や授乳中の方などエストロゲンが使用できない方もミニピルは使用できます。
また、40代や50代の方でも使用が可能です。

日本ではまだ承認されていないミニピルですが、有効成分にデソゲストレルを含むセラゼッタが有名です。

種類ごとの違い

さまざまな種類のピルをご紹介しましたが、どの種類においても共通するのが「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」が配合されている点です。
反対に、どのような違いによってピルの効果が変わるのか、ピルの種類ごとの違いをご説明します。

ホルモンの配合量の違い

ピルに配合されている卵胞ホルモンには排卵を抑制する働きがあります。
また、ピルによる副作用も卵胞ホルモンの作用が影響していると言われています。

卵胞ホルモンの含有量が多い順に高用量ピル・中用量ピル・低用量ピル・超低用量ピルの4種類に分けられます。
ホルモンの量が多い方が効果が強い反面、副作用も出やすいため長期服用には不向きです。

一方、ホルモンの量が少ない低用量ピルや超低用量ピルの方が副作用の発現率も少ないため、より安全に服用することができるでしょう。

ホルモンの配合割合の違い

低用量ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの配合割合によって更にいくつかの種類に分けられます。
日本国内の病院で処方される低用量ピルは「1相性」と「3相性」の2種類で、1相性は1シートあたりの錠剤のホルモン量が一定、3相性は1シートの中でホルモン量が3段階に変化します。

1相性と3相性では副作用や飲みやすさに違いがあり、使用目的や体質、ライフスタイルによってご自分に合った種類を選択可能です。

ホルモンの種類の違い

ピルに配合されている黄体ホルモンは子宮内膜の厚さなどに影響を与えます。
黄体ホルモンにはいくつかの種類があり、その種類によって第1世代から第4世代の4種類に分けられます。

肌トラブル改善や生理不順の改善といった効果だけでなく、副作用の症状や発現率にも違いが現れるため、ピルを選ぶ際は世代に着目することも大切です。

飲み方の違い

ほとんどの低用量ピルは、ホルモンを配合した錠剤を21日間服用し、その後7日間は休薬するのが1クールとされています。

これまでの1シート21錠の低用量ピルでは、1シートの錠剤を飲み切った後、7日間は飲まずに休薬するというスタイルが一般的でした。
しかしこの方法では休薬期間を間違えたり、服用再開のタイミングを間違えてしまうというデメリットがあります。

そこで登場したのが、21錠のピルと7錠のプラセボ錠(偽薬)が入った28錠タイプの低用量ピルです。
休薬期間の7日間はプラセボ錠を飲むことで、飲み間違いや飲み忘れを防ぐことができるようになりました。

21錠と28錠のタイプではそれぞれ飲み方は異なりますが、効果や安全性に違いはありません。
ご自分が飲みやすい方を選ぶことをおすすめします。

月経周期の違い

従来のピルは1クール28日で、22~28日目の休薬期間に入ると生理が来るものが一般的でした。
この周期を繰り返すことで、およそ1ヶ月おきに生理が来ることになります。

しかし、子宮内膜症になる可能性が高い方は、年間の生理の回数を減らすことで子宮内膜症のリスクが低下することが明らかになりました。
また、生理痛が酷い方や生理前のPMS、PMDDにお悩みの方も、生理の回数が減れば辛い期間を減らすことができます。

そこで、日本国内でも処方されるようになったのがヤーズフレックスなどの超低用量ピルです。
ヤーズフレックスは、飲み方によって生理の回数を年3回に減らすことができます。
海外では重い生理痛に悩む女性の80%以上が使用しているため、生理によるストレスや悩みの軽減が期待できるでしょう。

保険適用されるかの違い

ピルは服用する目的によって、保険が適用される場合と適用されない場合があります。
子宮内膜症や月経困難症、過多月経、PMSなどの治療目的であれば保険が適用され、ルナベル、フリウェル、ヤーズ、ヤーズフレックス、ジェミーナなどが該当します。

一方、避妊目的で服用したい場合や緊急避妊薬(アフターピル)には保険が適用されません。
しかし、事件性がある性被害においては警察が一部負担してくれることがありますので、警察の相談窓口に問い合わせることをおすすめします。

日本で処方されるピルの一覧

現代の日本ではさまざまな種類のピルが処方されています。
では、実際にどのような種類のピルがあるのか一覧で見ていきましょう。

ご自分が服用しているピルがどの種類に該当するのか把握した上で、副作用を軽減したい方はホルモン量が少ないピルに変えるなど、自分に合ったピルを見つけることをおすすめします。

アフターピル ノルレボ、エラワン
中用量ピル プラノバール
低用量ピル トリキュラー(28、21)、マーベロン(28、21)、アンジュ(28、21)、オーソM、シンフェーズ、ラベルフィーユ(28、21)、ファボワール(28、21)
超低用量ピル ルナベル、ヤーズ、ヤーズフレックス
ミニピル ノリディ、マイクロノア、マイクロベル、ノルゲストン、セラゼッタ、ノアルテン、ディナゲスト

ピルは海外通販での購入も可能

上記でご紹介したピルの一部は、病院処方だけでなく海外通販でも購入することができます。
海外通販では、病院処方よりも安く手に入れられる薬が多いため、コストを抑えたい方におすすめです。
また、病院を受診する手間を省けるため、時間が無い方や通院に抵抗のある方にも海外通販をよくご利用いただいています。

手軽で安価というメリットがある一方、注文してから手元に届くまでに日数がかかってしまうためすぐに必要な方は注意してください。
多めに購入して常備しておきたい方などは、海外通販で安く購入しておくと便利です。

種類 医薬品名 病院での値段 海外通販での値段 リンク
アフターピル ノルレボ ノルレボ 1錠 15,000~20,000円 1錠 3,320円
エラ エラ 1錠 12,000~25,000円 1錠 4,950円
中用量ピル プラノバール プラノバール 4,000円~8,000円 1,980円
低用量ピル トリキュラー トリキュラー 1ヶ月分:2,000~3,000円 1ヶ月分:1,800円~
マーベロン マーベロン 1ヶ月分:2,000~3,000円 1ヶ月分:1,440円~
超低用量ピル ヤーズ ヤーズ 1ヶ月分:2,500~3,100円 1ヶ月分:2,700円
ミニピル セラゼッタ セラゼッタ 1ヶ月分:2,500~3,000円 1ヶ月分:2,250円

どの種類のピルがいい?

ピルは種類によって効果や副作用の程度が異なります。

・子宮内膜症や月経困難症などの治療、ニキビの改善 ⇒ 超低用量ピル
・避妊、生理痛緩和、月経困難症などの治療、ニキビの改善 ⇒ 低用量ピル
・月経困難症などの治療、月経移動 ⇒ 中用量ピル
・避妊に失敗した際の緊急避妊薬 ⇒ アフターピル

避妊目的であれば低用量ピルがおすすめです。
子宮内膜症や月経困難症などの治療のために服用したい場合には、医師と相談の上決めることをおすすめします。

また、避妊に失敗した際の緊急避妊薬として使えるのはアフターピルのみです。
きちんと効果を得るためには、種類により3~5日以内に服用しなければなりません
他のピルでは十分な効果が得られませんので、迷わずアフターピルを服用しましょう。

目的に沿った種類のピルを選ぶ

ピルにはさまざまな種類が存在しますが、ホルモンの種類や含有量によって得られる効果や副作用の程度に違いがあります。

子宮内膜症や月経困難症などの治療目的であれば保険が適用されますので、検査や経過観察を受けることができる病院で処方してもらうのがおすすめです。
しかし、避妊目的でピルを処方してもらおうと思っても保険が適用されないため、病院処方より海外通販の方がお得に購入できます。

本記事でご紹介したピルの知識を参考に、ご自分の目的に合った一番良い方法でピルを手に入れましょう。

タイトルとURLをコピーしました