トリキュラーの副作用-主な症状やいつからいつまで続くかも説明

トリキュラーの副作用-主な症状やいつからいつまで続くかも説明

トリキュラーは避妊や生理不順の解消に効果的な低用量ピルです。女性のさまざまな悩みを解消することができます。

しかし、副作用が心配で低用量ピルの服用をためらってしまう方が多いのも事実です。

そこで本記事では、トリキュラーの副作用について解説します。

トリキュラーの副作用

トリキュラーは女性ホルモンの分泌に影響を与えるため、生理前後の諸症状と似たような副作用が現れることがあります。

主な副作用
・肌荒れ
・むくみ
・頭痛
・嘔吐
・下痢
・不正出血 など

また、トリキュラー服用中は妊娠中のホルモンバランスに近い状態になるため、妊娠中に現れる症状(胸の張りや吐き気など)を感じる方もいます。

トリキュラーに限らず低用量ピルでは飲み始めに副作用が現れることが多く、1~2週間ほどで治まることがほとんどです。

これは乱れていたホルモンバランスが整ってきた証拠でもありますので、生理不順や生理痛の改善も期待できるでしょう。

確認されている副作用と確率

トリキュラーの添付文書によると、副作用として報告されている症状と確率は次のようになります。

確率 症状
5%以上 下腹部の痛み、悪心、嘔吐、頭痛
1~5%未満 むくみ、体重増加、下痢、腹痛、めまい、頭痛、ニキビなど
1%未満 おりものの増加、乳房の痛み、食欲の変化、眠気、抑うつ、肩こりなど

※参考:
医療用医薬品:トリキュラー
トリキュラー|製品情報|バイエルファーマナビ

特に注意したい副作用

吐き気や頭痛といった副作用は一般的によく見られる症状ですが、低用量ピルを服用する上で注意が必要な副作用が血栓症です。

血栓症は、血液が固まってできた血栓が血管内にでき、血流を妨げてしまう病気です。

エコノミークラス症候群や動脈硬化も血栓を作る原因となりますが、低用量ピルに配合されている成分も血液を凝固させる可能性があります。

また、偏頭痛持ちの方や喫煙者、肥満、40歳以上の方(動脈硬化が起きやすい)などは元々血栓ができやすいと言われていますので特に注意が必要です。

血栓症には初期症状が見られることが多いため、初期症状が現れた時点ですぐに病院を受診してください。

血栓症の初期症状
・手足の痺れ、脱力
・ふくらはぎの痛み、腫れ
・めまい
・目のかすみ
・舌のもつれ、喋りにくい
・激しい頭痛
・息苦しさ、息切れ
・胸の痛み
・失神 など

血栓症は最悪の場合命を落とすこともあるため、見過ごしてしまうことがないように注意しましょう。

トリキュラーの副作用についてよくある疑問

トリキュラーの副作用について、よくある疑問とそれに対する回答をまとめました。

トリキュラーの副作用でうつ症状がおこる?

トリキュラーの副作用でうつ症状がおこる?

トリキュラーの服用後に、気分の落ち込みや不安感といったうつ症状、イライラなどの感情への影響が報告されています。

スウェーデンの研究所が行なった実験でも感情のコントロールに関する副作用が認められましたが、トリキュラーがうつ症状の直接的な原因になるかは証明されていません。

副作用自体は一過性のものが多いため、感情の乱れも次第に消失していくと考えられます。

しかし、PMSやPMDDなどの改善目的で低用量ピルを使用する場合には、感情の乱れが悪化してしまうのはとても辛く感じると思います。

うつ症状が辛い場合や長引く場合には、医師への相談、他のピルへの切り替え、治療法の変更を検討することをおすすめします。

トリキュラーを飲むと太る?

トリキュラーを飲むと太る?
トリキュラーなどの低用量ピルを服用すると体重が増加すると言われています。

しかし、うつ症状と同様に、トリキュラーと体重増加の因果関係は報告されていません。

「低用量ピルを服用したら太った」と感じるのは、副作用のむくみや食欲増進、便秘などが関係している可能性があります。

低用量ピル自体が体重を増加させるのではなく、低用量ピルの副作用が体重増加に繋がっているということです。

身体のむくみはしばらくすると治まることがほとんどですが、食欲が増したと感じる場合には意識的に食事の量をコントロールしましょう。
また、適度な運動を取り入れることも大切です。

トリキュラーの副作用は強い?

トリキュラーの副作用は、低用量ピルの中でも比較的軽いと言われています。

低用量ピルは、1周期あたりの黄体ホルモンの配合量によって「1相性」と「3相性」に分かれています。

相性の違い
  • 1相性:ホルモンの配合量が一定
  • 3相性:ホルモンの配合量が3段階に変化

トリキュラーは3相性に分類されます。

ホルモンバランスが自然に近い流れで変化していくため、副作用が軽度で済むのです。

トリキュラーの副作用はいつからいつまで続く?

トリキュラーの副作用は飲み始めから1~2ヶ月頃がピークで、服用から3ヶ月ほど経過すると気にならなくなる方がほとんどです。

しかし、体質や持病の有無などによって副作用の現れ方は違います。

3ヶ月以上服用を続けても副作用が緩和されない場合は体質に合っていない可能性が高いため、医師に相談することをおすすめします。

トリキュラーの副作用が出た際の対処法

トリキュラーは避妊を目的としたピルですが、副作用によって本来の効果が薄まってしまう可能性もあるため適切な対処が必要です。

ここからは、トリキュラーを服用して副作用が出た際の対処法や注意点を解説します。

飲んだ後に嘔吐や下痢が起きた場合

トリキュラーを服用してから1~2時間以内に嘔吐や下痢をしてしまった場合、有効成分が身体に吸収される前に体外に排出されてしまいます。

そのため、低用量ピルとしての本来の効果である避妊やホルモンのコントロールが十分に行なわれません。

万が一服用後すぐに嘔吐や下痢をしてしまった場合は、もう1錠追加で服用することをおすすめします。

また、これらの副作用が頻繁に起こる場合には、トリキュラーと併用可能な市販の胃腸薬や吐き気止めを服用して副作用をコントロールしましょう。

ニキビや体毛の増加が気になる場合

人間は性別問わず、身体の中に男性ホルモンと女性ホルモンを持っています。

特に、男性ホルモンは皮脂の分泌を増加させたり体毛の発育を促進させます。

トリキュラーに含まれるレボノルゲストレルという成分が男性ホルモンと同じ働きをするため、トリキュラーを服用するとニキビや体毛の増加を感じる方がいるのです。

そのため、ニキビや体毛が気になる方は男性ホルモン活性が低いピルに切り替えることで症状の改善が期待できます。

マーベロンやヤスミンといった低用量ピルへの切り替えを検討してみてください。

マーベロン マーベロン
ニキビ治療にも有効なピル
1箱:1,440円~
ヤスミン ヤスミン
むくみにくく比較的新しいピル
1箱:2,430円~

むくみや体重の増加が気になる場合

トリキュラーは含まれている女性ホルモンにより体内に水分が溜め込みやすくなったり、食欲が増加したりすることがあります。
むくみや体重の増加は、トリキュラーのこうした作用により起こるものです。

基本的には一時的な症状であり、食事量や栄養バランスに気を付けて食事をすれば問題ありません。

しかしむくみや食欲の増加が強く出る場合は、トリキュラーが体に合っていない可能性が考えられます。
服用を続けてもむくみや食欲の増加が収まらない方は、ピルの種類を変更することも検討してみてください。

トリキュラーの副作用が出やすい人

トリキュラーの副作用が出やすい人
トリキュラーの副作用の中でも重篤な症状が現れやすく、服用を禁じられている方や服用時に注意が必要な方がいます。

以下に該当する方は必ず医師と相談してください。

服用が禁忌とされる方

次に当てはまる方は、血栓症などの重大な副作用が発生しやすくなるとの報告があることから、トリキュラーの服用が禁忌とされています。

特定の病気を発症している、あるいは既往歴のある場合がほとんどですが、中には生活習慣に関わる内容もあるため注意してください。

・35歳以上で1日15本以上の喫煙者
・前兆をともなう片頭痛のある方
・肺高血圧症または心房細動を合併する心臓弁膜症の方
・亜急性細菌性心内膜炎の既往歴のある心臓弁膜症の方
・血管の病変をともなう糖尿病の方
・血栓性素因のある女性
・抗リン脂質抗体症候群の方
・脂質代謝異常のある方
・高血圧の方

服用に注意が必要な方

次に当てはまる方は、トリキュラーにより心血管系の副作用が発生しやすくなると報告されています。

服用禁忌とはされていませんが、もしもトリキュラーを服用するのであれば十分に注意が必要です。

・40歳以上の女性
・喫煙者
・肥満の女性
・血栓症の家族歴を持つ女性
・前兆をともなわない片頭痛がある方
・心臓弁膜症の方
・軽度の高血圧の方

トリキュラーと飲み合わせが悪い薬

以下で紹介する薬はトリキュラーと相互作用があり、本来の作用に影響が出たり、副作用が起こりやすくなったりする恐れがあります。

トリキュラー以外の薬を服用中の方は、該当しているものが無いかチェックしておきましょう。

・副腎皮質ホルモン薬(プレドニゾロンなど)
・抗うつ薬(イミプラミンなど)
・抗パーキンソン薬(セレギリン塩酸塩)
・免疫抑制薬(シクロスポリン)
・消化性潰瘍の治療薬(オメプラゾール)
・気管支拡張薬(テオフィリン)
・抗てんかん薬(フェノバルビタール、カルバマゼピンなど)
・テトラサイクリン系抗生物質(テトラサイクリンなど)
・ペニシリン系抗生物質(アンピシリンなど)
・抗真菌薬(テルビナフィン、フルコナゾールなど)
・消炎鎮痛剤(サリチル酸)
・解熱鎮痛剤(アセトアミノフェン)
・セイヨウオトギリソウ含有食品
など

トリキュラーの副作用に関する口コミ

トリキュラーの副作用に関する口コミを、様々なメディアから集めてみました。
実際に服用した方の声が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

お薬なびに寄せられた口コミ

当サイト「お薬なび」に寄せられた、トリキュラーの副作用に関する口コミをピックアップしました。
胸やけなどの副作用が出たという口コミもありますが、多くの方は問題なく服用を続けており、トリキュラーにより副作用が出る確率は低いことが分かります。

空腹時に飲むと若干胸焼けがして気持ちが悪かったですが、食後に飲むように変えたところなんの問題もなく服用できています。副作用で太ったとかもないです。避妊効果についても1シート目を飲み終えて休薬後、2シート目からゴムでの避難を辞めましたが数ヶ月経った現在も妊娠の兆候はないです。きちんと時間通りに飲み続けているので当然っちゃ当然なんですが…笑

病院にかかると時間もかかり、金額も高くなってしまうためいつもこちらで注文させていただいております。飲み続けて一年ほどですが、体調の不良等は一度も出ていません。安心して飲める良い商品です。

愛用して1年です。 副作用も少なくちゃんと生理もきます 本当に助かってます

Twitterに寄せられた口コミ

大手SNSのTwitterから、トリキュラーの副作用に関する口コミを集めてみました。
こちらにおいてもトリキュラーの副作用は人それぞれ異なるものの、重い副作用が出たなどの口コミはなく、多くの方が服用を継続しています。

トリキュラーの副作用は大半が一時的なもの

トリキュラーには肌荒れや頭痛といった比較的軽度な症状から、血栓症などの重篤な症状までさまざまな副作用が報告されています。

しかし、軽度な症状は一時的で、次第に治まっていくことがほとんどです。
重篤とされる血栓症は、初期症状で気付けば適切な治療を受けて治すことも可能です。

服用中の方はもちろん、これから服用したいと考えている方も安心してトリキュラーを服用していただけます。

トリキュラーに限らずどんな薬にも副作用はありますが、上手に付き合っていくことで本来の治療効果をきちんと得ることができますので、正しい知識を持って服用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました