咳・痰

咳や痰は体の免疫機能であり、重要な役割の一つです。

そのため、あまり重要視される症状ではありませんが、体が発する重大な疾患の合図である可能性も考えられます。

長引く場合や普段と違う症状である場合は注意が必要です。

当サイトでは、咳や痰に関連するコラムや診断をご用意しており、皆様の健康に少しでも貢献できたら幸いと思います。

のど

百日咳ってなに?大人に増えている病気で赤ちゃんに感染の危険?!

子供の病気であるというイメージの百日咳ですが、実は近年大人にも発病するとうケースが増加しています。赤ちゃんが家にいる方は要注意です。
咳・痰

モンキーパンチの死因のなった誤嚥性肺炎を予防する方法

先日、ルパン三世の原作者であるモンキーパンチが誤嚥性肺炎によって他界しました。多くの芸能人がこの肺炎によって命を落としてしまう誤嚥性肺炎を予防する4つの方法とは
のど

喉の老化で起きていた?!咳払いや声のかすれ、喉が詰まる人は必見

最近咳払いが多くなった、声がかすれたり、喉に異物感を感じるようになった、もしかして何かの病気?!そう思っているそこのあなた、実はそれ、喉の老化によって起きているかもしれません。喉を若返らせる秘訣は食事トレーニングが関係していた
咳・痰

鼻呼吸で感染症の危険が減少?!あいうべ体操と腹式呼吸で口呼吸を止めよう

近頃は、精神的なストレスや忙しさが原因で口呼吸の人が増えているといいます。お子さんにも多いようです。口呼吸をすると、免疫力の低下、集中力の低下、口臭などの原因になるといわれています。そうしたリスクを防ぐのには鼻呼吸です。あいうべ体操や腹式呼吸で訓練しましょう。
のど

年末の大掃除に必見!カビ予防を今から始めませんか?

現代は気密性が高い住環境のため、室内のカビが1年中発生し続けています。放置すると、その胞子を多く吸い込んで、呼吸器系の不調を引き起こします。これから到来する冬に特に増えるカビは、クラドスポリウム(=黒カビ)です。ここでは、カビとや部屋のカビの予防法について取り上げています。
のど

11月~12月に注意!私のマイコプラズマ肺炎体験記

マイコプラズマに感染するとマイコプラズマ肺炎という苦しい症状が長く続く疾患を引き起こします。今まで5歳から14歳が発症年齢といわれていましたが、乳幼児や大人にも発症がみられるようになりました。大人になってからこの病気に罹った私の体験談をご紹介しています。
のど

マスクには風邪やインフルエンザの予防効果がない?!感染を抑える大事なポイントとは

マスクを付けることによって、100%風邪やインフルエンザなどのウイルスを防ぐことは不可能です。しかし、ウイルスに感染してしまった方がマスクをしてくれるならば、周りの人への感染を抑えることができるのです。このコラムでは、マスクの風邪やインフルエンザの予防効果について取り上げています。
のど

COPD(慢性閉塞性肺疾患)にお悩みの方へ、楽な呼吸法をご紹介

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、長い間の喫煙習慣や大気汚染などの有害物質を吸い込み続けることが原因で起きる病気です。このコラムでは、COPDで苦しむ方への呼吸法を取り上げたいと思います。吐くときは、そよ風みたいに軽くフッ!
のど

2歳の可愛い息子から感染!?大人の溶連菌ドキュメント120時間

溶連菌とは、溶血性連鎖球菌のことで、感染するとのどの痛みや発熱が生じます。2歳から10歳くらいまでの子供が感染するのが一般的ですが、最近では、大人の間でも感染が確認されています。溶連菌について取り上げると共に実際に感染した私の体験談を載せています。
のど

夜間に続く辛い咳を簡単に和らげる方法

寝ているときに続く咳はとってもつらいですよね、そんな辛い咳を簡単に緩和させる4つの方法をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました