痩せる薬はやばい?問題視される理由と効果を解説

痩せる薬はやばい?問題視される理由と効果を解説

痩せるためには、健康的な食事や運動が必要だとわかっていても、なかなか続けられないのが現実です。

続けやすい痩せる薬に興味はあるけど、いろいろな情報があって使うことに不安を感じている方もいるのではないでしょうか。

しかし、痩せる薬が「やばい」と問題視されているのには、理由があります。

悩んでいる女性
痩せる薬は「やばい」くらい痩せられる?
痩せる薬は、危険で「やばい・・・?」

このような痩せる薬の「やばい」疑問について、解説していきますので、ぜひご覧ください。

痩せる薬は「やばい」くらい痩せる?

痩せる薬は「やばい」くらい痩せる?
痩せる薬は、美容クリニックなどの広告でも「飲むだけで痩せられる」や「無理せず痩せられる」など、魅力的な謳い文句で話題です。

近年は、ダイエットで痩せる薬が使用されることも増えましたが、本当に飲むだけで「やばい」くらい痩せられるのでしょうか。

ここで、痩せる薬を実際に使った人が実感した効果について紹介します。

「やばい」くらい痩せた人の体験談

SNSには、痩せる薬で「やばい」くらい痩せた人の体験談が投稿されています。

口コミの多くは、服用から1ヶ月で8~11kgほどの体重減少を実感したという内容でした。

中には、2週間の服用で15kgほど痩せたという体験談もあり、痩せる薬の優れた効果が確認できます。

食事内容の見直しや運動などのダイエット方法は、効果を実感するまでに時間がかかりますが、痩せる薬では比較的短期間でも高い効果を得られているようです。

痩せる薬の特徴と効果

痩せる薬の特徴と効果
痩せる薬は、痩せる効果が期待できる医薬品のことです。

効果は痩せる薬の種類によって違い、食欲抑制や糖質吸収ブロックなど、さまざまな働きによって体重減少が期待できます。

また、海外では抗肥満薬として承認されたうえで使用されているものもありますが、日本ではほとんどが未承認です。

ここからは、以下の痩せる薬による効果や副作用について解説していきます。

GLP1受容体作動薬のやばい効果と副作用

GLP1受容体作動薬には、リベルサスが挙げられます。

リベルサス
10錠:8,500円
特徴 GLP1受容体作動薬で唯一の内服薬
効果 食欲抑制、血糖値コントロール
副作用 便秘や下痢、お腹が張る、胃のむかつきなど

リベルサスを26週間服用した試験では、平均4.4kgの体重減少が確認されています。

しかし、稀な副作用では低血糖や急性膵炎、胆嚢炎、胆管炎、胆汁うっ滞性黄疸なども報告されているため注意が必要です。

服用後に異常がみられた場合には、すぐに服用を中止して医療機関を受診してください。

GLP-1ダイエットは痩せない?正しく効果を出すための注意点
巷で話題のGLP-1ダイエット。しかし、「痩せない」という口コミも目にしたことがありませんか?本コラムでは、GLP-1ダイエットの効果やGLP-1ダイエットで確実に痩せるためのポイントをご紹介します。

SGLT2阻害剤のやばい効果と副作用

SGLT2阻害剤には、フォシーガが挙げられます。

フォシーガ
28錠:6,300円
特徴 我慢しなくても糖質制限をしているようなダイエットができる
効果 血糖値降下、ブドウ糖再吸収阻害
副作用 腟カンジダ症や便秘、口の渇きや頻尿など

フォシーガは、1日あたり約200~500kcalのカロリーカットが期待できます。

しかし、稀なケースでは重大な副作用として低血糖や脱水、腎盂腎炎やケトアシドーシスが報告されています。

異常がある場合は服用を中断して、医師に相談をしてください。

以下は、フォシーガのジェネリック医薬品です。安価に購入可能で、フォシーガと同等の効果に期待できます。

フォシーガで痩せない理由を徹底解説!失敗している人だけが見てください!
フォシーガで痩せない人には何かしらの理由があります。太っている原因が糖質ではない人や、それ以上に食べ過ぎてしまっている人は要注意です。効率よく痩せられるポイントを紹介します。
糖質の多い食べ物はコレ!糖質を過剰摂取しないためのポイント紹介
糖質が多く含まれる食べ物をご紹介します。また、糖質の多い食べ物を食べる際のポイントも一緒に解説しますので、参考にしてみてください。

リパーゼ阻害薬の効果のやばい効果と副作用

リパーゼ阻害薬には、ゼニカルが挙げられます。

ゼニカル
42錠:9,360円
特徴 100ヶ国以上で「抗肥満薬」として使用されている
効果 脂肪吸収阻害
副作用 油性直腸排出、おなら、油性または脂肪性便、排便回数の増加、ビタミン不足など

ゼニカルは、食事で摂取した脂質約30%を吸収せずに体外へ排出させる働きがあります。

しかし、極めて低い発現率で、肝機能障害やアナフィラキシーショック、蕁麻疹や急性膵炎などの副作用も報告されています。

これらの副作用があらわれた場合は命にかかわる可能性もあるため、すぐに服用を中止して医師の診断を受けてください。

ゼニカル(オルリスタット)による油漏れとは?副作用の対策を徹底解説
摂取した脂肪分をカットするとして話題のゼニカルの副作用「油漏れ」は対策ができます。油漏れをはじめとする副作用が不安だという方はぜひご覧ください。
ゼニカルの死亡リスク|FDAの報告書や臨床試験データを調査
脂肪吸収阻害として使用されるゼニカルと死亡の関係性を調査しました。ゼニカルは、瘦せる薬として人気ですが、検索すると「ゼニカル 死亡」や「ゼニカル 危険」というのを目にします。FDA(アメリカ食品医薬品局)が発表したデータなどを基に死亡との関係性について解説します。

痩せる薬が「やばい」といわれる理由

痩せる薬が「やばい」といわれる理由
痩せる薬が「やばい」といわれる理由には、最近ニュースで取上げられることが増えたことも影響しています。

とくに問題視されているのは、痩せる薬の中でも「GLP1受容体作動薬」です。

ここからは、痩せる薬が「やばい」といわれる理由について解説していきます。

本来は糖尿病の薬だから

痩せる薬で問題視されているGLP1受容体作動薬は、もともと糖尿病治療薬です。

しかし、GLP1受容体作動薬のダイエット効果が注目されたことで、使用する人が増加して在庫が不足しています。

そのため、本来GLP1受容体作動薬が必要な糖尿病患者が困っているという状況が報道されているのです。

とくに、内服薬であるリベルサス以外の注射薬は全般的に足りておらず、ほかの医薬品で対応するような状況も起こっています。

痩せる薬の需要は日に日に高まっていますが、供給が追い付いていない状態で、糖尿病ではない人がダイエット目的で使っていいのか?という点が問題視されています。

糖尿病薬でメディカルダイエット!効果やリスクを徹底解説
糖尿病薬は近年メディカルダイエットとして使用する方が増えています。この記事では、糖尿病薬を使ったダイエット法の効果からリスクまで徹底解説します。
【種類別】糖尿病薬ランキング!最新情報からおすすめの糖尿病治療薬を解説します
糖尿病の薬は、分類だけでも8種類以上と多岐にわたります。何種類か使っても血糖値コントロールがなかなかうまくいかず、どの薬を使えばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。本記事では、そんな時に参考になる有効性や処方量のランキングや、適切な選び方を解説します。

やばいゼリーが出回ったから

痩せる薬が「やばい」といわれる理由には、過去に出回ったダイエットゼリーの影響も考えられます。

2ヶ月で12kg痩せるという天然成分でつくられたダイエットゼリーでしたが、実際はベトナムで出回った販売中止の成分を含む模倣品でした。

使用した人は、冷や汗や動悸や息苦しさなど、体調を崩す被害を受けています。

このような健康被害を避けるためにも、痩せる薬は正規品かどうかを見極めて使用することが大切です。

副作用が出ることがあるから

痩せる薬では、副作用が出ることがあるのも「やばい」といわれる理由のひとつです。

食欲を抑える痩せる薬を服用すると、二日酔いのような状態になることがあります。

胃腸の動きを抑制することで得られる作用は、摂取した食べ物の滞留時間を長くすることです。

そのため、食欲は抑えられますが、吐き気や頭痛、気持ち悪さなどが起こることがあります。

このような症状は強く出ることがあるため、痩せる薬が問題視されています。

さらに、重篤な副作用には、逆流性食道炎や急性膵炎も報告されています。

発現は稀ではありますが、服用する際には注意が必要です。

副作用が出た人の体験談

SNSには、痩せる薬で副作用がでた人の体験談も投稿されていました。

最も多くみられたのは、気持ち悪さや吐き気など、胃腸に関する症状です。

これらの症状は、痩せる薬の効果が消化器官に影響することで起こった副作用だと考えられます。

気持ち悪さや吐き気などの症状は数日で治まることが一般的ですが、症状がつらい場合や明らかな異常がある場合は、服用を中止して医師に相談しましょう。

痩せる薬の副作用を防ぐポイント

痩せる薬の副作用を防ぐポイント
痩せる薬の「やばい」といわれる副作用を事前に防ぐ方法はあるのでしょうか。

ここからは、より安全に痩せる薬を使用するために、気をつけられるポイントを紹介していきます。

自分に合った薬を選ぶ

痩せる薬といっても種類は豊富にあり、効果はさまざまです。

作用機序も異なるため、自分に合った医薬品を使用することで「やばい」副作用を防止できる可能性があります。

痩せる薬は多くの種類から選べますが、医薬品の服用条件に当てはまらないものを選ぶと、副作用のリスクが高まるため危険です。

例えば、糖質の摂取量が少ないのにGLP1受容体作動薬を使用した場合、体内の糖が不足しすぎて低血糖が起こりやすくなります。

「やばい」副作用を避けるためにも、自分に合った痩せる薬を選んで使用しましょう。

少ない量から始める

少ない量から始めることも、「やばい」副作用を防止できる方法です。

初めから多い用量を服用すると、体内の変化が急激に起こり強い副作用が起こる可能性があります。

しかし、少量から服用をスタートして徐々に増やせば、身体が痩せる薬の効果にゆっくり慣れてくるので副作用のリスクも低減できます。

この対策は、クリニックでもおこなわれている副作用のリスクを避けるための方法です。

痩せる薬の「やばい」副作用は、様子を見ながら服用量を増やすことでリスクを避けましょう。

必要以上に服用しない

痩せる薬は、定められた量以上に多く服用してはいけません。

効果が得られないからと必要以上の量を摂取した場合は、思わぬ健康被害を招く恐れがあります。

成分を過剰に摂取すると効き目が強く出すぎて、最悪の場合は命にかかわることもあります。

副作用のリスクを避けるためにも、過剰摂取しないように注意が必要です。

痩せる薬は、用法容量を守って安全に使用してください。

まとめ

日本でほとんどが未承認の痩せる薬は、海外では抗肥満薬として承認されていて、効果についても多くの実績があります。

問題視されているのは、効果の高さや副作用などで痩せる薬が「やばい」と噂されていることなどが要因です。

痩せる薬は、食欲抑制や糖質カットなど種類によって作用機序が異なります。

副作用のリスクを避けて正しい効果を得るためにも、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

痩せる薬は少量から始めるなど、副作用を防ぐポイントに気をつけながら、用法容量を守って安全に使用しましょう。

「海外の痩せる薬」は本当に痩せる?注意点とおすめの薬紹介
ダイエットのために海外の痩せる薬を購入する方が増えていますが、「海外の薬って大丈夫?」「なんで海外からしか買えないの?」など、疑問も多いことでしょう。この記事では、海外の痩せる薬に関する疑問にお答えし、使用する上で知っておくべき注意点も解説しています。
タイトルとURLをコピーしました