リベルサスの個人輸入を徹底解説!危険?リスクはある?

ダイエット効果が期待できる医薬品「リベルサス」。

病院やクリニックで処方されるお薬ですが、”個人輸入”でネット上から通販のように購入することもできます。

この記事ではリベルサスの個人輸入方法や注意点について詳しく解説していきます。

\お薬なびでもリベルサスが個人輸入できます/

リベルサスとは


リベルサスとは、GLP-1を含む糖尿病治療において使用される内服薬です。

食欲抑制の効果があることからダイエット薬としても広く使用されています。

ここからは、リベルサスの特徴や効果、副作用などについて詳しく解説していきます。

リベルサスの特徴と効果

リベルサスの主な特徴は以下の通りです。

● 食欲が自然に抑えられる
● 通院せずに治療が可能
● 内服薬のため注射が苦手な人も使いやすい

また、リベルサスの効果は主に3つあります。

● 食欲を抑える:血糖値をコントロールして食欲を抑えます。
● 糖分の消費を促す:インスリン量の増加が余計な糖分の消費を促し、脂肪が増えるのを防ぎます。
● 太りにくい体質になる:代謝が上がり、太りにくい体質になります。

リベルサスを服用することで、自然に食欲を抑えることができ、無理なくダイエットを行うことができます。

リベルサスの飲み方を解説!正しく服用して効果的にダイエットしよう
ダイエット薬として人気のリベルサスですが、正しく服用しないとダイエット効果が得られない可能性があるんです!この記事では、リベルサスの効果を高めるための正しい飲み方や取り扱いの注意点を解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

リベルサスの副作用

リベルサス服用後に懸念される副作用には以下のようなものが挙げられます。

【重大な副作用】
● 低血糖(頻度不明):脱力感や冷汗、空腹感、頭痛、めまいなど低検討症状があらわれることがあります。
● 急性膵炎(頻度0.1%):上腹部痛や嘔吐、背部まで広がる痛みがある場合は急性膵炎の疑いがあります。直ちに薬の投与を中止する必要があります。
● 胆嚢炎、胆管炎、胆汁うっ滞性黄疸(頻度不明)
【その他の副作用】
頻度5%以上
● 悪心、下痢
頻度1~5%未満
● 頭痛
頻度0.5~糖尿病網膜症
● 便秘、嘔吐、腹痛、消化不良、リパーゼ増加
1%未満
● 浮動性めまい、味覚異常、鼓腸、胃炎、おくび、疲労感、無力感、体重減少
頻度不明
● 過敏症、心拍数増加、胆石症

リベルサスが向いている方

リベルサスの服用は以下のような人に向いています。

向いている方
  • 食事制限や運動が苦手な方
  • 薬を使って手軽にダイエットをはじめたい方
  • 食事の量を無理なく減らしていきたい方
  • サプリメントよりも高い効果を実感したい方
  • 太りにくい体質を目指していきたい方
  • 注射が苦手で口から薬を摂取したい方

リベルサスは服用することで自然に食欲がおさえられ、食事量を減らす効果が期待できるお薬です。

きつい食事制限や運動をすることなくダイエットしたい方におすすめです。

リベルサスとメトホルミンの違いは?ダイエット効果や価格を徹底比較!
薬を服用して痩せるメディカルダイエットには、さまざまな種類の薬があります。どの薬が自分に合うのか、コストパフォーマンスの良い薬はどの薬なのか知りたい方も多いでしょう。リベルサスとメトホルミンの違いを徹底比較します。

個人輸入の方法


ここからは、薬の個人輸入について詳しく解説していきます。

リベルサスのような通常処方箋が必要な医薬品も個人輸入を利用することで、ネットから通販サイトと同じような形式で購入することができます。

それでは、個人輸入の基礎知識や活用方法を見ていきましょう。

個人輸入とは

そもそも個人輸入とは、海外の販売店から医薬品や化粧品を購入して輸入することを意味します。

個人輸入代行サイトのような代行サービスを利用する場合は、注文をサービス提供業者が取りまとめて代わりに海外販売店に注文してくれます。

発送は海外の販売店が行います。

医薬品の個人輸入は違法ではありません。

ただし以下のような法律上の制限や輸入条件があるので注意が必要です。

● 数量・種類に制限がある(外用剤は24個以内など詳しくは後述します。)
● 個人が自ら使用する目的であること
● 購入した医薬品の譲渡・転売は禁止されている
【超強力】激やせダイエットサプリの選び方!薬局でも買える?
薬局で売っているダイエットサプリで激やせすることはできるのか?超強力なダイエットサプリの選び方やその効果を紹介します。

個人輸入の規制について

個人輸入の規制について解説していきます。

購入する医薬品や医薬部外品が以下に当てはまる場合は、輸入確認証の記入が必要ありません。

ただし以下の数量を超える場合は記入が必須です。

<医薬品・医薬部外品>

  • 外用剤
  • ┗標準サイズ一品目につき24個以内

  • 毒薬、劇薬および処方せん薬
  • ┗用法用量を軸にみて1カ月分以内

  • 上記以外の医薬品
  • ┗用法用量を軸にみて2カ月分以内

※自己判断で使用した際に、”重大な健康被害”が生じてしまう恐れのある医薬品脳機能の向上を標榜する一部の成分を含む医薬品は基本的に輸入は認められていません。(医師の処方が必要)

個人輸入の関税について

リベルサスのような医薬品を個人輸入する際は基本的に関税がかかりません。

ただし購入代金が一定額を超えた場合は、税関手数料・消費税・等がかかります。

消費税は、購入代金の60%が1万円を超えた場合にかかります。
(1万6,666円を超えた場合)

消費税の計算方法:
課税対象額(購入代金×60%)×10%

消費税の他、荷物1つにつき200円の税関手数料がかかります。

また、医薬品以外を個人輸入で購入する場合は、別途関税がかかることがあります。

しかし、お薬なびのような個人輸入代行サイトであれば、こういった面倒な手続きもすべて代行して行ってくれます。

リベルサスの個人輸入方法


ここからは、リベルサスの個人輸入方法について解説していきます。

リベルサスの個人輸入には、個人輸入代行サイトの利用がおすすめです。

前述の通り、ネットを通じて注文を取りまとめ、代わりに海外の業者から購入してくれます。

それでは、利用の流れを見ていきましょう。

個人輸入代行サイトの利用

個人輸入代行サイトを利用することで、Amazonや楽天市場といった通常の通販サイトと同じようにリベルサスを購入することができます。

利用の流れは以下の通りです。

  • 1. スマホやPCから個人輸入代行サイトを開き注文する
  • 2. 支払いをする(クレジットカードやコンビニ決済、銀行振込)
  • 3. 商品が自宅に届きます

個人輸入代行サイトは、上記のような流れで海外の医薬品を個人輸入するお手伝いをしてくれるサイトなのです。

クリニックで処方箋をもらう必要がないため手間が省けます。

送料や発送スピードはサイトによって異なります。

当サイト「お薬なび」は入金後即日発送&10,000円以上の購入で送料無料と、お得に個人輸入ができるサイトです。ぜひご活用ください。

個人輸入サイトが向いている方

個人輸入サイトの利用が向いているのは以下のような方です。

  • 病院に行く時間がない方
  • 診察料などをカットして薬代だけで済ませたい方
  • 薬を安価に手に入れたい方
  • 何度も同じ薬をもらっている方
  • ほしい商品が決まっている方
  • 国内では手に入りづらい医薬品を購入したい方

上記の通り、個人輸入サイトを利用することで病院に行く手間や費用がおさえられます。

そのため、必要な薬がわかっているという方は積極的に活用していくことをおすすめします。

「海外の痩せる薬」は本当に痩せる?注意点とおすめの薬紹介
ダイエットのために海外の痩せる薬を購入する方が増えていますが、「海外の薬って大丈夫?」「なんで海外からしか買えないの?」など、疑問も多いことでしょう。この記事では、海外の痩せる薬に関する疑問にお答えし、使用する上で知っておくべき注意点も解説しています。

実際に個人輸入でリベルサスを購入した方の声

では、実際に個人輸入でリベルサスを購入した方の口コミを見ていきましょう。

サタデーさん(40歳/女性)
クリニックでリベルサスをもらうのは高いので、自分で調べて通販購入することにしたのですが、初めは安いから不安でした。でも実際に飲んでみるとクリニックからもらっていたリベルサスを飲んでいる感じとあまり変わらず、体重も順調に落ちて行って-3kgくらい減ったので、あと1カ月続けようかと思っています。
掲載元の口コミ:お薬なび「リベルサス」
次長さん(49歳/男性)
リベルサス7mgを愛用しています。クリニックの方が安く出してもらえるみたいだけど、正直男がわざわざ痩せるために薬をもらうってちょと恥ずかしくて通販利用させてもらっています。リベルサスを飲んでいたら本当に体重が増えないので、中年太り気味の私にはありがたいお薬です。これで太らない体を維持させてもらっていますw。
掲載元の口コミ:お薬なび「リベルサス」
まいまいさん(37歳/女性)
メディカルダイエットって、注射するタイプと飲むタイプがあるみたいだけど、注射が苦手なのと、いちいち通院するのが嫌なので、飲むタイプを通販で買うことにしました。初めて海外通販を利用したのですが、お薬なびさんは2週間くらいで届いたので、まぁこんなものかなと。肝心の薬の効果は、うわさ通りあまり食欲がわかなくなって、食事の量自体が減ったためか、徐々に体重が減っていっています!目標マイナス7kgなので、それまで頑張って飲み続けます。
掲載元の口コミ:お薬なび「リベルサス」

クリニックに通っていた方が用量を増やすタイミングで個人輸入に切り替えていたり、男性の方で人の目が気にならないという点で個人輸入を選ばれている方がいらっしゃいました。

個人輸入のリベルサスが危険なわけではない


個人輸入のリベルサスについて調べていると、検索候補に「個人輸入は危険」と出て来て心配になったという方もいるのではないでしょうか。

結論から申し上げますと、個人輸入で手に入れたリベルサスが危険というわけではありません。ご安心ください。

低血糖になってめまいや立ち眩み等が出るといった副作用が発生することを医師が危惧しています。

しかし基本的に個人輸入で購入できるリベルサスは、クリニックで処方されるものと同じなので、個人輸入だから危険ということはありません。

痩せる薬はやばい?問題視される理由と効果を解説
痩せる薬が「やばい」といわれる理由を徹底解説します。問題視されているのはなぜか、飲むのは危険なのか、効果がやばいのかなどさまざまな疑問をまとめました。

個人輸入サイトの注意点

個人輸入サイトを利用するときには、以下の注意点を守って利用するとよいでしょう。

● 医師に相談できないため自己責任
● 偽物を扱っているサイトがある
● 商品代金以外に税金や送料が発生する
● 怪しいサイトは基本的に利用しない
● 個人輸入禁止の商品がまぎれている場合がある(違法サイトの場合)
● 個人輸入した商品は転売してはいけない

自己責任であることを理解したうえで、サイト選びを慎重に行うことが大切です。

ここからは、個人輸入サイトの選び方について紹介していきます。

信頼できるサイトの選び方

個人輸入サイトは多数ありますが中には、偽物を扱っている怪しいサイトが存在するのも事実です。

ここからは信頼できるサイトの見極め方を解説していきます。

サイト選びにあたっては、怪しいサイトの特徴を知って避けるという方法がよいでしょう。

怪しいサイトの特徴
● 極端に安い
● 日本語がおかしい(AIで自動生成したページなど)
● 販売実績がなさそう
● サイトが稼働していなさそう(更新日をチェック)

怪しいサイトを避けて、信頼できるサイトを選ぶようにすることが大切です。

リベルサスの個人輸入はお薬なびで


個人輸入代行サイトである「お薬なび」であれば、正規品のみを取り扱っており、安心してご利用いただけます。

お薬なびでは…
・10年以上の運営実績
・総会員数100万人以上
・信頼のおける業者のみを使用
・偽物が紛れないよう、不定期で倉庫の視察を実施

このように、お薬なびでは安心してご利用いただけるよう、徹底管理を行っております。

ぜひご安心いただければと思います。

リベルサス
3mg10錠:7,600円~
オゼンピックとリベルサスを徹底比較!ダイエットにおすすめなのはどっち?
オゼンピックとリベルサスはどちらも同じ有効成分セマグルチドを含むGLP-1受容体作動薬。ダイエットに使用する場合にはどちらがおすすめなのか、2つの薬の効果や口コミ、入手方法、副作用などを徹底比較しました!
オゼンピックのダイエット効果は?利用者の口コミも調査!
GLP-1ダイエット薬として人気の高いオゼンピック。この記事では、オゼンピックのダイエット効果はもちろん、使用方法や利用者の口コミ、購入場所などをまとめました。初めてオゼンピックの使用を検討している方はぜひご覧ください。

クリニックと個人輸入の違い


リベルサスは個人輸入だけでなく、クリニック(オンライン診療クリニックなど)でも購入することができます。

ここでは、それぞれの違いやメリット・デメリットについて比較しながら解説していきます。

クリニックでは保険適用されない

リベルサスは、一部のクリニックでも処方されているメディカルダイエットピルですが、すべて自由診療扱いのため、保険適用されません。

加えてクリニックで処方してもらう場合は、診察料も発生しますので、費用が高くなっています。

ただし、診察の際に医師に疑問点の相談ができる、内服薬以外に注射を選択することができるといったメリットもあります。

GLP-1ダイエットは保険適用される?費用や始め方を詳しく解説
今話題のGLP-1ダイエットについて、その概要から始め方、GLP-1ダイエットに対する意見。また実際に使用される薬の特徴など詳しく解説していきます。

クリニックと個人輸入の価格比較

以下、クリニックと個人輸入の価格比較表です。

クリニック 個人輸入
リベルサス3㎎30錠 平均12,562円 27,000円
リベルサス7㎎30錠 平均25,512円 29,000円
リベルサス14㎎30錠 平均37,278円 32,000円

クリニックは、値段にばらつきがありますが、3mgの平均は比較的安くなっています。

また、7mgにおいても、クリニックの方がやや安くなっていました。

一方で14mgは、個人輸入の方が安いです。

リベルサスは、徐々に用量を増やしていく薬ですので、これから増やす方は個人輸入の方がお得に購入できるでしょう。

既に服用しており量を増やしたい、薬だけ購入したい場合は個人輸入の利用の方が費用をおさえられます。

痩せる薬は内科でもらえる?おすすめの薬と安く買う方法も紹介
「内科で痩せる薬をもらって手軽に痩せたい!」しかし、実は内科で痩せる薬をもらうのはとても難しいんです!この記事では、内科でもらえる痩せる薬ともらうための条件、内科での処方よりもおすすめの痩せる薬の入手方法についてまとめました。

個人輸入とクリニックのメリットデメリット

クリニック 個人輸入
メリット ・疑問点は医師に相談できる
・注射と内服薬から選べる
・診察や通院の手間がない
・送料や診察料がかからない
・誰にもばれずに始められる
デメリット ・診察や通院をする必要がある
・送料や診察料がかかることがある
・値段にバラつきがある
・自己責任での利用

個人輸入の場合は手間の少なさや費用面といった部分でクリニックに勝っています。

また、個人輸入という特性上、誰にもばれずにはじめられるのもメリットです。

当サイト「お薬なび」を利用いただいた場合は、製品梱包時に何の商品かわからなくなるようにしています。

一方でデメリットとして、完全自己責任になる点が挙げられます。

クリニックの場合は医師に疑問点が相談できる点が大きなメリットでしょう。

まとめ

ここまで、リベルサスの個人輸入について詳しく解説してきました。

個人輸入は、通販サイトと同じような方法で処方せん薬を購入できるため、手間のかからなさや費用面でおすすめの購入方法です。

ただし利用するサイトの選び方には注意して、偽物のリスクを無くしていくことが大切です。

お薬なびでは、正規品のリベルサスを取り扱っておりますので、ぜひご活用ください。

リベルサス
3mg10錠:7,600円~
GLP-1ダイエットは痩せない?正しく効果を出すための注意点
巷で話題のGLP-1ダイエット。しかし、「痩せない」という口コミも目にしたことがありませんか?本コラムでは、GLP-1ダイエットの効果やGLP-1ダイエットで確実に痩せるためのポイントをご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました