脂肪便ダイエットはデマ?正しい知識と、ダイエットピルの活用法


脂肪便ダイエットに関して以下のような噂を聞いたことはありますでしょうか。

体内に溜まった脂肪便を出して痩せる
太っているのは脂肪便のせい

結論から申し上げますと、これらは大きな間違いで”デマ情報”です。

ただしダイエットピルを使って能動的に脂肪便を作り出してダイエットすることは可能です。

本記事では脂肪便ダイエットにまつわるデマの真相や医学的に正しい知識の解説に加えて、ダイエットピルの活用法について解説していきます。ぜひご一読ください。

脂肪便とは


脂肪便とは、その名の通り脂肪分が多く含まれている便のことを指します。

便を出したあと便器の中を確認すると、色は白っぽく、便が水面に浮いているといった特徴があります。

脂肪便の原因は、脂っぽい食事を取りすぎたことによる消化不良であることが多いです。

脂肪便の見た目の特徴

脂肪便の見た目の特徴は以下の通りです。

  • 色は白っぽい
  • 便器の水面に便が浮いている
  • 脂っぽい
  • べとべとしている

便に脂が多く含まれているため、色が乳白色になることや重さが軽くなり水に浮くことが主な見た目の特徴です。

思い当たる節がないのに、このような脂肪便が連日続くような場合は病院やクリニックに相談すると良いでしょう。

便の見た目は自身の体調を図る指標でもあります。

排便後は便を確認する習慣をつけるとよいでしょう。

脂肪便の原因

脂肪便が出る原因には、以下のような理由が挙げられます。

主に生活習慣に起因しています。

  • 脂っぽい食事をとっている
  • アルコールを多量に摂取している
  • 辛いものなどの刺激物をとっている
  • 精神的ストレスなどの生活習慣の乱れ
  • 睡眠不足
  • 腸や膵臓の機能が低下している

これらが原因で消化不良が起きて、脂肪が分解されないまま便中に入った状態が脂肪便です。

脂肪便の原因は脂質の取りすぎであることが一番多いです。

膵臓の働きが弱まっており、消化の役割を担う膵液の量が減ることで消化不良を起こしたり、脂肪を分解する酵素が減ったりすることが原因で脂肪便となります。

内臓脂肪を減らす薬を徹底解説!効果や入手方法
内臓脂肪を減らす薬が市販化されますが、一体どのような効果があるのか、またどうやって入手できるのかを徹底解説します。

脂肪便ダイエットに関するデマの噂


脂肪便ダイエットという言葉を聞いたことはありますでしょうか。

ここでは、脂肪便ダイエットにまつわる以下のようなデマの噂について、その真相を医学的な観点からわかりやすく解説していきます。

脂肪便は体内に溜め込んでいる?

「太っている人はお腹の中に5kgも脂肪便があるので取って痩せましょう」という広告を目にしたことはありますでしょうか。

太っている人が、脂肪便をお腹の中に溜め込みがちというのは大きな間違いです。

いわゆるお腹の中にたまっている便というのは脂肪便も含み”宿便”と呼ばれます。

宿便は老廃物をうまく排出できていないことからたまるのであって、太っているか痩せているかどうかとは因果関係がありません。

太っていることと脂肪便がたまっているというのは関連性のない別の話なのです。

脂肪便をドバドバ出すサプリ?

「宿便剥がし」「脂肪便ダイエット」を謳っているサプリはデマです。ご注意ください。

前述の通り、脂肪便は体内に溜め込むものでは(太っていることと関係ない)ないため、脂肪便を解消する、脂肪便を排出してダイエットする、というのはあり得ません。

仮に下剤などを使って便を無理やり排出したとしても、一次的に体内の水分が失われて体重は減少するだけで、根本的にダイエットができているわけでは全くないのです。

脂肪便を作り出してダイエットすることは可能


ここまでは、「体内に既にたまっている脂肪便を排出して痩せる」というダイエット方法がデマであることを解説してきました。

これらと混同されがちですが、「摂取した脂肪分を体内に吸収される前に便と一緒に排出させる」ダイエット方法に関しては有効です。

「どういうこと???」と感じた人のためにもう少し詳しく解説します。

食べ物を食べた際に、脂質の吸収量が多いと体重増加につながります。

そこでダイエットピルなどを使って意図的に、「摂取した脂質」を「便」に含ませ脂肪便を作り出します。

その結果、体内での脂質の吸収量を減らすことができ、体重増加を抑制することができます。

この方法が真の正しい脂肪便ダイエットなのです。

【新】脂肪便ダイエットのやり方


ここでは、先の章で紹介した「正しい脂肪便ダイエット」=「【新】脂肪便ダイエット」のやり方について解説していきます。

【新】脂肪便ダイエットとは、脂肪吸収阻害薬(ダイエットピル)を服用する方法です。

有名な脂肪吸収阻害薬として、「ゼニカル」が挙げられます。
(ゼニカルについて詳しくはこのあと解説します。)

ダイエットピルが脂肪吸収をブロックし、吸収されなかった脂肪は脂肪便となり体外に排出されます。

こちらのダイエット方法ですが、あくまで食事から摂取した脂肪分を吸収される前に便と一緒に排出する方法ですので、すでに溜め込んでいる体脂肪がなくなるわけではない点にご注意ください。

ゼニカルとは

ゼニカルとは、脂肪吸収を阻害する作用のあるダイエット薬です。スイスの製薬会社が開発しました。

成分にはオルリスタットを含んでいます。

オルリスタットが脂肪吸収抑制の有効成分となっています。

ゼニカルにより吸収できなかった脂質は脂肪便として便に含まれた状態で、1~2日後に排出されます。

ゼニカルはアメリカの政府機関FDAにも認可されており、安全性の高い薬です。

全世界で利用されている薬であり、国内の美容クリニックでもよく処方されています。

ゼニカルでどれくらい痩せられる?気になるダイエット効果を徹底解説
ゼニカルは「脂肪阻害薬」に分類されるダイエットピルで、食事内の脂肪分最大30%をカットしてくれます。ゼニカルのダイエット効果について徹底解説しています。ゼニカルが気になっている方、ダイエットしたい方必見です。

ゼニカルの効果

ゼニカルの効果は、脂肪吸収の阻害です。

食事から摂取した脂肪分の30%カットする効果が認められています。

前述の通り、ゼニカルに含まれるオルリスタットが膵臓で生成される「リパーゼ」と呼ばれる脂質分解酵素の働きを弱め、脂質の分解・吸収を抑制します。

ただし、すでに体内にため込んでいる体脂肪を分解する効果はありません。

効果の持続時間は1~2時間となっていますので、服用のタイミングは食事中〜食後1時間以内が適切です。

ゼニカルの飲み方

ゼニカルの飲み方は以下の通りです。

服用回数/服用量:1日3回・1回1錠
服用タイミング:食事中もしくは食後1時間以内

また、服用時のポイントとしてビタミンが不足※するので、ビタミンサプリを摂取するのがおすすめです。

ビタミンサプリは、ゼニカル服用の前後2時間空けて飲むようにしましょう。

※ゼニカルが脂肪分と共に脂溶性ビタミンを体外に排出してしまうのが理由。

ゼニカル服用により、特に不足しがちなビタミンは、ビタミンA、D、E、Kです。

これらのビタミンが不足すると肌トラブルなどにつながりますので、サプリで補うことが大切です。

ゼニカルの飲み方|ベストな服用タイミング・正しい用法・用量について
脂肪吸収阻害薬のゼニカルの飲み方をご紹介します。食事から摂取した脂肪分を排出してくれるゼニカルですが、正しい服用やベストな服用タイミングなど気になる点を調査し、まとめました。用法・用量を守ってダイエットを行いましょう。

【新】脂肪便ダイエットの副作用

【新】脂肪便ダイエットの副作用を紹介していきます。

脂肪便ダイエットにあたりゼニカルを服用すると、本来吸収されるはずの脂肪分を便と一緒に排出するため、以下のような副作用・注意点があります。

● 下痢や軟便になりやすい
● おならの回数が増える
● 便意がなくても便失禁する可能性も(油漏れ)
● ビタミン不足で肌荒れが起きる など

特に消化器系を中心に副作用が現れやすいです。

油漏れにより、知らず知らずのうちに便失禁してしまうケースもありますので、服用後はオムツや生理用ナプキンを着用することで対策することが多いです。

加えて、前述のビタミンサプリの摂取も合わせて行うようにしましょう。

副作用の対策法について詳しく知りたい方は、以下のコラムを参考にしてください。

ゼニカル(オルリスタット)による油漏れとは?副作用の対策を徹底解説
摂取した脂肪分をカットするとして話題のゼニカルの副作用「油漏れ」は対策ができます。油漏れをはじめとする副作用が不安だという方はぜひご覧ください。
痩せる薬はやばい?問題視される理由と効果を解説
痩せる薬が「やばい」といわれる理由を徹底解説します。問題視されているのはなぜか、飲むのは危険なのか、効果がやばいのかなどさまざまな疑問をまとめました。

脂肪吸収阻害薬の購入方法


ここでは、ゼニカルのような脂肪吸収阻害薬の購入方法を紹介していきます。

2023年現在の購入方法として、以下の3つのポイントに沿って解説します。

市販化が予定されている

2022年11月に、大正製薬の「アライ」という脂肪吸収阻害薬が日本で初めて承認されていることから、薬局やドラッグストアでの市販が予定されています。

アライには有効成分として、前述のオルリスタットが1カプセル中に60mg含まれています。

購入が制限されており、胸囲が男性85cm以上、女性90cm以上といった購入条件があります。

また、要指導医薬品に分類されるので購入時には薬剤師の指導を受ける必要があります。

発売に時間がかかっていましたが、2024年4月に販売開始されます。

脂肪吸収阻害薬の市販について詳しく知りたい方は、以下のコラムを参考にしてください。

大正製薬「アライ」の購入方法を徹底解説!条件を満たさない場合の購入方法も
大正製薬から、内臓脂肪減少薬「アライ」が発売されます。アライの購入方法や購入条件について徹底解説。購入条件を満たさない人に向けて、簡単な購入方法についてもご紹介します。

クリニックでの処方

脂肪吸収阻害薬は、日本のクリニックでも処方されています。

ダイエットの専門外来を行っている医療機関(美容クリニックなど)で良く処方されているケースが多いです。

処方されるのはゼニカル、ゼニカルジェネリック※です。

※ジェネリックも同成分・同効果・同安全性

クリニックでの処方の場合、1ヶ月分の価格は大体15,000円~25,000円になります。

これに加えて、診察料などもかかってきます。

クリニック処方の他、以下に紹介する海外通販での購入も可能です。

費用を抑えたい場合、通院の手間をなくしたい場合は海外通販がおすすめです。

痩せる薬は内科でもらえる?おすすめの薬と安く買う方法も紹介
「内科で痩せる薬をもらって手軽に痩せたい!」しかし、実は内科で痩せる薬をもらうのはとても難しいんです!この記事では、内科でもらえる痩せる薬ともらうための条件、内科での処方よりもおすすめの痩せる薬の入手方法についてまとめました。

海外通販での購入

ゼニカルは当サイトのような海外通販を利用して個人輸入することができます。

海外通販とは、個人輸入をお手伝いするサイトのことです。

海外で販売されているゼニカルのような市販薬を、通販のような形式で購入することができます。

海外通販サービスが、顧客の注文をとりまとめ、代わりに海外販売店に発注をしてくれます。

海外通販を利用することで、ゼニカル、ゼニカルジェネリックを購入するメリットは以下の2点です。

  • 通院不要、処方箋不要で購入することができる
  • 病院・クリニック処方よりも安く購入できる

強いてデメリットを挙げるとすると、購入前に医師に相談することができない点です。

海外通販を利用した場合、ゼニカル1ヶ月分の価格は6,800円~16,840円です。

実際に海外通販で購入できる脂肪吸収阻害薬を紹介します。

ゼニカル オルリガル オルリファスト オベリット ザモカル
画像 ゼニカル オルリガル オルリファスト オベリット ザモカル
分類 先発薬 ジェネリック医薬品 ジェネリック医薬品 ジェネリック医薬品 ジェネリック医薬品
成分 オルリスタット オルリスタット オルリスタット オルリスタット オルリスタット
価格 120mg42錠:9,360円 120mg84錠:6,800円 60mg42錠:3,780円
120mg42錠:4,050円
60mg30錠:4,050円 120mg42錠:5,400円
購入
「海外の痩せる薬」は本当に痩せる?注意点とおすめの薬紹介
ダイエットのために海外の痩せる薬を購入する方が増えていますが、「海外の薬って大丈夫?」「なんで海外からしか買えないの?」など、疑問も多いことでしょう。この記事では、海外の痩せる薬に関する疑問にお答えし、使用する上で知っておくべき注意点も解説しています。

まとめ

ここまで、脂肪便ダイエットについて解説してきました。

まとめると、以下の通りとなります。

● 脂肪便を解消するというダイエット法はデマ
● 摂取した食事の脂肪吸収を抑えて排出することでダイエットすることは可能
● ゼニカルは海外通販でお得に購入することができる

脂肪便を排出することでダイエットになるというのはデマということがお分かりいただけたでしょうか。

ゼニカルなどの脂肪吸収阻害薬を使って、脂肪を便に含ませることで脂肪の吸収量を減らすのが正しい脂肪便ダイエットの方法でした。

脂肪吸収阻害薬は海外通販でお得に購入できるのでチェックしてみてください。

【超強力】激やせダイエットサプリの選び方!薬局でも買える?
薬局で売っているダイエットサプリで激やせすることはできるのか?超強力なダイエットサプリの選び方やその効果を紹介します。
ヒルナンデスのダイエット方法まとめ!手軽にできるダイエット方法も紹介します
日本テレビ系列で月曜から金曜に生放送されている生活情報番組「ヒルナンデス」では、これまでに数々のダイエット方法を紹介しています。 本記事では、手軽に実践できるストレッチや食事方法の中から、おすすめのダイエット法をピックアップし...
タイトルとURLをコピーしました