ジャディアンスでラク痩せ!?口コミや注意点を詳しく解説

ダイエットは女性の永遠のテーマですが、「メディカルダイエット」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

最近注目されている、薬を使ったダイエットの事ですが、そのメディカルダイエットに、ジャディアンスが使われています。

ここではジャディアンスを使って何キロくらい痩せられるのか、服用の注意点などを詳しく説明していきます。
メディカルダイエット

飲むだけで痩せる薬ジャディアンスとは


ジャディアンスはもともと糖尿病の薬として、ベーリンガーインゲルハイム社によって開発されました。

遺伝的な要素と生活習慣が加わって発症する2型糖尿病のための薬です。

体内への糖の再吸収を防ぐ作用によって、体外へ糖を排出させ、体重を減らします。
体内のSGLT2というたんぱく質に作用する薬のため、「SGLT阻害薬」と呼ばれています。

ではこのSGLT阻害薬がどのようなものなのか、分かりやすく解説します。

SGLT阻害薬とは

2型糖尿病の治療薬ジャディアンスは、SGLT阻害薬に分類される薬です。

通常、血液中に含まれているブドウ糖は、腎臓の中にある糸球体でろ過されて一旦尿の元となる原尿の中に混ざります。
その後再び尿細管で取り込まれて、また体の中に戻ります。

ここでブドウ糖を取り込む働きをしているのが、SGLT2というたんぱく質です。

SGLT阻害薬は、このSGLT2の働きを文字通り阻害します。
そうすると体内へのブドウ糖の再吸収がブロックされ、そのまま尿と共に体の外へ排出されます。

このSGLT阻害薬であるジャディアンスのダイエット効果について、次の項目で説明します。

ジャディアンスのダイエット効果


ジャディアンスは、体外へブドウ糖を排出させる効果があるので、服用することでダイエット効果が期待できます。
ここではその詳しい作用や、どのくらい痩せられたのかをご紹介します。

なぜ飲むだけで痩せるのか

なぜジャディアンスを飲むだけで痩せることができるのでしょうか。

食べすぎ、飲みすぎによって必要以上の糖質を摂取してしまうと、糖質は体内でブドウ糖へと変換された後、使われなかった分は脂肪として体に蓄えられます

ジャディアンスは、この必要以上に取りすぎてしまったブドウ糖を体内に吸収させずに、尿として体の外へ排出させます。
体の中にブドウ糖を蓄えさせないことが、結果として痩せることに繋がります

痩せるメカニズム
  • ①糖質の多い食事を摂取する
  • ②体内で糖質→ブドウ糖へ変換
  • ③余剰分のブドウ糖は尿から再吸収→脂肪
  • ④ジャディアンスがブドウ糖の再吸収をブロック
  • ⑤余剰分のブドウ糖(脂肪の材料)→体の外へ
  • ⑥結果的に脂肪を蓄えず痩せる

どのくらい痩せられるのか

ジャディアンスを服用することで、どのくらい痩せることができるのでしょうか。

製造元であるベーリンガーインゲルハイムによって行われた国内第Ⅱ相試験によると、1日1回の服用を24週間行った結果、プラセボ投与群との比較が以下のようになったとの報告がされています。

・1日1回の服用を24週間
・プラセボ投与群と比較した場合

10mg 25mg
-1.93kg -2.15kg

人にもよりますが、だいたい半年の服用で2~3kgは落ちると言われています。

参考サイト:2型糖尿病│ベーリンガープラス

ジャディアンスが向いている方

ジャディアンスは、体内のブドウ糖の再吸収を防ぐという作用から、以下の人が向いていると言えます。

ジャディアンスが向いている方
  • 運動が苦手
  • 炭水化物が大好き
  • 甘いものが大好き
  • 食事制限のダイエットがうまくいかない

ジャディアンスをはじめ、最近では薬を使ったメディカルダイエットが注目を浴びています。
当サイトでもジャディアンス以外のダイエット薬も取り扱っています。
比較表に掲載してあるので、興味のある方はこちらからご覧ください。

ジャディアンスを使ったダイエットで痩せた方の口コミ

実際にジャディアンスをダイエットに使用している方の口コミをご紹介します。

ジャディアンスの服用方法

ジャディアンスには100mgと250mgがあります。初めは100mgから開始します。

基本的には1日1回1錠の服用です。

ダイエット目的で使用する場合は、炭水化物を多く摂取する際に頓服薬(必要な時だけ飲む薬)としても使うことができます。

商品名 ジャディアンス10㎎ ジャディアンス25㎎
画像
錠数/値段 30錠:4,950円 30錠:6,000円
ボタン

ジャディアンスの副作用


ジャディアンスはもともとは病気を治療するための薬なので、やはり副作用があります。
しかし、服用量や服用方法をきちんと守って飲めば、ダイエット目的の服用でも安全に使うことができます。

副作用
  • 便秘
  • 口渇
  • 血中ケトン体増加
  • 多尿
  • 高脂血症

その他、代表的な以下の副作用にも注意してください。

尿路感染、膀胱炎、外陰部腟カンジダ症

発現頻度:0.1%~5%
体内に取り込まれなかったブドウ糖が尿によって排出されることでブドウ糖が雑菌のエサとなり、尿路感染や膀胱炎にかかりやすくなります。

また女性は普段から膣の中にいるカンジダ菌が増殖し、外陰部腟カンジダ症を引き起こす可能性が高くなるので、普段から膀胱炎や膣カンジダにかかりやすい人は注意が必要です。

服用中に異変を感じたらすぐに医師に相談しましょう。

低血糖

発現頻度:1.8%
体外へ多くブドウ糖を排出することで、低血糖になる場合があります。
血糖値が低くなりすぎると、以下の症状が現れます。

  • 多汗
  • 手や指の震え
  • 脈が速くなる
  • 顔色が悪くなる
  • 頭痛
  • 目のかすみ
  • 痙攣
  • 昏睡

自身の体に上記のような症状が現れた場合はすぐにブドウ糖(10g)やブドウ糖を含む清涼飲料水(150~200ml)、砂糖(20g)などを摂取し、安静にします。
通常は15分ほどで症状が治まりますが、念のため医療機関を受診しましょう。

脱水症状

発現頻度:0.3%
ジャディアンスを服用すると、尿を排出する量が増えるので、脱水症状を起こすことがあります。

服用をはじめて1ヵ月以内で起きることが多いので、ジャディアンスでダイエットを開始した初めの1ヵ月は普段よりもペットボトル500ml分を多く飲むように心がけましょう。

その他詳しい副作用はコチラ:ジャディアンス商品ページ

ジャディアンスの注意点

飲むだけで痩せることができるジャディアンスですが、現在服用している薬や、妊娠しているなどの理由で飲めない方もいます。

服用できない人

以下の条件に当てはまる方はジャディアンスを服用することができません。

  • 高度腎機能障害のある方
  • 高度肝機能障害のある方
  • 透析を行っている末期腎不全の方
  • 妊娠している女性

服用に注意が必要な方

服用はできますが、注意が必要な方もいます。

脳下垂体又は副腎機能不全
  • 栄養不良状態、不規則な食事摂取、飢餓状態、食事摂取量の不足又は衰弱状態の方
  • 激しい筋肉運動
  • 過度のアルコール摂取をした方
  • 他の糖尿病治療薬を使用している方
  • 脱水をおこしやすい方
  • 尿路感染、性器感染のある方
  • 中等腎機能障害の方
  • 高齢者
  • 授乳している女性
  • 小児等

併用できない薬

ジャディアンスはもともと糖尿病の治療薬なので、似たような効果が出る薬とは併用できません。
現在服用している薬のある方は、医師にご相談ください。

  • 糖尿病用薬
  • 血糖降下作用を増強する薬剤
  • 血糖降下作用を減弱する薬剤
  • 利尿薬

更に詳しい薬の詳細を見たい方はこちらからどうぞ。
ジャディアンス商品ページ

ジャディアンスの購入方法


ジャディアンスを購入したい場合、現在国内では病院で処方してもらう方法しかありません。
しかし、当サイトのような薬の個人輸入代行サイトなら、処方箋無しで薬を購入することが可能です。

病院 通販
診察料 約3,000円
薬代 ジャディアンス10mg
(1ヵ月/30錠)約15,000円
ジャディアンス25mg
(1ヵ月/30錠)約25,000円
ジャディアンス10mg
(1ヵ月/30錠)約4,950円
ジャディアンス25mg
(1ヵ月/30錠)約6,000円
送料

1,000円
合計金額 約18,000~28,000円 約5,950~7,000円

通販なら送料を含めても、病院で処方してもらう金額の半額以下で購入することができます。

メディカルダイエットについて

ジャディアンスのように、もともとは糖尿病の治療薬だった薬を、ダイエット薬として使用する形の「メディカルダイエット」がいま注目を浴びています。

食事制限や運動をすることなく、薬を飲むだけで痩せることができるというのは、とても魅力的ですよね。
当サイトでは、ジャディアンス以外のダイエット用の薬の取り扱いも行っております。

次の項目でいろいろなタイプの薬の比較を行います。

ダイエット薬比較表

ジャディアンス以外にもメディカルダイエット向きの薬があります。

商品名 フォシーガ リベルサス カナグルジェネリック
画像
錠数/値段 28錠:6,300円 30錠:32,000円 30錠:5,940円
特徴 余分な糖を体外へ排出 食欲抑制効果 余分な糖を体外へ排出
向いている方 麺や米が好きで、食事制限や運動が苦手な方向け 食欲のコントロールが苦手な方向け 麺や米が好きで、食事制限や運動が苦手な方向け
ボタン

リベルサスのような食欲抑制効果のある「GLP-1受容体作動薬を使ったダイエット」について詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。

ダイエットサプリ比較表

メディカルダイエットにはすごく興味があるけど、やっぱり薬という事に抵抗のある方には、ダイエットサプリがおすすめです。
薬のような即効性はありませんが、天然成分によってゆっくりと効き目を実感することが期待できます。

商品名 オルリガル(ゼニカル) BBXダイエットサプリメント カーボブロッカー アーユスリム
画像
錠数/値段 84錠:4,750円 30錠:6,000円 150錠:4,950円 60錠:1,350円
特徴 脂肪吸収をブロック 食欲抑制・脂肪燃焼効果 炭水化物吸収をブロック 食欲抑制・カロリー吸収ブロック
向いている方 脂っこい食事が好きで、運動が苦手な方向け 食欲のコントロールが苦手な方向け 麺や米が好きで、食事制限や運動が苦手な方向け 食事制限や運動が苦手な方向け
ボタン

ジャディアンスは正しく服用すれば安全なダイエット薬


ジャディアンスを使用したダイエットについて説明してきましたが、いかがだったでしょうか。
もともとは糖尿病治療薬だったジャディアンスですが、国内でもすでに処方されている通りダイエット薬としての使用は問題ありません。

しかし使用の際は注意事項を良く確認し、何か違和感や問題が発生した場合はすぐに服用をやめ、医師に相談しましょう。

医師に相談しながら服用したい方や、持病を持っている方は、病院での処方が良いと思います。
しかし今特に服用している薬やかかえている持病もなく、購入の際の手軽さや価格の安さを優先したいという方にはお薬なびでの購入をおすすめします。

メディカルダイエット

タイトルとURLをコピーしました