【2022年注目ダイエット】痩せる薬ランキング!

ダイエットはしたいけど、つらい食事制限や運動は苦手・・・。
そんな方におすすめなのが今話題の痩せる薬(メディカルダイエット)です。

痩せる薬には様々な種類があり、作用も異なります。
この記事ではランキングとタイプに合わせて痩せる薬を紹介しているため、以下のような疑問がある方必見です!

・なにを選べばいいか分からない
・どれが一番痩せるのか知りたい!
・自分に合う薬はどれ?

メディカルダイエット

痩せる薬とは?

痩せる薬
痩せる薬は、つらい運動や食事コントロールを楽にしてくれて、服用するだけで体重の減少やダイエットが成功します。

痩せる薬は、インスリンの作用不足によって高血糖な状態が慢性的に続く糖尿病に使用されている医薬品です。

糖尿病の治療薬にはインスリンを活発にする作用があり、それにより食欲のコントロール、痩せやすい体質、また摂取した糖を尿から排泄しカロリーカットができるなどのダイエット効果があります。

また、アメリカでは肥満治療薬として処方されているゼニカルは摂取した脂質を30%カットする効果があり、ダイエットに有効です。

いずれにしても、「服用するだけでダイエットができる」という共通点があります。

市販で買える痩せる薬おすすめ16選!人気の痩せる漢方も紹介
現在、痩せる薬としてさまざまな商品が市販されていますが、「どれを選べばいいの?」「本当に痩せられるの?」と疑問に思っている方も多いでしょう。この記事では、市販の痩せる薬のおすすめや選ぶポイント、本当に痩せたい方におすすめの痩せる薬をご紹介しています!

痩せる薬の人気ランキング

痩せる薬の中でも特に人気のあるものを、上位7位まで紹介します。

商品名 1位 オルリガル
(ゼニカル)
2位 リベルサス 3位 フォシーガ 4位 カナグル
ジェネリック
5位 ジャディアンス 6位 ザイテン 7位 メトグルコジェネリック
画像 ゼニカル リベルサス フォシーガ カナグル ジャディアンス ザイテン メトグルコ
価格 4,750円/84錠 32,000円/30錠 6,300円/28錠 5,940円/30錠 4,950円/30錠 8,100円/150錠 2,700円/100錠
商品詳細 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
ボタン

美容クリニックでも人気のゼニカル、リベルサス、フォシーガは、クリニックよりも安く購入できるため、当サイトでも人気があります。

痩せる薬の選び方

痩せる薬の作用は様々あります。

痩せる薬の作用
  • 摂取した脂質の30%をカット
  • 摂取した糖質のカロリーをカット
  • 食欲を抑える
  • 痩せやすい体質に変える

揚げ物など脂質を多く含む食事が好きな方には脂質をカットしてくれるもの、甘いもの、パン、麺など糖質を多く含む食事が好きな方には糖質のカロリーをカットしてくれるものなど、それぞれ自分の体質やどうなりたいかで選ぶ薬は異なります。

自分の食生活や、ダイエット計画を元に薬を選びましょう。

分類 リパーゼ阻害薬 GLP-1受動態作動薬 SGLT2阻害薬 DPP-4阻害薬 αグルコシダーゼ阻害薬 ビグアナイド薬
特徴 摂取した脂肪を30%カット 痩せやすい体質に
食欲抑制
1日に約200~500kcalの糖を排泄 食欲抑制
脂肪肥大抑制
痩せやすい体質
体型キープ
リバウンドを抑える
おすすめな方 脂っこい食事が好きな方 美容クリニックで人気
体重を減らしたい方
甘いものや炭水化物が好きな方 食欲を抑えられない方 太りにくい身体になりたい方 太りにくい身体になりたい方
商品 オルリガル
ゼニカル
オルリファスト
リベルサス フォシーガ
カナグル
ジャディアンス
ジャヌビア
ザイテン
トランゼンタ
グルコバイ メトグルコジェネリック
海外の痩せる薬って大丈夫?副作用や注意点を理解して正しく使おう
ダイエットのために海外の痩せる薬を購入する方が増えていますが、「海外の薬って大丈夫?」「なんで海外からしか買えないの?」など、疑問も多いことでしょう。この記事では、海外の痩せる薬に関する疑問にお答えし、使用する上で知っておくべき注意点も解説しています。

食事のコントロールが苦手な方

・食欲を抑えることができない
・間食や過食が辞められない
・必要以上に食べてしまう

こんな方におすすめしたいのが、GLP-1受容体作動薬とDPP-4阻害薬です。

GLP-1受容体作動薬は、美容クリニックでも人気のメディカルダイエット薬で食欲を抑える効果・痩せやすい体質になる効果があります。

GLP-1受容体作動薬
リベルサスリベルサス 成分:セマグルチド 7mg 30,000円/30錠
14mg 32,000円/30錠
GLP-1ダイエットは痩せない?正しく効果を出すための注意点
巷で話題のGLP-1ダイエット。しかし、「痩せない」という口コミも目にしたことがありませんか?本コラムでは、GLP-1ダイエットの効果やGLP-1ダイエットで確実に痩せるためのポイントをご紹介します。
GLP-1ダイエットは保険適用される?費用や始め方を詳しく解説
今話題のGLP-1ダイエットについて、その概要から始め方、GLP-1ダイエットに対する意見。また実際に使用される薬の特徴など詳しく解説していきます。

DPP-4阻害薬には血糖値の上昇を抑えてくれる働きがあり、暴飲暴食を抑えることができます。
また、脂肪肥大抑制効果があるため、体重を増えにくくしてくれます。

DPP-4阻害薬
ザイテンザイテン 成分:テネリグリプチン 20mg 8,100円/150錠
ガルバスガルバス 成分:ヒルダグリプチン 50mg 7,800円/56錠

糖質が好きな方

・甘いものが辞められない
・パン・麺・白米などの糖質が好き
・カロリーカットしたい

こんな方にはSGLT2阻害薬がおすすめです。

体内で余分に作られたブドウ糖を、尿と共に体の外へ排出させる効果があり、1日におよそ200~500kcalの糖を排出します。
1ヵ月継続して服用した場合は約6,000~15,000kcalがカットされ、0.8~1.2kgほど痩せるとされています。

SGLT2阻害薬
フォシーガフォシーガ 成分:ダパグリフロジン 10mg 6,300円/28錠
カナグルジェネリックカナグル 成分:カナグリフロジン 100mg 5,940円/30錠
ジャディアンスジャディアンス 成分:エンパグリフロジン 10mg 8,060円/60錠

25mg 6,000円/30錠
ジャディアンスでラク痩せ!?口コミや注意点を詳しく解説
薬を使ったメディカルダイエットにも使える薬ジャディアンス。体内の余分な糖分を体の外に排出させるため、脂肪の蓄積をブロックします。ここではジャディアンスを使ってどのくらい痩せるのか、注意する点はなど詳しく説明します。

カロリーの高い食事が好きな方

・揚げ物が好き
・甘いものが辞められない
・カロリーカットしたい

カロリーの高い食事が好きでやめられない方には、リパーゼ阻害薬がおすすめです。

ゼニカルなどのリパーゼ阻害薬は、食事で摂取した脂肪の30%を便から排出する作用があります。

国内のクリニックでも定番の処方薬で、食べすぎてしまった時にのみ服用することも可能です。

リパーゼ阻害薬
オルリガルオルリガル 成分:オルリスタット 120mg 6,300円/84錠
ゼニカルゼニカル 成分:オルリスタット 120mg 9,360円/42錠
オルリファストオルリファスト 成分:オルリファスト 10mg 8,060円/60錠

25mg 6,000円/30錠

体重を維持したい方

・リバウンドを防ぎたい
・体重を増やしたくない
・痩せやすい体質になりたい

こんな方にはαグルコシダーゼ阻害薬とビグアナイド薬ががおすすめです。
食後に血糖値が急激に上がると脂肪を体にため込みやすい体になりますが、食後の血糖値を上げる作用であるグルカゴンを抑制してくれるため、体重を増やしたくない方、リバウンドを防ぎたい方に向いています。

服用することで、楽に体重を維持が可能です。

αグルコシダーゼ阻害薬
グルコバイグルコバイ 成分:アカルボース 50mg 2,700円/90錠

100mg 4,500円/90錠

ビグアナイド薬は、糖を作り出す糖新生の働きを抑え、血糖値を下げる作用があるため、体重が増えにくくなります。

体重や体型をキープしたい方におすすめです。

ビグアナイド薬
メトグルコジェネリックメトグルコ 成分:メトホルミン 500mg 2,700円/100錠

老廃物を出したい方

・身体が重たい
・便秘しがち
・むくみやすい

老廃物を出したい方には、利尿剤のルプラックや便秘解消作用のあるシグルなどおすすめです。

利尿剤は、血液中に溜まった老廃物や毒素を、尿として体の外へ排出します。
体内の余分な水分が体外へ排出されるため、むくみ解消効果があります。

利尿剤
ムクミトールムクミトール 成分:トラセミド 5mg 2,200円/100錠

10mg 3,050円/150錠
20mg 3,250円/150錠
ルプラック・ジェネリックルプラック 成分:トラセミド 5mg 2,250円/100錠

10mg 3,150円/150錠
20mg 3,400円/150錠
スピロノラクトンスピロノラクトン 成分:スピロノラクトン 100mg 1,800円/28錠

ダイエット中はもとも便秘になりやすいと言われており、便秘状態になると胃腸の働きが鈍くなり代謝機能も低下すると言われています。

そのためダイエットの天敵である便秘には食物繊維を多く含むダイエットサプリメントがおすすめです。

ダイエットサプリメント
シグル(モリンガ)シグル 成分:モリンガの葉エキス 1,350円/60錠

痩せる薬でどれくらい痩せられる?

体格指標「BMI」にもよりますが、体重が重い人ほど多く体重を減らすことができます。
臨床試験では以下のような結果が出ています。

・リベルサス26週:-2.2kg
・カナグル24週:-1.8kg
・ジャディアンス52週以上:-2.8kg

また、SNSで集めた口コミでは以下のような驚くべき結果が出ています。

・2ヶ月半で-13.4kg
・2週間で-3.8kg
・4ヶ月で-13.3kg

痩せる薬は服用開始からすぐに結果が出ていますが、最低でも3ヶ月は継続して服用することをおすすめします。

※参考サイト:2型糖尿病│ベーリンガープラス

痩せる薬を使用した方の口コミ

では、実際に痩せる薬を使用した方の口コミを見ていきましょう。

この方は、リベルサスを服用してから125日で、68.6kgから55.3kgと13.3kgのダイエットに成功したようです。

この方は、スタートしてから2週間ほどでトータル-3.8kgとものすごい速さで痩せています。

こちらの方もスタートしてから2ヶ月半で-13.4kgのダイエットに成功しています。

痩せる薬を併用しても大丈夫?

痩せる薬は、同じ作用を持つ薬は、効果や副作用が倍になってしまう可能性があるため併用できませんが、違う作用同士の薬なら併用することができます。

体内の余分な糖分を尿と共に体の外へ出してくれるSGLT2阻害薬は、血糖値上昇抑制効果のある薬との併用なら問題ありません。

SGLT2阻害薬と併用OK
  • DPP-4阻害薬
  • GLP-1受容体作動薬
  • ビグアナイド薬

また、体の中から脂分を便と共に体の外へ排出してくれるリパーゼ阻害薬もメディカルダイエット薬と併用OKの薬です。

リパーゼ阻害薬と併用OK
  • DPP-4阻害薬
  • GLP-1受容体作動薬
  • ビグアナイド薬
  • SGLT2阻害薬

痩せる薬の注意点

痩せる薬は医薬品なためすべての人に合う、すべての人が安全に使用できるわけではありません。

しっかりと注意点を確認の上、安全に服用しましょう。

また、持病がある方、体調に不安のある方、服用中の薬がある方は服用前に必ず医師に相談するようにして下さい。

用法用量を守る


どの薬にも、飲む際のルールや決まった量があります。
早く効果を出したいからといって、過剰に摂取しても早く痩せるわけではありません。

逆に体への負担が大きくなって体調を崩し、痩せるどころではなくなる可能性もあるので、かならず用法用量は守りましょう。

用法用量は異なるため、詳しくは商品ページをご確認下さい。

食事をしていないのに薬を服用


痩せる薬は、もともと糖尿病の治療薬だったため、体内の血糖の量に影響を与える作用があります。
そのため、薬によっては食事をしていないのに服用してしまうと、低血糖になり、ひどい時には倒れてしまうこともあります。

体調によってはいつも通りの食事をとることができない日もあります。

そういう時には、薬の服用を控え、病院で見てもらいましょう。

尿路感染症

種類によっては、尿路感染症にかかりやすくなってしまう薬があります。

特に体内の余分な糖分を尿と共に体の外へ排出させるSGLT2阻害薬は、尿の中に糖分が増えることで、尿路感染症にかかる可能性が高くなります。

糖分は細菌のエサとなるため、細菌が繁殖しやすくなる環境ができあがってしまうからです。

もともと膀胱炎になりやすい人などは、注意する必要があります。

便秘

胃の消化作用を抑える効果のあるものや、腸の働きを抑える効果のある痩せる薬を服用すると、便秘になる場合があります。
たいていは体が薬に慣れてくると症状が収まりますが、あまりにひどい場合は服用を中止し、医師に相談しましょう。

特にGLP-1受容体作動薬のような、腸の働きを抑えるタイプの痩せる薬は便秘になりやすいので、もともと便秘がちだという方は注意が必要です。

リバウンド


メディカルダイエットは、比較的リバウンドの少ないダイエット方法だと言われていますが、さらに効果をアップさせるために日常生活に運動を取り入れて見るのも良いでしょう。

1駅分歩く、エレベーターではなく階段で上る、この機会に軽いウォーキングを始めてみるなど、メディカルダイエットとあわせて行うことで、さらにダイエット効果が期待できます。

食欲抑制効果により自然と食欲も落ちてくるため、胃が小さくなりそもそもの食事の量自体が減ったままキープできる可能性もあります。

また、体内の血糖値の急上昇や急低下によって、お腹がすいているわけでもないのに甘いものを定期的に摂取したくなる糖質依存になってしまう場合がありますが、痩せる薬には血糖値の急上昇を抑制してくれる効果があるので、糖質依存が改善する可能性もあります。

痩せる薬が効かない?

飲むだけで痩せると噂の痩せる薬を飲んでいるのに、全然痩せる気配がない・・・。

もしそのような状態になってしまったら、その痩せる薬が自分に合っているのかどうか、見直してみましょう。

炭水化物が大好きなら、体内の余分な糖分を尿と排出させるSGLT2阻害薬が向いており、脂っこい食事が好きでやめられないなら、リパーゼ阻害薬が向いています。

飲んでみたらこっちの方が効果があったということもあるため、他の痩せる薬を試してみることをおすすめします。

痩せる薬処方薬と市販薬の違いは?

クリニックなどで処方してもらえる痩せる薬と、市販されているダイエット目的の薬との違いは何なのでしょうか。
一番の違いは、有効成分の含有量です。

病院で処方してもらえる薬は、医師の診断のもと処方される薬なため、その効果もはっきりとしています。
効果がはっきりしている分、副作用もあるため、医師の判断の元、その人にあった薬と用量が出されます。

しかし、市販薬はどんな人が購入するかわからないので、誰が手に取っても良いように、効果や有効成分がかなり低く設定されています。

その分副作用が低くて安全ではありますが、人によっては全然効果を感じないこともあります。

確実にやせたい方は、メディカルダイエット薬として処方されている薬の方がおすすめです。

痩せる薬は通販でお得に購入

いろいろなタイプの痩せる薬を紹介してきましたが、ご自身に合う薬は見つかりましたでしょうか。

メディカルダイエットはつらい運動や食事制限の必要がなく、服用するだけで体重を落としダイエットすることが可能です。

痩せる薬は美容クリニックなどの病院でも処方されており、今人気のダイエット方法ですが、通販を利用すれば病院よりも安く購入できます。

しかし、通販を利用する場合は医師の診察を受けずに購入するため、しっかりと用法用量を守り安全に服用するようにして下さい。

タイトルとURLをコピーしました