利尿剤は市販されている?購入方法やおすすめの商品まで一挙大公開

むくみを改善する効果を期待できる利尿剤。そんな利尿剤ははたして市販で購入できるのでしょうか。

本記事では、利尿剤の購入方法からおすすめの商品まで調査しまとめました。

内容を一挙大公開していきますので、検討している方はぜひ参考にしてください。

利尿剤は市販できる?

利尿剤は市販できる?

利尿剤はサプリメントや漢方薬といった薬であれば、市販でも手軽に購入できます。

しかし効果がもっとも高いフロセミド、トラセミドなどの医薬品の購入には処方箋が必要です。

そのため医薬品の利尿剤は市販では購入できず、ドラッグストアや薬局、楽天やAmazonといった国内通販などでも販売されていません。

医薬品の利尿剤を購入する場合は病院で処方してもらうか、海外通販(個人輸入)を利用する必要があります。

むくみに効く市販薬・漢方薬ランキング!通販できる処方薬も紹介
むくみを改善できる市販薬を調査してみました。楽天、Amazon、価格ドットコムのランキングが確認できます。市販薬の効果はマイルドなため、高い効果のむくみ改善薬を購入した方は海外通販の利用がおすすめです。

なぜ市販されないのか?

医薬品の利尿剤は、患者の症状に対して服用が必要だと医師が判断した上で処方されます。

「予防」「改善」「健康維持」を目的とした市販薬に比べると効果が強く、その分副作用のリスクも高くなります。

そのため、医薬品の服用は十分な注意が必要で、高い安全性を考慮しなければならない市販では販売や購入ができないのです。

市販で買える利尿剤

市販で購入できる利尿剤には、サプリメント漢方薬といった種類があります。

サプリメントと漢方薬の特徴についてここから詳しく解説していきます。

サプリメント 漢方薬
購入できる場所 薬局、ドラッグストア
国内通販
薬局、ドラッグストア
国内通販
手軽さ
副作用 少ない 少ない
効果が出るまで 時間がかかる 時間がかかる
特徴 健康食品

カリウムなどのミネラル成分のほか、ピぺリンなどの植物由来の成分配合。
症状そのものは改善できない。

植物由来の成分を配合した生薬。

むくみの原因に直接効くものや、体質改善をアシストする。

サプリメント

むくみサプリメント

サプリメントは薬ではなく健康食品です。
治療を目的としている薬(医薬品)の利尿剤とは異なり効果が弱く、症状そのものを改善することはできません。

また、効果を感じられるまでも長い期間が必要です。

しかしドラッグストアなどで手軽に購入できるといったメリットがあります。

安全性も高く、副作用などが心配な方も安心して服用可能です。

漢方薬

むくみ漢方薬

漢方薬とは、植物や鉱物など自然にあるものを加工し、漢方医学に基づいて定められた量を複数組み合わせて作られた薬です。

漢方薬の利尿剤は、体質改善効果によりむくみにくい体作りをアシストする働きがあります。

体に負担をあまりかけずに自然の力で改善でき、手軽に購入できるといったメリットがある一方で、医薬品の利尿剤と比べると効果が弱く、また長期間の服用が必要です。

市販薬と医薬品の違い

市販(サプリメント・漢方薬) 医薬品(利尿剤)
購入できる場所 薬局、ドラッグストア
国内通販
病院、海外通販
手軽さ
副作用 少ない 体質によっては見られる
効果が出るまで 時間がかかる 即効性がある

市販されているサプリメントや漢方は、副作用のリスクが低く安全性が高いため、薬局やドラッグストアといった場所で手軽に購入可能です。

しかし効果は高くないため、即効性は期待できず根気よく服用を続ける必要があります。

反対に医薬品は病院か海外通販でしか購入できませんが、治療を目的としているため効果の即効性が高いです。

利尿剤の強さランキング|選び方や安全に服用する方法も解説
利尿剤には様々なバリエーションがあるのでどれを選べばいいか、どれが強いのか分かりづらいですよね。本記事ではそんな利尿剤の強さや選び方などをご紹介します。

利尿剤(医薬品)の購入方法

市販薬よりも効果が高く即効性のある医薬品の利尿剤が欲しい場合、購入方法は病院処方か海外通販のいずれかです。

病院処方か海外通販はそれぞれどのような特徴があるのかメリットとデメリットも含めてご紹介します。

病院処方

メリット
・医師に症状の相談ができる
・服用方法や注意点などを直接指導してもらえる
・処方が可能だと判断されればすぐに薬が手に入る
デメリット
・利尿剤を処方してもらうには医師の所見が必要
・診察料や処方箋料、検査料、通院の交通費など薬代以外に費用がかかる

利尿剤を処方してもらうには、医師の診断が必要です。

患者に対し、むくみ改善に利尿剤が必要であると判断しない限り処方されません。

病院に行けば必ず利尿剤が処方されるわけではないため注意が必要です。

海外通販(個人輸入)

メリット
・通院せずに処方薬と同じものを通販で購入できる
・薬代と送料のみでコスパよく購入できる
・ジェネリック品など種類が豊富
デメリット
・届くまで2週間ほど時間がかかる
・服用についてはすべて自己責任
・前払いのみで着払いや後払いができない

海外通販は海外から直接発送のため、届くまでに時間がかかりすぐに服用はできません。

しかし通常の通販のように自宅に居ながら手軽に購入できるため、通院の手間や費用がかからず費用を抑えられます。

手軽に購入したいなら海外通販を

スマホを指指す女性

自宅に居ながら手軽に医薬品の利尿剤を購入したいなら海外通販の利用がおすすめです。

海外通販の利用で通院や医師の診断といった手間や薬以外にかかる費用を抑えて購入できます。
またジェネリック品も多く取り扱われ、薬自体の価格も安いことが多いです。

海外通販で人気の売れ筋一覧

当サイトで購入できる医薬品の利尿剤のなかでも、売れ筋1位~5位にランクインする人気商品をまとめました。

ここから、商品について特徴を詳しく紹介します。

どの商品にしようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

1位.ルプラック・ジェネリック

ルプラック・ジェネリック
5mg 100錠 2,250円~
有効成分 トラセミド
服用方法 1日1回5mgを連日または隔日服用。初めての場合は5㎎からスタートし年齢や症状に合わせて調整していく。
入手方法 病院処方、海外通販

全身から余分な水分を尿として排出することで、むくみ改善やデトックス効果などを得られるループ利尿剤です。

5mgと低い用量からあるため初めての方でも服用しやすく、日本で処方されているルプラック(先発薬)より安く購入できます。

2位.ムクミトール

ムクミトール
5mg 100錠 2,200円~
有効成分 トラセミド
服用方法 1日1回5mgを服用。
入手方法 病院処方、海外通販

血液中の毒素や老廃物を尿として体外に排出することで、全身のむくみを解消します。

むくみだけでなく、デトックスや血圧を下げる効果もある薬です。

日本で処方されているルプラック(先発薬)と同じ有効成分を配合し、即効性も高く服用後1時間ほどで効果が現れます。

3位.トラプレス

トラプレス
10mg 100錠 2,530円~
有効成分 トラセミド
服用方法 1日1回5mgを服用。
入手方法 病院処方、海外通販

有効成分トラセミドの働きにより、全身のむくみ解消、老廃物の排出によるデトックス、血圧を下げるといった効果を得られます。

高用量の40㎎まであり、より強い効果を期待できますが、用量が増えるほど副作用のリスクも強くなるため注意が必要です。

4位.スピロノラクトン錠

スピロノラクトン錠
25mg 20錠 2,000円~
有効成分 スピロノラクトン
服用方法 1日50~100mgを服用。
入手方法 病院処方、海外通販

カリウム保持性利尿剤「アルダクトン」のジェネリック医薬品です。

血中に溜まった老廃物や身体の余分な水分を排出させることで、全身のむくみを解消すると同時にデトックス効果も得られます。

また、カリウムの排泄を抑える働きがあり、利尿剤の副作用として現れるこむら返りや低カリウム血糖も抑えられるため、副作用が不安な方にもおすすめです。

5位.アルダクトン(スピロノラクトン)

アルダクトン(スピロノラクトン)
100mg 28錠 3,400円~
有効成分 スピロノラクトン
服用方法 1日50~100mgを服用。
入手方法 病院処方、海外通販

カリウム保持性利尿剤である「アルダクトン」のジェネリック医薬品。

効果はラシックスよりも穏やかで持続時間も2~3時間のため、外出の際も服用しやすいです。

カリウムの排泄を抑える働きがあり、利尿剤の副作用として現れるこむら返りや低カリウム血糖も抑えられます。

むくみを即効で解消できる方法!足のむくみから顔のむくみまでズバッと解決
むくみを即効で解消できる方法について、今すぐできる方法から、一番効果のある方法までご紹介していきます。

利尿剤の注意点

指をさす女性

医薬品の利尿剤は効果が高い分、副作用のリスクもあります。

もちろん体調や体質により異なるため必ずしも副作用が出るというわけではありません。

しかしどのような点に注意すべきか服用前に知っておくと良いでしょう。

利尿剤を服用する際の注意点について解説します。

トイレの回数に注意

効果の出現や持続時間は利尿剤によって異なりますが、多くは服用してからおおよそ1時間ほどで効果が現れ、その後約6時間持続します。

薬が効いている間は、トイレに行く回数が増えるため、いつでもトイレに行ける状況でなくてはなりません。

たとえば外出先などトイレにすぐに行けない状況や、睡眠の妨げとなる寝る前の服用は避けましょう。

水分不足に注意

利尿剤の効果により体内の水分が排出されすぎると、水分が不足し脱水症状を起こす可能性があります。

とくに高齢者の方は脱水症状に気づかないことがあるため注意が必要です。

夏場の外での作業やサウナ、温泉、運動など汗をかきやすい状況での服用も避けてください。

また服用後はトイレの回数は増えますが、水分補給はこまめにしましょう。

熱中症に注意

利尿剤は血中の水分と塩分を尿から排出する働きがあります。

そのため、利尿剤の服用で尿から水分が排出されすぎてしまい水分不足になってしまうと、汗をかけず体温を下げることができません。

放出できなかった熱が体にこもることで、熱中症になってしまう危険性があります。

とくに体温調節機能が低い高齢者や子供は熱中症リスクが高く注意が必要です。

飲みすぎに注意

効果を得たいからといって飲みすぎることは絶対に避けてください。

利尿剤は飲みすぎることで腎機能を低下させる可能性があり危険です。

ほかにも副作用のリスクを高める恐れがあります。

必ず用法用量を守り、ピルカッターなどで分けて服用する場合も1日の服用量を超えないよう注意してください。

もし効果をあまり感じられない場合は別の利尿剤への変更も検討しましょう。

よくある質問

Q&A
利尿剤についてよくある質問を集めピックアップしました。
購入や服用に関する不安や疑問にお答えし解決します。

一番強い利尿剤は?

もっとも強い利尿剤は医薬品で、漢方薬とサプリメントの強さは同じくらいです。

はじめての服用で副作用などが不安な方はまずは漢方薬やサプリメントを試してみると良いでしょう。

効果が物足りない、即効性が欲しいという方は医薬品の利尿剤の使用を検討してください。

市販で買える利尿剤と病院で処方される利尿剤の違いはなんですか?

市販薬と医薬品は効果と副作用に大きな違いがあります。

市販で販売されている利尿剤はサプリメントや漢方薬で、副作用が少なく安全性は高いです。

しかし即効性は期待できず効果を感じられるまでに時間がかかるといった特徴があります。

一方、病院で処方される医療用医薬品は、市販薬と比べると副作用のリスクはありますが、その分期待できるのが高い効果と即効性です。

利尿剤でダイエットはできますか?

ダイエット目的で利尿剤を服用することはおすすめしません。

利尿剤は全身のむくみを改善するため体重も減るケースが多く、痩せたと錯覚しがちです。

しかし体の余分な水分が排出されただけで、脂肪が減ったわけではありません。

また医薬品の利尿剤は副作用や依存性のリスクもあり、ダイエット目的での服用はリスクがあります。

利尿剤ダイエットで痩せられる?効果と危険性について
利尿剤ダイエットで痩せられるのか調査しました。利尿剤は、尿の排出を促す薬ですが、体内の余計な水分を排出するということでダイエットに使う方もいます。ダイエットに使う場合の効果と危険性についてまとめました。

まとめ

利尿剤は市販でも漢方薬やサプリメントの購入はできますが、即効性は期待できません。

高い効果と即効性を求めるなら市販薬ではなく医薬品の服用を検討しましょう。

海外通販は通院の手間がかからず、自宅に居ながら手軽に医薬品の利尿剤を購入できます。

また診察料や処方箋料などもかからずジェネリック品も豊富でおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました