年齢を重ねると勃起力が弱まるのはなぜ?

年齢を重ねると共に減退していく勃起力、、、

一般的には40歳を超えてくると勃起力の減退を感じ始める方が多いようです。

勃起力が弱くなることには、はっきりと原因があります。

ですが、その原因を知り対策することによって、いくつになっても勃起力を改善することができるのです。

この記事では、年齢をえ重ねるごとに減退する勃起力の原因を説明していきます。

内臓機能の低下

老化が進むごとに人間の体内では酸化が進み、内臓の機能が低下していきます。
内臓の機能が低下するということは、生殖器の働きも低下していき、男性ホルモンの分泌や精子の生成が少なくなってしまうのです。

結果的に精力が次第に無くなくなっていき、勃起が思うように起きない状態となっていきます。

また、内臓機能の低下をもたらすのは、加齢だけではありません。
乱れた食生活、ストレス、喫煙や飲酒、悪い姿勢などがあげられます。

内臓機能の低下を改善するためには以下のことがおすすめです。

内臓機能の改善
  • 加工品・添加物・砂糖・アルコールを含む食べ物を控える
  • 1日1~1.5リットルの水分を取る
  • 20~30分の有酸素運動を頻繁に行う
  • シャワーだけでなく湯船に浸かる

このように日々の生活習慣を改善するだけで、内蔵機能の低下を改善することができます。

血管が固くなる(動脈硬化)

勃起という現象は、陰茎にある細い血管が集まった海綿体に血液が流れることによって起きます。

勃起に重要なことは血管が柔らかく拡張しやすい状態であるということです。

しかし加齢と共に血管は固くなっていき、海綿体への血液の流入がスムーズに行われなくなってしまうのです。
動脈硬化が進行すると、勃起しないどころか勃起しても維持することが難しくなり、改善されずにいるとやがて勃起不能になってしまう場合もあります。

動脈硬化を予防し、改善していくことが勃起力を維持することに繋がります。

動脈硬化の予防
  • 野菜を中心に、タンパク質も多く摂る
  • ストレッチを行い筋肉をしなやかにする
  • ストレスを溜めない生活を心がける

動脈硬化の予防も日々の生活習慣を見直すことが大切です。

またED治療薬には血管を拡張させ、陰茎内の海綿体に血液を流れ込みやすくし、勃起を促す効果があります。
日々の生活習慣を見直しても勃起力が上がらないという方はED治療薬に頼ってみることをおすすめします。

関連コラム

EDを治す7つの方法
ED治療薬の選び方・特徴などを解説!

生活習慣病の影響

上記でも説明したとおり、勃起力の減退には生活習慣病も大きく関わっています。
高血圧や糖尿病、高脂血症は加齢によって引き起こす人が多い生活習慣病です。

これらの症状は神経や血管を大きく傷つけてしまう原因となります。

血管を傷つけるということは、上記で説明したように動脈硬化を引き起こす原因になります。

生活習慣病で傷つけらる神経の中には海綿体に血液を送れというシグナルを送信する抹消神経があります。
その末梢神経が傷つけられることによってスムーズな勃起が起きにくくなってしまうのです。

男性ホルモンの減少(テストステロン)

勃起を起こすためにはテストステロンという男性ホルモンの分泌がとても重要になります。

テストステロンは20代の後半から分泌が減少していくといわれていますが、対策をすることによって年齢関係なく分泌を増加させることができるのです。

テストステロンは減少することで性欲がなくなり、精子の生成も行われなくなっていきます。
年齢を重ねると性欲がなくなるといった主な原因はこのテストステロンの減少が大きく関係しているのです。

性欲がなくなるということは勃起が起きにくくなるということになります。

勃起不全にはED治療薬

ED治療薬は有効性80%以上で1錠飲むだけでEDに効果的です。

バイアグラバイアグラ レビトラレビトラ シアリスシアリス
有効成分 シルデナフィル バルデナフィル タダラフィル
1錠価格 1,200円~ 1,337円~ 1,417円~
特徴 勃起力No.1
食事の影響を受けやすい
即効性あり!
服用後最短20分で効き目が出る
効き目はマイルド
持続時間は最長36時間!
サイト

先発薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスは1錠あたり1,200円以上と高額ですが、ジェネリックであれば1錠190円~購入可能です。

勃起力に自信のない方はぜひ一度ED治療薬をお試し下さい。

タイトルとURLをコピーしました