メトホルミンを処方してもらうには?ダイエット目的でも簡単な購入方法紹介

ダイエット効果が期待できる「メトホルミン」。

さまざまなダイエット方法を試したけど効果がない、長続きしない、そんな経験がありませんでしょうか。

本記事では、メトホルミンを処方してもらう方法やダイエット目的での簡単な購入方法を徹底リサーチしました。

メトホルミンでのダイエットを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

\お薬なびでも販売中/

メトホルミンタブレット
メトホルミンタブレット 28錠:2,800円

メトホルミンを処方してもらうには?


メトホルミンを処方してもらう方法は、糖尿病治療とダイエット目的で異なります。

糖尿病治療とダイエット目的、それぞれまとめましたのでご紹介します。

糖尿病の治療で処方してもらうには

メトホルミンは糖尿病治療薬のため、糖尿病の治療目的の場合は、内科または糖尿病内分泌科などの保険医療機関で処方されます。

処方してもらう目安については、HbA1cの数値が7.0%以上の場合です。

HbA1cが7.0%以上になると、糖尿病の合併症が進行しやすい状態となるため糖尿病治療薬を使用して治療をおこないます。

2型糖尿病のように運動療法や食事療法、経口薬によって血糖値を管理できるインスリン非依存状態の場合は、メトホルミンが処方されることがあります。

ダイエット目的で処方してもらうには

近年、ダイエット効果が期待できると話題のメトホルミンですが、メトホルミンダイエットを目的としている場合は、内科で処方してもらうことはできません。

もともとは糖尿病の治療のための医薬品であるため、ダイエット目的の場合は内科での処方はされていません。

しかし、美容クリニックまたはオンライン診療をおこなっているクリニックなどの自由診療では処方してもらうことが可能です。

糖尿病薬でメディカルダイエット!効果やリスクを徹底解説
糖尿病薬は近年メディカルダイエットとして使用する方が増えています。この記事では、糖尿病薬を使ったダイエット法の効果からリスクまで徹底解説します。
痩せる薬は内科でもらえる?おすすめの薬と安く買う方法も紹介
「内科で痩せる薬をもらって手軽に痩せたい!」しかし、実は内科で痩せる薬をもらうのはとても難しいんです!この記事では、内科でもらえる痩せる薬ともらうための条件、内科での処方よりもおすすめの痩せる薬の入手方法についてまとめました。

ダイエット目的の場合、メトホルミンは保険適用される?


糖尿病治療の場合は、保険適用ですがダイエット目的の場合はどうでしょうか。

ダイエット目的の処方について、メトホルミンに保険が適用されるのか解説します。

ダイエット目的の場合は保険適用外

ダイエットを目的とした処方の場合は、保険適用はできず自由診療扱いになります。

糖尿病の診断を受けた場合には、保険適用が可能です。

健康保険は、病気やけがをした時の高額な医療費を軽減してくれる制度です。

医療行為による痩身治療は、病気を治すことを目的としておらず、体型を改善したり見た目をよくしたりすることが目的です。

そのため、ダイエット目的の場合は健康保険の適用条件には含まれず、保険は適用されません。

メトホルミンの自費はいくら?

実際に、メトホルミンを自費購入した場合いくらかかるのでしょうか。

ダイエット目的の購入は、保険適用ができないため医薬品代や診察代などは全額自己負担です。

そのため、金額は高くなる傾向があります。

病院価格相場:500mg60錠 6,000円(30日分)

これに加えて、診察や採血、定期検診代など医薬品代以外の費用がかかり、オンライン診療については送料が別途発生することもあります。

海外通販であれば、メトホルミンを安く簡単に個人輸入することが可能です。

ダイエット目的の場合のメトホルミンの処方の流れ


どのようにメトホルミンを処方してもらうのでしょうか。

ダイエット目的の場合の処方の流れについて、美容クリニックとオンラインの2つご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

美容クリニック(来院)

来院時の流れ
  • ①クリニックに来院
    希望の美容クリニックに来院します。
    完全予約制のクリニックもあるため、事前に予約をして来院しましょう。
  • ②医師の問診
    美容クリニックでは医師が問診をおこない、身長体重の計測や肥満度、体重が増える原因について確認していきます。
  • ③血液検査(問題がある場合には処方不可)
    医薬品を服用して問題がないか血液検査をおこない、検査結果次第では処方ができない場合があります。
  • ④血圧、心拍数検査
    血圧、心拍数検査をおこない健康状態に問題がないか確認します。
  • ⑤必要に応じて処方
    検査結果に問題がない場合は、必要に応じて処方されますが治療中は副作用や血圧、心拍数、体重の変化などの確認をおこないます。

そのほか、健康的にダイエットをおこなうために、定期的な血液検査が必要となり通院する可能性があります。

その場合も自費での検査となるため、都度診察料や検査料などの費用がかかる可能性が高いです。

オンライン処方

オンライン処方の流れ
  • ①オンライン診療の申し込み
    ネットからオンライン診療の申し込みをします。
  • ②事前に個人情報や問診記入
    オンライン診療前までに、個人情報や問診などの記入をおこないます。
  • ③予約日になったら、電話やビデオ電話で医師の診察
    予約日当日には電話やビデオ電話で医師の診察を受け、基礎疾患やアレルギーがないか、現在の体調などについての確認があり、不明な点や不安な点があれば相談が可能です。
    服用中の医薬品などがある場合は、必ず相談しましょう。
  • ④クレジットカードなどのキャッシュレスでお会計
    診察代や医薬品代については、診察後にクレジットカードなどのキャッシュレスでお会計をします。
  • ⑤後日、自宅に薬が配送
    後日、自宅に医薬品が配送されますが配送料がかかる場合があります。

そもそもメトホルミンとは


メトホルミンは、2型糖尿病の治療薬のひとつであり、近年ではダイエット薬として幅広く使用されています。

メトホルミンの効果や副作用について、解説していきます。

メトホルミンの効果

ビグアナイド薬に分類されるメトホルミンには、糖新生の抑制、食欲抑制、AMPKの活性化、大きく分けて3つの効果があります。

糖新生の抑制とは、肝臓で糖が新しく作られるのを防いだり、脂肪や筋肉に糖を取り組むように促進したりして血糖値を下げることです。

メトホルミンを服用することで、痩せホルモンとして有名な「GLP-1」の分泌量が増えます。

GLP-1は満腹中枢に作用して食欲を低下させたり、消化管の働きを抑えて糖の吸収を抑制したりする効果があります。

また、AMPKの活性化作用により、体のエネルギー利用が高まるこで筋肉量が増え、太りにくい体質へ変えることが可能です。

ほかにも、体内の余分な糖を排出することで血糖値が下がり、体重減少につながるためダイエット効果が期待できます。

メトホルミンの飲み方

メトホルミンの飲み方は、以下で推奨されています。

1日2~3回にわけて1錠(500mg)ずつ食後に飲む

1日2回の理由は、血中半減期という医薬品が体内に入り血中濃度が半分になるまでの時間が関係しています。

メトホルミンの場合は、血中半減期が5時間ほどのため、飲むタイミングは1日2回食後が望ましいです。

メトホルミンの副作用

メトホルミンの主な副作用について、以下が挙げられます。

  • 下痢
  • 便秘
  • 嘔吐
  • 貧血
  • 肝機能異常

メトホルミンの副作用で一番多いのが、下痢や便秘などの消化器症状です。

一時的で軽度のものが多いですが、改善しない場合は医師への相談をおすすめします。

また、重篤な副作用に低血糖、乳酸アシドーシス、肝機能障害、黄疸、横紋筋融解症などがあります。

これらの症状が出た場合は、服用を中止して病院を受診しましょう。

メトホルミンダイエットの口コミ

メトホルミンダイエットについての口コミをご紹介します。

個人差はあると思いますが、私はメトホルミンで痩せることができました。副作用は下痢がありました。かなり長期戦でしたが体重を落とすことができました。1年は服用したと思います。私には時間があったのでゆっくり着実に痩せていけたので良かったと思います。

赤ちゃんマンさん(42歳) 

メトホルミンの副作用の中でも、発現率が高い下痢の症状が見られたようです。

「かなり長期戦でした」とあるようにメトホルミンの効果はマイルドで、継続することが大切と言えます。

おぉ〜。あんなにバクバクと好きなもの食べていましたが、食欲がおさまってきました。今は本当に空腹を感じないと、食べたくない。前までは意味もなく、口寂しくなったら食べていたのに!やっとメタボ解消できそうです。

万年ダイエッターさん(39歳)

メトホルミンによって、食欲が治まり暴飲暴食を防ぐことができているようです。

意識をしていなくても自然と食事の量を減らすことができるため、どうしても間食をやめられない、食べ過ぎてしまうという方におすすめです。

社会人になってから体重や体系の変化に驚いています。生活習慣病の予防のため購入しました。注文してすぐに届いたので気持ちが冷める前に使えてよかったです。食欲が抑えられるため、食事の量が減ってきています。これなら無理なダイエットにならないため続けれそうです。肥満から脱出して健康な体を手に入れるまで頑張ります。

良平さん(33歳) 

生活習慣病予防のための服用ですが、メトホルミンの食欲抑制効果が発揮されて食事の量を減らすことができているようです。

食事制限や運動をする必要がないため、無理なダイエットにならず続けることができます。

メトホルミンとリベルサスどちらがいい?


ダイエット目的で使用される医薬品は、メトホルミンのほかに有名なリベルサスがあります。

どっちがいいのか迷う方が多いのではないでしょうか。

それぞれの特徴を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

リベルサスとメトホルミンの違いは?ダイエット効果や価格を徹底比較!
薬を服用して痩せるメディカルダイエットには、さまざまな種類の薬があります。どの薬が自分に合うのか、コストパフォーマンスの良い薬はどの薬なのか知りたい方も多いでしょう。リベルサスとメトホルミンの違いを徹底比較します。

食欲抑制ならリベルサス

リベルサスは、メトホルミンと同様に糖尿病の治療に用いられる医薬品です。

リベルサスの有効成分であるセマグルチドは、胃腸の動きを抑えて満腹感を得やすくしたり、満腹中枢に作用して食欲を抑えたりする効果があります。

そのため、食べ過ぎを防ぐことができ、自然と食事量が減ってダイエットにつながります。

また、リベルサスは痩せホルモンであるGLP-1の働きを補い、インスリンの分泌を促して血糖値を下げることが可能です。

過度な食事制限や運動をすることなく痩せることができるため、効率よくダイエットすることができます。

以下に該当する方はリベルサスがおすすめです。

  • 暴飲暴食をやめたい方
  • 運動が苦手な方
  • 食べることが好きな方

糖質好きならメトホルミン

メトホルミンには、糖質の吸収を抑える効果があるためご飯や甘いものなどが好きな方におすすめです。

食事から摂った糖質の吸収を抑えることで、血糖値の急激な上昇を抑える効果があります。

ほかにも、体内の余分な糖を便として排出し、脂肪が蓄積するのを防ぎます。

メトホルミンを服用することで、筋肉量を維持したり増加させたりすることができるため、基礎代謝の向上につながり太りにくい体質へ改善することが可能です。

リベルサスと比べて、効果は緩やかですが低価格のため継続しやすいダイエット薬と言えます。

以下に該当する方はメトホルミンがおすすめです。

  • 糖質(ご飯)が好きな方
  • 糖質制限で失敗した方
  • 費用を抑えたい方

メトホルミンは市販されてる?


メトホルミンは、ドラッグストアなどの市販では購入することができません。

Amazonや楽天などの国内通販サイトでも購入ができない医薬品です。

メトホルミンを購入するには、クリニックで処方を受ける必要があり、医薬品代以外に診察代や検査代などの費用がかかります。

個人輸入であれば、処方箋が不要でメトホルミンの購入が可能です。

ネットで簡単に購入したいという場合には、個人輸入がおすすめです。

個人輸入について、簡単にご紹介しますので参考にしてみてください。

【超強力】激やせダイエットサプリの選び方!薬局でも買える?
薬局で売っているダイエットサプリで激やせすることはできるのか?超強力なダイエットサプリの選び方やその効果を紹介します。

メトホルミンが手軽に欲しいなら個人輸入!


メトホルミンが手軽に欲しい方には個人輸入がおすすめです。

個人輸入代行サイトとは、海外の医薬品を個人輸入する手続きを代行するサイトです。

個人輸入といわれると「手続きが大変そう」、「どうやって買えばいいのかわからない」という方が多くいると思います。

実は、個人輸入は英語不要でAmazonや楽天などの通販と同様に簡単にネット注文ができます。

サイトは日本語対応しているため、初めて購入する方でもわかりやすく、購入手続きも簡単です。

「海外の痩せる薬」は本当に痩せる?注意点とおすめの薬紹介
ダイエットのために海外の痩せる薬を購入する方が増えていますが、「海外の薬って大丈夫?」「なんで海外からしか買えないの?」など、疑問も多いことでしょう。この記事では、海外の痩せる薬に関する疑問にお答えし、使用する上で知っておくべき注意点も解説しています。

個人輸入はどれくらい安い?

クリニック 個人輸入
薬代 500mg60錠:6,000円(30日分)
1日分:200円
500mg100錠:4,200円(50日分)
1日分:84円

1日2錠服用した場合、クリニックでは1日あたり200円、個人輸入は84円です。

個人輸入で購入した方が、1日あたりの医薬品代が半額以下になりお得です。

メトホルミンダイエットは、効果が緩やかなためすぐに効果を得ることはできません。

そのため、3ヶ月服用した場合の費用をそれぞれ計算してみました。

クリニックは1日200円×90日分で18,000円、個人輸入は1日84円×90日分で7,560円のため、3ヶ月では10.440円も費用に差が生じます。

使用するダイエット薬の価格を抑えることで、経済的にも無理をすることなくダイエットを継続することができるため個人輸入での購入がおすすめです。

個人輸入で買えるメトホルミン

個人輸入で購入することができるメトホルミンをご紹介します。

メトホルミンは、日本国内でも処方されているメトグルコのジェネリック医薬品であり、2型糖尿病の治療薬です。

肝臓で糖が作られる糖新生の働きを抑え、血糖値を下げる効果があります。

ほかにも、体のエネルギー量をコントロールして筋肉量を維持したり、脂肪の燃焼を促進したりする効果も期待できます。

食後に2~3回に分けて1日500mg(1錠)を服用してください。

メトグルコ・ジェネリックは、インドのインスタファーマ社が開発・製造しているメトグルコのジェネリック医薬品です。

体内にある余分な糖を便に排出させて、血糖値を下げる効果があります。

不要な糖を除去することで、体重減少につながるためダイエット効果が期待できる医薬品です。

1日500mg(1錠)を2~3回に分けて食後に服用することが推奨されています。

まとめ

メトホルミンをダイエット目的で購入するには、手軽さや価格面から個人輸入がおすすめです。

メトホルミンはもともと糖尿病の治療薬のため、ダイエット目的では保険適用はできません。

そのため、ダイエット目的の場合は美容クリニックやオンラインクリニックなどの自由診療でのみ処方が可能です。

病院での処方は診察代や検査代、定期検診代など医薬品代以外にもさまざまな費用がかかるため、高額になる傾向があります。

個人輸入の場合、処方箋が不要で医薬品代も低価格なため、手軽に購入してメトホルミンダイエットをスタートすることができます。

コストパフォーマンスに優れている個人輸入をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

メトホルミンタブレット
メトホルミンタブレット 28錠:2,800円
タイトルとURLをコピーしました