【超おすすめ】背中の汗対策一挙紹介!

背中の汗ジミが気になっている方、背中だけの汗が多い方、もしかすると多汗症かもしれません。

この記事では、背中の汗対策におすすめの方法をいくつかご紹介いたします。

また、多汗症の薬についても、その効果やどこで購入できるのかについて解説します。

背中の汗の原因


汗は、体温が高い場合に温度を下げるために分泌され、体温調節の役割を果たします。

汗をかくことにより、適切な体温を保っているということです。

汗を分泌する汗腺は全身にありますが、背中に特に多くの汗腺があります。

そのため、他の部位に比べて汗をかきやすい場所といえます。

もしかして背面多汗症かも

背中の汗がひどい方は、もしかすると背面多汗症かもしれません。

背面多汗症について解説していきます。

背面多汗症とは

背面多汗症とは、気温などに左右されることなく、日常的に汗の量が多い状態のことです。

さらに、その汗によって日常生活に支障をきたしている場合に、多汗症と診断されます。

日本人の10人に1人が多汗症だともいわれています。

単に汗をたくさんかくからといって多汗症というわけではありません。

気温が暑かったり、運動後など汗をかく場面ではない場合にも生活に支障をきたすほどの汗をかいている場合に該当します。

背面多汗症チェック

背面多汗症のセルフチェック法を解説します。

  • 多量の発汗が半年以上続いている
  • 気温が高くなくても汗が出る
  • 緊張すると多量の汗が出る
  • 汗ジミが気になる
  • 日中は汗が出るが睡眠時は落ち着く

これらに当てはまる方は、背面多汗症の可能性があります。

足の裏の異常な汗と自律神経の関係|日常でできる改善法から治療法まで
足の裏の汗が異常に出ている場合、日常生活に支障をきたしてしまいます。当ページでは足の裏の異常な汗と自律神経の関係、日常できる改善方法から治療法まで詳しく記載していきます。

日常でできる背中の汗対策


まずは、日頃からできる背中の汗対策について解説します。

日頃のケアによって背中の汗を対策することが可能です。

通気性の良い服を着る

背中の汗が気になっている場合には、通気性の良いトップスを着ることで、背中の蒸れを解消することができます。

背中は特に蒸れやすい場所のため、空気の通りを作ることで、多量の汗をひかせられるのです。

身体を冷やす

身体を冷やすことも背中の汗対策にとても有効です。

そもそも汗は、身体から熱を逃がすために発汗するというメカニズムです。

身体を冷やしてあげることで、発汗を抑えることができます。

汗拭きシートの使用

汗拭きシートなどでこまめに汗を拭きとることも大切です。

汗を拭きとることで蒸れを防ぐことができます。

また、冷感があるシートの場合には、瞬時に体を冷やすことができるため、汗を抑えることが可能です。

制汗剤やデオドラントの使用

制汗剤は、汗対策として一番に思い浮かべる人が多いと思います。

制汗剤は、汗の出口にフタをすることで発汗を抑える効果があります。

背中は手が届きにくいため、スプレータイプのものを選ぶといいでしょう。

エクロックゲルで多汗症は治る?実際に14日間使ってみた感想
多汗症治療薬のエクロックゲルが本当にワキ汗に効くのか?実際に使ってみました。14日間使った感想などをまとめています。

多汗症薬の服用

多汗症の飲み薬という選択肢もあります。

日本で承認されている多汗症の飲み薬には、抗コリン薬があり、汗の分泌を促すアセチルコリンという物質をブロックする働きがあります。

この働きによって発汗を抑えることが可能です。

制汗剤は毛穴がつまったり、肌荒れの心配がありますが、飲み薬であればそういった心配はありません。

多汗症の薬はどこで買える?


では、多汗症の薬は、どこで購入することができるのでしょうか?

市販では買えない

多汗症の薬は、ドラッグストアや薬局などの市販では購入することができません。

楽天やAmazonなどの国内通販も同じです。

市販で購入できる制汗剤はニオイケアを目的としており、漢方薬は体質改善を目的としているものになります。

顔汗を止めるアイテムをご紹介!ドラッグストアで買える?
「暑いわけではないのに顔汗が止まらない…」「顔だけ汗をかきやすくてメイクが崩れやすい…」など、顔汗に悩まされている方は多くいらっしゃいます。この記事では、顔汗の原因や、ドラッグストアで買えるアイテム、顔汗を止める飲み薬についてご紹介します。

病院処方

病院を受診することで、多汗症の薬を処方してもらうことが可能です。

  • 診療科:皮膚科、形成外科
  • 処方薬:外用薬、内服薬
  • 保険適用:保険適用基準あり

病院では、塩化アルミニウムなどの外用薬や、抗コリン薬などの内服薬が処方されます。

保険適用については、基準が決まっています。

以下で解説する1~3の全てに当てはまる場合に保険が適用されます。

  • 薬剤が原因の多汗ではない
  • 原因不明の多汗が6ヵ月以上続いている及び以下の6項目中2項目以上が当てはまる
  •   ・両側かつ左右対称性に多汗がみられる

      ・25歳未満で発症した

      ・家族歴がある

      ・睡眠中には発汗が止まる

      ・多汗によって日常生活に支障をきたしている

      ・1週間に1回以上、多汗のエピソードがある

  • 以下のどちらかに当てはまる
  •   ・発汗がほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支障がある

      ・発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある

上記のどれか1つでも当てはまらない場合には、保険が適用されない場合があるため、注意しましょう。

海外通販

病院処方と同じ薬を海外通販サイトを利用して購入することが可能です。

海外通販では、日本で唯一多汗症の内服薬として承認されている「プロバンサイン」が購入できます。

海外通販とは、海外の医薬品を個人輸入する代行サービスを行っているサイトです。

医師の処方箋なしで医薬品を購入することができます。

商品名 プロバンサイン プロスパス
画像 プロバンサイン プロスパス
有効成分 プロパンテリン プロパンテリン
価格 100錠:5,700円 100錠:4,950円
購入

まとめ

背中の汗の対策についてご紹介しました。

日常生活でできる対策をしても汗が気になる場合には、プロバンサインがおすすめです。

海外通販で手軽に購入することができますので、ぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました