飲み合わせに注意!コロナ治療薬パキロビッドパックの併用禁忌薬とは?

新型コロナウイルスに関連する記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている情報もご確認ください。
またワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。

2022年2月10日、新型コロナウイルスの治療薬として特例承認されたパキロビッドパック。

重症化リスクを89%下げるという高い有効性を持つ薬ですが、飲み合わせに注意すべき薬が多いという特徴があります。

ここでは、気になるパキロビッドパックの飲み合わせや服用方法について分かりやすく解説します。

パキロビッドパックの飲み合わせについて

パキロビッドパックには、飲み合わせに注意すべき医薬品や食品が90種類以上あります。

代表的なものは、高血圧の薬カルブロック、不眠症の薬ベルソムラなど。

その他、パブロンやエスタックイブ等市販の薬に含まれている成分も該当します。

上記2つに分けて詳しく解説しますので、自分がパキロビッドパックを使えるのか確認しておきましょう。

パキロビッドパックの併用禁忌

パキロビッドパックの併用禁忌薬は以下の通りです。

薬効分類 成分名/医薬品名
鎮痛薬 アンピロキシカム(フルカム)
鎮痛薬 ピロキシカム(バキソ、フェルデン)
頭痛薬 エルゴタミン酒石酸塩・無水カフェイン・イソプロピルアンチピリン(クリアミン)
片頭痛薬 エレトリプタン臭化水素酸塩(レルパックス)
片頭痛薬 ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩
高血圧薬 アゼルニジピン(カルブロック、レザルタス )
抗不安薬・抗てんかん薬 ジアゼパム(セルシン、ホリゾン)
催眠鎮静薬・抗不安薬 クロラゼプ酸二カリウム(メンドン)
催眠鎮静薬・抗不安薬 エスタゾラム(ユーロジン)
催眠鎮静薬・抗不安薬 フルラゼパム塩酸塩(ダルメート)
催眠鎮静薬・抗不安薬 トリアゾラム(ハルシオン)
抗不整脈薬 アミオダロン塩酸塩(アンカロン)
抗不整脈薬 ベプリジル塩酸塩水和物(ベプリコール)
抗不整脈薬 フレカイニド酢酸塩(タンボコール)
抗不整脈薬 プロパフェノン塩酸塩(プロノン)
抗不整脈薬 キニジン硫酸塩水和物(キニジン)
抗精神病薬 ブロナンセリン(ロナセン)
抗精神病薬 ルラシドン塩酸塩(ラツーダ)
抗精神病薬 ピモジド(オーラップ)
子宮収縮薬 エルゴメトリンマレイン酸塩
子宮収縮薬 メチルエルゴメトリンマレイン酸塩(パルタン)
肺高血圧症治療薬 リオシグアト(アデムパス)
肺高血圧症治療薬 シルデナフィルクエン酸塩(レバチオ)
肺高血圧症治療薬 タダラフィル(アドシルカ)
抗悪性腫瘍薬 ベネトクラクス(ベネクレクスタ)
抗悪性腫瘍薬 アパルタミド(アーリーダ)
抗てんかん薬 カルバマゼピン(テグレトール)
抗てんかん薬 フェノバルビタール(フェノバール)
抗てんかん薬 フェニトイン(ヒダントール、アレビアチン)
抗てんかん薬 ホスフェニトインナトリウム水和物(ホストイン)
抗結核薬 リファンピシン(リファジン)
抗結核薬 リファブチン(ミコブティン)
ED治療薬 バルデナフィル塩酸塩水和物(レビトラ)
高脂血症治療薬 ロミタピドメシル酸塩(ジャクスタピッド)
抗けいれん薬・麻酔薬 ミダゾラム(ドルミカム、ミダフレッサ)
抗真菌薬 ボリコナゾール(ブイフェンド)
抗凝固薬 リバーロキサバン(イグザレルト)
健康食品 セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)

パキロビッドパックの併用注意

パキロビッドパックの併用注意薬は以下の通りです。

医薬品ではありませんが、タバコも併用注意に入るため、喫煙者の方は注意が必要です。

薬効分類 成分名/医薬品名
抗悪性腫瘍薬・チロシンキナーゼ阻害薬 ダサチニブ水和物
抗悪性腫瘍薬・チロシンキナーゼ阻害薬 ニロチニブ塩酸塩水和物(タシグナ)
抗悪性腫瘍薬 ビンカアルカロイド系抗悪性腫瘍薬
抗悪性腫瘍薬 イリノテカン塩酸塩水和物
抗悪性腫瘍薬 タモキシフェンクエン酸塩
抗悪性腫瘍薬 トレミフェンクエン酸塩
抗悪性腫瘍薬 イブルチニブ
抗悪性腫瘍薬 エンコラフェニブ
抗真菌薬 ケトコナゾール
抗真菌薬 イトラコナゾール
抗真菌薬 ミコナゾール
抗真菌薬 クラリスロマイシン
抗真菌薬 エリスロマイシン
抗真菌薬 フルコナゾール
抗真菌薬 ホスフルコナゾール
抗HIV薬 ジドブジン
抗HIV薬 ネビラピン
抗HIV薬 エファビレンツ
抗HIV薬 エトラビリン
抗HIV薬 マラビロク
HIVプロテアーゼ阻害薬 アタザナビル硫酸塩
免疫抑制剤 エベロリムス
免疫抑制剤 シクロスポリン
ED治療薬 シルデナフィルクエン酸塩(バイアグラ)
ED治療薬
前立腺肥大症治療薬
タダラフィル(シアリス、ザルティア)
避妊薬・ホルモン剤 エチニルエストラジオール
月経障害治療薬 エストラジオール安息香酸エステル
下痢止め薬 ロペラミド塩酸塩
麻薬性鎮痛薬 フェンタニル
局所麻酔薬 リドカイン
抗てんかん薬 ラモトリギン
抗てんかん薬 バルプロ酸ナトリウム
抗うつ薬 トラゾドン塩酸塩
抗不安薬 アルプラゾラム
統合失調症治療薬 クエチアピンフマル酸塩
抗がん剤 ゲフィチニブ
痛風治療薬 コルヒチン
持続性ドパミン作動薬 ブロモクリプチンメシル酸塩
カルシウム拮抗薬 アムロジピンベシル酸、ジルチアゼム塩酸塩
血圧降下薬 ボセンタン水和物
脂質異常症治療薬 アトルバスタチンカルシウム水和物
高コレステロール血症治療薬 シンバスタチン
アトピー性皮膚炎治療剤 タクロリムス水和物
心血管系用薬 サルメテロールキシナホ酸塩
ステロイド系抗炎症薬
コロナ治療薬
デキサメタゾン
抗マラリア薬 キニーネ
アレルギー鼻炎治療薬 フルチカゾンプロピオン酸エステル
喘息治療薬 ブデソニド
口内炎治療薬 トリアムシノロンアセトニド
白血病薬 ベネトクラクス
抗凝固 ワルファリンカリウム
喘息治療薬 テオフィリン
強心配糖体製剤 ジゴキシン
抗悪性腫瘍薬 アファチニブマレイン酸塩
HMG-CoA還元酵素阻害薬 ロスバスタチンカルシウム
抗C型肝炎ウイルス薬 グレカプレビル水和物・ピブレンタスビル
タバコ

パキロビッドパックの服用方法

パキロビッドパックは、1回につき以下3錠を服用します。

  • ニルマトレルビル:2錠(300mg)
    ※腎機能障害がある場合はニルマトレルビル1錠(150mg)
  • リトナビル:1錠(100mg)

これを1日2回服用するため、1日合計6錠服用、それを5日間続けます。

なお、現状臨床試験で分かっているデータは、発症後5日以内に服用した場合のものです。

発症後6日以後に服用した場合の有効性は分かっていないため、発症後は速やかに服用しましょう。

パキロビッドパックの服用対象者

パキロビッドパックの服用対象者は以下の通りです。

  • 重症化リスクが高い感染者
  • 軽症(肺炎の所見なし)、中等症Ⅰ(呼吸困難・肺炎)
  • 12歳以上、40kg以上

中でも重症化リスクが高い感染者は、日本感染症学会により以下のように定義されています。

・60歳以上
・BMI 25kg/㎡超
・喫煙者(過去 30 日以内の喫煙があり、かつ生涯に100 本以上の喫煙がある)
・免疫抑制疾患又は免疫抑制剤の継続投与
・慢性肺疾患(喘息は、処方薬の連日投与を要する場合のみ)
・高血圧の診断を受けている
・心血管疾患(心筋梗塞、脳卒中、一過性脳虚血発作、心不全、ニトログリセリンが処方された狭心症、冠動脈バイパス術、経皮的冠動脈形成術、頚動脈内膜剥離術又は大動脈バイパス術の既往を有する)
・1 型又は 2 型糖尿病
・限局性皮膚がんを除く活動性の癌
・慢性腎臓病
・神経発達障害(脳性麻痺、ダウン症候群等)又は医学的複雑性を付与するその他の疾患(遺伝性疾患、メタボリックシンドローム、重度の先天異常等)
・医療技術への依存(SARS-CoV-2 による感染症と無関係な持続陽圧呼吸療法等)、等

引用元:COVID-19 に対する薬物治療の考え方 第 13 版

上記の通り、現状は12歳以上で重症化リスクのある感染者のみ医師により処方されるようです。

なお、無症状の場合は臨床試験で安全性が確かめられていないため、服用の対象にはなりません。

パキロビッドパックを服用できない人

以下に該当する方はパキロビッドパックを服用できません。

  • ニルマトレルビルやリトナビルにアレルギーがある方
  • 併用禁忌薬を服用中の方
  • 腎機能または肝機能に障害があり、コルヒチンを投与中の方

また、以下の場合は体に悪影響が出る可能性があるため、医師に相談が必要となります。

  • 合併症・既往歴等のある患者(HIV感染患者など)
  • 腎機能障害や肝機能障害のある方
  • 妊婦
  • 授乳婦
  • 12歳以下の子供

そもそもパキロビッドパックとは

パキロビッドパックは、アメリカの大手メーカーファイザー社が開発した新型コロナの経口治療薬です。

海外では「パクスロビド」という名前で知られ、国内では2種の薬がパッケージされていることから「パキロビッドパック」と名付けられました。

新型コロナ治療薬の中では抗ウイルス剤に分類され、重症化リスクを9割近く下げるという高い効果を持っています。

飲むタイプの治療薬としては、モルヌピラビル(ラゲブリオ)に次いで2番目に承認されました。

モルヌピラビルとの違い

2021年の年末に承認されたモルヌピラビルとはどう違うのでしょうか?

いずれもウイルスが増えるのを抑える抗ウイルス剤ですが、主に効果と服用時の注意点が異なります。

商品名 ラゲブリオ パキロビッドパック
成分名 モルヌピラビル ニルマトレルビル/リトナビル
効果 重症化リスク30%減 重症化リスク89%減
※発症から3日以内の服用
使用時期 発症から5日以内 発症から5日以内
対象者 軽症・中等症Ⅰ 軽症・中等症Ⅰ
注意点 妊婦・妊娠の可能性がある場合は使用不可 飲み合わせに注意すべき薬が多い

パキロビッドパックは高い効果が見られますが、飲み合わせの悪い薬は90種類以上※と非常に多いため、慎重に服用する必要があります。
※併用禁忌薬・注意薬含む

対するモルヌピラビルは効果が劣って見えますが、現段階で併用禁忌薬はなく、妊婦や18歳未満の子供以外は比較的安心して使用できるため、安全に服用したい方はこちらがおすすめです。

パキロビッドパックはどこで入手できる?

パキロビッドパックは、事前にファイザー社に登録された医療機関※から、医師が必要と判断した時にのみ処方されます。
※新型コロナ患者受け入れ病床のある医療機関に限る

パキロビッドパックの提供体制

引用元:新型コロナウイルス感染症における経口抗ウイルス薬(パキロビッド®パック)の
医療機関及び薬局への配分について

ご紹介した通り、パキロビッドパックは併用禁忌など注意項目が多い薬です。

そのため、2022年2月27日までは安全性を考慮して上記の体制で試験的に運用されます。

ただし、一足早く承認されたモルヌピラビル(ラゲブリオ)も同じような流れで処方されているため、しばらくはこのような体制で処方されるのではと推測します。

さらに、供給に関しては以下のような情報も。

政府は年内に200万人分の確保でファイザー側と既に合意し、承認後はまず4万人分が納入されるとしている。

引用元:米ファイザー製「パキロビッド」を特例承認 軽症者使える飲み薬で2種類目

パキロビッドパックはアメリカでの需要が高く、現状では4万人分しか確保されていません。

安全性と在庫数、どちらの点においても手軽に入手するのは難しそうです。

まとめ

パキロビッドパックは、高い有効性に反して飲み合わせに注意が必要な薬が多く、持病がある方や薬を常用している方には扱いにくい薬です。

また、現段階の入手方法はかなり限定的で、医薬品の供給自体も安定していません。

万が一に備えるならモルヌピラビルやデキサメタゾン、イベルメクチンなどの医薬品を通販で購入しておくのも選択肢の1つです。

タイトルとURLをコピーしました