新型コロナウイルス関連

新型コロナウイルスの対策や情報に関して

新型コロナウイルスに関連する記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている情報もご確認ください。

またワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。

売れ筋ランキング

  • 新型コロナウイルス関連 総合
  • イベルメクチン
  • デキサメタゾン
  • フルボキサミン

新型コロナウイルス関連 総合 ランキング

商品ジャンル

新型コロナウイルス関連の商品一覧

  • イベルスマート(イベルメクチン)
    チラっと見る

    イベルスマート(イベルメクチン)

    • ジェネリック
    • 病気・症状
    • イベルメクチン
    1錠120円~
    在庫あり
    商品詳細を見る
    • イベルスマート
    • 商品名イベルスマート
      成分イベルメクチン
      効果糞線虫症(ふんせんちゅう)や疥癬(かいせん)の治療
      副作用吐き気、かゆみ、めまいなど
      飲み方飲み方が状況により変わるため、下部にわかりやすく記載しています。

      詳細はこちら

      製造元レクメズ
      配送お届けまでの目安:発送から14~21日程度
  • デキソナ
    チラっと見る

    デキソナ

    • ジェネリック
    • 病気・症状
    • 関節リウマチ
    • アレルギー
    • デキサメタゾン
    1錠10円~
    在庫あり
    商品詳細を見る
    • デキソナ
    • 商品名デキソナ
      成分デキサメタゾン
      効果炎症・免疫疾患、アレルギー性疾患、重症の新型コロナウイルスなど
      副作用イライラ感、不眠、消化不良、下痢、吐き気など
      飲み方1日0.5mg~8mgを1~4回に分けて服用
      製造元ザイダスカディラ
  • イベルメクチンジェネリック
    チラっと見る

    イベルメクチンジェネリック

    • ジェネリック
    • 病気・症状
    • イベルメクチン
    1錠120円~
    在庫あり
    商品詳細を見る
    • イベルメクチンジェネリック
    • 商品名イベルメクチンジェネリック
      成分イベルメクチン
      効果糞線虫症(ふんせんちゅう)や疥癬(かいせん)の治療
      副作用吐き気、かゆみ、めまいなど
      飲み方服用量は、体重によって異なります。服用量の目安を参考に服用してください。
      製造元Healing Pharma
      配送お届けまでの目安:発送から14~21日程度
  • デクマックス
    チラっと見る

    デクマックス

    • ジェネリック
    • 病気・症状
    • 関節リウマチ
    • アレルギー
    • デキサメタゾン
    1錠46円~
    在庫あり
    商品詳細を見る
    • デクマックス
    • 商品名デクマックス
      成分デキサメタゾン
      効果炎症・免疫疾患、アレルギー性疾患、重症の新型コロナウイルスなど
      副作用イライラ感、不眠、消化不良、下痢、吐き気など
      飲み方1日0.5mg~8mgを1~4回に分けて服用
      製造元GLSファーマ
      注意※こちらの商品は箱が付属しません。シートでの発送となります。
  • イベルメクチン
    チラっと見る

    イベルメクチン

    • ジェネリック
    • 病気・症状
    • イベルメクチン
    1錠144円~
    在庫あり
    商品詳細を見る
    • イベルメクトール
    • 商品名イベルメクトール
      成分イベルメクチン
      効果糞線虫症(ふんせんちゅう)や疥癬(かいせん)の治療
      副作用吐き気、かゆみ、めまいなど
      飲み方飲み方が状況により変わるため、下部にわかりやすく記載しています。

      詳細はこちら

      製造元Sun Pharma Laboratories Ltd
      配送お届けまでの目安:発送から14~21日程度
      在庫3mg・6mgをお買い求めの方はイベルスマート(イベルメクチン)をご利用下さい。
      こちらの商品は、4錠、8錠、12錠単位のご注文は、外箱が付属しておりませんのでご注意下さい。
  • デキサメタゾン
    チラっと見る

    デキサメタゾン

      • 病気・症状
      • 関節リウマチ
      • アレルギー
      • デキサメタゾン
      1錠11円~
      在庫あり
      商品詳細を見る
      • デキサメタゾン
      • 商品名デキサメタゾン
        成分デキサメタゾン
        効果炎症・免疫疾患、アレルギー性疾患、重症の新型コロナウイルスなど
        副作用イライラ感、不眠、消化不良、下痢、吐き気など
        飲み方1日0.5mg~8mgを1~4回に分けて服用
        製造元Synco (H.K.) Limited
    • イベルジョン(イベルメクチン)
      チラっと見る

      イベルジョン(イベルメクチン)

      • ジェネリック
      • 病気・症状
      • イベルメクチン
      1錠120円~
      在庫あり
      商品詳細を見る
      • イベルジョン
      • 商品名イベルジョン
        成分イベルメクチン
        効果糞線虫症(ふんせんちゅう)や疥癬(かいせん)の治療
        副作用吐き気、かゆみ、めまいなど
        飲み方服用量は、体重によって異なります。服用量の目安を参考に服用してください。
        製造元Johnlee Pharmaceutical Pvt Ltd
        配送お届けまでの目安:発送から14~21日程度
    • ルボックス・ジェネリック
      チラっと見る

      ルボックス・ジェネリック

      • ジェネリック
      • 精神・こころ
      • 不安障害・抗不安薬
      1錠90円~
      売切れ
      商品詳細を見る
      • ルボックス・ジェネリック
      • 商品名ルボックス・ジェネリック
        成分フルボキサミンマレイン酸塩
        効果うつ病、強迫性障害、不安障害などの改善
        副作用めまい、動悸、発疹、貧血、口喝など
        飲み方毎日決まった時間に、50mg~150mgを1日2回に分けて食後に服用
        製造元Abbott Laboratories
        在庫※在庫なし。次回10月中旬入荷予定
        類似商品は以下をご覧ください。

        フルボキサミンジェネリック
        フルボキサミン(ルボックス)
        20錠:2,250円
        40錠:4,280円
        60錠:6,080円
        80錠:7,650円
    • デミソン
      チラっと見る

      デミソン

        • 病気・症状
        • 関節リウマチ
        • アレルギー
        • デキサメタゾン
        1錠8円~
        売切れ
        商品詳細を見る
        • デミソン
        • 商品名デミソン
          成分デキサメタゾン
          効果炎症・免疫疾患、アレルギー性疾患、重症の新型コロナウイルスなど
          副作用イライラ感、不眠、消化不良、下痢、吐き気など
          飲み方1日0.5mg~8mgを1~4回に分けて服用
          製造元Cadila Pharmaceuticals Ltd.
          在庫現在欠品中です。次回10月上旬入荷予定
          デクマックス(デキサメタゾンジェネリック)をご利用下さい。
      • デコート
        チラっと見る

        デコート

        • ジェネリック
        • 病気・症状
        • 関節リウマチ
        • アレルギー
        • デキサメタゾン
        1錠69円~
        売切れ
        商品詳細を見る
        • デコート
        • 商品名デコート
          成分デキサメタゾン
          効果炎症・免疫疾患、アレルギー性疾患、重症の新型コロナウイルスなど
          副作用イライラ感、不眠、消化不良、下痢、吐き気など
          飲み方1日0.5mg~8mgを1~4回に分けて服用
          製造元デヴァホールディングAS
          在庫在庫なし。次回10月中旬入荷予定
          デクマックス(デキサメタゾンジェネリック)をご利用ください。
      • ストロメクトール
        チラっと見る

        ストロメクトール

        • 先発薬
        • 病気・症状
        • イベルメクチン
        1錠1,216円~
        売切れ
        商品詳細を見る
        • ストロメクトール
        • 商品名ストロメクトール
          成分イベルメクチン
          効果糞線虫症(ふんせんちゅう)や疥癬(かいせん)の治療
          副作用めまい、そう痒、下痢、悪心、嘔吐など
          飲み方適切な錠数を空腹時に水で服用
          製造元MSD
          類似商品現在欠品中です。次回9月中旬入荷予定
          類似商品は以下をご覧ください。

          ストロメクトールよりも価格を抑えたジェネリックも多数取り扱い中!

          イベルジョン:10錠1,700円~

          イベルメクチン:4錠1,680円~

          イベルメクチンジェネリック:10錠1,700円~

          イベルスマート:10錠1,700円~
          配送お届けまでの目安:発送から14~21日程度
      • フルボキサミン(ルボックス)
        チラっと見る

        フルボキサミン(ルボックス)

        • ジェネリック
        • 精神・こころ
        • 不安障害・抗不安薬
        1錠95円~
        売切れ
        商品詳細を見る
        • フルボキサミン(ルボックス)
        • 商品名フルボキサミン(ルボックス)
          成分フルボキサミンマレイン酸塩
          効果うつ病、強迫性障害、不安障害などの改善
          副作用めまい、動悸、発疹、貧血、口喝など
          飲み方毎日決まった時間に、1日50~150mgを2回に分けて食後に服用
          製造元アッヴィ
          在庫※在庫なし。次回10月中旬入荷予定
      もっと見る

      新型コロナウィルスに関連する記事一覧

      日本で注目されているコロナ治療薬

      新型コロナウィルス(covid-19)

      最近ではイベルメクチンが新型コロナウイルス感染症に効果があるとしてテレビやネットで連日ニュースになっています。

      2020年の5月にはレムデシビルがコロナ治療薬として厚生労働省により特例で承認され、続いてデキサメタゾンが正式に承認されました。

      しかしレムデシビルは入手が困難なうえに1人分が25万円と、非常に高価です。

      当サイトお薬なびでは、話題のイベルメクチンと、国内で2例目の正式なコロナ治療薬デキサメタゾンの取り扱いがございます。

      イベルメクチン デキサメタゾン
      服用のタイミング 予防のため感染前 おもに感染後
      期待されている効果 感染予防と早期治療 重篤な症状に有効

      イベルメクチン

      イベルスマート

      イベルメクチンは、微生物が生み出す「アベルメクチン」をもとにした誘導体(化合物)です。

      人に対してはダニによる疥癬や糞線虫の治療薬として、ペットや家畜に対しては寄生虫や皮膚病の特効薬として、世界中に広まりました。

      臨床現場では、副作用がほとんど報告されないことでも評価の高い医薬品です。

      25年以上にもわたり通算で20億以上処方されており、現在は新型コロナの世界的大流行で再び注目されています。

      ※コロナ治療薬としての有効性や安全性は、臨床試験ではまだ明確に示されておりません。

      デキサメタゾン

      デコート

      デキサメタゾンは抗炎症作用や抗アレルギー作用、免疫抑制作用などがあり、重症の感染症や気管支喘息などの疾患に使用されています。

      ステロイド(合成副腎皮質ホルモン)のひとつで、新型コロナウイルスに対する治療効果を、2020年7月の段階で承認されている医薬品です。

      幅広い疾患に有効で、自己免疫疾患やアレルギー疾患などに対して効果を発揮します。

      新型コロナウイルス感染症のワクチン

      ワクチンは病原体そのものであったり、病原体を構成する物質から作られます。

      それらを接種し、体内に抗体が作られることで免疫を得て感染を防ぐ仕組みです。

      日本でも接種が開始されているコロナワクチンは、mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンと呼ばれる種類で、国内外で承認を受けています。

      有効性については、ワクチンを受けた人の発症予防効果は約94%と報告されています。

      安全性については、重大な副反応として稀にショックやアナフィラキシーの症状が報告されています。

      副反応について

      日本で接種が進められている新型コロナワクチンですが、接種後に様々な副反応が起こるといわれています。

      注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉痛、関節痛、寒気、下痢、発熱、吐き気や嘔吐等の症状がみられるようです。

      ワクチン接種は努力義務であることから必ずしも受ける必要はなく、もし健康被害が生じた場合でも、医療従事者以外は労災保険給付の対象外です。

      そのためワクチンを打つのか、薬で予防治療するのか、自分で決めることができます。

      またワクチンは誰でも接種できるわけではありません。発熱、重い急性疾患、重度の過敏症、他にも予防接種が不適当な状態の方は接種できません。そのような方には、予防としてイベルメクチンや、もしものときの重症化を考えデキサメタゾンなど、自分自身で新型コロナに備える必要があります。

      コロナワクチンナビ:厚生労働省

      新型コロナウイルス(SARS-CoV2)とは?

      遺伝情報としてRNAをもつRNAウイルスの一種です。

      粘膜など人の細胞に付着し入り込むことで増殖します。

      反面、粘膜には入り込めますが健康な皮膚には入り込めず付着するだけにとどまります。

      表面についたウィルスは時間の経過によって壊れますが、種類によっては24時間から72時間ほど感染力を保つため、手洗いや消毒が効果的です。

      新型コロナウイルス感染者状況

      新型コロナウィルス感染拡大により、日本では累計120万7512人が感染し、1万5527人が死亡。世界では累計2億0926万9608人が感染し、439万2448人が死亡しています。
      (2021/08/18時点 参考:新型コロナウイルス感染者-Googleニュース)


      ・国内年代別感染者数割合

      国内年代別感染者数割合グラフ

      ・日本全国の感染者数と分布

      日本全国の感染者数と分布グラフ

      (2021/08/18時点)
      感染者数は東京、大阪、神奈川の順に多く、感染の拡大が懸念されます。
      死亡者数は大阪、北海道、兵庫の割合が高く、感染性の増加や抗原性が変化した変異株による影響だと考えられています。

      国内の発生状況など:厚生労働省

      変異株について

      世界各地で今も新たな変異株が確認されています。

      変異株は従来株に比べ、以下のように性質が変化している可能性があります。

      ・感染性が増している

      ・重篤度が増している

      ・ワクチン効果を弱める

      国立感染症研究所では変異の分析を行い、リスクに応じて懸念される変異株(VOC)と注目すべき変異株(VOI)とに分類しており、これらには十分な警戒が必要です。

      国内で確認されている変異株には以下の種類があります。


      懸念される変異株(VOC)

      ・アルファ株(イギリス型)
      ・ベータ株(南アフリカ型)
      ・ガンマ株(ブラジル型)
      ・デルタ株(インド型)

      注目すべき変異株(VOI)

      ・E484Kがある変異株(起源不明)
      ・カッパ株(インド由来)
      ・イプシロン株(アメリカ由来)
      ・シータ株(フィリピン由来)

      ※WHOでは、イータ株、イオタ株、ラムダ株、ゼータ株も注目すべき変異株(VOI)と分類しています。


      新型コロナウィルスは増殖と流行の過程で変異していき、約2週間に1回ほどのペースで変異しているといわれています。

      現在国内では、一部の地域を除きアルファ株が全国で約8割と従来株から置き換わり、さらにデルタ株の報告が増加の傾向にあるようです。

      このデルタ株ですが、世界保健機関(WHO)は2021年6月、これまでで「一番強い」変異株だと発表しました。

      また「日本型」と呼ばれる変異ウィルスもすでに確認されており、従来株と比べワクチンが効きにくかったり、再感染しやすいといった特徴があると指摘されています。

      これら変異株が感染した際の重篤な症状に対し、コロナ治療薬として承認されているデキサメタゾンが有効です。

      アルファ株の感染拡大したイギリスでは、政府が20万人分のデキサメタゾンを備蓄しており、臨床試験では酸素供給や人工呼吸器が必要な重症者の致死率が大幅に下がりました。

      変異株について:国立感染症研究所

      新型コロナウィルスの感染経路

      新型コロナウィルスは、飛沫感染か接触感染で感染します。

      閉鎖空間で多人数と至近距離で会話するような環境では、会話するだけでも感染するリスクがあります。

      新型コロナウイルスでは、発症2日前から発症後7~10日の間、発症の直前と直後は特に他の人に感染するといわれています。

      ※新型コロナウィルスは空気感染・媒介物感染はしないとされています。

      飛沫感染とは

      ・咳、くしゃみ、つばなどから粘膜へ至り感染

      感染者の咳やくしゃみ、または会話することによって、飛沫(つばなどの細かい水滴)と同時にウィルスや細菌が飛び散ります。
      それらが目の結膜や気道の粘膜から侵入もしくは口や鼻から吸い込んでしまうことにより感染することを、飛沫感染といいます。

      飛沫感染する病原体は他にも、インフルエンザ、マイコプラズマ、おたふくかぜ、百日咳、風疹などがあります。

      接触感染とは

      ・ウィルスが付着した周りの物から粘膜へ至り感染

      感染者の唾液や体液、分泌物や排泄物は病原体を含みます。
      これらを直接的にまたは物を介して間接的に触れることで、病原体が手に付着します。
      手に付着しただけでは感染しませんが、病原体が付着した手で飲食したり、目、鼻、口などを触ることで目の結膜や気道の粘膜から感染します。

      接触感染する病原体は他にも、ノロウイルス、インフルエンザ、梅毒、淋病などがあります。

      母子感染

      飛沫・接触(空気・媒介物)などの感染経路は全て水平感染といい、他にも垂直感染(一般的には母子感染と呼ばれる)という感染経路もあります。
      母子感染には3種類あり、胎内感染という妊娠中の感染、産道感染という出産時の感染、経母乳感染という出生後の感染です。
      新型コロナウイルスに感染した妊婦から生まれた赤ちゃんが、生まれた直後のPCR検査で陽性反応であったという事例が国内でも確認されています。

      新型コロナウィルスの感染予防

      マスク着用の重要性

      不要不急の外出を控え、マスク着用、手洗い、身の回りの消毒や除菌が、シンプルに最も効果の高い感染対策となります。

      屋内でお互いの距離が確保できない状況で一定時間を過ごすときは飛沫感染に気を付け、電車やバスのつり革、ドアノブ、エスカレーターの手すり、エレベーターのボタンなどのスイッチを触るときには接触感染に注意が必要です。

      上記の注意点を踏まえ、3つの密(密閉・密接・密集)を回避することと、感染リスクが高い場面での換気なども意識しましょう。

      3密(密閉・密接・密集)の回避

      1、密閉空間を避けるかこまめに換気

      屋内では部屋の広さに関わらず、30分に1度は換気することが大切です。
      乗り物の中でも窓を開けて換気しましょう。
      ちなみに家庭用のエアコンは空気を循環するだけで、換気の機能はありませんので気を付けてください。

      2、密接しての会話や発声は控える

      至近距離での会話や発声は控えることが大切です。
      電車やバス、喫煙所やエレベーター、スポーツジムや信号待ちなど、仕方ない場合もありますが会話や携帯電話での通話は必要最低限に抑えましょう。

      3、密集せず距離を取る

      他の人とは最低1メートル以上の十分な距離を空けることが推奨されています。
      10人を超えるような懇親会や会食は自粛し、多人数で集まる事は避けましょう。

      5つの感染リスクが高い場面

      • 飲酒を伴う飲み会
      • 大人数や長時間の飲食
      • マスクなしの会話
      • 狭い空間での共同生活
      • 気の緩む場所やタイミング

      国内では特に飲食の場においてクラスターが最も多発しており、海外でも同様に感染リスクが高い場であると報告・特定されています。

      飲酒をするなら少人数で短時間、深酒やはしご酒を控え、誘うのも誘われるのも普段から一緒にいる人に絞りましょう。

      そしてお箸やコップは使いまわさず、体調が悪い人は参加しないようにすることが重要です。

      どうしても参加せざるを得ない状況の方には、予防や早期治療で効果を期待されているイベルメクチンを備えておくのもひとつの手かもしれません。

      新型コロナウィルスの検査

      感染症法に基づき医師が診断上必要と認める場合に、病原体診断としてPCR検査や抗原検査、抗体検査が行われます。

      PCR検査はウィルスの遺伝子を、抗原検査はウィルスが持つ特有のタンパク質を検出するため、現在感染しているかどうかの確認ができる検査です。
      抗体検査はウィルスに感染して形成される抗体を検出するため、過去に感染していたかどうかの確認、またはワクチン接種後に免疫がついたのかを確認するために用いられます。

      PCR検査について

      PCRは正式名称を「ポリメラーゼ連鎖反応」(Polymerase Chain Reaction)といいます。

      簡潔に説明すると、ウィルスの遺伝子を増幅させて検出する技術です。

      PCR検査には、いくつかの種類があります。

      ・リアルタイムPCR法

      ・逆転写ポリメラーゼ連鎖反応法

      ・DNAシークエンシング法など

      PCR検査には限界があり、採取の時に病原体を採れていなかった場合、採取した病原体の量が少な過ぎる場合は、感染していても陰性となることがあります。
      そのため感度は約70%といわれており、診断結果を陰性ではなく「検出せず」と表現する検査機関もあります。
      結果が出るまでに1~3日を要します。

      抗原検査について

      ウィルス特有のタンパク質のことを抗原といいます。
      免疫反応を引き起こす抗原を、直接検出することで感染の有無を確認するのが抗原検査です。
      特別な検査機器を必要とせず15分程度で結果が出ます。
      PCR検査と比較すると精度が低く、他の検査と比べ偽陰性や偽陽性になりやすいのですが、速やかな判断を必要とする場合などに有効です。

      抗体検査について

      抗体というのはウィルス感染もしくはワクチン接種による免疫反応で形成されるタンパク質のことです。
      抗体検査は抗体を体内から検出することで、過去に感染歴があるか、ワクチンによって病原体に対する抗体ができているかを確認できます。
      体内で抗体が作られるのには時間がかかることから、感染初期等でも陰性となるため、現在感染しているかどうかの判定には適していません。
      抗体検査には、抗体が有るか無いかしかわからない簡易的な即日定性検査と、抗体の量が体内にどの程度あるか測定できる定量精密検査があります。
      後者は特にワクチン接種後に抗体が本当についているのかを調べるための、確認検査として用いられます。

      新型コロナウィルスの症状

      咳やくしゃみなどの呼吸器症状、発熱、頭痛、倦怠感がみられる場合には、新型コロナウィルス感染の初期症状の疑いがあります。医療機関を受診しましょう。
      WHOの報告では潜伏期間は1~14日間ほど、感染して症状が現れるまで平均5~6日とされています。

      よくある典型的な症状


      発熱
      倦怠感

      人によって頻度の違う症状

      結膜炎
      頭痛
      鼻水
      のどの痛み
      息切れ
      筋肉痛や関節痛
      味覚異常や嗅覚異常
      下痢や嘔吐
      皮膚の発疹や変色

      新型コロナウィルスは1週間ほど風邪のような症状が続き、8割程度の方はそのまま治癒します。
      しかし残りの2割程度の方は発症後7~10日目にかけ、症状が悪化していくという傾向が多いようです。

      重症化

      重篤な症状が出た場合は、かかりつけの医師や医療機関へ事前に連絡をとり、直ちに治療を受けましょう。

      重篤な症状

      ・胸の痛みや圧迫感
      ・呼吸困難
      ・言語障害
      ・運動機能の喪失

      特に感染後1週間経過したあたりから重症化しはじめ、徐々に咳や痰や呼吸困難などの、肺炎の症状が悪化して入院に至ります。
      感染して治癒せず10日以上経過すると、集中治療室(ICU)への入室や、人工呼吸器が必要な状態にまで陥る方もいます。
      基礎疾患のある方や重症化リスクのある高齢者はもちろん、軽症や中等症と診断された場合でも、急速に病状が悪化する可能性があるため注意警戒が必要です。

      無症状病原体保有者

      無症状・無症候と呼ばれる感染者は、全体の10~30%を状況によって推移しており、自覚することが難しいことから無意識のうちに感染を広げていると考えられています。
      また、仮に無症状の陽性であっても、2人に1人は何かしらの症状が現れてきて有症状に移行していく、という最新の論文による報告もあります。
      無症状もしくは症状が軽度であっても安静にしましょう。また他に疾病がないのであれば自宅療養が必要です。

      新型コロナウィルスに感染した場合

      感染ストップ

      新型コロナウィルス感染症における重症者や重症化リスクの高い方へ、医療提供体制を確保するため入院勧告や入院措置の対象を限定しています。
      以前までは従来の法律には明確な根拠がないまま、無症状者や軽症者は自宅療養・宿泊療養という形で対応されてきました。
      現在は感染症法に法的根拠を設け、都道府県知事等による協力の求めに応じない方に対しては罰則(50万円以下の過料)が設けられ、自宅療養や宿泊療養、入院の実効性が高まりました。

      自宅療養

      無症状者や軽症者が外出しないことを前提に、自宅にて安静にすることです。

      自宅療養の基準

      • 自宅での安静が可能
      • 外出せずに生活ができる
      • 同居者と生活空間を分けられる
      • 電話で健康状況を相談できる

      宿泊療養

      看護師が24時間常駐し、毎日の健康観察を行ってくれます。
      入院中の方が医療機関から移行する場合と、外来で診断を受けた方が自宅から移行する場合があります。

      宿泊療養の基準

      • 施設での安静が可能
      • 外出せずに生活ができる
      • 介護を必要としない
      • 電話で健康状況を相談できる

      濃厚接触者

      検査で陽性と判定された方と、感染の可能性のある期間に接触した場合と定義されています。

      具体的には以下の範囲となります。

      ・感染者と同居や長時間の接触があった者
      ・マスクの着用など無しに感染者の診察・看護・介護をした者
      ・感染者の唾液・体液・分泌物などの汚染物に触れた可能性のある者
      ・手で触れられる距離で必要な感染対策をせず感染者と15分以上接触した者

      実際には保健所の職員がこれらの情報をベースに、聞き取り調査をして総合的に判断しています。


      元の生活に戻るには

      元の生活に戻るにあたり、有症状者と無症状者の場合には違いがあります。

      ①症状がある場合に、症状が出てから10日間経過しており、その症状が回復して72時間経過している

      ②症状がない場合に、検査で検体を採取して陰性が確認されてから10日間経過している

      ③症状がない場合に、2回のPCR等の検査で連続して陰性が確認されている

      厚生労働省によりますと上記の基準で、新型コロナウィルスにより入院していた方が退院できるとしています。
      そのため、この退院の基準を元の生活に戻る事や職場への復帰の目安にできると考えられます。


      後遺症について

      新型コロナウィルスに感染した人のほとんどは、回復後に通常の健康状態に戻ります。
      一方で回復後も数週間から数カ月もの間、様々な症状が続く方もおられます。
      推定では3ヶ月以上にわたり症状が持続する人は、5~10%ほど存在するとされています。

      このコロナ後遺症ですが、国内外の散見される事例から、4種類の病態が絡み合っているのではないかとみられています。

      • 肺や心臓への恒久的障害
      • 集中治療後症候群
      • ウイルス感染後疲労症候群
      • 新型コロナの持続症状

      これら後遺症は、入院した方や重症化した方の3人に1人が経験しています。
      重症者の他にも、高齢者、肥満体系、女性に後遺症がみられやすいという特徴があります。

      1.肺や心臓への恒久的障害

      日本および海外において、コロナ後遺症で最も多く指摘されているのが肺の後遺症です。
      PCR検査で陰性と判定されているにもかかわらず、呼吸困難などの呼吸器症状が持続する場合があります。
      また器質的変化を引き起こし、肺線維症という完治不能な障害を肺に受ける可能性が示唆されています。

      2.集中治療後症候群

      集中治療後症候群とはPICSともいい「post intensive care syndrome」の略称です。
      ICU(intensive care unit)退室後に生じる身体障害、認知障害、精神障害のことをいいます。
      日本の大学病院やイギリスの研究では、感染後にPICSによるものと考えられる記憶障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、うつ病、不眠症のような精神・神経疾患が確認されており、回復後も症状が数年続く可能性があります。

      3.ウイルス感染後疲労症候群

      慢性疲労症候群(Chronic Fatigue Syndrome:CFS)ともいわれ、環境要因と遺伝的要因によって生じた神経・内分泌・免疫系の変調に基づく病態と考えられています。
      新型コロナウイルス感染後の後遺症としては、アメリカやドイツの研究で腎臓への後遺症が報告されています。
      重症者の中には急性腎不全などの腎臓障害を引き起こし、回復後も腎臓の後遺症を残してしまう場合があります。

      4.新型コロナの持続症状

      推定では3ヶ月以上にわたって症状が持続する人が全体の5%から10%ほど存在するといわれています。
      感染初期の症状とされる味覚や嗅覚の障害がコロナ回復後に持続するケースが確認されています。
      これらは神経や細胞の修復に時間がかかるためだと考えられています。

      新型コロナウィルスについてのまとめ

      新型コロナウィルスの感染による症状や、感染による後遺症を防ぐためには、感染しないことこそ最も確実な回避方法です。
      また、感染後も適切に対応することで、重症化や感染拡大を抑える意識を自ら持つことが大切です。

      新型コロナウイルスに関するQ&A:厚生労働省
      • 基本的な感染対策を徹底する

        不要不急の外出を控え、マスク着用と手洗い消毒、3密を避け、感染リスクを下げましょう。

      • ワクチンを接種する

        ワクチンを受けた人の発症予防効果は約94%、接種して感染リスクを下げましょう。

      • 注目のコロナ治療薬をチェックする

        イベルメクチンやデキサメタゾンなど、いざというときのためにもコロナ治療薬として期待されている医薬品を備えておきましょう。

      口コミ・レビュー

      • イベルメクチン

        2021-08-26

        匿名希望さん(60歳)

        商品画像のように箱に入ってくるのかと思っていましたが、プラスチックケースのなかに錠剤のシートが入っておりました。問い合わせをしたところ特に問題はないようですね。対応ありがとうございました。

        ▼ もっと見る ▼

        • イベルメクチン

          2021-08-20

          メッサさん(32歳)

          自粛自粛でつらいです。自分でできることをしたいと思い予防のため購入しました。

          ▼ もっと見る ▼

          • イベルメクチン

            2021-08-26

            らりらんどさん(40歳)

            無事とどいた~

            ▼ もっと見る ▼

            • イベルメクチン

              2021-08-20

              みんみんさん(29歳)

              副作用が心配だったけど大丈夫でした!箱がつかないんですね

              ▼ もっと見る ▼

              • イベルメクチン

                2021-08-15

                エンジニアさん(50歳)

                いつもプロペシアとザガーロを購入してて、もう3年はお世話になっています。ポイントが余っておりましたのでついでにこちらも購入しました。

                ▼ もっと見る ▼

                • イベルメクチン

                  2021-08-18

                  なみはなさん(32歳)

                  感染の多い飲食店勤務なので

                  ▼ もっと見る ▼

                  • イベルメクチン

                    2021-08-22

                    盆休み中さん(42歳)

                    感染者の多い地域に住んでいるので明日は我が身だと思い、専門家が言っていたイベルメクチンを買いました。届くまで辛抱です。

                    ▼ もっと見る ▼

                    • イベルメクチン

                      2021-08-23

                      777さん(38歳)

                      同僚がコロナにかかり重症化したようで1か月くらい休んでました。やはりコロナは怖い感染症なんだと再確認して帰りの電車ですぐ買いました。早く届いてほしいです。

                      ▼ もっと見る ▼

                      • イベルメクチン

                        2021-08-23

                        匿名希望さん(49歳)

                        お薬ですが、きちんと届きました。本当に届くか、ぶっちゃけ不安でしたが何も問題なくて良かったです。1ヶ月以上届かなければ連絡を入れようと思っていましたが、このご時世の個人輸入なので3週間待ちなら早い方です。

                        ▼ もっと見る ▼

                        • イベルメクチン

                          2021-08-19

                          若めのワカメ さん(35歳)

                          3日前についに到着!今のところ副作用は無し!届くのに時間がかかったので、次の分も今から再購入します!家族にも職場にも迷惑はかけられないので、精神的にもありがたいです!

                          ▼ もっと見る ▼

                          最近チェックした商品

                            %%CHECKED_ITEMS%%
                          ようこそ、お薬なびへ

                          メールアドレス

                          パスワード

                          パスワードを忘れた

                          閲覧履歴
                          お荷物の配送状況

                          ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

                          荷物の追跡

                          RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

                          お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
                          詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

                          お薬なびSNS
                          お薬なび公式LINE

                          公式LINE始めました!

                          ツイッター

                          公式twitterリニューアルしました!

                          お知らせお知らせ一覧
                          上へ