野菜ジュースって本当の所、栄養はあるの?~意外に知らない4つの疑問~

野菜ジュースの疑問を解決したい!

野菜とつぶやいて連想すること。

炒めもの料理で全体に甘みを加えてくれる玉ねぎ、シャキシャキとした歯ごたえの小松菜、塩をちょっと振りかけて食べるトマトもいいなー。

そうだそうだ。焼き肉の時に食べるシイタケやジャガイモなんてのも最高だ。

私は野菜が好きで、晩御飯に調理した野菜を食べることが多いです。
でも、仕事をしている日中は野菜が取れないので寂しい思いをします。

そんな時は、どうするかというと、野菜ジュースを飲んでます。

ある時、野菜ジュースのパッケージをながめながら、ふと疑問が湧いてきました。
いつも飲んでる野菜ジュースって野菜を食べることと同じ効果があるのだろうか、、、?

今回のコラムでは、野菜好きの私が野菜ジュースの疑問をいくつか調査し、報告したいと思います。

野菜ジュースは野菜と同じ?

結論から言うと、野菜ジュースを飲むことは野菜を食べることと同じ効果は得られません。

私たちは、食べ物を口の中に入れてよく噛んでから飲みこみます。

よく噛むという行為は、飲み込む前に、体に害をもたらすものを発見し、体の中に悪いものが入らないようにする働きがあります。

口の中に入れて安全だと認識した食べ物だけを、さらによく噛んで小さくかみ砕けば、唾液腺から出される唾液とよく混ざり合います。

唾液腺から出た唾液には、消化酵素が含まれており、食べ物を分解、消化、吸収しやすくするため、体の中に栄養が行き届きやすくなるのです。

こうしたことから、よく噛む行為は、栄養をより行き届かせる為の方法だといえるのではないでしょうか。

噛む行為にそのような効果があると考えると、野菜ジュースに噛む行為はないので、野菜を食べるときの栄養摂取とは異なるということが言えるでしょう。

とはいえ、忙しい現代人の食生活では野菜が不足しがち。
手軽にいろいろな栄養成分を摂ることのできる食品としての野菜ジュースは選択肢としてありといえるでしょう。

野菜ジュースって栄養素は全くないの?

結論からいうと、野菜ジュースは栄養素が全くないわけではありません。

野菜がジュースとして加工される中で、食物繊維やビタミンCは減りますが、カリウムなどのミネラルやナトリウムや鉄分、野菜の色素カルテノイドなどは、さほど減ることはないため、栄養素が全くなくなるわけではないのです。

ところで、ジュースにすることによってメリットになる野菜の栄養成分があります。
βカロテンやリコピンなどです。
生の野菜より野菜ジュースにしたり、加熱して摂取することによって吸収率が高くなります。

例えば加工用トマトは、トマトジュースにした方が、生で食べるトマトよりリコピン吸収率が上がるため、リコピンを効率的に摂りたい方は、トマトジュースを飲むのが好ましいでしょう。

野菜ジュースには塩分が多く含まれているって聞くけど、、

トマトジュースのように塩分を加えて味のバランスを整える商品もありますが、昨今の減塩ブームの中、食塩無添加の商品が多く販売されています。

ところで、ナトリウムの含有量は食塩が含まれる量のことであると思っている方、多いのではないでしょうか?
しかし、食塩=ナトリウムではありません。

ナトリウムとは、私たちが生きていく上で重要なミネラルの一つで、野菜にもすこしばかり含まれています。
野菜ジュースに表記されているナトリウムは、野菜に含まれるナトリウムから由来しています。

体に必要なミネラルがナトリウムであるといえますが、その一方で食塩の摂りすぎは、高血圧や生活習慣病に影響を与えることがありますので、食塩は減塩、余分なナトリウムが外へ出ていくことを抑える働きのあるカリウムを取ることをお薦めします。

カリウムは、野菜、きのこ、海藻、果物類に多く含まれているので積極的に取り入れていきましょう。

野菜ジュースは砂糖を足しているから太るの?

砂糖不使用の100%野菜ジュースには、砂糖は含まれていませんが、その中に含まれる野菜本来の成分であるショ糖と糖質は太る原因となるので、摂りすぎには注意してください。

昨今の日本人の健康志向の高まりとともに、各メーカーは、野菜本来の風味にこだわる商品であったり、甘さ控えめの商品を製造して消費者のニーズに応えようとしています。

野菜ジュースで「砂糖不使用」と表示されている商品には、文字通り砂糖は含まれていません。
しかし野菜ジュースの中でも「ショ糖」だったり「糖質」だったりと記載されている商品があるのでよくわからなくなる方もいるのでしょう。

砂糖は商品の名前で、主成分は「ショ糖」です。
しかし、野菜ジュースの原材料の野菜にも「ショ糖」や「糖質」は、含まれており、厳密にいうと砂糖とは違うものの、砂糖と同じ成分なので、摂りすぎると太る原因になってしまいます。

目安として、健康体の成人の方は、コップ1杯程度の量、約200mlの飲みきりタイプなら1日、1~2本程度を目安に飲むと良いでしょう。

まとめ

野菜ジュースは、野菜が足りていない時の補助的なものとして考え、普段の生活ではより多くの野菜を食べるように心がけた方がよいでしょう。

とはいえ、野菜を摂るのがなかなか難しい時は、どうしても野菜ジュースに頼ってしまうものですよね、、

今回のコラムでは、野菜ジュースの気になる疑問についてご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました
500円クーポンプレゼント