女性の味方!ソイプロテインの効果とデメリット

女性を中心に人気のあるソイプロテイン。
今、ダイエットにソイプロテインを活用する人が増え、注目を浴びてます。

ここではそんなソイプロテインの、メリットとデメリットをわかりやすく解説します。

ソイプロテインとは?プロテインの種類

ソイプロテインは大豆を原料としており、ダイエットや健康維持を意識している方にオススメのプロテインです。
近年では、多くの海外モデルや女優はソイプロテインを飲んでいます。

プロテインにはソイプロテイン以外にも、ホエイプロテイン・ガゼインプロテインがあります。

ソイプロテイン 消化吸収速度が遅く、満足度が得られやすい。ソイプロテインに多く含まれるイソフラボンが肌のトラブルやハリにも効果的。
ガゼインプロテイン 牛乳が主成分となっており、ソイ同様に満足度が得られやすい。
ホエイプロテイン アミノ酸を多く含み筋肉修正に効果的。ガゼイン同様、牛乳が主成分で吸収速度が速い。

ソイプロテインは2つと比較して、大豆が主成分であり吸収速度が遅いことからダイエットに良いと言われています。

つまり筋肉を増強したい方やスポーツなどを行う方はソイプロテインは不向きとなります。

ソイプロテインのデメリット

そんなソイプロテインには5つのデメリットがあります。

  • 溶かすと粉っぽくなる
  • 筋肉増強には不向き
  • 男性ホルモンを減少させる
  • ストレスホルモンのコルチゾールを増加させる
  • エネルギー量に気を付ける

では、一つずつ詳しく見ていきましょう。

1、溶かすと粉っぽくなる
ソイプロテインは水やぬるま湯などに溶かして飲みますが、水に溶けにくく、溶かした際に粉っぽさが残るダマになりやすいと言われています。
そこで作り方に一工夫が必要です。

①まず、少量のお湯でダマができないよう溶かしていきます。
②その後、徐々に水を加えることで粉っぽさを改善できます。

2、筋肉増強には不向き
筋肉トレーニングを行っている方は筋肉を修復し、大きくするためにアミノ酸の摂取が必須です。
しかし、ソイプロテインは植物性タンパク質で構成されており、アミノ酸の保有量は多いとは言えません。

筋肥大を目的としている方にはお薦めできませんが、ダイエットや美容のために摂取するのであれば最適なプロテインです。

3、男性ホルモンを減少させる
ソイプロテインは男性ホルモンのテストステロンを減少させてしまう効果があります。

テストステロンは、「モテフェロモン」と言われており異性を惹きつける効果があると言われています。
その他にも性欲増大やポジティブ思考になるといった多くの効果があります。

テストステロンは筋肉トレーニングを行い筋肉がついてくると増えていきますが、ソイプロテインでは減少させてしまいます。
より男性ホルモンを強くしたいという方は、ソイプロテインではなく、ホエイプロテインやカゼインプロテインがお薦めです。

⇒ホエイプロテインについて見てみる

4、ストレスホルモンのコルチゾールを増加させる
ソイプロテインとホエイプロテインを各グループに分けて2週間摂取させた海外の実験では、ソイプロテインを摂取したグループに明らかなストレスホルモンの増加がみられたという報告があるようです。

コルチゾールと呼ばれるストレスホルモンが増加すると、様々な疾患が生じやすくなり、体重の増加にもつながります。
といっても実際に、プロテインを飲んだからストレスが増える、コルチゾールの増加を体感する、という人は少ないかと思います。

デメリットばかり考えるのではなく、ソイプロテインの効果やメリットを踏まえたうえで、使用するかしないかを選びましょう。

5、エネルギー量に気を付ける
ソイプロテインは大豆のたんぱく質部分のみを粉末にしたものです。

そのため1日の摂取量よりもエネルギー消費量が下回ってしまう場合には、カロリーオーバーで体重増加に繋がります。

エネルギー消費には個人差がありますが、1回の摂取で20gを目安に使うと効果的です。

ソイプロテインの効果とメリット

デメリットを見てきましたが、ソイプロテインにはメリットもたくさんあります。

  • 腸内環境を整えダイエット効果
  • 女性ホルモンを整える
  • 満腹感が長続き
  • 美容効果
  • 血流を改善
  • 匂いが気にならない

主に上記のような効果やメリットを持ちます。
では、詳しく見ていきましょう。

1、腸内環境を整えダイエット効果
ソイプロテインには多くの食物繊維が含まれており、快便を促してくれます。
腸内環境を整えることは、ダイエットにとって重要です。

また、コレステロール値を減少させる効果や代謝を向上する効果もあります。
そして、ソイプロテインはホエイプロテインと比べてカロリーがとても低く、ダイエットには最適であると言えます。

2、女性ホルモンを整える
ソイプロテインの原料である大豆には多くのイソフラボンやサポニンが含まれています。
これらは、女性ホルモンに似た働きをし、ホルモンバランスを整える効果があります。

女性ホルモンのバランスを整えることで、生理不順やPMSなどの改善にも効果をもたらします。
また、更年期障害などにも効果があると言われています。

3、満腹感が長続き
ソイプロテインは消化吸収の速度が遅く、時間がかかります。
その分、空腹になるまで時間がかかるため、満腹感が長続きします。

ダイエットで食事を制限している方には、低カロリーで満腹感が長続きするソイプロテインがお薦めです。

4、美容効果
ソイプロテインは女性にうれしい美容効果が抜群です。
抗酸化作用のある大豆イソフラボンやサポニンが豊富に含まれているため、植物性タンパク質は美肌効果に優れています。

多くの海外セレブやモデルの美容効果は、ソイプロテインのおかげかもしれません。
また、髪の毛もタンパク質からできているので、プラスしてホルモンバランスを整える効果があることから、健康的でサラサラな髪質に改善されます。

5、血流を改善
ソイプロテインに含まれるイソフラボンには、血液をサラサラにする効果があります。
また、大豆タンパク質はコレステロール値を下げ、全身の血流を改善すると言われています。

血流を改善することで、全身に栄養がいきわたり、美容効果につながるだけでなく、女性に多いとされる冷え性も改善できます。

6、匂いが気にならない
ソイプロテインに含まれるタンパク質は植物性タンパク質です。
ホエイプロテインなどは動物性タンパク質でできており、体臭や口臭を臭くするということが言われています。

しかし、ソイプロテインであれば植物性タンパク質なので、体臭や口臭を心配する必要はありません。

ソイプロテインの効果的な使い方

ソイプロテインはガゼインやホエイとは異なり、ダイエット目的として活用されることが多いため、飲むときの時間などに工夫しましょう。

就寝前
就寝の30分~1時間前までを目安に飲みましょう。
寝ている間には成長ホルモンが分泌されますが、成長ホルモンはタンパク質の吸収を促す特徴があります。

タンパク質の吸収を高めることで、筋肉量を増やします。
ソイプロテインは腹持ちがよく、カロリーも少ないので、夜摂取したからと言って太る心配もありません。

就寝の直前で飲むと胃に負担をかけてしまうため、30分~1時間前までの時間を意識してください。


朝食をプロテインに置き換えるダイエットというのもありますが、朝はタンパク質が不足している状態です。
そのため、プロテインを摂取することでより効率の良い身体づくりをサポートします。

朝起きてからできるだけ早い時間に飲みましょう。
また、朝食として飲む場合は、ビタミンやミネラルが含まれているプロテインを選びましょう。

プロテインの中には、タンパク質のみ含まれているものがあります。
栄養バランスが偏ってしまうため、タンパク質のみ含まれているものの場合は、フルーツやパンなどと一緒に摂取することをお薦めします。

女性のソイプロテインは美容と健康に!

ソイプロテインの効果やメリット、デメリットについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ソイプロテインは低カロリーで満腹感が長続きするため、ダイエットにもってこいです。
また、美容効果も高く、女性ホルモンを整えることで生理不順やPMSなど、女性特有の悩みも解消してくれます。

ソイプロテインは女性のダイエットの味方で、美容と健康を意識した女性にお薦めのプロテインです。

関連記事:いつまでプロテインは太ると思ってるのか
関連記事:あなたに必要な1日のタンパク質量は?
関連記事:プロテインの王様ホエイプロテインの効果とデメリット

タイトルとURLをコピーしました