女性なのに髪の毛が少ない!お悩み別の改善アイテムとおすすめの髪型を紹介

「女性なのに髪の毛が少ないのはおかしい?」「薄毛は男性だけの悩みじゃないの……?」と、ご自分の毛量の少なさに悩んでいる女性は多くいます。

本記事では、髪の毛が少ないと感じる理由や、女性の薄毛の原因、対処法などをご紹介します。

髪の量をカバーしやすいおすすめの髪型もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

女性なのに髪の毛が少ない…これって薄毛?

薄毛は男性、特に中高年層の男性に多いイメージがありますが、性別や年齢に関わらず多くの女性が薄毛の悩みを抱えています。

日本人の平均的な髪の毛の本数は約10万本と言われています。

しかし、毛量が多い方は約13~14万本、毛量が少ない方は約6~7万本と2倍近くの差があり、個人差が現れやすい部位です。

また、髪の太さや脱毛症によって毛量が少ないと感じる場合があります。

髪の細さが原因かも?

髪の太さには個人差があり、太くて黒いしっかりとした髪の毛や細くて色素が薄い髪の毛などさまざまです。

髪の毛が少ないと感じる方は、細くて柔らかい髪の毛の方が大半です。

本数が同じでも、太い髪の毛と細い髪の毛の束を比較すると、細い髪の毛の方が量が少なく感じるでしょう。

しかし、髪の太さや質感は、髪に良い栄養素を補うサプリで改善が期待できます。

生えてくる髪の毛を太くしたい方、しっかりとした抜けにくい髪の毛にしたい方は育毛サプリがおすすめです。

以前より抜け毛が増えた方は要注意!

以前より抜け毛が増えた、以前より髪のボリュームが減ったと感じる方は注意が必要です。

平均的な1日の抜け毛の本数は50~100本程度ですが、枕に大量の抜け毛が落ちていたり、排水溝の詰まりが早かったりする場合には、平均より抜け毛の量が多い可能性があります。

ホルモンバランスの変化やストレス、誤ったヘアケア方法などにより脱毛症を発症している場合があるため、育毛剤や発毛剤を使用して対処しましょう。

女性の抜け毛には6つの原因がある!おすすめの対策方法も紹介
「最近抜け毛の量が気になる…」とお悩みの方必見!この記事では、抜け毛の平均的な量や女性の抜け毛の原因、抜け毛対策に使うべきアイテムなど、薄毛・抜け毛改善に役立つ情報をまとめました。

女性の脱毛症にはさまざまな種類がある

女性に多い脱毛症の種類と原因は以下の通りです。

脱毛症の種類 特徴 主な原因
びまん性脱毛症 髪全体が薄くなる 加齢に伴うホルモンバランスの乱れ
脂漏性脱毛症 脂漏性皮膚炎による脱毛 頭皮環境の乱れ
粃糠性脱毛症 過剰なフケによる脱毛 頭皮環境の乱れ
円形脱毛症 部分的に脱毛する 自己免疫疾患
分娩後脱毛症 産後に発症する 産後のホルモンバランスの変化
牽引性脱毛症 髪を引っ張ることで発症する 誤ったヘアケア

いずれも年齢に関係なく発症リスクがあり、徐々に脱毛が進行するケースもあれば短期間で進行するケースもあります。

脱毛症の種類によって対処法が異なるため、ご自分の症状と照らし合わせて早めに対策を始めましょう。

【お悩み別】髪の毛が少ない女性におすすめの商品7選

「髪の毛が少ない」と一口に言っても、具体的な悩みは人それぞれ異なり、対処法も異なります。

代表的な3つのお悩み別に、おすすめのヘアケア商品をご紹介します。

髪を太く健康にしたい方におすすめ

髪が細く、全体的にボリュームが少ない方はパントテン酸を配合した商品がおすすめです。

パントテン酸はビタミンB5と呼ばれるビタミンの一種で、肉類や干しシイタケなどにも多く含まれている成分です。

髪の毛の大部分を構成するケラチンの生成を助け、太くて健康的な髪の毛を生やすことができます。

まずは、パントテン酸だけでなく髪に良い成分もバランスよく配合したおすすめの育毛サプリメントをご紹介します。

パントガール

パントガール
商品タイプ サプリメント
有効成分 パントテン酸カルシウム、硝酸チアミン、薬用酵母、シスチン、ケラチン、パラアミノ安息香酸など
使用方法 1日3回、1回1カプセルずつ服用
詳細を見る 通販ページ

パントガールは、世界で初めて女性薄毛に対する効果が認められた女性専用のサプリメントです。

ケラチンの生成を助けるパントテン酸の他、ビタミンB1であるチアミン、髪の成長を促す薬用酵母などが配合されています。

また、髪の主成分であるケラチンや、ケラチンを構成するアミノ酸のシスチンも含まれているため、細くコシのない髪質の改善効果が期待できます。

ルグゼバイブ

ルグゼバイブ
商品タイプ サプリメント
有効成分 パントテン酸カルシウム、硝酸チアミン、薬用酵母、シスチン、ケラチン、馬プラセンタ、コロストラムなど
使用方法 1日3回、1回1カプセルずつ服用
詳細を見る 通販ページ

ルグゼバイブは、パントガールに馬プラセンタやコロストラムなどがプラスされた、髪と肌のケアが同時におこなえるサプリメントです。

馬プラセンタは代謝を活性化させ、髪や肌の細胞のターンオーバーを促します。

初乳(母乳)に含まれるコロストラムは、エイジングケアに優れた成分です。

加齢に伴う薄毛や肌の悩みを同時に改善したい方におすすめです。

プリオリンエキストラ

プリオリンエキストラ
商品タイプ サプリメント
有効成分 ミレットエキス、パントテン酸、シスチン、レシチン、ビオチン、バニリン、酸化マグネシウムなど
使用方法 1日2回(朝晩)、1回1カプセルずつ服用
詳細を見る 通販ページ

プリオリンエキストラは、パントテン酸やシスチンの他にスーパーフードのミレットエキスなどを加えたサプリメントです。

ミレットエキスはイネ科の植物から抽出した成分で、血行を促進させ髪の生成を促す効果が期待できます。

また、頭皮環境を整えたり髪の生成を助けたりする効果がある酸化マグネシウムも配合されています。

頭皮環境の乱れが気になる方に特におすすめです。

抜け毛を防ぎたい方におすすめ

抜け毛の量が多い方は、脱毛抑制作用のある成分を配合した商品がおすすめです。

脱毛症の抜け毛は、男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の過剰分泌によって引き起こされます。

女性の体内にも男性ホルモンは存在し、加齢に伴い女性ホルモンの分泌量が減少すると男性ホルモンが優位になる場合があります。

ホルモンバランスの乱れが原因で抜け毛が増加している方は、DHTの分泌を抑制する商品を選びましょう。

ヘアーオメガDHT

ヘアーオメガDHT
商品タイプ サプリメント
有効成分 亜鉛、ビタミンE、ビタミンB6など
使用方法 1日2回(朝夕)、1回2カプセルずつ服用
詳細を見る 通販ページ

ヘアーオメガDHTは、DHTの抑制に効果的な亜鉛やビタミンEなどを配合したサプリメントです。

亜鉛には、DHTを生成する5αリダクターゼという酵素を活性化しにくくする効果があります。

ビタミンEは血管拡張作用、ビタミンB6はDHTによって弱った毛母細胞を再生させる効果が期待できます。

いずれも食べ物に含まれる成分ですが、毎日バランス良く摂取するのは難しいため、サプリメントがおすすめです。

リグロースラボ SP2

リグロースラボ SP2
商品タイプ 男女兼用育毛剤
有効成分 スピロノラクトン、プロパンジオールなど
使用方法 1日2回、1回2プッシュを頭皮に塗布し、2~4分間マッサージする
詳細を見る 通販ページ

リグロースラボSP2は、数多くの男性用育毛剤を開発しているリグロースラボシリーズの男女兼用育毛剤です。

スピロノラクトンは本来、降圧剤や利尿剤として用いられる薬です。

しかし、DHTの働きを抑制する効果が確認されたため、抜け毛予防にも活用されるようになりました。

また、保湿効果があるプロパンジオールも配合されているため、頭皮の乾燥も防ぐことができます。

ビオチンのすごい効果とは!?美肌や抜け毛予防など全て紹介
ビオチンは、お肌の健康のサポートから、髪の毛の健康、糖の代謝をサポートなど美容と健康に欠かせない成分です。そんなビオチンのすごい効果をくわしく解説しています。

発毛効果で髪を生やしたい方におすすめ

抜け毛が進行している方や髪の毛の本数を増やしたい方には、ミノキシジルを配合した商品がおすすめです。

ミノキシジルは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として発毛効果が認められている成分です。

妊娠中や授乳中の方は使用できませんが、それ以外の方はぜひ使用してみてください。

絶対生やしたい人必見!おすすめ女性用発毛剤10選を紹介!
絶対に生える発毛剤は存在するのかを解説&高い発毛効果を持つおすすめの発毛剤を紹介しています。「市販の女性用発毛剤を試したけどあまり効果が得られなかった」という方必見です!

女性用ロゲイン

商品タイプ 女性用発毛剤
有効成分 ミノキシジル(2%)
主な効果 発毛・育毛、抜け毛予防
使用方法 1日2回、1回1mlずつ頭皮に塗布する

女性用ロゲインは、FDA(アメリカ食品医薬品局)が承認している女性用育毛剤です。

ミノキシジルは降圧剤として用いられていた成分で、体毛が濃くなる副作用を応用して育毛剤や発毛剤に使用されるようになりました。

血管拡張作用により血行が促進され、頭皮に塗布することで毛母細胞の働きを活性化させる効果があります。

ミノキシジルの配合濃度は、安全性の観点から女性は2%までとされています。

男性用育毛剤はミノキシジルの配合濃度が5%の商品が大半ですが、女性は必ず女性用育毛剤を使用しましょう。

ツゲイン

ツゲイン
商品タイプ 男女兼用発毛剤
有効成分 ミノキシジル(2%)
主な効果 発毛促進
使用方法 1日2回、1回1mlずつ頭皮に塗布する

ツゲインはロゲインのジェネリックで、同等の効果が期待できる男女兼用育毛剤です。

ミノキシジルを使用したいが、費用を抑えたいという方におすすめです。

ただし、ツゲインはミノキシジルの配合濃度によって数種類販売されています。

高濃度のミノキシジルは副作用のリスクが高いため、女性は必ず配合濃度2%の商品を選びましょう。

【長さ別】髪の毛が少ないとお悩みの女性におすすめの髪型

サプリメントや育毛剤は、長く続けることで効果を発揮する商品です。

また、毛量がもともと少ない方や髪の毛が細い方は、前述のヘアケア商品では改善が難しい場合があります。

髪の悩みをすぐに対処したい方は、髪型の工夫で毛量の少なさをカバーしてみてください。

髪の毛の長さ別に、おすすめの髪型をご紹介します。

ショート


引用:BIGLOBE Beauty


引用:BIGLOBE Beauty

ショートヘアは髪の重さ自体が軽いため、全体的にシルエットがふんわりしやすい特徴があります。

特に、トップにレイヤーを入れることでボリューム感が増し、スタイリング剤でアレンジしやすくなります。

また、直毛の方はパーマをかけたり、ヘアアイロンでカールさせたりすることでふんわりした印象に仕上がります。

額や分け目の毛量が少ない方は、頭頂部のあたりから前髪を作るのもおすすめです。

ボブ・ミディアム


引用:BIGLOBE Beauty


引用:BIGLOBE Beauty

ボブヘアは毛量が多い方だとボリュームが出過ぎてしまうため、毛量が少ない方のほうがアレンジしやすい特徴があります。

柔らかめのワックスやヘアミルクを使用して表面をふんわりと持ち上げ、動きのあるアレンジがおすすめです。

また、ミディアムヘアはひし形カットやくびれカットにすることで、横幅が出てボリューミーな印象になります。

毛先を内巻き、または外ハネにすれば、地肌が目立つ頭頂部から肩のあたりに視線を持ってくることができるでしょう。

ロング


引用:BIGLOBE Beauty


引用:BIGLOBE Beauty

ロングヘアは、髪の重みで地肌の透けや毛量の少なさが目立ちやすくなってしまいます。

しかし、ふんわりとしたエアリーなシルエットにすれば、毛量の少なさをカバー可能です。

ゆるめのウェーブパーマをかけたり、ヘアアイロンで内巻きと外巻きを交互に繰り返し、ウェーブ感を出してみましょう。

ハイライトを入れると髪に奥行きが出てボリュームがあるように見えるため、ヘアカラーをする方はハイライトもおすすめです。

また、いつも同じ分け目にすると地肌が透けやすくなるため、分け目の位置を変えたり、ジグザグに分けると良いでしょう。

ポイントはふんわり感!

髪が少なく見える原因のひとつに、頭頂部や分け目、全体の印象がペタッとしてしまう点があります。

髪が長いと髪の重みで頭頂部がボリュームダウンしやすいため、動きやふんわり感を出しやすいショートヘアがおすすめです。

ヘアアイロンやパーマは髪へのダメージが大きいため、ダメージが気になる方はドライヤーでふんわりさせるだけでも、髪の少なさを目立ちにくくすることができます。

また、髪の長さに関わらず、いつも分け目が同じ位置の方は小まめに分け目を変えてみてください。

女性の髪の毛のボリュームに関するよくある質問

ここからは、女性の髪の毛のボリュームに関するよくある質問にお答えします。

シャンプーで改善したい方や発毛剤の効果が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

髪の毛の少なさはシャンプーでカバーすることはできますか?

シャンプーやトリートメントは、ダメージケアや頭皮環境の改善を目的としてさまざまな商品が販売されています。

育毛効果のあるシャンプーや頭皮環境を整えるシャンプーを使うことで、薄毛改善の土台を作ることができるでしょう。

しかし、発毛剤や育毛剤と比較すると効果は劣るため、しっかりと効果を実感したい方は育毛ローションやサプリメントも併用することをおすすめします。

また、食生活の乱れや睡眠不足、ストレスなども薄毛の原因になるため、規則正しい生活を心掛けることも大切です。

発毛剤を使えばもともと髪の毛が生えていない場所にも生やすことはできますか?

ミノキシジルをはじめとする発毛成分は、毛母細胞に作用して発毛を促します。

そのため、もともと髪の毛が生えていない箇所に生やすことは難しいでしょう。

しかし、弱った髪の毛を強くて健康的な髪に変える効果は期待できるため、今ある髪の毛の一本一本を太くしてボリュームアップさせることは可能です。

パントテン酸や亜鉛、ケラチンなど、髪の健康に良い成分を意識的に摂取し、ボリュームアップを目指してみてください。

また、発毛剤は「髪を生やすアイテム」、育毛剤は「髪を育てるアイテム」です。

ご自分の悩みに合わせたアイテム選びも大切です。

まとめ

髪の毛が少ないと感じる女性は、もともと髪の毛が細い、または髪の本数が少ない傾向があります。

本記事でご紹介した髪型を参考に、ふんわり感のあるヘアスタイルで毛量の少なさをカバーしましょう。

また、以前より抜け毛が増えている方は脱毛症を発症している可能性があるため、サプリメントや育毛剤を使用して、抜け毛の原因を改善することが大切です。

おすすめのサプリメントや育毛剤は海外通販で簡単に購入できるため、気になる方は試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました
500円クーポンプレゼント