エラ(アフターピル )の副作用「胸の張り、腹痛、頭痛、消退出血」について

エラ(アフターピル )の効果「排卵日、時間、消退出血、生理」について

エラは避妊措置を講じずに行った性交渉後や、避妊措置に失敗した際に用いる緊急避妊薬です。

緊急避妊薬はアフターピル、またはモーニングアフターピルとも呼ばれています。

服用方法は性行為のあと120時間以内に服用することで約85%の妊娠阻止率となります。

72時間以内に服用した場合は約97.9%の妊娠阻止率となっていることからも、性交から服用までの時間はできるだけ早いほうがよいとされています。

エラをはじめとする緊急避妊薬の投与によって妊娠が100%阻止されるというものではありませんが、服用回数も1回で避妊効果も高いため、世界中で幅広く普及しており、緊急避妊薬は「最後の避妊法」とも呼ばれます。

エラに関しては副作用も軽微なものとされていますが、それでも副作用は心配なものです。

また、緊急に服用するものである分、突然副作用があらわれても不安になることがないように、ここではエラの副作用について解説していきます。

【参照】Ulipristal - an overview | ScienceDirect Topics

エラ(アフターピル )服用者の口コミ

エラ服用者から以下のような口コミが寄せられています。

ろびん(30歳)
飲んだ日は少し頭痛を感じたくらいでほかにつらさは感じませんでした。3週間で生理が来てくれました。

ぴっぴ(36歳)
ピルの副作用を調べて、なるべく副作用が少ないらしいこのお薬を買って試しました。普通のピルは飲み忘れがあってどうしても続かないし、それほど性交渉が多いわけではないので、アフターピルがわたしにはぴったりです。

しんしん(29歳)
アフターピルの中でも避妊率が高いので購入に踏み切りました。副作用はまったく感じないです。もし副作用があっても耐えます。そのくらい頼もしい薬です。

マキ(42歳)
年齢的に妊娠はしにくくなってきているという思いもありつい生で受け入れてしまいました。あとから反省してエラを服用しました。多少の出血があった以外は目立った副作用もなく、生理もそれほど遅れることはありませんでした。

mint(22歳)
ゴムなしで性交して膣外射精しました。中で出ている感じは全くないですけど射精前にも精子が出ていて妊娠の可能性があるのでエラを手に入れました。海外で生活していたこともあり外国の薬には抵抗はないので不安はなかったです。ちょっとふらついたくらいであとは副作用は感じなかったです。

エラ(アフターピル )の副作用はいつから?

エラ(アフターピル )の副作用はいつから?

エラの副作用がいつからはじまるかという点ですが、はっきりとした時間が決まっているわけではありません。

一般的には、エラをはじめとするアフターピルの成分が体内で作用する時間が2~3時間という説明が多くされていることから、この時間を境に副作用が発現しはじめると考えていいでしょう。

エラには国内臨床例はありませんが、海外の臨床例ではいずれも深刻な副作用はほとんど報告されていません。

ただしノルレボのような女性ホルモン剤のアフターピルとは違うため、副作用の深刻さより、ノルレボなどほかの緊急避妊薬との併用や抗真菌剤との併用には十分注意を払いましょう。

具体的な副作用の中でも多く報告されている例については、海外臨床例を基に以下でご紹介していきます。

エラ(アフターピル )の副作用で胸の張りについて


エラの副作用の1つとして乳房の張りが報告されています。

ただし、乳房圧痛、乳房緊満などと呼ばれる胸の張りは生理前にも似た症状を訴える人もいるため、この胸の張りがアフターピルの副作用ではない場合もあります。

また、妊娠前にも胸の張りがおこることがありますが、性交後すぐこの兆候が出ることはありません。

エラ(アフターピル )の副作用で胸の張りについて

エラの副作用の1つとして乳房の張りが報告されています。

ただし、乳房圧痛、乳房緊満などと呼ばれる胸の張りは生理前にも似た症状を訴える人もいるため、この胸の張りがアフターピルの副作用ではない場合もあります。

また、妊娠前にも胸の張りがおこることがありますが、性交後すぐこの兆候が出ることはありません。

エラ(アフターピル )の副作用で腹痛について

エラ(アフターピル )の副作用で腹痛について

エラ服用後の腹痛も副作用の中ではよく報告される症状の1つです。

ただこの腹痛も一過性のものであるため、一定期間継続しても自然に収まります。

腹痛に関わるものとしては、食欲不振や脱水、下痢、嘔吐といった副作用も稀にみられます。

腹痛による下痢でも成分は排出されませんが、嘔吐してしまった場合は成分が排出され効果が落ちてしまう可能性があります。

エラ服用後2時間は嘔吐しないようにしましょう。

エラは月経周期中1回の服用のみと決められていますが、嘔吐してしまって成分が吸収されていない場合のみ、再度の服用が認められています。

エラ(アフターピル )の副作用で熱や頭痛について

頭痛や発熱もエラの副作用の中では表れやすい症状です。

その他の炎症系では膣炎、咽頭炎、尿路感染症といった副作用も稀ですが一部で報告されています。

ほかにも不眠、歯痛、不快感、関節痛、疲労感、発汗、月経困難症などといった症状も報告があります。

エラ(アフターピル )の副作用で出血について

以上の副作用はそれほど多く訴えられているものではありませんが、これらに対して副作用として最も多く報告されているのが性器からの出血です。

この出血のうちエラの副作用である出血が消退出血と呼ばれる症状です。

この消退出血はエラの作用でホルモンの減少がおこり、子宮内膜が剥離し起こる出血で、服用者の約半数に認められていていますが異常な症状ではありません。

また、逆に約半数の服用者には消退出血がみられません。

一方、子宮からは不正出血、性器出血といった消退出血とは違う出血も起こるものです。

そのため本来は消退出血によって避妊を確認できますが、不正出血との違いの判断が難しいため、はっきりと避妊に成功したことを確認するのは、次の生理が訪れた時となります。

エラ(アフターピル )の副作用はいつまで?

こうしたエラの副作用がいつまで続くかという不安はあるものです。

エラの副作用の収束に関しては、消退出血を除けばほとんどの副作用が一定期間で収まるとされています。

万が一その中で胃痛を含めた深刻な副作用が3~5週間後に発現した場合は、すみやかに医療機関の診療を受けてください。

【参照】WebMD「エラ」副作用

エラ(アフターピル )の購入はこちら

エラはこちらで購入することができます。

エラ 72時間以内の服用でOK
エラ

エラは上記のアフターピルと同じく、避妊具の装着ミスや妊娠の合意ない性行為などによる意に反した妊娠を回避するための緊急避妊薬です。

エラの特徴としては妊娠阻止率の高さと服用までの猶予期間の長さがあります。

エラは性行為後120時間までの服用で約85%の妊娠を阻止することが可能です。

服用までの時間が短いほど阻止率が上がり、72時間以内に服用すると約97.9%妊娠を阻止することが可能とされています。

またレボノルゲストレルを成分とするアフターピルと違いウリプリスタール酢酸エステルを主成分としており、エストロゲンを含まないのも特徴です。

更新日:
上へ