デキサメタゾンの副作用|コロナ治療や種類・用途別で解説

新型コロナウイルスに関連する記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている情報もご確認ください。
またワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。

コロナウイルス治療薬として承認されてから、デキサメタゾンは爆発的に需要が増加しています。

「新型コロナウイルスに効果がある」

という情報だけを鵜呑みしてしまい、副作用などの服用リスクを理解しないまま、デキサメタゾンを服用してしまった方もいるようです。

ここではデキサメタゾンの用途や種類別に、副作用を解説していきます。

デキサメタゾンの副作用は種類によって異なる

デキサメタゾンは種類や用途によって、表れる副作用が異なります。

  • 内服薬(錠剤や注射など)
  • 外用薬(目薬や塗り薬など)

上記2種類で表れる副作用について、簡単に解説していきます。

内服薬の副作用

内服薬の副作用は、以下の通りです。

頻度不明
内分泌 月経異常
消化器 下痢、嘔吐、胃痛、胸やけ、便秘など
精神神経系 多幸症、不眠、頭痛、めまいなど
筋・骨格 筋肉痛、関節痛、関節腫脹
脂質・蛋白質代謝 満月様顔貌、野牛肩、窒素負平衡、脂肪肝
体液・電解質 浮腫、血圧上昇、高カリウム血症など
網膜障害、眼球突出
血液 白血球増多、好中球減少症など
皮膚 多毛、脱毛、色素沈着、皮膚乾燥など
過敏症 発疹
その他 発熱、疲労感、体重増加、動悸など

内服薬の副作用は、多く報告されています。

上記はあくまでも一部に過ぎないため、内服薬の副作用詳細が気になる方は、以下サイトをご覧ください。

⇛keggでデキサメタゾン内服薬の副作用を確認する

外用薬の副作用

デキサメタゾンの外用薬は、大きく分類すると以下の3通りになります。

  • 湿疹や皮膚炎などに使用する場合
  • 口内炎や舌炎に使用する場合
  • 眼の疾患などに使用する場合

成分は同じですが、表れる副作用が多少異なるため、一つずつ解説していきます。

湿疹や皮膚炎などに使用した場合の副作用

0.1%〜5%未満 頻度不明
皮膚の感染症 皮膚の真菌症、細菌感染症など
その他の皮膚症状 発疹、皮膚炎、多毛、色素脱失など
過敏症 皮膚の刺激感、熱感 接触性皮膚炎
下垂体・副腎皮質系機能 下垂体・副腎皮質系機能の抑制
後のう白内障、緑内障

※引用元
・デキサメタゾンクリーム(鎮痒・消炎剤)
・デキサメタゾン製剤(副腎皮質ホルモン外用剤)

口内炎や舌炎などに使用した場合の副作用

頻度不明
口腔の感染症 口腔の真菌性及び細菌性感染症
過敏症 過敏症状
下垂体・副腎皮質系機能 下垂体・副腎皮質系機能の抑制

※引用元
・デキサメタゾン製剤(合成副腎皮質ホルモン剤)
・デキサメタゾン軟膏(口腔粘膜用剤)

眼の疾患などに使用した場合の副作用

頻度不明
刺激感
下垂体・副腎皮質系機能 下垂体・副腎皮質系機能の抑制
その他 創傷治癒の遅延

※引用元
・デキサメタゾン眼軟膏(副腎皮質ホルモン点眼剤)
・デキサメタゾン眼軟膏(眼科用副腎皮質ホルモン製剤)

デキサメタゾンの内服薬は重篤な副作用が出やすい

デキサメタゾンの内服薬は、外用薬より重篤な副作用が表れやすい傾向があるため、服用する場合は細心の注意を払ってください。

keggによると、以下のような重篤な副作用が報告されています。

誘発感染症、感染症の増悪

続発性副腎皮質機能不全、糖尿病(いずれも頻度不明)

消化性潰瘍、消化管穿孔、膵炎(いずれも頻度不明)

精神変調、うつ状態、痙攣(いずれも頻度不明)

骨粗鬆症、大腿骨及び上腕骨等の骨頭無菌性壊死、ミオパシー、脊椎圧迫骨折、長骨の病的骨折(いずれも頻度不明)

緑内障、後嚢白内障(いずれも頻度不明)

血栓塞栓症(頻度不明)

引用元:医療用医薬品:デカドロン

副作用の発現率は「飲み方」でも変わる事もあるので、デキサメタゾンの服用を検討している方は、正しい飲み方をしっかり把握しておきましょう。

服用するタイミング(中等症Ⅰの段階など)によって、症状が悪化する恐れがあるとも報告されているようです。

⇛デキサメタゾンの正しい飲み方を確認する

コロナ治療に対する副作用報告数が少ない

デキサメタゾンは新型コロナウイルス治療薬として期待されています。

海外では「コロナ中等症Ⅱ・重症患者の死亡率低下」などが報告されており、国内でも積極的に使用する動きが見られます。

⇛デキサメタゾンの臨床試験結果を見てみる

しかし、注意点が1つあります。

今まで解説した副作用は、本来の用途に沿って使用した場合に限るため、新型コロナウイルスの治療でデキサメタゾンを使用した場合、全く異なる副作用が表れる可能性もあります。

以下2つの試験や療法では、副作用が報告されているようです。

  • 低用量デキサメタゾン療法
  • RECOVERY試験

コロナウイルス治療薬としてデキサメタゾンの使用を検討している方は、しっかり確認しておく事をおすすめします。

低用量デキサメタゾン療法での副作用

低用量デキサメタゾン療法とは、6mgのデキサメタゾンを最大10日間服用する治療方法です。

療法名に「低用量」と記載されていますが、そこまで低用量というわけではありませんので、副作用のリスクは十分に考えられます。

2021年7月22日、シュプリンガーリンク(オンラインデータベース)で公開された記事によると、以下のような副作用が出る可能性があると報告されていました。

At this dose, patients suffer side effects such as skin thinning, weight gain, osteoporosis, hypertension and diabetes

引用元:Potential Adverse Effects of Dexamethasone Therapy on COVID-19 Patients: Review and Recommendations

【上記英文の翻訳】

患者は皮膚の菲薄化、体重増加、骨粗鬆症、高血圧、糖尿病などの副作用に苦しんでいます

臨床試験の参加人数は多くないようですが、上記のような副作用が出る可能性はあると認識しておきましょう。

RECOVERY試験について

国立医薬品食品衛生研究所によると、RECOVERY試験とは以下のような試験の事を指すようです。

英国176カ所のNHSB医療機関において,COVID-19入院患者Cを対象に,いくつかの治療薬候補の効果を評価することを目的とし,英国NIHRD臨床研究ネットワークの支援を受けて実施されたオープンラベルE比較試験

引用元:COVID-19 入院患者でのデキサメタゾン治療

今回注目したRECOVERY試験は、「デキサメタゾンとデキサメタゾン以外のステロイドの比較」です。

2021年9月2日に報告された結果によると、以下のような副作用を引き起こす可能性があると記載されていました。

COVID-19に対するステロイドの長期使用は,血栓症などの副作用を引き起こす可能性があると指摘

引用元:抗ウイルス薬とステロイドのタイミング

あくまでもステロイドの長期使用ですので、デキサメタゾンに限った副作用ではありません。

しかし、デキサメタゾンもステロイドに分類されるため、上記のような副作用が出る可能性はあると考えておきましょう。

デキサメタゾンの副作用が出やすい方

デキサメタゾンを服用する方の中には、副作用が出やすかったり症状が悪化したりする方も存在します。

以下に該当する方は注意が必要ですので、1つずつ簡単に解説していきます。

【内服薬のみ】抗菌薬が効かない感染症を患っている

抗菌薬が効かない細菌に感染している場合、感染症が悪化する恐れがあります。

以下のような報告もされている為、該当する方はデキサメタゾンの使用を控えてください。

B型肝炎ウイルスの増殖による肝炎があらわれることがある

引用元:医療用医薬品 : デカドロン

【内服薬のみ】特定の病気を患っている

以下のような病気を患っている、または既往歴がある場合、症状が悪化する恐れがあると言われています。

・精神病
・高血圧症
・緑内障

上記はあくまでも一部に過ぎないため、持病がある方は以下サイトに目を通しておきましょう。

⇛デキサメタゾンと相性が悪い病気を確認する

妊娠している、または母乳を与えている

動物実験(内服薬)において、以下が報告されています。

・胎児に奇形が怒る可能性
・新生児に副腎不全を起こす可能性
・口蓋裂の発生(唇の一部に裂け目が表れる状態)

上記の事から、妊娠中または母乳を与えている女性は、デキサメタゾンの服用は控えてください。

有益性が危険性を上回る場合のみ服用可と記載されているため、自己判断では服用せず必ず医師に相談しましょう。

※外用薬も妊婦に関する安全性は確立しておりません。

乳児・小児

乳児・小児に関する安全性も確率しておらず、内服薬・外用薬ともに発育障害をきたす恐れがあります。

「一過性の肥大型心筋症」などを発症する恐れもあるため、小児への使用は控えてください。

高齢者

内服薬を長期投与した場合、以下のような副作用が表れやすいと報告されています。

・感染症の誘発
・糖尿病
・骨粗鬆症
・高血圧症
・後嚢白内障
・緑内障等

また、高齢者は一般的に生理機能が低下している為、大量または長期の外用薬の使用は控えましょう。

厚生労働省がデキサメタゾンの安定供給を依頼している

デキサメタゾンが新型コロナウイルス治療薬として承認されてから、需要急増により日本国内では品薄の傾向があります。

上記の事から、厚生労働省がデカドロン錠の製造販売元である日医工株式会社に、安定供給の対応を依頼しているようです。

国内での購入は難しいですが、デキサメタゾンは海外でも販売されているため、個人輸入を利用すれば入手できます。

お薬なびでデキサメタゾンを見る

タイトルとURLをコピーしました