アフターピル

アフターピルは緊急避妊薬です。服用して100%の確率で妊娠を防げると思いがちですが、服用のタイミングによって避妊率が異なります。24時間以内の服用で95%、72時間以内の服用で80%と言われてます。万一に備え携帯している方が多い商品で副作用に吐き気や出血を伴う事があります。

売れ筋ランキング

アフターピルの商品一覧

  • ノルレボ

    ノルレボ

    緊急避妊アフターピル

    有効成分:レボノルゲストレル/Levonorgestrel 1.5mg


    製造:HRA Pharma

    もっと見る

    1箱2,625円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ナイピル

    ナイピル

    緊急避妊アフターピル

    有効成分:レボノルゲストレル/Levonorgestrel 1.5mg



    製造:レクメズ

    もっと見る

    1錠596円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アイピル

    アイピル

    緊急避妊アフターピル
    有効成分:レボノルゲストレル/Levonorgestrel 1.5mg

    発送時期によりパッケージが異なる場合がございます。


    製造:Piramal Healthcare

    もっと見る

    1箱840円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エラ(5日以内)

    エラ(5日以内)

    緊急避妊アフターピル

    有効成分:ウリプリスタール酢酸エステル/Ulipristal acetate 30mg


    製造:アブディイブラヒム

    もっと見る

    1箱3,960円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アンウォンテッド72

    アンウォンテッド72

    特徴
    アンウォンテッド72はマンカインドファーマ社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。
    ノルレボのジェネリック医薬品で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    アンウォンテッド72の主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。
    性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。
    また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。

    副作用
    主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは1.5mgの購入可能です。
    製造:マンカインドファーマ

    もっと見る

    1箱994円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ノルパック(2錠1回分)

    ノルパック(2錠1回分)

    特徴
    ノルパックはABCA Pharma社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。
    ノルレボのジェネリック医薬品で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    ノルパックの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。
    性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。
    また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。

    副作用
    主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは0.75mgの購入可能です。
    製造:ABCA Pharma

    もっと見る

    1箱1,024円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • マドンナ(2錠/1回分)

    マドンナ(2錠/1回分)

    特徴
    マドンナはBiopharm Chemicals社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。
    ノルレボのジェネリック医薬品で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    マドンナの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。
    性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。
    また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。

    副作用
    主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは0.75mgが購入可能です。
    製造:Biopharm Chemicals

    もっと見る

    1箱945円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ポスティノール(2錠1回分)

    ポスティノール(2錠1回分)

    特徴
    ポスティノールはGedeon Richter社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。
    ノルレボのジェネリック医薬品で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    ポスティノールの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。
    性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。
    また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。

    副作用
    主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは0.75mgが購入可能です。
    製造:Gedeon Richter

    もっと見る

    1箱1,080円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • モーニングピル

    モーニングピル

    現在欠品中です。
    類似商品は以下をご覧ください。


    ナイピル:ナイピルはノルレボのジェネリックです。

    ノルレボ:ノルレボは緊急避妊薬の先発薬です。

    特徴
    モーニングピルはRainbow Human Care Pvt Ltdが開発したアフターピル(緊急避妊薬)です。
    日本国内でも処方されるノルレボのジェネリック医薬品で、ノルレボと同一成分となっておりながら安値なのが特徴です。
    避妊に失敗してしまった方、望まない妊娠を避けたい方にお薦めの医薬品となっております。

    効果
    モーニングピルの主成分であるレボノルゲストレルは排卵を抑えたり、排卵を遅らせる効果があるものとされています。
    性行為後12時間以内の服用で妊娠阻止率は99.5%、24時間以内の服用で98.2%と言われています。
    また、72時間以内の服用で妊娠阻止率は84%という報告があります。

    副作用
    主な副作用は吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加や減少または生理不順などがあげられています。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは1.5mgが購入可能です。
    製造:Rainbow Human Care Pvt Ltd

    もっと見る

    1錠560円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エラワン(5日以内)

    エラワン(5日以内)

    現在欠品中です。
    類似商品は以下をご覧ください。


    ナイピル:ナイピルはノルレボのジェネリックです。

    エラ:エラは120時間以内も効果がある緊急避妊薬です。

    特徴
    エラワンはHRA Pharma社が開発したアフターピル(緊急避妊薬)で、白く小さい丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    エラワンの主成分であるウリプリスタール酢酸エステルは排卵を抑える効果があります。
    一般的なモーニングアフターピルは性行為から72時間以内の服用が必要ですが、エラは120時間以内(5日間)の服用でも85%以上の避妊効果が得られると言われています。

    副作用
    主な副作用は吐き気、腹痛、嘔吐、月経困難症、乳房の圧痛などがあげられています。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは30mgが購入可能です。
    製造:HRA Pharma

    もっと見る

    1箱3,960円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る

アフターピルについて

現代の日本では中絶手術が年間16万5000件、1日あたり450件も行われています。

「避妊をせずに性行為をしてしまった」
「行為の最中に、運悪くコンドームが破れた・外れた」
「性被害にあってしまった」

原因は様々ですが、望まない妊娠をしてしまう女性がどれだけ多いのかが明らかです。

中絶手術は費用が高いことはもちろん、女性にとって肉体的にも精神的にも大きな負担がかかるリスクです。
しかし「アフターピル(緊急避妊薬)」を使えば、望まない妊娠を事前に防ぐことができます。

アフターピルとは何らかの原因で避妊に失敗してしまった場合に、妊娠を回避するために使用する薬です。
性行為の後、一定期間内に服用すると約80%以上の高確率で妊娠を阻止できます。

アフターピルには2種類あり成分の働き方が違う

国内で用いられるアフターピルは、大きく2種類に分かれます。
  • ノルレボ(成分:レボノルゲストレル)
  • エラ(成分:ウリプリスタール酢酸エステル)
2種類のアフターピルは、ただ有効成分が異なるだけではありません。
有効成分が異なれば成分の働き方も違うため、それぞれのアフターピルが効果の強さやタイムリミットにも差があります。

ノルレボは日本で承認を受けている薬であり、国内の病院ではアフターピルとしてノルレボが処方されることが多いです。
避妊に失敗した後3日以内に服用することで効果を発揮し、服用するタイミングが早いほど避妊ができる確率も高くなります。

一方のエラは、ノルレボよりもさらに高い避妊効果があるアフターピルです。
避妊ができるタイムリミットも長く、性行為の後5日以内まで効果を発揮できます。
しかしエラは国内未承認のため、ノルレボと比べて取り扱う病院は少ないです。

アフターピルの通販価格比較

アフターピルは、実は通販で購入できることをご存じでしょうか。
日本においてアフターピルは医師の処方せんなしでは購入できず、病院を受診する必要があるため入手のハードルが高いことが問題となっています。
しかし個人輸入代行サイトを利用することで、海外からアフターピルを24時間いつでも、処方せんいらずで購入が可能です。

お薬なびで購入できるアフターピル価格比較
商品名 価格(1錠あたり)
ノルレボ 2,625円~3,320円
アイピル
(ノルレボジェネリック)
840円~1,200円
ナイピル
(ノルレボジェネリック)
596円~745円
エラ 3,960円~4,950円

アフターピルの成分と働き

アフターピルには商品名や有効成分、効果が異なる2種類があります。
しかし共通点もありノルレボの有効成分レボノルゲストレル、エラの有効成分ウリプリスタール酢酸エステルという2つの成分はどちらも黄体ホルモンの1種です。

女性の体には卵胞ホルモン・黄体ホルモンという2つの女性ホルモンが分泌されており、体と心の調子は2つの女性ホルモンのバランスによって左右されます。
2つの女性ホルモンの分泌量は約1ヶ月周期で変動しており、生理や妊娠・出産といった女性特有の現象にも深く関わっているのです。

そこで黄体ホルモンの1種であるアフターピルを服用することで、意図的にホルモンバランスの変化を起こします。
黄体ホルモンには排卵や着床を防ぐ働きがあり、またノルレボやエラは配合されている黄体ホルモンの量が多いため十分な避妊効果を得られるのです。

レボノルゲストレル含有の通販商品
ウリプリスタール酢酸エステル含有の通販商品

アフターピルQ&A

日本ではアフターピルに馴染みがなく、不安や疑問に思うことが多いかもしれません。
ここでは、アフターピルに関してよくある質問にQ&A形式で回答していきます。

効果について
確実に避妊成功の判断は?
アフターピルを服用して避妊が成功した場合、一般的には次の月経予定日の前後に通常どおり出血が起こります。また人によってはアフターピル服用後から数日~約21日、平均10日前後で出血が見られる場合もあります。
1度だけの服用で大丈夫ですか?
アフターピルは、基本的に1度服用するだけで避妊効果を発揮します。なおアフターピル服用による避妊率は約8割程度とされています。
アフターピルは安全ですか?
アフターピルはヨーロッパやアメリカなどの国々では市販薬として気軽に購入できる薬です。安全性は証明済みであり、不妊症になることや後遺症が残る心配もありません。
アフターピルはなんで避妊できるんですか?
アフターピルは、女性ホルモンの1種である黄体ホルモンを主成分とした薬です。服用すると一時的に女性ホルモンのバランスが変化し、受精卵の着床が防がれることで避妊が可能になります。
中、低用量ピルとの違いってなに?
中用量ピルや低用量ピルとアフターピルの違いは、含有されている成分量です。また成分量が異なることから、それぞれの用途にも違いがあります。

低用量ピル:避妊、月経前症候群(PMS)の緩和など
中用量ピル:生理予定日の調節、緊急避妊(ヤッペ法)など
アフターピル:緊急避妊
服用について
アフターピルはいつ服用すればよいですか?
ノルレボの場合は性行為をしてから72時間以内、エラの場合は120時間以内に服用すると高い確率で避妊効果を発揮します。
早く服用すれば避妊率は上がりますか?
アフターピルは、服用するタイミングが早いほど避妊率は上がります。ノルレボは性行為から24時間以内、エラは72時間以内に服用することが理想的です。
アフターピル服用後にOCを服用するタイミングはいつですか?
アフターピルと一緒にOC(低用量ピル)の処方を受けた場合、OCは生理の1日目(出血が始まった日)から飲み始めてください。
副作用について
どんな副作用がありますか?
アフターピルの服用後、副作用として悪心(吐き気)や嘔吐、頭痛などの症状が見られることがまれにあります。
中用量のピルで具合が悪くなったのですがアフターピルを服用しても大丈夫ですか?
中用量ピルを用いる緊急避妊法(ヤッペ法)と比べ、アフターピルは副作用の頻度が少ないです。また避妊効果もアフターピルの方が高いため、安心して服用できます。
服用後嘔吐をしてしまいました。大丈夫でしょうか?
アフターピルの服用後、2~3時間以内に嘔吐をしてしまった場合は成分が十分吸収されず、避妊ができない場合があります。服用後まもないうちに嘔吐をしてしまったら、再度服用をしてください。
吐き気止めと一緒に服用しても問題はありませんか?
アフターピルと吐き気止めを併用しても、特に問題はありません。吐き気や嘔吐などの副作用が気になる方は、吐き気止めの併用をおすすめします。
出血が止まりません。大丈夫でしょうか?
アフターピルの服用後には、消退出血(ピルを飲んだときに起こる生理)が起こることがあります。
アフターピル服用後、車の運転をしても大丈夫でしょうか?
アフターピルの服用後は、車の運転をしても特に問題はありません。
その他
アフターピルとの組み合わせが悪い薬ってありますか?
次のような薬は、アフターピルと一緒に併用すると避妊効果が弱まったり、一緒に飲んだ薬の効果が増減することがあります。当てはまる薬がある場合は、必ず医師や薬剤師に相談をしてください。

 ・抗けいれん薬(フェノバルビタール、カルバマゼピンなど)
 ・HIVの薬(リトナビル、エファビレンツ)
 ・結核の薬(リファブチン、リファンピシン)
 ・セイヨウオトギリソウを含む食品
服用後はどこか病院へ行った方がよいのでしょうか?
アフターピルの服用後は、基本的に病院を受診する必要はありません。しかし不安や疑問に思うことがあった場合は、最寄りの専門の病院を受診してください。
服用後の次の生理はいつですか?
アフターピルを服用したタイミングによって異なりますが、一般的には生理が早まることが多いです。
お酒を飲んでいても大丈夫ですか?
アフターピルを服用するときに、お酒を飲んでいても問題はありません。しかし服用後2時間以内に嘔吐をすると、避妊効果が十分に得られなくなるので注意してください。
喫煙していても問題はありませんか?
アフターピルは、喫煙をしている方でも服用できます。
アフターピルは通販で購入することはできますか?
アフターピルは、海外通販(個人輸入)利用することで購入が可能です。
誰にも知られないようにアフターピルを買うことはできますか?
アフターピルは、一部の病院では実際に通院しなくともオンライン診療で処方を受けることが可能です。また海外通販を利用することで、誰にも知られずに処方せんなしでアフターピルを購入することもできます。

アフターピルの効果

望まない妊娠は、女性の心にも体にも大きな負担となってしまいます。
そのためアフターピルが持つ緊急避妊効果はどれくらいのものなのかは、とても重要です。
ここではアフターピルの効果について、詳しく解説していきます。

どうなったら避妊が成功したことになるの?

アフターピルを服用して避妊が成功したかどうかは、生理の有無によって判断することができます。

一般的には、アフターピルで避妊ができた場合は次の生理予定日の前後に通常どおり出血が見られることが多いです。
しかし服用したタイミング、生理の周期などは人それぞれ異なるため、出血が見られる時期にもバラつきがあります。
早い方では服用から2~3日、遅い方では約2~3週間後に出血が見られることもあるので、服用してからすぐに生理が来なくても慌てずに待つことが大切です。

ただし、アフターピルを服用したときに本来の予定日より遅く生理が来ることはありません。
予定日よりも遅いタイミングで出血が見られた場合、妊娠初期の出血などの可能性が考えられるため、検査を行って妊娠がしていないかを確認する必要があります。

72時間以内であれば望まない妊娠を回避できる可能性がある

アフターピルは、高い妊娠阻止率が期待できる薬です。
しかし服用して妊娠を回避するためには、タイムリミットがあります。

多くの国々で使用されているノルレボというアフターピルの場合、性行為をしてから72時間以内に服用することで緊急避妊効果が発揮されます。
例えば金曜日の夜に性行為をした場合、月曜日までにノルレボを服用しなくてはなりません。
ノルレボによる妊娠阻止率は、性行為から服用までの時間が早ければ早いほど高くなります。

また日本では未承認の薬ですが、ノルレボとは有効成分が異なるエラというアフターピルもあります。
エラはノルレボよりも避妊効果が高く、服用までのタイムリミットも性行為をしてから120時間以内と長めです。

ただし、もしもタイムリミットを過ぎてしまった場合、ノルレボにしてもエラにしても避妊効果は大きく落ちてしまいます。
ですが一定の効果は期待できるので、医師と相談をしたうえで試してみることも選択肢の1つです。

緊急避妊治療は時間との戦いアイピルは心強い常備薬

アフターピルが緊急避妊薬として効果を発揮できるのは72時間以内、長くても120時間以内です。
服用のタイミングが早いほど効果は高まりますが、言い換えれば時間が経ってしまうと避妊ができる可能性が下がってしまうということにもなります。
そのためアフターピルによる避妊は時間との戦いであり、もしも服用の必要があるときはスピード感が大切です。

しかし日本ではアフターピルが市販されておらず、国内で入手するには病院を受診する必要があります。
そのときの待ち状況や診察などを踏まえると時間がかかってしまいますし、場合によっては近くの病院がお休みでアフターピルが購入できない、という最悪の事態にもつながりかねません。

そこで海外通販を利用すれば、アフターピルは処方せんいらずで24時間、いつでも購入ができます。
多めに買って常備をしておけば、万が一の場合でもすぐにアフターピルを服用できるため心強いです。

81%の緊急避妊効果があることが臨床試験でわかりました

ノルレボというアフターピルの緊急避妊効果に関しては、国内で臨床試験が行われています。
試験の結果、ノルレボの緊急避妊効果は81%です。

臨床試験では63人の女性が性行為の後、ノルレボを服用しました。
その後妊娠をしたのは1人の女性のみであり、生理周期などを考慮した上でのノルレボによる緊急避妊効果は81%となる計算です。
またノルレボは海外でも臨床試験が行われており、1198人の女性の中で妊娠をしたのは16人、緊急避妊効果は84%となりました。

このように、アフターピルは高い確率で妊娠を阻止できることが分かります。
ただしアフターピルを服用したからといって、妊娠を確実に阻止できる訳ではないことに注意が必要です。

アフターピルの効果は服用の3時間後から得られます。

アフターピルは、服用してすぐに避妊効果が得られるわけではありません。
成分が体に吸収されるまでには時間がかかり、アフターピルの場合は服用から3時間ほどで避妊効果が発揮されます。

ただし注意したいのは、アフターピルを服用してすぐに嘔吐をしてしまった場合です。
万が一嘔吐をしてしまった場合、それが服用から2時間以内であればもう一度アフターピルを服用する必要があります。
なお、2時間後以降であれば嘔吐をしても問題はないと言われています。

アフターピルの副作用

アフターピルの副作用として報告されているのは、一般的に次のような症状です。
  • 悪心(吐き気)
  • 腹痛
  • 頭痛
  • 不正出血
"ピル"と聞くと副作用を心配する方が多いですが、実際のところ副作用が起こる頻度は高くありません。
副作用が出たとしても通常は24時間以内に治まり、大きく体調を崩すようなこともないためリスクはとても小さいです。

また中絶手術に比べたら、アフターピルは女性の肉体的なリスク、精神的・経済的な負担などはかなり低い緊急避妊法と言えます。

ヤッペ法に比べ副作用が軽い

アフターピルが登場する以前から、緊急避妊法として行われてきた「ヤッペ法」という方法があります。
ヤッペ法とは中用量ピルを用いた緊急避妊法で、性行為の後72時間以内に2錠を、その12時間後にさらに2錠を服用する方法です。
アフターピルは、このヤッペ法に比べて副作用が軽いというメリットがあります。

ヤッペ法は短時間のうちにまとめて中用量ピルを服用することになるため、約半数近くの方に吐き気・嘔吐などの副作用が現れます。
対するアフターピルは薬を1錠服用するだけで済み、手間や副作用が起こる頻度もヤッペ法よりはるかに小さいです。
また肝心の避妊効果も、ヤッペ法(57%)よりもアフターピル(81%)の方が優れています。

このように有効性・安全性の両面で優れていることから、現在ではアフターピルが緊急避妊法の主流となっています。

アフターピルの消退出血とは

アフターピルの服用後に、「消退出血」が起こることがあります。
消退出血とは、女性の子宮内膜がホルモンバランスの変化によって剥がれてしまい、それに伴って起こる出血のことです。
出血が起こることで、女性の体には様々な症状が見られます。
  • 眠気
  • にきび
  • 不快感
  • むくみ
  • 胸の痛み
体調の変化が起こることで不安に思うかもしれませんが、消退出血とはいわば"ピルを飲んだ場合の生理"です。
アフターピルを服用し、女性ホルモンのバランスが変化することで起こるものであり、特に治療の必要はないのでご安心ください。

消退出血は避妊治療で起こる出血の一種

アフターピルの飲み方

アフターピルの飲み方は、性行為後72時間以内に1錠を服用するだけです。
避妊阻止率はノルレボの場合は81%になりますが、服用のタイミングが早いほど効果は高まります。
なお食前・食後を問わず服用が可能なので、早めに服用することがおすすめです。

アフターピルの注意事項

アフターピルを服用する際に、いくつかの注意事項があります。
  • 完全に妊娠を阻止できる訳ではない
    アフターピルは、服用すれば高い確率で避妊ができる薬です。
    しかし避妊効果は100%ではなく、確実に妊娠を回避できる薬ではないことに注意をしましょう。
  • 服用後、2時間以内に嘔吐してしまった場合
    アフターピルを服用してから2時間以内に嘔吐をしてしまった場合、薬の成分を体内に吸収できず避妊効果が現れないことがあります。
    服用から2時間以内に嘔吐をしてしまったら、もう1度アフターピルを服用する必要があります。
  • 服用後に性行為をする場合
    アフターピルを服用しても、その後に性行為をすれば再び妊娠をする可能性があります。
    もしもアフターピルの服用後に性行為をする場合、コンドームなど他の避妊方法を行わなくてはなりません。
  • 性感染症は予防できない
    アフターピルは、あくまでも避妊を目的とした薬です。
    エイズや梅毒などの性感染症を予防するような効果はないため、コンドームなどの予防法を行うようにしてください。

アフターピルで購入できる商品一覧

口コミ・レビュー

  • ヒ!さん (20歳)
    コロナの影響で届くまでに2ヶ月かかりましたがそれ以外は良かったです!
  • Tommyさん (55歳)
    到着までコロナで1~1,5か月かかるとのことでしたが、入金確認から13日目で到着しました。ネットで出ていた通り、臭い段ボール箱のなかに透明ポリ箱が入っており、さらにその中の本品が入ってました。(ちゃんとインドから来たようですw)
  • りんりんさん (20歳)
    彼との営みでゴムをつけないのでナイピルに助けられてます。ちゃんと、生理もくるし、副作用も少ないのでいい感じです!
  • ぽんさん (43歳)
    3月に購入した商品が未だに届いていません。コロナの影響でも遅過ぎます!
  • 匿名希望さん (38歳)
    彼氏がアレルギー持ちでゴムをつけられないので購入してます。 飲んでも違和感もなく助かってます
  • しあさん (20歳)
    発送したって書いてあるんですけど、今だに届いてません。そろそろきてもらえないでしょうか
  • 匿名希望さん (20歳)
    避妊できた
  • ゆうさん (31歳)
    金だけ払わせて、払った後はコロナの影響でとか言って送ってきませんよ。 コロナの影響があるなら、先ず、販売を一時中心して、買う人には決算前に、コロナの影響で遅れますが良いかどうかの確認すべでは? 段取りも悪いし、金だけ取る悪徳業者
  • たまこさん (44歳)
    ちょっと安くて不安は有りましたが、服用して妊娠しなかったので、安心しました。
  • c2さん (48歳)
    ナイピル&シアスマには大変お世話になってます。 この薬様様で更年期を充実させて頂いているというか(笑) ある意味、保険ですね。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ