ワイモックス(アモキシシリン)
  • ワイモックス(アモキシシリン)

ワイモックス(アモキシシリン)

更新日:
  • ジェネリック
  • 性病・性感染症
  • 梅毒
  • 淋病
  • 病気・症状
  • 胃炎・肝臓病
  • ワイモックス
  • 商品名ワイモックス
    成分アモキシシリン
    効果梅毒改善、淋病改善、細菌感染症改善
    副作用発熱、発疹、そう痒症、下痢、悪心など
    飲み方 1日3~4回、1回250mgを服用
    ※その他感染症によって服用方法が異なります
    製造元Abbott
  • 梅毒改善、淋病改善、細菌感染症改善

有効成分:アモキシシリン

ご注文

ワイモックス(アモキシシリン) 250mg

内容量 販売価格(1カプセル単価) ポイント 注文
150カプセル
7,600
6,500(431カプセルあたり
195
カートに入れる

ワイモックス(アモキシシリン)を使用したお客様の声

良い評価
さん(歳)
良い評価の口コミが投稿されていません。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細


ワイモックスがおすすめの方


  • 梅毒・淋病を治療したい

  • 通院せずに病院処方薬がほしい

  • 扁桃炎や歯周病、膀胱炎など再発しやすい病気に備えたい



ワイモックスは、ペニシリン系の抗生物質「アモキシシリン」を含有したお薬です。
細菌を殺菌し、腫れや発赤を抑え、感染症の治療に用いられます。
日本国内でも梅毒をはじめとした、細菌が原因の病気に処方されています。

アモキシシリンの特徴
抗生物質には、殺菌作用と静菌作用の2種類がありますが、アモキシシリンは殺菌作用を持つ抗生物質です。
細菌の細胞壁の合成を阻害することで、細菌を死滅させ、感染症を治療します。

アモキシシリンの主な効果


  • 性感染症(梅毒、淋病)

  • 皮膚感染症

  • 呼吸器感染症

  • ヘリコバクターピロリ感染症

  • 歯科感染症

  • 扁桃腺

  • 咽頭炎

  • 気管支炎

  • 中耳炎

  • 歯周病

  • 胃潰瘍

  • 膀胱炎

  • ものもらい



使用しやすい1錠250㎎
当サイトでは、250mg/500mgの2種類の購入が可能です。
ただし、通常1回250mgを1日3~4回服用するお薬のため、本製品のように1錠あたり250㎎が服用しやすくおすすめです。

梅毒の治療に有効なアモキシシリン
アモキシシリンの主な適応症状である梅毒とは、性行為によって感染するSTDで原因は梅毒トレポネーマ細菌の感染です。
症状は男女同じで感染部位にしこりや赤発疹、発熱が見られます。

梅毒は自然治癒することはなく、放置すると症状が重症化し、神経や心臓、脳といった身体のさまざまな部位に影響を及ぼします。

アモキシシリンは、梅毒の原因となる梅毒トレポネーマ細菌を死滅させることで、治療効果に期待できるお薬です。
病院やクリニックでは、梅毒の治療にアモキシシリンを処方されることが多く、当サイトでも購入可能です。

海外通販は、通院する必要がないため、再発に備えたい方におすすめです。

ワイモックスに関するよくある質問

Q.1用量を増やすと効果が強くなりますか?

A.いいえ。用量の2倍・3倍といった量を1度に服用しても、効果が強くでるわけではありません。

Q.2服用後、お腹を壊す回数が増えたのですが中断した方がいいですか?

A.抗菌作用により、腸内細菌のバランスが乱れることで、腹痛や下痢を引き起こす場合がありますが、軟便でしたら問題はありません。ひどい下痢が続く場合や血便がみられる場合は、服用を中断し、医師の診察を受けるようにしてください。

Q.3どれくらいで効果がでますか?

A.通常、抗生物質を飲み始めてから効果のある血中量に達するまでには、48時間~72時間程度の時間を要します。


参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
アモキシシリン - おくすり110番

服用方法・使用方法

服用量の目安
治療したい感染症によって服用量が異なります。

■梅毒、淋病、膀胱炎、中耳炎など、ヘリコバクター・ピロリを除く感染症
通常、1回250mgを1日3~4回服用してください。
梅毒の治療には、1回500㎎を1日3回服用してください。
なお、年齢、症状に応じ適宜増減してください。

■ヘリコバクター・ピロリ感染症
通常、成人はアモキシシリン水和物として1回750mg、クラリスロマイシンとして1回200mg及びプロトンポンプインヒビターの3剤を同時に1日2回、7日間服用してください。
なお、クラリスロマイシンは、必要に応じて適宜増量することができます。
ただし、1回400mg1日2回を上限。

服用のタイミング
アモキシシリンは成分の血中濃度を一定に保つためになるべく毎日決まった時間に服用してください。

ワイモックスを服用できない方
・ペニシリン系薬剤に対して過敏症の既往歴のある方

・アモキシシリンを服用してショックの既往歴のある方

・伝染性単核症の方

・発疹や蕁麻疹などのアレルギー症状を起こしやすい体質の方

・高度の腎臓障害のある方

・経口摂取の不良な方

・高齢者

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
ワイモックスの主な副作用として挙げられるのは、以下のような症状です。
・発熱
・発疹
・そう痒症
・吐き気
・下痢
・悪心
・腹痛
抗生物質の抗菌作用により腸内細菌のバランスが乱れて、腹痛や下痢が見られることがよくあります。

重大な副作用
また、重大な副作用として、以下の症状が挙げられます。
・アナフィラキシー
・大腸炎
・皮膚障害
・血液障害
・肝臓障害
・腎臓障害
万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

※アナフィラキシーショックとは?
アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、ワイモックスと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・ワーファリン
ワーファリンの効果が強まる恐れがあります。

・避妊薬
避妊薬の効果が弱まる可能性があります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : アモキシシリン
日本性感染症学会|梅毒委員会

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール

口コミ・レビュー

まだ口コミはありません。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

上へ