淋病

淋病とは性行為によって感染するSTDで原因は淋菌の感染です。男性の症状は尿道炎による膿の排泄、女性は子宮頸管炎によるオリモノ増加や下腹部痛、不正出血となります。

売れ筋ランキング

淋病の商品一覧

  • 【大特価】クラビットジェネリック

    【大特価】クラビットジェネリック

    在庫処分につき大特価!!
    2020年2月に使用期限が切れるLQUIN250㎎を大特価で最大55%オフにて販売いたします。

    特徴
    LQUINはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。
    クラミジアや淋病などの性感染症の治療に多く用いられます。
    世界的に有名なクラビットのジェネリック医薬品で、薄い茶色の楕円形の錠剤が特徴です。

    効果
    LQUINの主成分であるレボフロキサシンは細菌の複製を行う酵素の働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。
    早期の服用で感染症の悪化を防ぎます。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠45円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ジスリン

    ジスリン

    特徴
    ジスリンはレクメズ社が開発した抗生物質で、白い楕円形の錠剤が特徴です。
    世界的に有名なジスロマックのジェネリック医薬品で、細菌感染症の治療薬として用いられます。

    効果
    ジスリンの主成分であるアジスロマイシンは細菌の細胞分裂を抑え細菌の死滅と抗菌に効果があります。
    また、抗炎症作用があります。

    副作用
    主な副作用は、発疹、蕁麻疹、そう痒症、胃腸症状、腹痛、吐き気などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは250mg/500mg/1000mgの3種類が購入可能です。
    製造:レクメズ

    もっと見る

    1錠253円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クラビリン

    クラビリン

    特徴
    クラビリンはレクメズ社が開発した細菌感染症の治療薬です。
    クラミジアや淋病などの性感染症の治療に多く用いられます。
    世界的に有名なクラビットのジェネリック医薬品で、薄いピンク色の楕円形の錠剤が特徴です。

    効果
    クラビリンの主成分であるレボフロキサシンは細菌の複製を行う酵素の働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。
    早期の服用で感染症の悪化を防ぎます。

    副作用
    主な副作用は、吐き気、胃痛、下痢などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは250mg/500mgの2種類が購入可能です。
    製造:レクメズ

    もっと見る

    1錠85円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ミノマイシン・ジェネリック

    ミノマイシン・ジェネリック

    特徴
    ディヴァインはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。
    クラミジアや淋病などの性感染症の治療のほか、ニキビの治療にも用いられます。
    先発薬であるミノマイシンのジェネリック医薬品で、丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    ディヴァインの主成分であるミノサイクリンは細菌の細胞分裂を抑え細菌の死滅と抗菌に効果があります。

    副作用
    主な副作用は、めまい、腹痛、悪心、食欲不振、胃腸障害などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは50mg/100mgの2種類が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠113円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シプロキサン・ジェネリック

    シプロキサン・ジェネリック

    特徴
    シプロックスはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。
    淋病などの性感染症のほか、幅広い細菌感染症の治療に用いられます。
    先発薬であるシプロキサンのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    シプロックスの主成分であるシプロフロキサシンは細菌の複製を行う酵素の働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。

    副作用
    主な副作用は、発疹、光線過敏症、蕁麻疹、そう痒症、消化機能障害などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは250mg/500mgの2種類が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠45円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アモキシシリン

    アモキシシリン

    特徴
    アモキシシリンは細菌感染症の治療薬です。
    主に梅毒の治療に用いられます。
    サワシリンやパセトシンのジェネリック医薬品で、カプセル型が特徴です。

    効果
    アモキシシリンの主成分であるアモキシシリンは細菌の細胞壁を生成する働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。

    副作用
    主な副作用は、発熱、発疹、そう痒症、下痢、悪心、腹痛などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは250mg/500mgの2種類が購入可能です。
    製造:Medreich PLC Made in UK

    もっと見る

    1錠54円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クラリスロマイシン・ジェネリック

    クラリスロマイシン・ジェネリック

    特徴
    ゾクラーはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。
    クラミジアやマイコプラズマなどの細菌感染症の治療に多く用いられます。
    世界的に有名なクラリスやクラリシッドの有効成分クラリスロマイシンを含んだジェネリック医薬品で、白い楕円形の錠剤が特徴です。

    効果
    ゾクラーの主成分であるクラリスロマイシンは細菌の細胞分裂を抑え細菌の死滅と抗菌に効果があります。

    副作用
    主な副作用は、腹痛や下痢などの胃腸症状があげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは250mg/500mgの2種類が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠180円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ビクシリン・ジェネリック

    ビクシリン・ジェネリック

    特徴
    ビクシリン・ジェネリックはザイダスカディラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。
    主に梅毒の治療に用いられます。
    ビクシリンのジェネリック医薬品で、250mgは青色で500mgはオレンジ色のカプセル型が特徴です。

    効果
    ビクシリン・ジェネリックの主成分であるアンピシリンは細菌の細胞壁を生成する働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。

    副作用
    主な副作用は、発熱、発疹、蕁麻疹、下痢、悪心などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは250mg/500mgの2種類が購入可能です。
    製造:ザイダスカディラ

    もっと見る

    1錠48円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • 淋病検査キット

    淋病検査キット

    淋病検査キットは、自宅で簡単に15分で結果判定する淋病検査薬です。国内で流通している検査キットとは違い、検査機関に送付する煩わしさも無い使い捨てタイプです。
    医療機関でも使用されている為、安全性と正確さは信頼出来ます。
    製造:JALイノベーション

    もっと見る

    1個2,384円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アジスドライシロップ

    アジスドライシロップ

    特徴
    アジスドライシロップはSiam Bheasachが開発した細菌感染症の治療薬です。
    クラミジアや淋病などの性感染症の治療にはもちろん、幅広い感染症や細菌を死滅させる効果のある医薬品です。
    世界的に有名なジスロマックと同一成分が含まれた医薬品で、シロップタイプが特徴です。
    錠剤タイプより服用しやすく、効率的に治療が可能です。

    効果
    アジスドライシロップの主成分であるアジスロマイシンは細菌の細胞分裂を抑え細菌の死滅と抗菌に効果があります。
    また、抗炎症作用があり、細菌感染を治療します。

    副作用
    主な副作用は、発疹、蕁麻疹、そう痒症、胃腸症状、腹痛、吐き気などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは200mgが購入可能です。
    製造:Siam Bheasach Co.,Ltd

    もっと見る

    1箱1,733円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アジードライシロップ(ジスロマック)

    アジードライシロップ(ジスロマック)

    特徴
    アジードライシロップはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。
    クラミジアや淋病などの性感染症の治療に多く用いられます。
    世界的に有名なジスロマックと同一成分が含まれた医薬品で、シロップタイプが特徴です。
    錠剤タイプよりも速やかで効率的な治療が可能です。

    効果
    アジードライシロップの主成分であるアジスロマイシンは細菌の細胞分裂を抑え細菌の死滅と抗菌に効果があります。
    また、抗炎症作用があります。

    副作用
    主な副作用は、発疹、蕁麻疹、そう痒症、胃腸症状、腹痛、吐き気などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは200mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1本433円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クラビット・ジェネリック

    クラビット・ジェネリック

    特徴
    LQUINはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。
    クラミジアや淋病などの性感染症の治療に多く用いられます。
    世界的に有名なクラビットのジェネリック医薬品で、薄い茶色の楕円形の錠剤が特徴です。

    効果
    LQUINの主成分であるレボフロキサシンは細菌の複製を行う酵素の働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。
    早期の服用で感染症の悪化を防ぎます。

    副作用
    主な副作用は、吐き気、胃痛、下痢などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは250mg/500mg/750mgの3種類が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠85円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ジスロマック・ジェネリック

    ジスロマック・ジェネリック

    特徴
    アジーはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。
    クラミジアや淋病などの性感染症の治療に多く用いられます。
    世界的に有名なジスロマックのジェネリック医薬品で、白い楕円形の錠剤が特徴です。

    効果
    アジーの主成分であるアジスロマイシンは細菌の細胞分裂を抑え細菌の死滅と抗菌に効果があります。
    また、抗炎症作用があります。

    副作用
    主な副作用は、発疹、蕁麻疹、そう痒症、胃腸症状、腹痛、吐き気などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは250mg/500mg/1000mgの3種類が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠255円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ケフレックス・ジェネリック

    ケフレックス・ジェネリック

    特徴
    ケフレックス・ジェネリックはFLYNN PHARMA社が開発した細菌感染症の治療薬です。
    主に淋病の治療に用いられます。
    ケフレックスのジェネリック医薬品で、緑色のカプセル型が特徴です。

    効果
    ケフレックス・ジェネリックの主成分であるセファレキシンは細菌の細胞壁を生成する働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。

    副作用
    主な副作用は、発熱、発疹、蕁麻疹、下痢、悪心などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは250mgが購入可能です。

    ※ご注文時期によりパッケージが異なる場合がございます
    製造:FLYNN PHARMA

    もっと見る

    1カプセル77円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レボフロックス(クラビット)

    レボフロックス(クラビット)

    特徴
    レボフロックスはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。
    クラミジアや淋病などの性感染症の治療に多く用いられます。
    世界的に有名なクラビットのジェネリック医薬品で、薄いピンク色の楕円形の錠剤が特徴です。

    効果
    レボフロックスの主成分であるレボフロキサシンは細菌の複製を行う酵素の働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。
    早期の服用で感染症の悪化を防ぎます。

    副作用
    主な副作用は、吐き気、胃痛、下痢などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは250mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠31円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レボクイン(クラビット)

    レボクイン(クラビット)

    特徴
    レボクインはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。
    クラミジアや淋病などの性感染症の治療に多く用いられます。
    世界的に有名なクラビットのジェネリック医薬品で、薄い茶色の錠剤が特徴です。

    効果
    レボクインの主成分であるレボフロキサシンは細菌の複製を行う酵素の働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。
    早期の服用で感染症の悪化を防ぎます。

    副作用
    主な副作用は、吐き気、胃痛、下痢などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは250mg/500mgの2種類が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠94円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ミノマイシン・ジェネリック

    ミノマイシン・ジェネリック

    特徴
    AKAMINはマイラン社が開発した細菌感染症の治療薬です。
    クラミジアや淋病などの性感染症の治療のほか、ニキビの治療にも用いられます。
    先発薬であるミノマイシンのジェネリック医薬品です。

    効果
    AKAMINの主成分であるミノサイクリンは細菌の細胞分裂を抑え細菌の死滅と抗菌に効果があります。

    副作用
    主な副作用は、めまい、腹痛、悪心、食欲不振、胃腸障害などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは50mgが購入可能です。
    製造:マイラン

    もっと見る

    1錠42円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ジスロマック

    ジスロマック

    特徴
    ジスロマックはファイザー社が開発した細菌感染症の治療薬で、白い楕円形の錠剤が特徴です。
    クラミジアや淋病などの性感染症の治療に多く用いられます。
    当サイトが取り扱っているジスロマックは、ファイザー社が製造・販売している正規品です。

    効果
    ジスロマックの主成分であるアジスロマイシンは細菌の細胞分裂を抑え細菌の死滅と抗菌に効果があります。
    また、抗炎症作用があります。

    副作用
    主な副作用は、発疹、蕁麻疹、そう痒症、胃腸症状、腹痛、吐き気などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては250mg/500mg/600mgの3種類が処方されています。
    当サイトでは250mgが購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠472円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ミノマイシン・ジェネリック

    ミノマイシン・ジェネリック

    特徴
    ミノマイシンはApotex社が開発した細菌感染症の治療薬です。
    クラミジアや淋病などの性感染症の治療のほか、ニキビの治療にも用いられます。
    先発薬であるミノマイシンのジェネリック医薬品です。

    効果
    ミノマイシンの主成分であるミノサイクリンは細菌の細胞分裂を抑え細菌の死滅と抗菌に効果があります。

    副作用
    主な副作用は、めまい、腹痛、悪心、食欲不振、胃腸障害などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは100mgが購入可能です。
    製造:Apotex

    もっと見る

    1錠142円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アモキシシリン(シロップ)

    アモキシシリン(シロップ)

    特徴
    ノバモックスはシプラ社が開発した細菌感染症の治療薬です。
    主に淋病や梅毒の治療に用いられます。
    サワシリンやパセトシンと同一成分が含まれた医薬品で、シロップタイプが特徴です。
    錠剤タイプよりも速やかで効率的な治療が可能です。

    効果
    ノバモックスの主成分であるアモキシシリンは細菌の細胞壁を生成する働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。

    副作用
    主な副作用は、発熱、発疹、そう痒症、下痢、悪心、腹痛などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは125mg/250mgの2種類が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1本1,280円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クラビット(海外市場向け)

    クラビット(海外市場向け)

    特徴
    クラビットは第一三共が開発した細菌感染症の治療薬で、薄い橙色の楕円形の錠剤が特徴です。
    クラミジアや淋病などの性感染症の治療に多く用いられます。
    当サイトが取り扱っているクラビットは、第一三共が製造・販売している正規品です。

    効果
    クラビットの主成分であるレボフロキサシンは細菌の複製を行う酵素の働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。
    早期の服用で感染症の悪化を防ぎます。

    副作用
    主な副作用は、吐き気、胃痛、下痢などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては250mg/500mgの2種類が処方されています。
    当サイトでは250mgが購入可能です。
    製造:第一三共

    もっと見る

    1錠360円~
    売切れ
    詳細を見る
  • セフジニル

    セフジニル

    特徴
    オムニセフはトレントファーマ社が開発した細菌感染症の治療薬です。
    淋病や多くの細菌感染症の治療に用いられます。
    セフゾンのジェネリック医薬品で、カプセル型が特徴です。

    効果
    オムニセフの主成分であるセフジニルは細菌の細胞壁を生成する働きを抑え、細菌の死滅と抗菌に効果があります。

    副作用
    主な副作用は、発熱、発疹、蕁麻疹、下痢、悪心などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは300mgが購入可能です。
    製造:トレントファーマ

    もっと見る

    1錠54円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る


淋病の症状と原因

淋病とは?

淋病とは? 淋病とは、淋菌の感染によって起こる性感染症(STD)となっています。
日本での感染者数は年間1万人程度と言われており、男女の割合は男性が70パーセント、女性は30パーセントの男女比となっています。
淋病の「淋」とは淋しいという意味ではなく、木の葉から雨がしたたり落ちる事をイメージして表現されたものとなっています。
淋病性尿道炎を起こしてしまうと、尿の勢いが低下する症状があるため、排尿時に尿がポタポタと出るので、病名として淋病にしたと考えられています。
1984年に感染率がピークになり、そこから減少していましたが、1990年から再び感染が増加してきている感染症となっています。
また特徴として自覚症状が全くないので、気付かぬ内にパートナーなどに感染させてしまい、感染拡大させてしまう事が多くなっています。
菌が住み着いてしまうのは陰茎や膣であり、ここ最近では咽頭(ノド)への感染も増えてきており、オーラルセックスの増加が咽頭への感染を増加させていると言われています。
他にも女性では子宮頸管や卵管、子宮、共通して尿道や咽頭、口腔、肛門、目などに菌が住み着いてしまいます。

淋病の症状

淋病の症状 淋病は、感染から数時間あるいは数日で症状を発症します。
感染した場合の男女症状は下記の通りです。

【男性】

尿道に感染した場合には、淋病性尿道炎となり、無症状な事もあれば、勃起時や排尿時に激しい痛みを感じたり、睾丸が腫れて痛みを伴ったり、膿のような分泌物が大量に排泄される事があります。

【女性】

子宮頸管に感染して子宮頸管炎となり、数週間~数か月もの間、自覚症状を伴わない事もあり、特徴的な症状もなく、黄色いオリモノが増えたりする程度となります。
ですので、女性の場合には、単なる膣炎や膀胱炎と診断されてしまうケースもあります。
しかし、症状を放置してしまう事で子宮内膜炎を併発するようになり、下腹部の痛みや出血が現われたりし、骨盤腹膜炎を併発した場合は発熱などを伴います。
出産時に赤ちゃんに感染してしまうと、結膜炎になってしまい、失明の恐れもあります。
咽頭(ノド)に感染した場合には咽頭炎となり、肛門や直腸に感染してしまった場合には、ほとんど症状が見られません。
また症状の放置は合併症に繋がり、精巣に炎症が起きてしまうと造精の機能に障害が起こり男性不妊の原因になり、女性の場合には子宮外妊娠や不妊症になる事があります。

淋病の原因

淋病の原因 日本でも1990年代以降で増加の傾向がある淋病ですが、淋菌(ナイセリア・ゴノレエ菌)が原因となって引き起こされる性感染症(STD)となっています。
風俗店のサービス内容がオーラルセックスとなり、フェラチオが商品化されたために女性の咽頭より感染し、全体から見た感染者の70パーセントが男性となっていると考えられています。
淋菌の大きさは0.1~1.0ミクロンほどの大きさであり、グラム陰性双球菌となっており、コーヒー豆のような形をしている菌となっています。
粘膜の細胞に対して親和性があるので、人体では粘膜細胞を持っている、子宮頸管や尿道、咽頭、直腸などに感染しやすくなっています。
淋菌は、暖かく湿った環境で発育しやすく弱い菌でもあるので、感染者の粘膜を離れて数時間ほど、または消毒により感染性を失うと言われています。
感染経路は性行為全般となり、セックス(性器)を含め、アナルセックス(直腸や肛門)やオーラルセックス(咽頭)によっても感染します
また淋病は発展途上国である、アフリカや東南アジアなどでは感染が蔓延してしまい、社会問題化しています。

薬の種類

薬の種類 淋病の治療薬は抗生物質を使用しますが、抗生物質の乱用により、薬剤に対する高い耐性を備えている淋菌も増えてきています
そのため、淋病に対して有効となる薬も限られ、経口薬の第三世代セファロスポリンやペニシリンGは淋病の治療には効果が期待する事は出来なくなっています。
また最近では、有効とされている抗生物質でも、耐性のある淋菌も現われてきています。
【医者の選択順】経口薬である淋病の治療薬は、下記の通りです。
1.ジスロマック
2.アモキシシリン
3.ミノマイシン
ジスロマックは病院で処方される機会も多く、淋病性尿道炎に特に治療効果がある薬が多いです

注射による治療方法もあり、静脈注射には、セフォジジムやセフトリアキソン、筋肉注射にはスペクチノマイシンなどがあります。
淋病治療の第一選択になるのは注射であり、静脈注射であるセフトリアキソンとなります
アジスロマイシンは他の性病、特にクラミジアに同時感染してしまっている場合には有効となり、単体での感染でも80パーセントの確立で治癒します。
注射による治療が最も効果があるので、出来る限り病院での治療をお勧めします。

薬の副作用

薬の副作用 薬の副作用について、経口薬の種類別に治癒率と一緒に説明します。

治癒率【80パーセント】ジスロマック(一般名:アジスロマイシン水和物)

副作用は少ない方と言われ、胃痛や下痢、吐き気など、胃腸に症状が現われます。
症状が軽い場合には特に心配はありませんが、症状が長引くような時には病院の診断を受けるようにして下さい。
目の充血や発疹、水ぶくれや口内がただれるような症状が現われた場合にも医師にご相談下さい。

治癒率【40パーセント】サワシリン(一般名:アモキシシリン水和物)

多く見られるのが下痢であり、抗菌作用により、腸内の細菌のバランスが乱れてしまうためです。
発疹や発熱を伴う事もあり、蕁麻疹などが現われた場合には医師にご相談して下さい。
重篤な副作用は、稀なケースですが、腎不全や皮膚障害、大腸炎などが起こる事もありますので念のために注意して下さい。

治癒率【20パーセント】ミノマイシン(一般名:ミノサイクリン塩酸塩)

胃に不快感を感じてしまったり、吐き気を催す事もあります。
症状がひどい場合には服用量を減らすか、または医師にご相談して下さい。
服用期間が長くなると、高齢の方は手や足にあざのような色素沈着が起こる事があります。
重篤な副作用は稀ではありますが、重いアレルギー症状やショック、肝障害、皮膚障害が現われる事があります。

※治癒率はあくまでも目安であり、人によって合っている薬も異なり感染した淋菌の耐性にもよるので自身にあった薬を服用するようにして下さい。

口コミ・レビュー

  • やすさん (52歳)
    初めて注文してみましたが、 注文商品が来るか心配してましたが、 時間13日かかりましたが到着しました。 商品追跡できるのでよかったです。 また、必要になれば、 利用しようとおもいます。
  • えみあすみさん (40歳)
    セフレの一人から淋病をもらってしまいました。37まで生の風俗で仕事をしてたころは頻繁に病院にいってましたが、この年になると、なかなか女性で淋病というのも雰囲気的に病院ではつらいものがあるので… クラビリンのおかげで一週間で完治! 来月から娘の大学もはじまるので家での隠れエッチの日々が楽しみです。
  • くろまらさん (40歳)
    500ミリを、購入して 記述通り半量にして使用と思ったのですが、やはり カプセルでの半量は避けた方が良いですね。 500ミリを 一日3回服用する事にしました。
  • 匿名さん (29歳)
    普通の太さの綿棒が2本入っていました。 当方、男性なので痛みに耐えながら検体を採集することになりました
  • まるさん (23歳)
    風俗関係での仕事をしておりクラミジア感染率が1番高く常備薬として症状が出たらすぐ飲んでます。一番効くと思います
  • 匿名希望さん (40歳)
    早く使いたいから頼んだのに入金してから到着まで2週間ほどって遅すぎる。だったら最初から書いとけって
  • ちょい悪オヤジさん (50歳)
    副作用の下痢は 凄い、飲んで 1時間で 水が吹き出ます。 いろいろネットで調べたところ 飲む量なんですが 1000mg 1回では 60%の人しか完治しないと 2000mg 1回だと 90%以上みたいなので 2000mgか 3000mgを 1回で飲むのが いいようです。
  • 匿名希望さん (53歳)
    昔から膀胱炎によくなっていて、薬が切れたので今回はネットで購入。病院と同じ薬の成分でネットの方が安い。病院だと検査や再診などで時間がかかるけど、薬だけ欲しいから注文しました。風邪で喉が痛い時にも飲んでるから、常備薬としてストックしてます。
  • ココアさん (53歳)
    喉にクラミジアが感染した症状が出たので、検査キットと合わせてジスロマックを注文しました。幸いなことに陰性だったの服用はしてませんが保険の意味も含めて保管させていただきます。
  • たかさん (40歳)
    安価で医者に行く煩わしさがないので重宝しているが、入金から発送まで5日間は遅すぎる。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ