グルコバイ
  • グルコバイ
  • グルコバイ
  • グルコバイ
  • グルコバイ

グルコバイ

更新日:
  • 先発薬
  • ダイエット・痩せる薬
  • 血糖値コントロール
  • グルコバイ
  • 商品名グルコバイ
    成分アカルボース
    効果糖尿病の改善、ダイエット効果
    副作用消化器障害、発疹、頭痛、めまい、肝臓機能障害など
    飲み方1日3回、1回100mgを食前に服用
    製造元バイエル
グルコバイはバイエル社が開発した糖尿病治療薬で、白色の丸形の錠剤が特徴です。
当サイトが取り扱っているグルコバイは、バイエル社が製造・販売している正規品です。

グルコバイの主成分であるアカルボースは糖の吸収を穏やかにし、食後の血糖値の上昇を抑える糖尿病治療薬です。
また、体内に吸収される糖質を抑制し、食後の急激な血糖値の上昇を抑えることにより、食べた物が脂肪になりにくくなります。
高いダイエット効果が注目され、多くの美容外科で糖質制限ダイエット目的として処方されている医薬品です。
  • 糖尿病(食後過血糖の改善)

有効成分:アカルボース/Acarbose 50mg・100mg

ご注文

グルコバイ 50mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文 お気に入り
90錠
2,700(301錠あたり
81
カートに入れる
180錠
4,860(271錠あたり
145
カートに入れる
270錠
6,480(241錠あたり
194
カートに入れる

グルコバイ 100mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文 お気に入り
90錠
4,500(501錠あたり
135
カートに入れる
グルコバイのお得情報

グルコバイはダイエット目的での処方は、自由診療となります。
当サイトではお得な価格でご提供しております。

当サイト→90錠2,700円
病院処方→10錠1,800円(相場価格)

グルコバイを使用したお客様の声

良い評価
レシーブさん(37歳)
本格的にダイエットを始めていることや糖尿病家系なのでグルコバイを購入しました。グルコバイとオルリファストを併用している方々がいますが、グルコバイだけでも効果を感じており、徐々に体重も減ってきています。グルコバイでいけるところまでいき、停滞期が続くようであれば併用を考えようかと思っています!
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

発送時期によりパッケージが異なります。あらかじめご了承ください。

グルコバイの特徴

グルコバイはバイエル社が開発した糖尿病治療薬で、白色の丸形の錠剤が特徴です。

グルコバイの主成分の、アカルボースは糖の吸収を穏やかにし、食後の血糖値の上昇を抑えるαグルコシダーゼ阻害薬に分類される糖尿病治療薬です。食後過血糖改善薬とも呼ばれます。

グルコバイの効果


グルコバイに含まれる成分アカルボースは、臨床試験でも以下のような結果が出るほど効果があるとされています。
アカルボースの糖尿病患者を対象とした血糖改善度臨床試験について

367例の糖尿病患者を対象とした血糖改善度の臨床試験では、患者にグルコバイ50mgを投与し、その結果を「改善」「やや改善」「不変/悪化」に分けて評価を行いました。
投与量150mg/日の群では、改善31.3%、やや改善32.1%となり、計63.4%に効果を認めました。
投与量300mg/日の群では、改善48.0%、やや改善30.9%となり、計78.9%に効果を認めました。
最終的な結果として、改善43.3%、やや改善31.1%となり、全体の74.4%に効果がみられ、その有効性が証明されました。
引用:医薬品インタビュー|バイエルファーマナビ


有効成分のアカルボースは他の糖尿病治療薬とは異なり、インスリンの分泌を促したり働きを良くするのではなく、小腸に存在するαグルコシダーゼという酵素の働きを阻害することで、体内に摂取された糖の吸収を穏やかにします。

食べ物に含まれる糖質は、多糖類といい、体内で吸収される際に単糖類に変化します。

αグルコシダーゼは多糖類を単糖類に変化させ、糖質を小腸から吸収し血糖値を上昇させます。

アカルボースはこのαグルコシダーゼの働きを阻害し、糖質が単糖類に変化するスピードを遅らせる効果があります。

糖質の吸収が遅れることによって食後の血糖値の上昇を抑えることが可能です。

糖質の吸収が遅くなり、体内の糖質が一時的に足りない状態になることで蓄積された脂肪が使われます。
その作用により、体重減少といったダイエットとしての効果も期待することができます。

海外通販での購入メリット



国内では購入できない

グルコバイは2022年に販売中止が発表され、その後国内販売が終了されました。

それに伴い病院での処方も中止となりましたが、唯一海外通販(個人輸入代行)でのみ現在も購入することができます。

国内ではもう購入できないため、グルコバイを購入されたい方は海外通販をぜひご利用ください。

「海外の痩せる薬」は本当に痩せる?注意点とおすめの薬紹介

グルコバイの代替品アカルボース錠

販売中止されたグルコバイの代替品はアカルボース錠と呼ばれる薬です。

このアカルボース錠は市販されておらず、購入する際には「病院での処方を受ける」「海外通販で購入する」かの二択となります。

ただし、病院処方の場合ダイエット目的で購入すると保険適用外となり費用が高くなってしまいます。

病院処方海外通販
10錠2,100円程度~+診察代+交通費90錠2,700円+送料


グルコバイとアカルボース錠は同じ成分を配合しており、効果効能に違いはありません。
家にいながら手軽に、低価格で購入できる海外通販での購入をおすすめします。


グルコバイに関するよくある質問


Q1アカルボース、グルコバイの違いは?
A1

アカルボースは成分名、グルコバイは商品名という違いがありますが、効果効能に違いはありません。


Q2グルコバイ、 メトホルミンの違いは?
A2

どちらも同じ2型糖尿病治療薬ですが、作用に違いがあります。
グルコバイ:α-グルコシダーゼ阻害薬と呼ばれる、体への糖分の吸収をゆっくりにする薬です。
メトホルミン:ビグアナイド薬という肝臓で糖が作られるのを抑え、糖質をエネルギーとして使われるようにサポートする薬です。
食欲を抑えたいという方はメトホルミンを服用することをおすすめします。
メトホルミンを処方してもらうには?ダイエット目的でも簡単な購入方法紹介
リベルサスとメトホルミンの違いは?ダイエット効果や価格を徹底比較!





グルコバイの成分量
日本国内では2022年に販売中止が発表され、既に各社販売が終了しています。
そのため、グルコバイは病院処方でも購入することができません。

個人輸入を行っている当サイトでは50mg/100mgの購入が可能です。

その他
現在、成分特許が切れたことで、国内外でも多くのメーカーから価格が抑えられたジェネリック医薬品が販売されています。

食事療法と運動療法を行ったり、加えて経口血糖降下薬やインスリン製剤を服用しても改善されない場合に初めて服用してください。



グルコバイの関連ページ
糖尿病・高血糖値薬の商品一覧
ダイエット・痩せる薬の商品一覧

メディカルダイエット特集
メディカルダイエット特集

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
アカルボース - Wikipedia


服用方法・使用方法

服用のタイミング
食事直前

服用量の目安
当サイトで取り扱っているグルコバイの用量は50mg/100mgの2つです。

1回100mgを1日3回毎食直前に服用してください。

中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を一度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

推奨用量・推奨服用期間
成人に1回100mgを1日3回を食直前に経口投与することが推奨されています。

50mgから服用を開始し、症状に合わせて100mgまで増量することが可能です。

個人差がありますが、服用後おおよそ約2〜3ヵ月ほどで効果があるとされています。

2〜3ヵ月服用しても食後の血糖値に対する効果が望めない場合は、他の方法に切り替えが必要となるケースもあります。
服用する期間は症状に合わせて医師に相談してください。

服用時の注意点

飲み忘れた場合、気づいたのが食事中であればそのまますぐに服用してください。
食後に飲み忘れたことに気づいた場合、服用せず次の食事前に服用するようにしてください。

グルコバイの主成分であるアカルボースは糖と一緒に消化されることで効果を発揮します。
食後に飲んでも効果を期待できませんので飲み忘れにはご注意ください。

グルコバイを服用できない方
・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方

・糖尿病性昏睡や前昏睡、重症ケトーシス、1型糖尿病の方

・手術前後、重症感染症、重篤な外傷のある方

・妊娠または妊娠している可能性のある方

・授乳中の方

・小児

グルコバイの服用に注意が必要な方
・開腹手術、腸閉塞の既往歴のある方
本剤の副作用である腸内ガスの増加により、腸閉塞が現れることがあります。

・胃腸障害のある方
本剤の副作用により、鼓腸、放屁、下痢等の消化器症状を強くする恐れがあります。

・ロエムヘルド症候群、重度のヘルニア、大腸に潰瘍などがある方
本剤の副作用にある腸内ガス(おなら)の増加によって、症状が悪化する恐れがあります。

・胃機能障害の方
血中濃度が腎機能正常者に比べて約4、5倍ほど上昇する恐れがあります。

・肝機能障害の方
肝機能障害は代謝状態が不安定な状態を指すため、本剤の摂取により血糖管理状況が変化する恐れがあります。

・高齢者
経過を見ながら慎重に服用することが必要です。

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
グルコバイを服用することで起こるとされている副作用は以下の通りです。
発現部位発症率5%以上5%未満頻度不明
消化器系腹部膨張・膨腸、放屁(おなら)増加、軟便腹痛、下痢、便秘、眠気、嘔吐、嘔吐、食欲不振、消化不良口渇、腸管のう腫状気腫症
過敏症発疹、そう痒
精神神経系頭痛、頭重感、眩暈、しびれ
臓器系(肝臓)AST上昇、ALT上昇、γ-GTP上昇、Al-P上昇、LDH上昇
血液系白血球減少、血小板減少貧血
その他胸部圧迫感浮腫み、ほてり、味覚障害、頻尿

中でも重大な副作用として以下の4つが挙げられます。

・低血糖(発現率:0.1%~5%未満)
他の経口血糖降下薬と比べるとグルコバイは低血糖になりにくいとされていますが、
他の糖尿病の薬と併用することで低血糖になる恐れがあります。
また、糖尿病の薬を服用していない場合でも低血糖になったという報告もあります。
万が一低血糖症が起こった場合には、ブドウ糖を10g〜15gほど摂取してください。

※低血糖症とは?
血液の中に含まれる糖が、必要量よりも少ない状態のことを指します。
発汗、動悸、痙攣、意識障害、手足の痺れなどが主な症状です。

・腸閉塞(発現率:0.1%未満)
腹部膨張やおならの回数が増加するなどの副作用により、腸閉塞が現れる場合があります。
腹痛や嘔吐が長い時間続いた場合には服用を中止してください。

・肝機能障害、黄疸(発現率:0.1%未満)
AST、ALTの上昇を伴う肝機能障害のほか、黄疸、劇症肝炎になる可能性があります。
これらは服用開始後6ヵ月以内に見られるケースが多いため、6ヵ月経つまでは定期検査を受けていただくことをおすすめします。

・重篤な肝硬変例での意識障害を伴う高アンモニア血症(発現率:頻度不明)
重篤な肝硬症の場合、副作用である便秘により高アンモニア血症が悪化し、意識障害を伴うという報告もあります。
服用後は排便状況も気にかけておきましょう。

万が一、これらの症状が過度に生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、グルコバイと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・スルホニルウレア系薬剤、スルホンアミド系薬剤、ビグアナイド系薬剤、メトホルミン塩酸塩、ブホルミン塩酸塩、インスリン製剤、インスリン抵抗性改善剤、速効型食後血糖降下剤など
低血糖が生じる恐れがあります。

・β遮断剤、サリチル酸剤、モノアミン酸化酵素阻害剤など
本剤との併用により、これらの薬の効果が強く生じる恐れがあります。

・アドレナリン、副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモンなど
本剤との併用により、これらの薬の効果が弱くなる恐れがあります。

・ジゴキシン
ジゴキシンの血中濃度が低下する恐れがあります。

・ラクツロース、ラクチトール水和物
消化器系の副作用が強く生じる恐れがあります。

・炭水化物消化酵素製剤、ジアスターゼなど
互いに薬の効果に影響を及ぼす恐れがあります。

これらの他にも併用注意薬があるため、参考サイトをご確認ください。

参考サイト
商品のご説明・服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : アカルボース

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港・シンガポール

口コミ・レビュー

  • 2024-06-11

    レシーブさん(37歳)

    本格的にダイエットを始めていることや糖尿病家系なのでグルコバイを購入しました。グルコバイとオルリファストを併用している方々がいますが、グルコバイだけでも効果を感じており、徐々に体重も減ってきています。グルコバイでいけるところまでいき、停滞期が続くようであれば併用を考えようかと思っています!

    ▼ もっと見る ▼

    • 2024-04-11

      グリコさん(45歳)

      グルコバイでダイエットと糖尿病の予防として使っており、食後の血糖値を抑えてくれるので助かってます。体重も少しずつですが減ってきているので継続ありですね。

      ▼ もっと見る ▼

      • 2024-01-25

        マミヤさん(42歳)

        グルコバイで糖質制限ダイエットをしてます。服用前に比べると3キロほど体重が落ちています。素直にうれしいです。健康診断も近いため、継続して服用しようと思います。

        ▼ もっと見る ▼

        • 2023-11-12

          あねったさん(57歳)

          血糖値コントロール用に購入。 内服から1週間経ちましたが、血糖値は安定しています。 ただ、副作用で腹部膨満と鼓腸があります。

          ▼ もっと見る ▼

          • 2023-10-02

            匿名希望さん(32歳)

            ダイエット目的で服用しています。グルコバイ服用後から食事量を変えなくても体重は徐々に減ってきていますし、食欲が抑えられているような感じもします。お腹の張りとおならは出ますが、効いている実感もあるので我慢できます。もう少し痩せたいので、次はゼニカルも一緒に買って併用しようと思います。

            ▼ もっと見る ▼

            全ての口コミ・レビューを見る

            口コミ・レビューを投稿する

            レビューを投稿する

            口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
            お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

            送料無料クーポンゲットチャンス
            全品送料無料

            メールアドレスをご登録いただき
            「注文確認ページ」で送料無料クーポンを選択の上ご利用ください。

            上へ