トバプタン(サムスカジェネリック)
  • トバプタン(サムスカジェネリック)
  • トバプタン(サムスカジェネリック)
  • トバプタン(サムスカジェネリック)

トバプタン(サムスカジェネリック)

更新日:
  • ジェネリック
  • 美容
  • むくみ解消・利尿剤
  • 病気・症状
  • 狭心症・高血圧
  • トバプタン(サムスカジェネリック)
  • 商品名トバプタン(サムスカジェネリック)
    成分トルバプタン
    効果むくみ改善、利尿作用
    副作用口渇、頭痛、めまい、血圧上昇など
    飲み方7.5mgから始めてください
    製造元Centaur Pharmaceuticals Pvt.Ltd.
トバプタン(サムスカジェネリック)は、むくみ改善に使用される利尿薬です。

主成分であるトルバプタンは、腎臓に作用して必要な塩分は体に残して、余分な水分を体外に排出させる働きがあります。

数ある利尿剤の中で、最も利尿作用が強いバソプレシンV2受容体阻害薬です。

商品名トバプタン(サムスカジェネリック)
成分トルバプタン
効果むくみ改善、利尿作用
副作用口渇、頭痛、めまい、血圧上昇など
飲み方7.5mgから始めてください
製造元Centaur Pharmaceuticals Pvt.Ltd.

    有効成分:

    ご注文

    トバプタン(サムスカジェネリック) 15mg

    内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文 お気に入り
    12錠
    7,100(5911錠あたり
    213
    カートに入れる
    28錠
    14,500(5171錠あたり
    435
    カートに入れる

    トバプタン(サムスカジェネリック) 30mg

    内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文 お気に入り
    12錠
    10,500(8751錠あたり
    315
    カートに入れる
    28錠
    22,200(7921錠あたり
    666
    カートに入れる

    トバプタン(サムスカジェネリック)を使用したお客様の声

    良い評価
    さん(歳)
    良い評価の口コミが投稿されていません。
    悪い評価
    さん(歳)
    悪い評価の口コミが投稿されていません。
    他の口コミ・レビューを見る

    商品詳細


    トバプタン(サムスカジェネリック)はこんな方におすすめ

    ・他の利尿剤を使って効果を感じにくかった方
    ・低ナトリウム血症を防ぎたい方
    ・腎臓機能に負担をかけたくない方
    ・効果の強い利尿剤を探している方
    ・他の利尿剤と併用できる利尿剤を探している方




    トバプタン(サムスカジェネリック)の特徴


    トバプタン(サムスカジェネリック)は大塚製薬が販売している、サムスカのジェネリック医薬品です。

    主成分であるトルバプタンは、ソプレシンV2受容体阻害薬に分類される利尿剤です。

    V2受容体は腎集合管にあり、体内への水分の再吸収を促進する働きがあるため、多くの水分を体内へ留めます。

    このV2受容体の働きを阻害することで、体外への水分排出を促し、むくみを改善します。

    服用後、約4時間以内で効果を実感でき、約24時間持続します。

    ◇適応症状◇
    以下の症状に対して使用されます。
    ・肝硬変や心不全
    肝臓や心臓の機能の低下により、過剰に体内へ水分が蓄積されるのを改善します。

    ・抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)
    トバプタン(サムスカジェネリック)が、V2受容体に作用することで体内の水分再吸収を減らし、尿量を増加させむくみを改善します。

    他の利尿剤との違い



    ループ利尿剤チアジド系利尿剤カリウム保持性利尿剤バソプレシンV2
    受容体阻害薬
    利尿作用強いやや強い弱い非常に強い
    降圧作用弱い強いやや強い-
    代表的な薬ラシックス(フロセミド)
    ルプラック(トラセミド)
    ダイトール(アゾセミド)
    ダイクロトライド(ヒドロクロロチアジド)
    フルイトラン(トリクロルメチアジド)
    ベハイド(ベンチルヒドロクロロチアジド)
    アルダクトン(スピロノラクトン)
    トリテレン(トリアムテレン)
    ソルダクトン(カンレノ酸カリウム)
    サムスカ(トルバプタン)

    バソプレシンV2受容体阻害薬であるトバプタン(サムスカジェネリック)は、血液中のナトリウムはそのままで、水分だけ排出させます。

    体内の水分のみを排出するため、高ナトリウム血症になりやすいリスクがあります。

    しかし他の利尿剤は水分だけではなくナトリウムも一緒に体外へ排出するため、併用することで高ナトリウム血症になるリスクを減らすことが可能です。

    ループ利尿薬やサイアザイド系利尿薬などと併用することで、高ナトリウム血症を回避しながら高い利尿効果を得ることができます。

    そのためトバプタン(サムスカジェネリック)を服用する際は以下のような利尿剤と合わせて服用しましょう。

    ルプラック・ジェネリックムクミトールダイトール(ルプラック・ジェネリック)
    ルプラック・ジェネリックムクミトールルプラック・ジェネリック(ダイトール)
    特徴ラシックスの10~30倍の利尿作用を誇る
    ルプラックのジェネリック
    ラシックスと同じループ利尿薬
    高い利尿作用があり、1錠あたり22円とコスパ◎
    急な体液・血圧変動を起こさないため、利尿作用が長続きする
    価格5mg100錠:2,250円5mg100錠:2,200円5mg75錠:2,020円
    リンク商品詳細を見る商品詳細を見る商品詳細を見る
    ※表は横にスクロールできます。

    国内製と海外製の違い


    トバプタン(サムスカジェネリック)には国内製と海外製があります。

    パッケージの表記や製造国、メーカーなどに違いはありますが、どちらも有効成分や効果などは全く同じです。

    海外製だから国内製に比べると質や効果が劣るということはないため、安く購入できる海外製がおすすめです。


    成分量


    個人輸入を行っている当サイトでは、15mg/30mgの購入が可能です。

    トバプタン(サムスカジェネリック)に関するよくある質問

    Q1他の利尿剤とは何が違いますか?

    A1

    他の利尿剤と異なり、ナトリウムやカリウムを排泄せず水分のみを排泄する効果があります。
    そのため低カリウム血症や低ナトリウム血症になる心配はありませんが、一方でナトリウムやカリウムの数値が異常に上昇する可能性もあります。


    Q2利尿剤を使用する際の注意点はありますか?

    A2

    体の余分な水分を排泄するため、脱水症状にならないようにこまめに水分補給をするようにしましょう。


    Q3初めて利尿剤を使用しますが、トバプタン(サムスカジェネリック)から始めても大丈夫ですか?

    A3

    トバプタン(サムスカジェネリック)は数ある利尿剤の中で、最も利尿作用が強いお薬です。
    初めて利尿剤を使用する際は、効き目の穏やかなものから始めましょう。
    他のむくみ・利尿剤を見る


    Q4サムスカとトルバプタンの違いはなんですか?

    A4

    サムスカは一番初めに開発されたバソプレシンV2受容体阻害薬の先発薬で、商品名です。
    トルバプタンはサムスカの有効成分名のため、どちらも同じ医薬品のことを指します。

    トルバプタンは、先発薬をベースに開発されたジェネリック医薬品の名称にも使用されており、どちらも作用や効果に違いはありません。


    Q5モザバプタンとトルバプタンの違いはなんですか?

    A5

    どちらも同じバソプレシンV2受容体阻害薬ですが、以下の違いがあります。
    ◇モザバプタン◇
    ・日本初の抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)治療薬
    ・主に日本国内で使用

    ◇トルバプタン◇
    ・心不全や肝硬変における体液の貯留、多発性嚢胞腎への有効性
    ・アメリカや欧州で普及






    参考サイト


    商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
    おくすり110番:トルバプタン
    医療用医薬品 : トルバプタン

    服用方法・使用方法

    服用量の目安


    ・心不全における体液貯留:1日1回15mgを服用してください。

    ・肝硬変における体液貯留:1日1回7.5mgを服用してください。

    ・SIADHにおける低ナトリウム血症の改善:1日1回7.5mgを服用してください。
    ※服用開始用量は7.5mgですが、必要に応じて徐々に増量し、1日の最大用量は60mgまでとします。
    ※錠剤はピルカッターで半分に割ることができます。

    ・常染色体優性多発性のう胞腎の改善:1日2回60mgを服用してください。
    ※服用開始用量は60mgですが、必要に応じて徐々に増量し、1日の最大用量は120mgまでとします。
    例:
    1日60mgの場合(朝45mg、夕方15mg)
    1日90mgの場合(朝60mg、夕方30mg)
    1日120mgの場合(朝90mg、夕方30mg)

    脱水症状や高ナトリウム血症の懸念があるため、他の利尿剤(ループ利尿薬、サイアザイド系利尿薬、抗アルドステロン薬等)と併用して服用してください。

    トバプタン(サムスカジェネリック)の服用に注意が必要な方


    以下にあてはまる方は、服用に注意が必要です。
    ・本剤に対して過敏症の症状が出たことがある方
    ・腎臓に重い障害のある方
    ・重い冠動脈疾患又は脳血管疾患のある方
    ・高カリウム血症の方
    ・血清ナトリウム濃度が125mEq/L未満の方
    ・肝性脳症の方、またはかかったことがある方
    ・妊娠する予定のある方
    ・妊娠、または妊娠している可能性のある方
    ・授乳中の方
    ・小児
    ・高齢者
    ・心不全による体液の蓄積がある方


    トバプタン(サムスカジェネリック)を服用できない方


    ・本製品に対し過敏症の既往歴がある方
    ・無尿の方
    ・口渇を感じない水分摂取が困難な方
    ・高ナトリウム血症の方
    ・適切な水分補給が困難な肝性脳症の方
    ・妊娠、または妊娠の可能性がある方

    ※服用の際は、医師の指示に従ってください。

    副作用

    主な副作用


    トバプタン(サムスカジェネリック)の主な副作用として挙げられるのは、以下のような症状です。
    特に口渇(56.9%)、頻尿(38.8%)、多尿(26.2%)がよく見られます。

    発現率5%以上発現率1~5%未満発現率1%未満頻度不明
    精神神経系頭痛、眩暈不眠症失神、睡眠障害、傾眠、ナルコレプシー、注意力障害、感覚麻痺、うつ病、神経過敏、パニック発作
    消化器口渇、便秘食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、味覚異常、消化不良、腹痛食道炎、胃食道逆流性疾患、腹部不快感、膨腸、胃腸炎、胃炎、胃腸障害、口内炎、舌痛、食欲亢進、痔核過敏性腸症候群
    循環器血圧上昇、低下、動悸頻脈、期外収縮、不整脈、不安低血圧
    血液貧血、ヘモグロビン低下、血小板減少、白血球増多
    代謝 血中尿酸上昇脱水、高カリウム血症、糖尿病、高血糖、脂質異常症、痛風血液浸透圧上昇、血液量減少症、低カリウム血症、低ナトリウム血症状、低血糖血中抗利尿ホルモン増加
    腎臓・泌尿器頻尿、多尿、血中クレアチニン上昇腎臓痛、腎機能障害、血尿尿浸透圧低下、尿失禁、排尿困難、膀胱痛、腎結石
    過敏症 発疹、そう痒蕁麻疹
    皮膚 皮膚乾燥脱毛、皮膚炎、色素沈着、多汗
    呼吸器 呼吸困難鼻咽頭炎、上気道感染、扁桃炎、副鼻腔炎、喘息、気管支炎、鼻血
    霧視、結膜出血
    その他 疲労、多飲症体重増加や減少、倦怠感、浮腫、胸痛背部痛、関節痛、四肢痛、ほてり、カンジダ症、真菌感染、月経過多不正子宮出血


    重大な副作用


    また、重大な副作用として、以下の症状が挙げられます。
    ・腎不全(1%未満)
    ・血栓塞栓症(1%未満)
    ・高ナトリウム血症(1~5%未満)
    ・肝機能障害(5%以上)
    ・ショック、アナフィラキシー(頻度不明)

    万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

    ※アナフィラキシーショックとは?
    アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
    90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
    症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

    併用禁止薬

    併用禁忌


    イトラコナゾール、フルコナゾール、クラリスロマイシンといったCYP3A4阻害剤との併用は避けることが望ましいとされています。

    やむを得ず併用する場合は、本剤を少ない用量から服用するなどしてください。

    併用注意


    以下にあてはまる医薬品を使用する際は、注意が必要です。

    ・CYP3A4阻害作用を有する薬剤:イトラコナゾール、ケトコナゾール、クラリスロマイシン、フルコナゾール等、グレープフルーツジュース
    └代謝酵素を阻害することで、本剤の作用が増す恐れがあります。
    また医薬品ではありませんが、グレープフルーツジュースにも同様の作用があるため、避けてください。

    ・CYP3A4誘導作用を有する薬剤:リファンピシン等、セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)含有食品
    └代謝酵素の誘導により、本剤の作用が弱まる恐れがあります。
    またハーブの一種であるセイヨウオトギリソウが含まれたサプリメントなどにも同様の作用があるため、避けてください。

    ・ジゴキシン
    └本剤により、ジゴキシンの作用が増す恐れがあります。

    ・P糖蛋白阻害作用を有する薬剤:シクロスポリン等
    └本剤により、P糖蛋白阻害作用を有する薬剤の作用が増す恐れがあります。

    ・カリウム製剤
    ・カリウム保持性利尿薬:スピロノラクトン、トリアムテレン等
    ・抗アルドステロン薬:エプレレノン
    ・アンジオテンシン変換酵素阻害薬:エナラプリルマレイン酸塩等
    ・アンジオテンシンII受容体拮抗薬:ロサルタンカリウム等
    ・レニン阻害薬:アリスキレンフマル酸塩等
    └これらの薬剤と本剤を併用すると、血清カリウム濃度が上昇する恐れがあります。

    ・バソプレシン誘導体:デスモプレシン酢酸塩水和物等
    └本剤により、バソプレシン誘導体の止血作用が弱まる恐れがあります。


    おくすり110番:トルバプタン

    保管方法

    ・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

    ・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

    ・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

    ・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

    メーカー

    発送国

    シンガポール

    口コミ・レビュー

    まだ口コミはありません。

    口コミ・レビューを投稿する

    レビューを投稿する

    口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
    お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

    送料無料クーポンゲットチャンス
    全品送料無料

    メールアドレスをご登録いただき
    「注文確認ページ」で送料無料クーポンを選択の上ご利用ください。

    上へ