アナボリックステロイド

メンズクリニック等で処方されている、アナボリックステロイド取り扱っています。

当サイトではその他男性ホルモン補充療法用の、テストステロン剤も購入できます。
人気商品は売れ筋ランキングを参考にしてください。

売れ筋ランキング

アナボリックステロイドの選び方

ステロイドの商品一覧

  • テストステロンジェル
    チラっと見る

    テストステロンジェル

      • ホルモン
      • 更年期障害
      • テストステロン・男性ホルモン剤
      1本980円~
      在庫あり
      商品詳細を見る
      • テストステロンジェル
      • 商品名テストステロンジェル
        成分テストステロン1%
        効果勃起力・性欲減退、早漏など
        副作用かゆみ、発疹など
        使い方陰のうやあご下に直接塗布
        製造元ヒーリングファーマ
    • アナドリン(オキサンドロロン)
      チラっと見る
      1錠64円~
      在庫あり
      商品詳細を見る
      • アナドリン(オキサンドロロン)
      • 商品名アナドリン(オキサンドロロン)
        成分オキサンドロロン
        効果筋肉増強
        副作用陰茎肥大、精巣機能抑制、女性の場合はしわがれ声、多毛など
        飲み方1日20mgを目安に摂取し、6~8週間続け、その後は4週間ほど休薬期間を設ける
        製造元Lloyd Laboratories Inc.
    • プロビロン
      チラっと見る

      プロビロン

        • 筋肉増強
        • ステロイド
        • ホルモン
        • 男性ホルモン
        1錠112円~
        在庫あり
        商品詳細を見る
        • プロビロン
        • 商品名プロビロン
          成分メステロロン
          効果筋肉増強、アンドロゲン欠乏症、男性不妊など
          副作用持続性勃起など
          使い方最初数か月1日3~4錠、その後1日2~3錠
          製造元バイエル
          その他※ご注文時期により、異なるパッケージでの発送となる場合がございます。
          ※発送時期により、製造国が変わることがございます。
      • アンドロフォルテクリーム5%(テストステロン)
        チラっと見る

        アンドロフォルテクリーム5%(テストステロン)

        • ジェネリック
        • 筋肉増強
        • ステロイド
        • ホルモン
        • 更年期障害
        1箱14,648円~
        在庫あり
        商品詳細を見る
        • アンドロフォルテクリーム5%(テストステロン)
        • 商品名アンドロフォルテクリーム5%(テストステロン)
          成分テストステロン
          効果筋肉増強、男性更年期障害改善、男性機能回復など
          副作用皮膚のかぶれや発疹、かゆみなど
          使い方1日2回清潔で乾燥している健康な皮膚に塗布
          製造元ローリー・ファーマ
      • スタノゾロール(メナボル)
        チラっと見る

        スタノゾロール(メナボル)

        • ジェネリック
        • 筋肉増強
        • ステロイド
        1錠90円~
        在庫あり
        商品詳細を見る
        • スタノゾロール(メナボル)
        • 商品名スタノゾロール(メナボル)
          成分スタノゾロール
          効果筋肉増強、骨粗鬆症の改善
          副作用膀胱の過敏性、吹き出物、めまい、下痢など
          飲み方食後に1~3錠を服用(3週間まで)
          製造元Cosme Farma Laboratories
      • メダナボル(メタンジエノン)
        チラっと見る
        1錠26円~
        在庫あり
        商品詳細を見る
        • メダナボル(メタンジエノン)
        • 商品名メダナボル(メタンジエノン)
          成分メタンジエノン
          効果筋肉増強
          副作用陰茎肥大、精巣機能抑制、女性の場合はしわがれ声、発毛など
          飲み方肝臓への負担を考えて8週間を目安に、1日20mgを目安に摂取
          製造元ロイドラボラトリーズ
      • セルノスカプセル
        チラっと見る

        セルノスカプセル

        • ジェネリック
        • 筋肉増強
        • ステロイド
        • ホルモン
        • 更年期障害
        1錠114円~
        在庫あり
        商品詳細を見る
        • セルノスカプセル
        • 商品名セルノスカプセル
          成分ウンデカン酸テストステロン
          効果筋肉増強、更年期障害改善
          副作用前立腺特異抗原(PSA)の増加、前立腺肥大、赤血球の増加、ヘマトクリット値の増加、ヘモグロビンの増加など
          飲み方1日に40~120mgを水かぬるま湯で服用
          製造元サンファーマ
      • セルノスジェル(男性ホルモン)
        チラっと見る

        セルノスジェル(男性ホルモン)

        • 先発薬
        • 筋肉増強
        • ステロイド
        • ホルモン
        • 更年期障害
        1包289円~
        在庫あり
        商品詳細を見る
        • セルノスジェル(男性ホルモン)
        • 商品名セルノスジェル(男性ホルモン)
          成分テストステロン
          効果筋肉増強、体毛増加、精力増強など
          副作用紅斑、ニキビ、乾燥皮膚、頭痛、めまいなど
          使い方塗布する箇所が乾燥していることを確認し、適量を皮膚の柔らかい部分に1日1回塗布(効果があらわれやすい部位は睾丸、頬)
          製造元サンファーマ
      • オキシポロン(オキシメトロン)
        チラっと見る

        オキシポロン(オキシメトロン)

        • ジェネリック
        • 筋肉増強
        • ステロイド
        1錠74円~
        在庫あり
        商品詳細を見る
        • オキシポロン(オキシメトロン)
        • 商品名オキシポロン(オキシメトロン)
          成分オキシメトロン
          効果筋肉増強、再生不良性貧血、骨髄線維症などの改善
          副作用精巣機能抑制など男性機能への支障、悪心、嘔吐、便秘、下痢、多毛症など
          飲み方1日あたり5~30mgを2~4回に分けて服用
          製造元Lloyd Laboratories
      • スタノゾロール(ウィンゾロン)
        チラっと見る

        スタノゾロール(ウィンゾロン)

        • ジェネリック
        • 筋肉増強
        • ステロイド
        1錠24円~
        在庫あり
        商品詳細を見る
        • スタノゾロール(ウィンゾロン)
        • 商品名スタノゾロール(ウィンゾロン)
          成分スタノゾロール
          効果筋肉増強
          副作用膀胱過敏(頻尿など)、めまい、吹き出物など
          飲み方3週間を上限に、1日の使用量は50mgまでとし、食後に2~6mgを目安に服用
          製造元ウエストコースト
      • クレンブテロール(スピロテロール)
        チラっと見る

        クレンブテロール(スピロテロール)

          • 筋肉増強
          • ステロイド
          • 病気・症状
          • 頻尿・尿失禁
          • アレルギー
          • 気管支喘息
          1錠40円~
          在庫あり
          商品詳細を見る
          • クレンブテロール(スピロテロール)
          • 商品名クレンブテロール(スピロテロール)
            成分クレンブテロール
            効果筋肉増強、気管支喘息の改善、肺気腫の改善など
            副作用発疹、そう痒、頭痛、しびれ感、興奮など
            飲み方1回20mcgを1日2回服用
            製造元ウエストコースト
        • リオサイトメル(チロナミン)
          チラっと見る

          リオサイトメル(チロナミン)

          • ジェネリック
          • 筋肉増強
          • ステロイド
          1錠42円~
          在庫あり
          商品詳細を見る
          • リオサイトメル(チロナミン)
          • 商品名リオサイトメル(チロナミン)
            成分リオチロニンナトリウム
            効果甲状腺機能低下症、粘液水腫などの改善、筋肉増強
            副作用動悸、手の震え、汗の量増加、寝つきが悪くなるなど
            飲み方25mcgの場合、1日5~25mcg(0.2~1錠)を服用し、1~2週間間隔で少しずつ増量後、維持量は1日25~75mcg(1~3錠)まで
            製造元ロイドラボラトリーズ
        • フルオキシメステロン(ハロフルオックス)
          チラっと見る
          1錠90円~
          在庫あり
          商品詳細を見る
          • ハロフルオックス(フルオキシメステロン)
          • 商品名ハロフルオックス(フルオキシメステロン)
            成分フルオキシメステロン
            効果筋肉増強、類宦官症の改善
            副作用持続性勃起、陰茎肥大、吐き気、肝機能値の異常、発疹など
            飲み方1日2~5mgを1~2回に分けて服用
            製造元Lloyd Laboratories, Inc.
        • メテノロン(プリモボランジェネリック)
          チラっと見る

          メテノロン(プリモボランジェネリック)

          • ジェネリック
          • 筋肉増強
          • ステロイド
          1錠174円~
          在庫あり
          商品詳細を見る
          • メテノロン(プリモボランジェネリック)
          • 商品名メテノロン(プリモボランジェネリック)
            成分メテノロン酢酸エステル
            効果筋肉増強、慢性腎疾患、慢性腎疾患の治療
            副作用過敏症状、AST(GOT)、悪心、ざ瘡、陰茎肥大など
            飲み方1日10~20㎎(0.4~0.8錠)を2~3回に分けて服用
            製造元Lloyd Laboratories Inc.
        • テストジェル(TESTGEL)
          チラっと見る

          テストジェル(TESTGEL)

            • 筋肉増強
            • ステロイド
            • ホルモン
            • 更年期障害
            1袋506円~
            売切れ
            商品詳細を見る
            • テストジェル(TESTGEL)
            • 商品名テストジェル(TESTGEL)
              成分テストステロン
              効果筋肉増強、更年期障害の改善
              副作用ニキビ、体毛の増加、頭皮脱毛、性欲の亢進、血圧の上昇など
              使い方1袋を手に取り、二の腕の内側や太ももなどの皮膚の柔らかい部分に塗布
              製造元Er-Kim
              在庫現在欠品中です。次回7月中旬入荷予定。
              類似商品は以下をご覧ください。


              セルノスジェル:テストステロンが主成分の、塗る男性ホルモン補充剤です。

              アンドロフォルテクリーム5%:筋肉増強、男性更年期障害の改善、男性機能回復などの効果があるクリームです。
          • アンドリオール
            チラっと見る

            アンドリオール

            • 先発薬
            • 筋肉増強
            • ステロイド
            • ホルモン
            • 更年期障害
            1錠142円~
            売切れ
            商品詳細を見る
            • アンドリオール
            • 商品名アンドリオール
              成分ウンデカン酸テストステロン
              効果筋肉増強、更年期障害改善
              副作用前立腺特異抗原(PSA)の増加、前立腺肥大、赤血球の増加、ヘマトクリット値の増加、ヘモグロビンの増加など
              飲み方最初の2~3週間に、1日に40~120mgを食事と一緒に水かぬるま湯で服用
              製造元MSD
              在庫取り扱い終了商品です。
              類似商品は以下をご覧ください。


              アンドロフォルテクリーム5%:直接塗るタイプの男性ホルモン補充薬です。

              メタンジエノン:経口の筋肉増強剤(アナボリックステロイド)です。
          もっと見る

          アナボリックステロイド(筋肉増強剤)

          筋肉増強剤とアナボリックステロイドについて

          アナボリックステロイドは一般的に「筋肉増強剤」と呼ばれているものです。

          しかし、それはアナボリックステロイドだけの呼び名ではなく、「数ある筋肉増強剤のひとつ」として分類されます。

          筋肉増強作用がある医薬品はすべて「筋肉増強剤」に含まれます。

          以下、筋肉増強剤の種類を紹介します。

          アナボリックステロイドとは

          筋トレ

          私達の体にある筋肉や骨などは、タンパク質から成り立っていることはご存知だと思います。 筋肉増強剤として有名な、アナボリックステロイドには身体の外から摂取した物質から、タンパク質を作り出す作用があります。

          アナボリックステロイドはタンパク同化ホルモンの総称で、男性ホルモン作用も持ち合わせています。

          非常に強力な筋肉強化作用があり、成分によっては、通常の10倍~20倍は筋肉が作られやすい体になるとまで言われています。

          男性ホルモンは男性化の作用を持ちますので、筋肉増強や性欲の増幅等、一般的に見ると男性特有とも言える働きをするホルモンです。

          アナボリックステロイドは本来、けがや火傷、手術後などの体力の消耗を改善させるのが目的ですが、筋肉増大効果に関しては疑いようがないと考えられています。

          それだけ強力な作用の反面、強い副作用の危険性も同時に持ち合わせています。

          同じステロイドでも皮膚治療外用薬とは全く異なる

          ステロイドという名称だと、皮膚科領域で使われている「ステロイド剤」と同じだと思う方もいます。 アナボリックステロイドは性ホルモンの一種で、男性ホルモンテストステロンに類似した物質です。

          そして炎症性疾患など皮膚科で使われるステロイドは、副腎で作られる副腎皮質ホルモンです。 さらにその中の糖質コルチコイドの合成体に、抗炎症作用があり、アトピーなどの治療薬としてステロイド外用薬が使用されます。

          少し難しくなりますが、同じステロイドでも別物と考えましょう。

          ステロイド=ホルモンの一種

          アナボリックステロイド=性ホルモン(アンドロゲン)

          皮膚治療のステロイド剤=副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)

          アナボリックステロイドは、タンパク同化剤やタンパク同化ステロイドとも呼ばれています。

          世界アンチドーピング規定「2021年禁止表国際基準」に該当

          アナボリックステロイドの名を一躍有名にさせたのが、オリンピックです。

          1960年代頃から重量挙げの選手やボディービルダーの間で筋肉増強作用が注目されるようになりました。

          しかし通常よりも筋肉が作りやすく、公平性や選手の健康のためにアナボリックステロイドの使用を防ごうと禁止の方向に。

          そして1975年には国際オリンピック委員会により、オリンピックでの使用禁止物質の中にアナボリックステロイドが加えられたのです。

          1976年以降アナボリックステロイドの使用検査が行われていますが、世界的に有名な陸上選手の使用が発覚されたことにより、スポーツ界だけでなく、一般社会でもその認知度が高くなったのです。

          2021年現在でもタンパク同化薬であるアナボリックステロイドは、常に禁止される(競技会(時)及び協議会外)物質として定められています。

          参照:2021年禁止表国際基準(日本語版)

          アナボリックステロイドの使用は、ドーピング検査で影響が出る可能性が高いです。公式な競技に参加予定の方は、使用しない、もしくは医師に相談して下さい。

          アナボリックステロイドの入手方法

          入手方法

          現在アナボリックステロイドの入手方法は2種類あります。

          以下でそれぞれ詳しく解説します。

          病院処方

          骨粗鬆症、重い火傷や外傷、手術後の体の回復、消耗性の病気などで処方されます。その他、低身長の男児(思春期以降)、筋肉増強でも処方されますが自費診療となります。

          メンズクリニックなどで筋肉増強外来なるものがあります。そこでは筋肉増強注射として、アナボリックステロイドを直接注射します。

          多くはメテノロンエナント酸エステルを処方。

          自費診療の価格例)

          リモボラン・デポー(メテノロンエナント酸エステル)(筋肉に注射)

          100㎎→1回5,000円

          200㎎→1回10,000円

          病院によって処方内容や、価格などがことなりますのでHPなどで確認してください。

          ↓当サイトで取り扱っているメテノロン配合の商品↓

          海外から通販(個人輸入)

          アナボリックステロイドは基本病院で処方してもらう医薬品です。

          しかし海外から個人で使用する場合にのみ、申請無しに輸入でき、多くの人が筋肉増強のために個人輸入で購入しています。

          個人輸入となると難しくとらえがちですが、当サイトのような個人輸入代行サイトを利用することで、通常の通販サイトと同じようにスムーズに購入できます。

          アナボリックステロイドは現在個人輸入で購入できます。 しかし厚生労働省では現在利用調査が行われており、輸入規制も視野にあるとのことで、今後規制される可能性があります。

          個人輸入による偽物の可能性

          厚生労働省では、個人輸入代行サイト14サイトで販売されていたメタンジエノン製品4種15サンプルを対象に、試買調査がおこなわれました。

          その結果、錠剤の表面の色調などに不均一性はあったものの、すべてのサンプルにメタンジエノンが含まれていたことが明らかになっています。

          個人輸入による偽物の可能性は低く、実績豊富な信頼できるサイトを利用すれば思わぬ被害を防ぐことができます。

          参考:平成 30-令和 2 年度 総合分担研究報告書:アナボリックステロイドの試買・調査・分析

          アナボリックステロイドで本当に筋肉は増えるのか?

          アナボリックステロイドは正常な人に対しての、筋肉増強剤の有効性は承認されていません。 しかしドーピング剤として扱われるほどの筋肉増強効果は高いのか、実際に研究した機関があります。

          ※ハーバー UCLA研究教育研究所とチャールズ R.ドリュー医科大学の施設内審査委員会によって承認。

          43人の正常な男性を対象に4つのグループに分けました。(10週間の研究)

          • 筋トレなし、プラセボ(偽薬)
          • 筋トレなし、アナボリックステロイド
          • 筋トレあり、プラセボ(偽薬)
          • 筋トレあり、アナボリックステロイド
          研究結果
          筋トレなし 筋トレあり
          グループ
          除脂肪量(kg) +0.8 +3.2 +2.0 +6.1
          上腕三頭筋(m㎡) -82 +424 +57 +501
          大腿四頭筋(m㎡) -131 +607 +534 +1,171
          ベンチプレス(kg) ±0 +9 +10 +22
          スクワット(kg) +3 +13 +25 +38

          研究結果によると脂肪を抜いた体重の増加(筋肉量の増加)では、筋トレありのアナボリックステロイド摂取者が6.1kgとダントツに増加量が高いのが分かります。

          さらに筋トレなしのアナボリックステロイド摂取者も筋肉量が3.2kgも増加しています。

          結論として、筋力トレーニングと合わせることで、正常な男性の徐脂肪量、筋肉サイズ・強さを増加せると報告されています。

          副作用は大きな影響がなかったようです。

          この研究ではアスリートのアナボリックステロイドを正当化するわけではなく、長期使用によって体に悪影響をもたらせてしまうということも記載されていました。

          さらにスポーツマンシップなどの倫理問題もあるため、アスリートのアナボリックステロイドの使用を推奨しているわけではありません。

          ※英文を和訳しているため、適切な単語でない可能性もあります。

          参照:正常な男性の筋肉サイズと筋力に対するテストステロンの超生理学的投与量の影響

          【初心者向け】おすすめのアナボリックステロイド

          アナボリックステロイドは種類によって、効果や副作用が大きく異なります。
          そのため初めて使用する場合は、効果が弱く副作用が弱いアナボリックステロイドをご利用ください。

          当サイトで取り扱っている商品だと、副作用が比較的出にくいアナボリックステロイドは以下の2種類です。

          スタノゾロール(ウィンゾロン) オキサンドロロン(アナドリン)
          商品 ウィンゾロン アナドリン
          成分 スタノゾロール オキサンドロロン
          評価 口コミ59件/★4.5 口コミ61件/★4.5
          価格 4,050円(1錠27円) 7,700円(1錠64円)
          効果 やや弱め 弱め
          副作用 やや出にくい 出にくい

          1つ注意点があります。
          副作用が出にくいとはいえ、アナボリックステロイドの服用はリスクが伴います。

          上記の事から、アナボリックステロイドを服用する場合は、医師または薬剤師にご相談することをおすすめします。

          アナボリックステロイドの種類

          種類

          アナボリックステロイドは多く存在しますが、成分によって作用が役割が異なっています。

          今回はその中でもメジャーな成分である6種類についてご説明します。
          • メテノロン
          • 中程度の作用で、比較して副作用が少ないアナボリックステロイドです。

          • メタンジエノン
          • タンパク同化作用が強く、もっとも一般的なアナボリックステロイドです。

          • オキシメトロン
          • 最も強力なアナボリックステロイドの一種で、体重増加や筋肉の成長にも使われます。

          • スタノゾロール
          • タンパク同化作用がやや強く、比較的副作用が少ないアナボリックステロイドです。

          • オキサンドロロン
          • タンパク同化作用が弱く、比較的副作用が少ないアナボリックステロイドです。

          • クレンブテロール
          • アナボリックステロイド以外の筋肉を締める薬が欲しい方におすすめです。

          詳しくは以下タブメニューよりご確認ください。

          メテノロン

          メテノロン(メテノロン酢酸エステル)は、日本で承認されている「プリモボラン(バイエル社)」の有効成分です。

          本来メテノロンは、慢性の腎臓病やガン、大きなや怪我やヤケド等、体力を大きく消耗してしまう症状の改善や手術の後に、弱った体の回復等に使われています。

          未熟児や体重が低い子供等にも使用され、その安全性の高さから筋肉増強外来などで注射剤として、主に使用されています。

          弱いアンドロゲン作用で、男性化の副作用は比較して少ないです。長期間作用するアナボリックステロイドで、体格やパフォーマンス改善のためにも使用されています。

          参考:医療用医薬品 :プリモボラン

          ↓当サイトで取り扱っているメテノロン製剤↓

          効果

          男性ホルモンの男性化を抑え、タンパク質の合成を促進させます。その他に赤血球を増やし、軽症の再生不良性貧血の治療にも用いられます。その他骨粗鬆症、がんや火傷、怪我などの消耗状態に対しても使用されます。

          服用方法

          通常疾患の場合、1日10~20mgを2~3回に分け、水またはぬるま湯で服用して下さい。

          規定では、年齢、症状により適宜増減するとされていますが、副作用を強く感じてしまう場合や、効果を強く感じてしまう場合は、ピルカッター等で細かくし、服用量を減らす事をおすすめします。

          詳しくは医師または薬剤師にご相談ください。長期の服用はお控え下さい。服用量が増える為、副作用のリスクも高まります。過剰な摂取はお控え下さい。

          副作用

          吐き気

          にきび

          かゆみ

          胃腸障害

          肝障害等

          陰茎肥大など

          副作用は弱いとされていますが、上記のような副作用が報告されています。

          口コミ・体験談

          メテノロンを実際に使用した方の口コミを、いくつかピックアップしてみました。

          早速二粒を白湯で飲みました。20分ぐらいすると体が少しポカポカしてきたので、プッシュアップを30回5セットほどすると、いい感じでパンプアップするのが分かりました

          引用元:お薬なび-プリモノロン

          何も使わないでただ運動してる時よりもメタンジエノン使った時の方が体に筋肉ができやすくなったのかなって思います。

          引用元:お薬なび-プリモノロン

          メタンジエノン

          アナボリックステロイドの代表格であるのがメタンジエノンです。他のアナボリックステロイド同様、タンパク質の合成を促進させます。

          メタンジエノンは1955年にCIBA(現スイスのノバルティス製薬)によって開発され、その後ドイツやアメリカで販売されました。

          現在でも最も一般的なアナボリックステロイドとして知られています。

          女性や子供の重度男性化を引き起こす可能性が高く、男性のみに使用されます。

          2018年にオリンピックを目指していた選手が、他の選手の飲み物にメタンジエノンを混入させるという事件がありました。一部の選手から陽性反応がでたため東京オリンピックを迎えることができない…など重大な事態に発展したのです。

          このようにメタンジエノンを含めたアナボリックステロイドはドーピング検査で陽性になるため、競技者などの使用はできません。

          ↓当サイトで取り扱っているメタンジエノン製剤↓

          効果

          経口摂取により、タンパク質の合成を促進することで、筋肉を増加させます。

          医療用では以前は男性の性線機能低下症の治療薬として、アンドロゲン補充療法として承認されていました。(アメリカを含むほとんどの国では現在中止されています)

          中程度のアンドロゲン効果と中程度のエストロゲン効果を持っています。

          服用方法

          通常最大1日20㎎を目安に服用します。肝臓へのリスクを考え長期服用に注意してください。

          胃の負担になる可能性があるので、食後や食事と一緒、もしくは大量の水と一緒に服用しましょう。(服用方法には個人差があります。あくまでも例として考えてください。)

          詳しい服用方法は医師または薬剤師に確認してください。

          ※摂取量が多いとその分副作用が出やすくなります。過剰な摂取は控えましょう。

          副作用

          肝機能障害

          ニキビ

          陰茎肥大

          精巣機能抑制

          女性化乳房

          しゃがれ声など男性化(女性の場合)

          重大な副作用の場合は直ちに使用を中止し医師に相談して下さい。

          口コミ・体験談

          メタンジエノンを実際に使用した方の口コミを、いくつかピックアップしてみました。

          今年こそ彼女と海に行きたいと思い、2ヶ月前から使っていますが、良い感じに脂肪を燃焼してくれてる感じがしますし、何より筋肉もマッチョっぽくなってきました。

          引用元:お薬なび-メダナボル

          メテノロンはマッスルになりたいって言うより脂肪燃焼やカッティングする人にオススメです。
          ステロイドなので増強の効果もありますが、それなら他のステロイドの方がいい。

          引用元:お薬なび-メダナボル

          オキシメトロン

          経口摂取型のたんぱく質同化のアナボリックステロイドです。

          本来は貧血や、骨粗しょう症、HIV患者等の体重減少を抑える目的として投与されていましたが、オキシメトロンの投与により体重は増加し、短期間の間で筋肉量も増加したと言う事から注目を浴び、筋肉増強剤として認識されるようになりました。

          強いタンパク同化作用と、弱いアンドロゲン作用があり、医療用で利用可能な容量では最も強力なアナボリックステロイドの一種であると考えられています。

          強力な作用の反面、副作用も比較してリスクが高くなっています。

          ↓当サイトで取り扱っているオキシメトロン製剤↓

          効果

          他のアナボリックステロイド同様タンパク同化効果がありますが、大幅に改善でき体重の増加も促進させます。

          エリスロポエチンと言う赤血球を作る物質の生成を促進する為、血液が多く作られやすくなる事で、貧血改善効果が期待出来ます。

          骨粗しょう症、貧血、栄養不良や未発達患者の筋肉成長など。(FDAで承認されているのは貧血での治療)

          服用方法

          通常疾患の場合、1日辺り5~30mgを2~4回に分け、水またはぬるま湯で服用して下さい。

          筋肉増強で使用する場合、通常疾患に比べて服用量も増える為、副作用のリスクも高まります。必要以上の過剰な摂取はお控え下さい。

          副作用

          発熱

          尿の褐色

          胃腸障害

          肝機能障害

          男性ホルモンの減少

          女性化乳房

          薄毛等

          上記のような副作用が報告されています。

          重大な副作用の場合は直ちに使用を中止し医師に相談して下さい。

          口コミ・体験談

          オキシメトロンを実際に使用した方の口コミを、いくつかピックアップしてみました。

          オキシメトロンを飲まずに筋トレしても、筋肉がつくまでに時間がかかっていたけど、自分でも筋肉が増してきたことが実感できるほど、いいカラダを作ることができました。

          引用元:お薬なび-オキシポロン

          筋肉つけてお腹を締める目的で、1/4錠(12.5g)を毎日服用。年相応に無理のない自宅トレーニングを続け、ちょうど1か月経ちました。
          お腹周りの脂肪はまだ落ちてないですが、筋肉は徐々に締まってきていることを実感しています。

          引用元:お薬なび-オキシポロン

          スタノゾロール

          他のアナボリックステロイド同様、タンパク質の合成を促進させます。筋肉や骨を丈夫にしたり、赤血球を増やすと言う働きがあります。

          ウインストロールの製剤名で一般的に知られています。

          オリンピック選手のベン・ジョンソンが、ドーピング検査によってスタノゾールの使用が発覚し、失格になった事でも有名です。

          アナボリックステロイドの中でも比較的副作用が少ないことから、上記のようにアスリートやボディービルダーに広く知れ渡りました。

          ↓当サイトで取り扱っているスタノゾロール製剤↓

          効果

          肝臓および各組織のたんぱく質の合成を促進し、怪我や火傷などによる著しい体力の消耗を改善します。また他下垂体性小人症の改善や、赤血球を増やす効果から、軽度の再生不良性貧血の治療にも使われることもあります。

          男性ホルモンに近いですが、男性化作用はそれほど強くなく、タンパク同化作用が強いです。

          服用方法

          通常疾患の場合、1日4~6mgを1日1~3回に分け、水またはぬるま湯で服用して下さい。

          筋肉増強の場合、個人差があるため医師や専門家に相談して下さい。必要以上の過剰な摂取はお控え下さい。

          副作用

          にきび

          嘔吐感

          むくみ

          脱毛

          陰茎肥大

          精巣機能抑制

          肝機能障害

          上記のような副作用が報告されています。

          スタノゾロールは比較的副作用は弱いとされており、適量の服用であれば発生率も低いとされています。しかし筋力増加を目的とする場合は服用量が増える為、副作用のリスクも高まります。

          効果を強く感じすぎてしまう場合や副作用を頻繁に感じる場合は、すぐに服用を中断して下さい。

          口コミ・体験談

          スタノゾロールを実際に使用した方の口コミを、いくつかピックアップしてみました。

          とてもガリガリに見える体型だったので、このお薬をちょっとだけ使ったのですが、1ヶ月で2cm近くも身体が大きくなりました。
          筋肉量も少し増えたみたいで重いものを持っても疲れにくくなったりと良いことばかりです。

          引用元:お薬なび-ウィンゾロン

          女だけど程よい筋肉量が欲しくて飲み始めました。
          これを飲むのと飲まないのとでは筋肉のつき具合が全然違いますよ?

          引用元:お薬なび-ウィンゾロン

          オキサンドロロン

          オキサンドロロンは他のアナボリックステロイドと同様に、たんぱく質の合成を促進させます。
          国内では未承認ですが、主に以下のような治療で使用されており、様々な使用用途が存在します。

          ・貧血
          ・特発性低身長
          ・アルコール性肝炎
          ・性腺機能低下症
          など

          タンパク同化作用は他のアナボリックステロイドと比較すると弱いですが、その分副作用の発現率も少ないです。

          ↓当サイトで取り扱っているオキサンドロロン製剤↓

          効果

          オキサンドロロンはたんぱく質の合成を促し、筋肉組織の成長を促進させるため、以下のような際に使用されています。

          ・手術後などに減った体重を取り戻す
          ・体重が増えない人の体重維持
          ・骨粗しょう症の痛み軽減
          など

          オキサンドロロンは他のアナボリックステロイドより、効果が弱いと言われています。
          そのため子供や女性にも使用できる上に、副作用が比較的出にくい特徴があります。

          服用方法

          通常は1日20mgを2回~4回に分けて経口投与し、6週間~8週間摂取し続けた後に4週間の休薬期間を設けます。

          年齢や性別、用途などによって服用方法が異なるため、詳細は医師または薬剤師にご相談ください。
          他のアナボリックステロイドより効果は弱いですが、体に異変を感じた場合はオキサンドロロンの服用をすぐにやめましょう。

          副作用

          多毛症(女性)

          男性型脱毛症

          ニキビ・吹き出物

          吐き気・嘔吐

          陰茎の拡大

          精巣機能の抑制

          上記のような副作用が報告されています。
          持薬や持病の兼ね合いで副作用が出る可能性があるため、服用する前に必ず医師または薬剤師に相談しましょう。

          女性の場合「しゃがれ声」など男性化が起こる可能性があるため、オキサンドロロンの服用は十分にご注意ください。

          口コミ・体験談

          オキサンドロロンを実際に使用した方の口コミを、いくつかピックアップしてみました。

          細マッチョ用というものの、しっかりと筋肉を付けたい方にもめちゃくちゃお薦めですよ。
          初心者であれば尚のことこれがいいかな!

          引用元:お薬なび-アナドリン

          男性用の筋肉増強剤は多くありますが、女性用はなかなか無く困っていました。
          使い始めてから、筋肉がほどよく引き締まってきました。ムキムキは目指していないので、このぐらいの効果だと使いやすいですね!

          引用元:お薬なび-アナドリン

          クレンブテロール

          クレンブテロールは、気管支炎喘息や腹圧性尿失禁などの治療薬として使用されている医薬品です。

          気管支・膀胱などの平滑筋を緩め、拡張させ、尿道の筋肉を締める働きもあります。

          また、クレンブテロールには筋肉の分解を抑える効果があり、筋肉増強の効能があります。

          効果

          クレンブテロールは主に気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫、急性気管支炎、腹圧性尿失禁の治療薬として使用されています。

          有効成分の効能が筋肉の分解を抑え、空腹時において脂肪よりも先に筋肉を分解する「カタボリック」を防ぐことで、筋肉を効率的に増やせる筋肉増強剤です。

          服用方法

          ▼気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫、急性気管支炎の場合
          1回20μgを1日2回、朝及び就寝前に服用

          ▼腹圧性尿失禁の場合
          1回20μgを1日2回、朝及び夕に服用

          副作用

          クレンブテロールの主な副作用は以下となります。

          動悸

          吐き気

          四肢のしびれ

          めまい

          痢、便秘

          口コミ・体験談

          クレンブテロールを実際に使用した方の口コミを、いくつかピックアップしてみました。

          アナボリックステロイドを使うのは怖いけど、似たような効果のあるもので脂肪を落としたいなと思って詳しい知人に相談したら、クレンブテロールをすすめられました。ホルモンにも影響を与えないから、使いやすいよと。飲んでから運動すると、いつもより汗もすごいし、楽に動けました(心拍数があがるから?)。このまま目標体重になるまで続けてみます。

          引用元:お薬なび-クレンブテロール

          女性ですが、ジム通いしています。クレンブテロールなら男性化作用とか気にせず、脂肪を落とすことができると聞いたので使っています。最近体全体がいい感じに締まってきたので、効果が出てると思います。

          引用元:お薬なび-クレンブテロール

          アナボリックステロイドの危険性と副作用

          種類

          アナボリックステロイドは元々治療薬として承認されていますので、正しい服用であれば問題はありません。 ただ筋肉増強作用が強い反面、摂取に依存したり、摂取量が多いと副作用が出やすく、危険性が高くなります。

          アナボリックステロイドに限らず、どの医薬品でもオーバードーズ(過剰摂取)してしまえば副作用が出るのは当たり前です。

          アナボリックは摂取依存(摂取量が増えることで効果が増える)しやすいため、副作用が注目されやすい医薬品です。

          正しい服用方法で、安全に使用しましょう。

          アナボリックステロイドの代表的な副作用

          アナボリックステロイドの特徴的な副作用は、男性ホルモンが過剰に増え比例して女性ホルモンも増加してして起こる女性化です。
          これにより女性乳房化や、ホルモンの乱れによるイライラ、精神の不安定などの副作用が起きます。

          ホルモンクラッシュとよばれる症状で、日常生活に支障をきたしてしまいます。
          男性であれ女性化ですが、女性の場合はしゃがれ声、無月経、胎盤の男性化、など男性化が当てはまります。

          これら副作用を防ぐために、ケア剤を使用したオフサイクル期間を取ったトレーニングスケジュールが一般的に行われています。

          その他の副作用

          肝障害、肝臓がん、前立腺肥大、高血圧症、心筋梗塞、ニキビ、イライラや鬱などの精神的症状など

          筋肉増強剤のひとつであるアナボリックステロイドで起こる副作用には様々な通称が付けられています。

          バブルガット……内臓肥大によりおならが出る。

          ガイノ……男性が女性のような肥大した胸になる。

          ムーンフェイス……顔に脂肪が付き、満月のように丸くなる

          ロイドレイジ……攻撃性が増加してしまう。

          これらの副作用が出現しないよう、ケア剤や使用サイクル管理を行う必要があります。

          精神的影響について

          アナボリックステロイドによって、気分の落ち込みや不安感、苛立ちなどのうつ症状がみられる場合があります。

          これらは、ホルモンバランスの乱れによるものであり、人工的なテストステロンが補給されることで起こりやすくなります。また、依存性もあるため、乱用して健康被害を招かぬように注意して使用しなければいけません。

          過剰な有酸素運動は絶対にNG

          アナボリックステロイドの摂取中、有酸素運動は避けてください。心肥大の原因となり、命の危険にさらされる可能性もあります。過剰な有酸素運動はさけましょう。

          アナボリックステロイドを安全に使うためには

          アナボリックステロイドを安全に使うためには、服用方法、服用期間や服用量を守ることが重要です。

          アナボリックステロイドの種類によって摂取量が異なりますが、初めて使う場合は必ず少量からはじめましょう。慣れてきたら徐々に量を増やしていきます。

          副作用が起こりやすくなりますので、決して長期間服用を続けないようにしましょう。

          オフサイクルを設ける理由は、副作用を最小限に抑えるためだと考えられています。

          ピラミッドサイクル

          アナボリックステロイドを効果的かつ安全に使用するには、使用量を徐々に増やしてゆくスタイル「ピラミッドサイクル」がおすすめです。

          ピラミッドサイクルの例
          スタノゾール ケア剤
          1週目 30mg シリマリン・ウルソ
          2週目 40mg シリマリン・ウルソ
          3~6週目 50mg シリマリン・ウルソ
          7週目 40mg シリマリン・ウルソ
          8週目 30mg シリマリン・ウルソ
          9~12週目(PCT) クロミッド

          アナボリックステロイドの使用は、肝臓をはじめとする臓器に負担がかかるものです。

          そこで、最大6~8週間の服用の後、休薬して体を休めるサイクルが負担を減らす有効な手立てとなります。

          もちろん、全ての人にとって正しい服用方法とは限りませんが、多くの人がピラミッドサイクル方式でアナボリックステロイドを使用しています。

          ケア剤を使ったオフサイクル

          アナボリックステロイドには副作用を和らげるケア剤が存在します。
          内臓に負担がかかるのがアナボリックステロイドの避けては通れないところです。

          休薬して体を休めることに加えて、ケア剤で副作用を発生させないことが重要です。

          以下、代表的なケア剤となります。

          これらのケア剤を使い、アナボリックステロイドの抑制サイクルが終了した後にホルモンを安定させ、正常に戻すことを「PCTポストサイクルセラピー(PostCycleTherapy)」と呼ばれています。

          アナボリックステロイド以外の筋肉増強剤

          アナボリックステロイドに抵抗がある場合で、男性ホルモンの低下を感じたり、筋肉が付きにくいと感じていたら、まずは男性ホルモンの補充をおすすめします。

          男性ホルモンの一種であるテストステロンは加齢とともに減少します。

          テストステロンの減少は筋肉の衰えだけでなく、性欲、活力などにも関係していますので、テストステロンを直接補うことでいわゆる「男性らしさ」を保つことができます。

          テストステロン製剤を服用すれば、筋肉が落ちづらくなる、筋トレへのモチベーションが上がるなど、筋肉増強にも十分繋がります。

          クリーム・ジェルタイプ

          肌に塗るタイプのテストステロン製剤ですが、国内では「グローミン」が流通・販売されています。

          価格面や容量を考えると以下のものがおすすめです。

          カプセル・タブレットタイプ

          塗るタイプよりも場所を選ばず、ベタつきなどのデメリットが少ない、直接摂取するタイプのテストステロン製剤は以下となります。

          アナボリックステロイドのよくあるQ&A

          ここからは、アナボリックステロイドに関してよくある質問をQ&A形式にまとめてみました。 アナボリックステロイドの使用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

          ダイエット効果があるって本当ですか?

          アナボリックステロイドは、筋肉の成長と筋肉量の増加を促すため、ダイエットにも効果的です。また、筋肉分解を抑える効果も持つため、ダイエット中の筋肉損失を防ぐこともできます。

          筋肉が増えることで、脂肪が燃焼しやすくなるため引き締まった身体を作ることができるのです。 ただし、脂肪よりも筋肉の方が重いため、使用前に比べて体重が増えることもあります。

          体重増加に効果がありますか?

          アナボリックステロイドは、体重増加効果が期待できます。

          日本体育協会の研究結果によると、アナボリックステロイドは骨格筋肉組織を発達させ、急速な体重増加がみられたと報告されています。

          通常のよりも筋肉量が増えやすくなるため、体重の増加にもつながるのです。体重・筋力アップを目指している方は、筋トレをしながらアナボリックステロイドを服用することで、より理想的な身体を作ることができるでしょう。

          アナボリックステロイドをやめるとどうなりますか?

          アナボリックステロイドをやめると、筋肉量が元に戻ったり、精神依存がでたりする可能性があります。

          筋肉増強を目的として使用していた場合、骨粗しょう症などの治療目的に比べて用量を多く摂取するため、やめた時の体への影響も大きくなるためです。

          さらに詳しく知りたい方は、アナボリックステロイドをやめるとどうなるのかについて、解説したコラムをご覧ください。

          アナボリックステロイドで死亡することはありますか?

          アナボリックステロイドで死亡するという明確な根拠はありません。一方で、海外の論文によると、アナボリックステロイドを使用しているボディービルダーは、心血管疾患や早期死亡のリスクが高まる可能性があるとされています。

          アナボリックステロイドに限らず、医薬品の過剰摂取や使用してはいけない方が摂取することで、命にかかわる恐れもあります。 そのため、必ず用量用法を守ることが重要です。

          1回だけ使用することはできますか?

          アナボリックステロイドを、1回だけお試し体験できるクリニックもあります。

          しかし、継続することで筋肉の成長と維持のサポートをするため、1回のみの使用では筋肉量の劇的な変化は見込めないでしょう。筋肉量アップを望む場合は、一定期間継続することをおすすめします。

          口コミ・レビュー

          • オキシポロン(オキシメトロン)

            2024-05-13

            シュワルツェネぇガーさん(33歳)

            筋肉をつけたいのでオキシポロンを購入しました。始めは4分の1からスタートして、体調を見ながら半錠や1錠と段階を踏んでいきました。副作用に関しては、性欲が少しなくなってしまったのと、精子の量も減った気がしてます。筋トレもしているおかげもあって筋肉もしっかりついてきており、上腕筋や胸板が大きくなっています。肝臓にかなりの普段がかかるということでケア剤としてシリマリンを服用しておりました。ある程度筋肉がついてきたら服用をストップしようと思います。性欲を高めたいので。。。

            ▼ もっと見る ▼

            • アンドロフォルテクリーム5%(テストステロン)

              2024-03-26

              ステロンKINGさん(55歳)

              血液検査でフリーテストステロン数値が8.1pg/mlと出て50代としては悪くないが25歳とかだと平均でも30を超えるって聞いて、このクリームを知って購入。1〜3月まで毎朝一日一度だけ(推奨はおそらく朝晩の二度)タマと顎下とお腹に塗って過ごしました。たしかに2月あたりが絶好調だと思ったのですが、3月に入るとそこまで体感の違いはなく、慣れてきたのかな?と思って、もう一度三ヶ月ぶりに血液検査したら数値が異常な 51.8pg/mlまで上がっていて、お医者さんにすぐに使用を止めないと多血症や肝臓、腎臓の病気になると言われました。たった三ヶ月の短期間でこれほど上昇するのは、ある意味このクリームの効果凄いなと思いましたが、せめて20代の30pg/ml前後で止めたいので、二ヶ月止めたあとは週二、三回の使用にとどめようと思います。これはあくまで私の結果なので、ご使用になる方は自分のフリーテストステロンの数値を検査して、その変化を見ながらやったほうが良いと思います。

              ▼ もっと見る ▼

              • クレンブテロール(スピロテロール)

                2024-03-15

                さん(21歳)

                使用上の注意⚠️ ・1日60μgまで ・1日40μgの場合朝夜食後に0.5錠づつ (1錠40マイクログラムの為、半錠にして20μg ・カリウム取ること(バナナか納豆、ベースフード、野菜生活バナナスムージー、カリウムサプリ) カリウムを排出しやすくしてしまうため カリウムが不足すると痙攣や不整脈、筋肉が攣りやすくなる ・使用期間上限2週間 ・休薬期間2週間 🟦使用感 明らかに筋肉痛や筋肉の張り、発汗、心拍数の上昇とかなり効果がある。しかし、カリウムの低下の作用が思ったより強いため不整脈やこむら返り(有痛性痙攣)が起きやすくなった。バナナや納豆、ベースフード、サプリ摂取でかなり良くなる。一度間違えて一日2錠服用してしまった際、就寝後に不整脈と足がつると言った症状が出てしまいその日は眠れませんでした。間違えても一回一錠の服用はお勧めしません。割りづらい錠剤ですがしっかり半錠にして服用した方が私は良いと思います。半錠にして朝と夜で一日に1錠までにしてます。

                ▼ もっと見る ▼

                • オキシポロン(オキシメトロン)

                  2024-03-07

                  きんにくまんさん(31歳)

                  モチベーションを上げるため、評判が良いと噂のオキシポロンを買ってみた。服用を始めてから、ガタイが良くなったと言われ、特に腕の筋肉が太くなりました。おかげで自信がついた。

                  ▼ もっと見る ▼

                  • クレンブテロール(スピロテロール)

                    2024-01-18

                    匿名希望さん(49歳)

                    1日2錠朝晩飲みました。 直ぐに首にできものが出ましたけど1週間で治り跡が残りました。 有酸素運動をしないので体重は変わらないけど、筋トレ後の筋肉痛が凄いあります。 2週間空けて再会する時は有酸素運動をしてみます。

                    ▼ もっと見る ▼

                    • アナドリン(オキサンドロロン)

                      2023-12-16

                      あああさん(27歳)

                      1日10〜40のピラミッドサイクル 初ステロイドです。 感想としては大満足です。 メンタル、ガイノ、睾丸縮小などのよく見る気になる副作用は特になかった 性欲減退、肝臓の異常はあった (肝臓はもともと悪め) 朝起きると手の震え、尿が茶褐色になるなどの肝臓関係と思われる症状があったのでシリマリンを購入し途中から投入して解決した。 手の震えはグリコーゲン不足の可能性もある ので、米爆食も同時に開始した。この辺りの因果関係は間違いの可能性もあり 肝心の筋肉の変化としては、 扱える重量が遥かに増えた パンプがすげえ 筋トレで体が一回りデカくなった 6週間で8キロ増 ※ハードゲイナーの為それ用の海外プロテイン使用 といったところです。 他のステロイドだとこれ以上の変化があるのかと思うとかなりビビります。 逆に、比較的弱めの効果と言われるアナドリンでもここまでの効果があるとは、、 ガイノが怖いのでこれで十分すぎるなと 自分は感じました。 買いです。マジで

                      ▼ もっと見る ▼

                      • スタノゾロール(ウィンゾロン)

                        2023-12-09

                        マキシさん(50歳)

                        身体はドライな筋肉質になり運動機能が明らかに向上しましたが、健診で肝機能数値が倍増しました。 シルマリンでは回復せず治療が必要です。。。

                        ▼ もっと見る ▼

                        • セルノスジェル(男性ホルモン)

                          2023-12-03

                          匿名希望さん(58歳)

                          広告の謳い文句?に「塗るだけで性欲が蘇るジェル」みたいな事が書いてあったので買ってみました!!本来の使い方じゃないんでしょうけど、週一くらいで媚薬的な使い方をしています。 睾丸に塗ると心地よい刺激があり熱くなってきてすごく楽しいです!! といあえず自分の場合は、謳い文句通りになっています!!(気分的なものなんだろうけど)

                          ▼ もっと見る ▼

                          • クレンブテロール(スピロテロール)

                            2023-11-12

                            蜘蛛さん(22歳)

                            ピラミッド型サイクルとし、Max2錠(朝・昼・夕・就寝前)を摂取。これを2週間行い、2週間の休薬中です。 変化としてウエストが細くなった点を挙げられます。摂取5日目頃からの変化で、7センチほど減りました。ただし、体重に変化はありませんでした。 摂取中は、HIIT・有酸素は控えて5分割でトレーニングを行いました。摂取したら何もしなくても減量できる、という訳ではないことを承知で取り組むべきと考えます。 ニキビなど、身体にダメージはありませんでした。 ただし、0.5錠摂取のために割る行為は錠剤が小さいため苦労しました。

                            ▼ もっと見る ▼

                            • セルノスカプセル

                              2023-11-10

                              匿名希望さん(29歳)

                              3回目購入予定ですが、これは筋トレオンオフ関係無く毎日飲んだ方が良いんでしょうか?休薬期間も必要ですか? 今一つ飲むタイミングなどが分かりにくいです

                              ▼ もっと見る ▼

                              最近チェックした商品

                                %%CHECKED_ITEMS%%
                              商品詳細_送料無料
                              ようこそ、お薬なびへ

                              メールアドレス

                              パスワード

                              パスワードを忘れた

                              閲覧履歴
                              お荷物の配送状況

                              ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

                              荷物の追跡

                              RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

                              お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
                              詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

                              お薬なび公式アカウント
                              ツイッター

                              公式twitterリニューアルしました!

                              健康コラム

                              健康情報を配信しています。

                              お知らせお知らせ一覧
                              上へ