ベムリディ
  • ベムリディ

ベムリディ

更新日:
  • 先発薬
  • 病気・症状
  • 胃炎・肝臓病
購入はこちらから
  • ベムリディ
  • 商品名ベムリディ
    成分テノホビルアラフェナミド
    効果B型肝炎やB型肝硬変の改善
    副作用悪心、腹部膨満、頭痛、疲労など
    飲み方毎日決まった時間に1日1回1錠を服用
    製造元GILEAD
特徴
ベムリディはギリアド社が開発した抗ウイルス薬であり、B型肝炎やB型肝硬変の治療で使用されます。

黄色くて丸い錠剤(直径8mm)が特徴です。

効果
ベムリディの主成分であるテノホビルアラフェナミドには、HPV(B型肝炎ウイルス)の増殖を抑える効果があります。

服用することで症状の悪化や進行を遅らせたり、肝臓が改善したりする場合もあります。

副作用
主な副作用には、悪心や腹部膨満、頭痛、疲労などが挙げられます。

成分量
日本国内では25mgが販売されており、当サイトでも25mgの購入が可能です。
  • B型肝炎

有効成分:テノホビルアラフェナミド/Tenofovir Alafenamide 25mg

購入はこちらから

口コミ・レビュー

0

(0件)

星5つ

星4つ

星3つ

星2つ

星1つ

  • 全部

  • ★5

  • ★4

  • ★3

  • ★2

  • ★1

まだ口コミはありません。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

上へ