ベムリディ
  • ベムリディ

ベムリディ

更新日:
  • 先発薬
  • 病気・症状
  • 胃炎・肝臓病
  • ベムリディ
  • 商品名ベムリディ
    成分テノホビルアラフェナミド
    効果B型肝炎やB型肝硬変の改善
    副作用悪心、腹部膨満、頭痛、疲労など
    飲み方毎日決まった時間に1日1回1錠を服用
特徴
ベムリディはギリアド社が開発した抗ウイルス薬であり、B型肝炎やB型肝硬変の治療で使用されます。

黄色くて丸い錠剤(直径8mm)が特徴です。

効果
ベムリディの主成分であるテノホビルアラフェナミドには、HPV(B型肝炎ウイルス)の増殖を抑える効果があります。

服用することで症状の悪化や進行を遅らせたり、肝臓が改善したりする場合もあります。

副作用
主な副作用には、悪心や腹部膨満、頭痛、疲労などが挙げられます。

成分量
日本国内では25mgが販売されており、当サイトでも25mgの購入が可能です。
  • B型肝炎

有効成分:テノホビルアラフェナミド/Tenofovir Alafenamide 25mg

ご注文

ベムリディ 30錠

内容量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
18,460
16,600(16,6001本あたり
498
カートに入れる
2本
32,440
29,200(14,6001本あたり
876
カートに入れる
3本
46,370
41,700(13,9001本あたり
1,251
カートに入れる

ベムリディを使用したお客様の声

良い評価
さん(歳)
良い評価の口コミが投稿されていません。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

ベムリディの特徴
ベムリディはギリアド社が開発した抗ウイルス薬であり、B型肝炎やB型肝硬変の治療で使用されます。

黄色くて丸い錠剤(直径8mm)が特徴です。

ベムリディの効果
ベムリディの主成分であるテノホビルアラフェナミドには、HPV(B型肝炎ウイルス)の増殖を抑える効果があります。

テノホビルアラフェナミドは初代肝細胞に取り込まれ、加水分解されることによってテノホビルを形成します。

体内のテノホビルがリン酸化することで、テノホビル二リン酸となりHPVの増殖を抑制します。

したがってベムリディを服用することで、症状の悪化や進行を遅らせたり、肝臓が改善したりする場合もあります。

ベムリディの成分量
日本国内では25mgが処方されています。

個人輸入を行っている当サイトでも25mgの購入が可能です。

その他
従来の抗ウイルス薬とは違い長期間投与でも、腎機能障害や骨障害などのリスクが起きにくくなっています。

参考サイト
商品のご説明には販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
テノホビル・アラフェナミド-Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
どの時間帯に服用しても構いませんが、毎日決まった時間(食後が理想)に服用してください。

肝機能の悪化や肝炎の重症化を起こす恐れがあるので、自己判断でベムリディの服用を中止してはいけません。

服用量の目安
ベムリディは1日1回1錠(25mg)を服用してください。

服用を忘れて18時間未満の場合、できるだけ早く服用して通常通りの時間にも服用してください。

服用を忘れて18時間以上経過している場合、忘れた分は服用せずに通常通りの時間に服用してください。

推奨用量
ベムリディの推奨用量は1日1回1錠なので、決して2回分を1度に服用してはいけません。

ベムリディを服用できない方
・テノホビルアラフェナミドに対し、過敏症の既往歴がある方

・リファンピシンを服用している方

・セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品を摂取している方

副作用

主な副作用
主な副作用には、悪心や腹部膨満、頭痛、疲労などが挙げられます。

重篤な副作用として、重度の腎機能障害(腎不全等)や重度の肝腫大(脂肪肝)が報告されています。

万が一これらの症状が表れた場合は、直ちに服用を中止し医師の診察を受けてください。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌とはベムリディと相性が悪く、飲み合わせできないお薬のことです。

・リファンピシン(リファジン)
血中濃度が低下し、ベムリディの効果が減弱することがあります。

・セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品
血中濃度が低下し、ベムリディの効果が減弱することがあります。

併用注意
併用注意とはベムリディと併用するにあたり、注意が必要なお薬のことです。

・リファブチン
血中濃度が低下し、ベムリディの効果が減弱することがあります。

・抗てんかん薬
(カルバマゼピン、フェノバルビタール、フェニトイン、ホスフェニトイン)
血中濃度が低下し、ベムリディの効果が減弱することがあります。

参考サイト
服用方法、副作用、併用禁忌、併用注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に以下のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : ベムリディ

保管方法

・子どもや乳幼児の手が届かない場所に保管してください。

・高温多湿を避け、乾燥剤を入れたまま室温で保管してください。

・他の方が服用できないように、必ずキャップを閉めて保管してください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

まだ口コミはありません。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

上へ