ヘルペス・帯状疱疹

ヘルペスはヘルペスウイルスによって感染し、口唇、眼、顔、手指、性器など体中の様々な部位に水泡が出現します。再発しやすく、初発時は強い痛みを伴うことがあるため早めの治療が必要です。帯状疱疹、水ぼうそうもヘルペスウイルスで感染し、抗ヘルペス薬で治療することができます。

売れ筋ランキング

ヘルペスの商品一覧

  • バルクロビル(バルトレックス)
    チラっと見る

    バルクロビル(バルトレックス)

    • ジェネリック
    • 性病・感染症
    • ヘルペス
    1錠122円~
    在庫あり
    商品詳細を見る
    • バルクロビル(バルトレックス)
    • 商品名バルクロビル(バルトレックス)
      成分バラシクロビル
      効果単純疱疹の治療および再発抑制、帯状疱疹治療、水痘治療
      副作用発疹、下痢、腹痛、めまい、吐き気など
      飲み方単純疱疹治療の場合1回500mgを1日2回服用、再発抑制の場合1回500mgを1日1回服用、帯状疱疹・水痘治療の場合1回1000mgを1日3回服用
      製造元Healing Pharma
  • バルシビル(バルトレックス)
    チラっと見る

    バルシビル(バルトレックス)

    • ジェネリック
    • 性病・感染症
    • ヘルペス
    1錠138円~
    在庫あり
    商品詳細を見る
    • バルシビル(バルトレックス)
    • 商品名バルシビル(バルトレックス)
      成分バラシクロビル
      効果単純疱疹の治療および再発抑制、帯状疱疹治療、水痘治療
      副作用発疹、下痢、腹痛、めまい、頭痛など
      飲み方単純疱疹治療の場合1回500mgを1日2回服用、再発抑制の場合1回500mgを1日1回服用、帯状疱疹・水痘治療の場合1回1000mgを1日3回服用
      製造元シプラ
  • ファムビル・ジェネリック
    チラっと見る

    ファムビル・ジェネリック

    • ジェネリック
    • 性病・感染症
    • ヘルペス
    1錠200円~
    在庫あり
    商品詳細を見る
    • ファムビル・ジェネリック
    • 商品名ファムビル・ジェネリック
      成分ファムシクロビル
      効果単純疱疹治療、帯状疱疹治療
      副作用発疹、下痢、腹痛、めまい、頭痛など
      飲み方単純疱疹治療の場合1回250mgを3回に分けて服用、水痘・帯状疱疹の場合1日500mgを1日3回に分けて服用
      製造元マクレオーズ
  • ゾビラックス
    チラっと見る

    ゾビラックス

    • 先発薬
    • 性病・感染症
    • ヘルペス
    1錠81円~
    在庫あり
    商品詳細を見る
    • ゾビラックス
    • 商品名ゾビラックス
      成分アシクロビル
      効果単純疱疹治療、帯状疱疹治療
      副作用発疹、下痢、腹痛、めまい、頭痛など
      飲み方単純疱疹の場合1回200mgを1日5回に分けて服用、水痘・帯状疱疹の場合1回800mgを1日5回に分けて服用
      製造元GSKファーマ
  • L-リジンプラス
    チラっと見る

    L-リジンプラス

      • 病気・症状
      • 胃炎・肝臓病
      • 性病・感染症
      • ヘルペス
      • 男性薄毛治療薬
      • 男性薄毛サプリ
      • 女性薄毛治療薬
      • 女性薄毛サプ
      1錠7円~
      在庫あり
      商品詳細を見る
      • L-リジンプラス
      • 商品名L-リジンプラス
        成分L-リジン、亜鉛
        効果肝機能強化、ヘルペス予防、育毛効果など
        副作用特に報告されていません
        飲み方食事1時間前に服用
        製造元Sapphire Healthcare LLC
    • アシビルクリーム(ゾビラックス)
      チラっと見る

      アシビルクリーム(ゾビラックス)

      • ジェネリック
      • 性病・感染症
      • ヘルペス
      1本1,080円~
      在庫あり
      商品詳細を見る
      • アシビルクリーム(ゾビラックス)
      • 商品名アシビルクリーム(ゾビラックス)
        成分アシクロビル
        効果単純疱疹治療、帯状疱疹治療
        副作用発疹、皮膚炎、皮膚の乾燥、かぶれなど
        使い方適量を1日数回、5日間連続で塗布
        製造元シプラ
    • アシビルDT(ゾビラックス)
      チラっと見る

      アシビルDT(ゾビラックス)

      • ジェネリック
      • 性病・感染症
      • ヘルペス
      1錠56円~
      在庫あり
      商品詳細を見る
      • アシビルDT(ゾビラックス)
      • 商品名アシビルDT(ゾビラックス)
        成分アシクロビル
        効果単純疱疹治療、帯状疱疹治療
        副作用発疹、下痢、腹痛、めまい、頭痛など
        飲み方単純疱疹の場合1回200mgを1日5回に分けて服用、水痘・帯状疱疹の場合1回800mgを1日5回に分けて服用
        製造元シプラ
    • セプティリン
      チラっと見る

      セプティリン

        • 性病・感染症
        • ヘルペス
        • 病気・症状
        • 解熱・鎮痛
        1錠20円~
        在庫あり
        商品詳細を見る
        • セプティリン
        • 商品名セプティリン
          成分甘草(グリチルリチン)、インドブデリウム(グッグル)、ティノスポラ(グドゥチ)など
          効果免疫機能強化
          副作用特に報告されていません
          飲み方1日2回、食後に1錠を水かぬるま湯で服用
          製造元ヒマラヤハーバルズ
      • ヘルペス検査キット
        チラっと見る

        ヘルペス検査キット

          • 性病・感染症
          • ヘルペス
          • 病気・症状
          • 検査キット
          1箱2,160円~
          売切れ
          商品詳細を見る
          • ヘルペス検査キット
          • 商品名ヘルペス検査キット
            成分単純ヘルペスウイルス2型抗体検査薬
            効果ヘルペス検査
            副作用特に報告されていません
            使い方消毒後、指の中心から血液を2~3滴採取し、試験カセットに1~2滴ほど垂らして結果を確認
            製造元JALイノベーション
            在庫現在欠品中です。
            次回入荷時期未定
        • バルトレックス
          チラっと見る

          バルトレックス

          • 先発薬
          • 性病・感染症
          • ヘルペス
          1錠142円~
          売切れ
          商品詳細を見る
          • バルトレックス
          • 商品名バルトレックス
            成分バラシクロビル
            効果単純疱疹の治療および再発抑制、帯状疱疹治療、水痘治療
            副作用下痢、腹痛、吐き気、頭痛、めまいなど
            飲み方単純疱疹治療の場合1回500mgを1日2回服用、再発抑制の場合1回500mgを1日1回服用、帯状疱疹・水痘治療の場合1回1000mgを1日3回服用
            製造元GSKファーマ
            在庫現在欠品中です。次回2023年3月上旬入荷予定。
            類似商品は以下をご覧ください。


            バルクロビル(バルトレックス):単純疱疹の治療や再発抑制、帯状疱疹・水痘の治療に効果的な医薬品です。

            ゾビラックス:単純疱疹・帯状疱疹の治療に効果的な医薬品です。
        • バルシビル(バルトレックス)
          チラっと見る

          バルシビル(バルトレックス)

          • ジェネリック
          • 性病・感染症
          • ヘルペス
          1錠152円~
          売切れ
          商品詳細を見る
          • バルシビル(バルトレックス)
          • 商品名バルシビル(バルトレックス)
            成分バラシクロビル
            効果単純疱疹の治療および再発抑制、帯状疱疹治療、水痘治療
            副作用発疹、下痢、腹痛、めまい、頭痛など
            飲み方単純疱疹治療の場合1回500mgを1日2回服用、再発抑制の場合1回500mgを1日1回服用、帯状疱疹・水痘治療の場合1回1000mgを1日3回服用
            製造元シプラ
            在庫現在欠品中です。
            類似商品は以下をご覧ください。


            バルクロビル:バルクロビルは同じ有効成分を含むヘルペス治療薬です。

            アシビルDT:アシビルDTはアシクロビルを含むヘルペス治療薬です。
        • ファムビル
          チラっと見る

          ファムビル

          • 先発薬
          • 性病・感染症
          • ヘルペス
          1錠364円~
          売切れ
          商品詳細を見る
          • ファムビル
          • 商品名ファムビル
            成分ファムシクロビル
            効果単純疱疹治療、帯状疱疹治療
            副作用発疹、下痢、腹痛、めまい、頭痛など
            飲み方単純疱疹治療の場合1回250mgを3回に分けて服用、水痘・帯状疱疹の場合1日500mgを1日3回に分けて服用
            製造元ノバルティス
            在庫現在欠品中です。
            類似商品は以下をご覧ください。


            バルトレックス:バルトレックスはバラシクロビルを含むヘルペス治療薬です。

            ゾビラックス:ゾビラックスはアシクロビルを含むヘルペス治療薬です。
        もっと見る
        

        性器ヘルペスの症状と原因

        性器ヘルペスとは?

        性器ヘルペスとは? 性器ヘルペスとは、単純ヘルペスウィルスによって感染する性感染症(STD)となっています。

        ウィルスには2種類あり、口唇や顔などに出る「HSV-1」と言われるウィルスと下半身でも性器に特に出る「HSV-2」があります。

        ヘルペスは、小さな水ぶくれが集まったもので、急性の炎症性皮膚疾患となっています。

        口に症状が現われた場合は、口唇ヘルペスと言います。また単純疱疹と呼ばれる事もあります。

        誰もが感染している一般的なウィルスであり、子供の頃に水疱瘡になってしまった経験を持っている方も少なくないと思います。
        水疱瘡も単純疱疹に含まれる感染症です。


        日本では「HSV-1」に感染している方は、70~80パーセントほどの人がいると言われており、「HSV-2」には10パーセント前後の方が感染していると言われています。

        ヘルペスウィルスに感染していても、日常生活で症状が現われない方も多く、風邪などの体調不良や過労、またはストレスなどにより症状が現われたり、再発するようになります。

        性器ヘルペスの症状

        性器ヘルペスの症状

        性器ヘルペスの症状は、性行為など感染リスクのある行為があってから、約2~10日の潜伏期間を経た後に発症します。

        感染経路や潜伏期間は男女ともに共通ですが、現れる症状には違いが見られることが特徴です。

        男性

        ・陰茎に多数の小さな水ぶくれ
        ・発症3~5日ほどで水ぶくれが破れ、潰瘍に変化
        ・尿道の痛み
        ・全身のだるさ

        女性

        ・外陰部の不快感やかゆみ
        ・歩くことや排尿が辛くなるほどの痛み
        ・大、小陰唇に潰瘍
        ・潰瘍の周辺に小さな水膨れ
        ・足の付け根の腫れ
        ・全身のだるさ
        ・発熱や頭痛

        これらは、性器ヘルペスの症状の一例です。
        性器ヘルペスは再発することが多い病気として知られますが、初感染時は特に症状が強く出ることで知られています。

        また性器ヘルペスの症状は、男性よりも女性の方が強くなりやすい傾向があります。

        性器ヘルペスの原因

        性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス(HSV)が原因となって発症する感染症です。

        HSVには数多くの種類が存在することで知られていますが、性器ヘルペスを引き起こすのは「HSV-1」「HSV-2」の2種類です。

        疫学上、HSV-1とHSV-2は感染する部位や引き起こす症状が異なるとされています。

        HSV-1

        ・口や手指など、上半身に感染
        ・主に口唇ヘルペスの原因とされる

        HSV-2

        ・性器など、下半身に感染
        ・主に性器ヘルペスの原因とされる

        しかしこうしたHSVの棲み分けは厳密ではなく、性器ヘルペスの患者さんからHSV-1が検出されることも少なくありません。

        そのため性器ヘルペスに感染したことが無くても、場合によっては発症する可能性がゼロではないので注意が必要です。

        性器ヘルペスの感染経路

        性器ヘルペスの感染経路は、主に性行為やそれに準ずる行為です。

        ・通常のセックス
        ・オーラルセックス
        ・アナルセックス

        いずれの性行為においても、性器ヘルペスに感染するリスクが存在します。

        特に注意したいのは、性器ヘルペスに感染したことはないが口唇ヘルペスの罹患歴がある場合です。

        口唇ヘルペスを引き起こすHSV-1は、性器に感染することで性器ヘルペスを引き起こすこともあります。

        そのため性器ヘルペスに感染していなくても、オーラルセックスにより相手の口唇ヘルペスが感染するリスクが存在するのです。

        また性行為以外にも、日常生活の中に性器ヘルペスへの感染リスクが潜んでいることもあります。

        ・キスをする
        ・性器に触れた手で相手に触れる
        ・タオルやトイレの便座の共有
        ・箸やコップなど、食器の共有

        性器ヘルペスの症状が現れている時期は、その病変部位にウイルスが多く潜んでいます。

        周りの方との接触によりヘルペスに感染するリスクが高まるので、症状が出ている時期は特に注意しなくてはなりません。

        性器ヘルペスは再発する病気

        性器ヘルペスは再発する病気

        性器ヘルペスは、再発を繰り返す病気です。

        初めて性器ヘルペスに感染した時に治療を行い、症状が治まってもウイルスが体内から完全にいなくなることはありません。

        ヘルペスウイルスに一度でも感染すると、ウイルスが体内の神経に潜伏してしまうのです。

        また現代の医療では、潜伏したウイルスを完全に取り除く方法は見つかっていません。

        そのため性器ヘルペスは再発させない、あるいは悪化させないよう、生涯にわたり付き合っていかなければならない感染症なのです。

        再発時には前兆がある

        性器ヘルペスの再発を繰り返す方の大半は、症状が出てくる前に前兆のような症状を感じています。

        性器ヘルペスの前兆

        ・性器にチクチク、ヒリヒリとした違和感
        ・鼠径部(そけいぶ)の不快感やかゆみ
        ・太ももや足の付け根の神経痛
        ・腰がつるような痛み

        性器ヘルペスの再発は、こうした初期症状が出た段階ですぐに薬を服用すれば防ぐことが可能です。

        初回と再発時の違い

        性器ヘルペスは、一般的に初回よりも再発時の方が症状が軽いとされています。

        初回
        ・性器周辺に水ぶくれや潰瘍などの病変
        ・痛みが強い

        再発時
        ・小さな水ぶくれや潰瘍が数個程度
        ・症状に気付かないことも

        また以下は、初めて性器ヘルペスに感染した方のツイートです。

        どちらのツイートでも症状が強く、初回の性器ヘルペスの辛さを窺い知ることができます。

        続いて紹介するのは、性器ヘルペスを再発した方のツイートです。

        先ほど紹介したツイートと比べて、症状が軽いことが明らかです。

        このように性器ヘルペスの症状の強さは、初回と再発時で大きな違いがあります。

        再発の原因

        性器ヘルペスが再発する原因は、体内に潜伏しているヘルペスウイルスが活性化することにあります。

        繰り返しの説明になりますが、性器ヘルペスの原因となるヘルペスウイルスは一度感染すると、体内から完全に排除することはできません。

        一度感染したヘルペスウイルスは腰仙骨神経節に潜み、感染者の免疫力が低下した時に再活性化、性器ヘルペスを再発させるのです。

        そのため性器ヘルペスの再発は、主に次のようなタイミングで起こりやすいことが分かっています。

        ・仕事などが忙しいとき
        ・精神的なストレスを感じた時
        ・寝不足が続いた時
        ・性行為をした後
        ・風邪や発熱など、体調を崩した時
        ・季節の変わり目

        これらは一例ですが、性器ヘルペスの再発を防ぐには普段からストレスを溜めず、健康的に過ごすことがポイントになります。

        再発は防ぐことができる

        性器ヘルペスは再発を繰り返しやすく、多い方では毎月のように発症することもあります。

        再発を繰り返すことで心身の疲労や負担は大きくなりますが、性器ヘルペスの再発は防ぐことができるのです。

        性器ヘルペスの再発防止に使われるのが、ヘルペス治療薬です。

        再発しそうな前兆がある時に服用することで発症を防ぐ、あるいは症状が治まるまでの期間を短くすることができます。

        繰り返す性器ヘルペスにお悩みの方はヘルペス治療薬を購入し、再発に備えるという選択肢を検討してみてください。

        性器ヘルペス以外のヘルペス

        性器ヘルペス以外のヘルペス

        性器ヘルペスを引き起こすヘルペスウイルスには、実は90種類以上も存在しています。

        そして数あるヘルペスウイルスの中でも、人に感染することで知られているのは8種類と言われています。

        以下は人への感染が知られているヘルペスウイルスの一覧表です。

        ウイルス名 主な疾病
        単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1) 口唇ヘルペス
        単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2) 性器ヘルペス
        水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV) 水ぼうそう、帯状疱疹
        サイトメガロウイルス(CMV) 伝染性単核症、間質性肺炎
        エプスタイン・バーウイルス(EBV) 伝染性単核症、上咽頭がん
        ヒトヘルペスウイルス6型 突発性発疹、脳炎
        ヒトヘルペスウイルス7型 突発性発疹
        ヒトヘルペスウイルス8型 カポジ肉腫

        このように人に感染するヘルペスウイルスには数多くの種類があり、種類ごとに引き起こす病気も異なります。

        特に口唇ヘルペスはHSV-1、性器ヘルペスはHSV-2による病気でしたが、最近ではオーラルセックスによりHSV-1が原因となる性器ヘルペスも増えてきました。

        性器ヘルペスを感染したことが無い方でも、発症リスクはゼロではないことに注意しなくてはなりません。

        性器ヘルペスの治療薬の種類

        性器ヘルペスの治療として用いられるのは、ヘルペスウイルスの増殖を抑える効果を持った「抗ウイルス薬」です。

        ヘルペス治療薬を服用することで体内のヘルペスウイルスの活動が抑えられ、性器ヘルペスの症状が改善されます。

        またヘルペス治療薬の種類は、大きく内服薬と外用薬に分かれます。

        症状の重症度や発症している部位により使用する薬の種類も異なります。

        【内服薬】

        バルトレックスバルトレックス(一般名:塩酸バラシクロビル)
        内服薬となっており、1日に2~3回服用すれば良いとされています。
        ヘルペスの第一選択薬として最も処方率が高い治療薬で、ゾビラックスを改良して吸収率を良くした後継薬です
        それにより服用回数を減らして、効果は同等の作用を持ちます。

        ゾビラックス(一般名:アシクロビル)
        錠剤の服用は1日に5回(大体、4時間に1回)の服用すれば良いとされています。

        ファムビル(一般名:ファムシクロビル)
        帯状疱疹に利用される錠剤で、1日3回の服用で半減期が長い薬です。

        【外用薬】

        アシクロビルゾビラックス軟膏(一般名:アシクロビル)
        患部に1日数回、塗布します。

        ・アラセナ(一般名:ビダラビン)
        こちらは外用薬であり、1日に1~4回ほど患部に直接、塗布します。

        感染部位の症状が治まれば、治療は終了となりますが、性器ヘルペスに感染した場合、再発の危険性が誰にでもあり、治癒してから1年以内に80パーセント以上の人が再発すると言われています。

        ですので、治癒後の体調管理なども大切な治療となります。

        性器ヘルペスの治療薬の比較

        性器ヘルペスの治療薬にはバルトレックスやゾビラックス、ファムビルのいずれかの種類が使用されます。

        また症状の強さや部位により、内服薬か外用薬の使い分けがされることもあります。

        ここでは、3つの観点から性器ヘルペスの治療薬を比較していきます。

        成分による違い

        性器ヘルペスの治療薬として用いられているのは、主に次の3種類です。

        • バルトレックス(成分:バラシクロビル)
        • ゾビラックス(成分:アシクロビル)
        • ファムビル(成分:ファムシクロビル)

        種類による違いは、ヘルペスへの有効率と1日の服用回数にあります。

        有効率 服用回数
        バルトレックス500㎎ 95.9% 1回1錠を1日2回、5~10日間服用
        ゾビラックス200㎎ 89.2% 1回1錠を1日5回、5~10日間服用
        ファムビル250㎎ 93.2% 1回1錠を1日3回、5~10日間服用

        ヘルペスへの有効率は治療薬の種類により、多少の違いが見受けられます。

        しかしいずれも約9割もの方に有効であり、それぞれの有効率に関してはおおよそ同等だと言えます。

        一方、1日あたりの服用回数は種類による違いが大きいです。

        特にバルトレックスは、ゾビラックスのプロドラッグと呼ばれています。

        ゾビラックスの吸収効率を改善して開発されたのがバルトレックスであることから、1日あたりの服用回数も少なくて済むのです。

        剤形による違い

        性器ヘルペスの治療薬には、飲み薬と塗り薬の2つの剤形があります。

        しかし性器ヘルペスの治療を行う上で、それぞれのお薬の扱いは大きく異なります。

        剤形の違い
        • 飲み薬:効果が高く初回や早く治したい時に
        • 塗り薬:再発時や軽症の場合に

        まず性器ヘルペスの治療をするときに基本となるのは、飲み薬です。

        ウイルスは体の中で増殖を続けるため、体内にも作用する飲み薬であれば効果的に治療を進めることができます。

        一方で再発時、かつ軽症である場合には塗り薬で治療を行っても良いとされています。

        軟膏やクリームタイプのヘルペス治療薬は使用することで、皮膚や粘膜の表面におけるウイルスの増殖を抑えることができるのです。

        ですが性器ヘルペスは塗り薬の使用が難しい膣部や子宮頚部でもウイルスが増えてしまうため、やはり飲み薬の使用が望ましいです。

        先発品・ジェネリックの違い

        性器ヘルペスの治療薬には、ジェネリック医薬品も登場しています。

        値段が安いジェネリックですが、人によっては「先発品の方が良いのでは?」と思われるかもしれません。

        しかし結論から言うと、先発品とジェネリックではどちらを選んでも、治療を進める上での違いは基本的にありません。

        先発品とジェネリックはどちらも同じ有効成分が使用されているため、有効性や安全性は同等なのです。

        両者の間で異なるのは、メーカーと値段になります。

        【当サイトで扱っているヘルペス治療薬のジェネリック】

        バルクロビル アシビルdt ファムビル・ジェネリック
        商品名 バルクロビル アシビルdt ファムビルジェネリック
        価格 20錠3,060円(1錠153円)
        ※先発薬は…
        42錠6,650円(1錠158円)
        100錠5,600円(1錠56円)
        ※先発薬は…
        25錠2,250円(1錠90円)
        12錠2,850円(1錠237円)
        ※先発薬は…
        21錠8,080円(1錠384円)
        リンク 商品ページ 商品ページ 商品ページ

        従って性器ヘルペスの治療を行う際には、先発品・ジェネリックどちらを選んでも問題ありません。

        性器ヘルペス治療薬の購入方法

        性器ヘルペスの治療薬を購入するためには、「海外通販」と「病院処方」の2通りの方法があります。

        一般的に性器ヘルペスを発症した場合、病院を受診することで検査や治療薬の処方を受けることができます。

        しかし当サイトのような海外通販サイトでは、病院を受診することなく病院処方と同じ薬を購入することが可能です

        以下は、海外通販と病院処方の比較表になります。

        海外通販 病院処方
        特徴 ・薬だけの購入が可能
        ・値段が病院処方より安い
        ・通院や診察の手間がない
        ・医師による診察を受けられる
        ・病院処方による安心感
        ・薬は即日入手が可能
        注意点 ・薬が届くまでに時間がかかる ・通院の手間や時間がかかる
        費用 ・3,060円/10日分 ・7,000~8,000円/5日分

        海外通販と病院処方では、薬の費用や治療の流れが大きく異なります。

        病院処方では医師が診察から薬の処方まで行ってくれますが、海外通販では自分の意志で薬を購入し、治療を開始することになります。

        しかしそれぞれの薬代の差は非常に大きく、海外通販を利用すれば性器ヘルペスの治療にかかる費用を大幅に軽減することが可能です。

        海外通販
        3,060円/10日分
        ※1日あたり約306円

        病院処方
        7,000~8,000円/5日分
        1日あたり約1,400~1,600円

        特に性器ヘルペスを再発しやすい方は、治療費を抑えるためにも海外通販の利用を検討してみてください。

        市販で購入できる?

        まず結論から言うと、性器ヘルペスの治療薬は市販では購入できません。

        ヘルペスの治療薬は「アラセナSクリーム」や「アクチビア軟膏」など、市販品が多く登場しています。
        しかしこれら市販のヘルペス治療薬は、再発時の口唇ヘルペスの治療にのみ使用できるものです。

        再発性の性器ヘルペスへの治療効果は確認されておらず、市販薬での性器ヘルペスの治療は推奨されていません。

        そのため性器ヘルペスの治療は初回・再発時を問わず、海外通販や病院処方で受け取った薬を使用するようにしてください。

        性器ヘルペス治療薬の副作用

        性器ヘルペス治療に使われる内服薬や外用薬について紹介してきましたが、気になるのが薬を使ってからの副作用です。

        性器ヘルペス治療薬に限らず、薬には副作用が必ずあります。

        ここでは、それぞれの性器ヘルペス治療薬の副作用について説明していきます。

        バルトレックス

        バルトレックスの副作用

        バルトレックスは、副作用は比較的少ない薬とされています。

        主に報告されているのは、次のような症状です。

        ・吐き気や下痢などの胃腸症状
        ・発疹などの皮膚症状
        ・頭痛やめまい
        ・眠気

        ただしバルトレックスの服用量が過量になってしまうと、精神に変調をきたしてしまったり、意識障害を起こす場合があります。

        また腎機能が低下している方や高齢の方は、副作用が起こりやすくなってしまうので十分な注意が必要です。

        ゾビラックス

        ゾビラックスの副作用 ゾビラックスは性器ヘルペス治療薬の中でも副作用が少なく、比較的安全性の高い薬となっています。

        しかし軽い副作用として、次のような症状が報告されています。

        ・吐き気や下痢などの胃腸症状
        ・発疹などの皮膚症状
        ・頭痛やめまい
        ・眠気

        ファムビル

        ファムビルの副作用

        ファムビルも他の性器ヘルペス治療薬と同様、副作用は少ない薬です。

        報告されているのは、主に次のような症状になります。

        ・吐き気や下痢などの胃腸症状
        ・発疹などの皮膚症状
        ・頭痛やめまい
        ・眠気

        重い副作用が出ることも滅多にありませんが、バルトレックスと同様に意識障害などが起こる可能性はあります。

        特に高齢の方や腎機能が低下している方は注意が必要です。

        アラセナA

        アラセナAは塗り薬となり、内服薬と比べて副作用はほとんどありません。

        ただし使用中に症状が悪化してしまったり、痒みや、発赤(皮膚が赤くなる)、刺激感などの症状が出た場合には医師に相談して下さい。

        性器ヘルペスは自然に治る?

        性器ヘルペスは感染した際、治療を行わなくても自然に治癒します。

        自然治癒するまでの期間は、初回と再発時で異なります。

        初回 約2~4週間
        再発時 約7~10日

        しかし自然治癒するからと言って、性器ヘルペスを放置することはおすすめできません。

        治療をせずに放置している間に他の方にうつしたり、場合によっては重症化するリスクも報告されています。

        重症化した場合の症状
        • 強い頭痛
        • 首が曲げられない
        • 目のかすみ
        • 尿が出ない
        • 便秘

        そのため性器ヘルペスを発症した際は、放置をせずに治療を行うようにしましょう。

        性器ヘルペスの薬がないときは?

        性器ヘルペスの薬がないときは?

        性器ヘルペスを発症した際に、万が一ヘルペス治療薬がない場合の対処法を解説していきます。

        まず性器ヘルペスの発症・再発した時は、ストレスや疲労、体調不良などにより体力や免疫力が落ちていることが多いです。

        そのため治療薬がないときは、低下した体力や免疫力を取り戻すためにも健康的な生活を送ることを意識しましょう。

        • 栄養バランスのとれた食事を摂る
        • ストレスを溜めない
        • 十分な休息をとる
        • 過度な運動は避ける

        ただし繰り返しの説明になりますが、性器ヘルペスは放置をすると症状の悪化や周囲への感染のリスクがあります。

        できる限り放置をせず、薬を服用して治療を行うことをおすすめします。

        性器ヘルペスに関するQ&A

        性器ヘルペスの治療に関して、よくある質問と回答を集めました。

        気になる内容があれば、ぜひ参考にしてみてください。

        家族やパートナーにうつさないためには?

        性器ヘルペスを発症している場合、患部の潰瘍や皮膚にはウイルスが付着しています。

        この時に患部に直接触れる、あるいは患部に触れた手や物を介して、周りの方に伝播するのです。

        そのため家族やパートナーにうつさないためには、次のような点に注意する必要があります。

        • 患部に触れた後は、石鹸で手を洗う
        • タオルの共有は避ける
        • トイレの便座はお尻が触れないようにするか、使用後に消毒をする
        • 症状が出ている間は性行為やキスを控える

        なお、お風呂のお湯を介して性器ヘルペスが感染することはほとんどありません。

        いつから性行為ができますか?

        性器ヘルペスの症状が出ている最中は、接触による感染リスクがあります。

        そのため基本的には、症状が出ているときは性行為を避けるようにしましょう。

        しかし症状が出ていない場合でも、症状が治まった直後であれば感染が起こるケースもあります。

        パートナーへの感染を防ぐためにも、治療後1週間は性行為を避けることがおすすめです。

        また性行為による感染リスクをさらに避けるためには、コンドームの着用も効果的です。

        コンドームを着用することで性器ヘルペスはもちろん、他の性感染症への感染を防ぐこともできます。

        妊娠や出産に影響はありますか?

        性器ヘルペスは遺伝することが無いため、基本的には妊娠や出産への影響はありません。

        しかし感染した時期により、赤ちゃんへの感染リスクが異なります。

        まず妊娠初期~中期の内に性器ヘルペスに感染、あるいは再発したとしてもお腹の中の赤ちゃんに感染することはほとんどありません。

        むしろ胎盤を通じてヘルペスへの免疫が作られ、赤ちゃんがヘルペスに感染するリスクも低下することが分かっています。

        しかし注意したいのは、妊娠後期や分娩時に性器ヘルペスの症状が出ている場合です。

        赤ちゃんが生まれてくる時にヘルペスウイルスの存在する産道を通ることになり、新生児ヘルペスを発症するリスクも高まってしまいます。

        妊娠後期には特に性器ヘルペスへの感染に注意するようにしましょう。

        また万が一妊娠後期に性器ヘルペスに感染してしまった場合は、直ちに医師に相談してください。

        治療中、下着の洗濯はどうしたらいいですか?

        性器ヘルペスの症状が出ている場合、着用していた下着にもウイルスが付着している可能性があります。

        洗濯をする前に15分以上の煮沸消毒またアルコールでの消毒を行いましょう。

        消毒を行った後であれば、他の洗濯物と一緒に洗っても問題ありません。

        口コミ・レビュー

        • バルトレックス

          2022-12-31

          takaさん(58歳)

          他の薬は服用したことがないので効き目を比べることはできませんが、初めて服用した時は3日めで潰瘍の傷口が塞がり、5日めで潰瘍がほぼ無くなったので服用を止め、7週間で痕も見えなくなりました。 飲み方の説明ですが、1日の量はすぐ分かるのですが、いつまで続けるのかがわかりにくい。 口ヘルペス、性器ヘルペスの場合、症状を感じたらなるべく早めに服用開始。 1回500mgを1日2回服用。 有効成分の血中濃度を保つため12時間毎という意味です。 潰瘍が消えるまで服用しますが目安は5日間~最大10日程度だそうです。 最大10日とはありますが、5日目で効果が見られない場合は早めに病院へ行ったほうが良いと思います。

          ▼ もっと見る ▼

          • バルクロビル(バルトレックス)

            2022-12-06

            いっこさん(57歳)

            今回初めて利用しました。いつ届くのだろう?と思っていたらほしい商品が在庫切れで代用品として類似品を紹介して頂き不足代金分はお薬なびが負担してくれるとの事でお願いしました。 輸入品なので時間がかかるのは仕方ない事だと思います。 他のサイトも利用しましたがこちらは少し時間がかかるなと思いました。

            ▼ もっと見る ▼

            • バルクロビル(バルトレックス)

              2022-12-02

              匿名希望さん(39歳)

              バルトレックスは売り切れている事が多かったので、突然ヘルペスが発症した際に備えあれば憂なしで購入しました、やはりあると無いとでは安心感が違います。

              ▼ もっと見る ▼

            • バルクロビル(バルトレックス)

              2022-11-28

              マスタケさん(50歳)

              帯状疱疹発症2日目に次の備えとして購入していたバルクロビルで命拾いしました。 皮膚科ではバルトレックスは月イチしか処方できないとのことで追加のお薬が頂けず、完全に治まっていないやつが、ぶり返してしまい、再度の激痛に襲われました。 市販のヘルペシアクリームで凌いでいたところへ、バルクロビルが到着。丁度2週間でした。これほど「助かった」と思ったことがこれまでの人生にあったかと思うほどの「助かった」でした。ほんとに帯状疱疹は痛いです。 1000mm(500×2錠)を朝昼晩と2日飲んでようやく正気を取り戻しつつあります。効き始めるとこれまた痛いです。別の痛みですね。 本当に救われたので早速追加で注文予定です。これは常備薬です。ありがごさいました。

              ▼ もっと見る ▼

              • バルクロビル(バルトレックス)

                2022-11-23

                せいうちさん(50歳)

                2度目の購入です 今回は14日で届きました 今月から再発抑止の為に 毎日1錠飲む事にしましたが 今のところ再発も副作用もみられません このまま行ければ良いのですが 暫くお世話になります

                ▼ もっと見る ▼

                • バルクロビル(バルトレックス)

                  2022-10-31

                  せいうちさん(50歳)

                  本日届きました 注文から追跡番号が来るまで11日 更にそこから1週間かかりました 今年に入って1月置きに再発してるので 購入しましたが 取り敢えず今は治ってるので これから予防の為に毎日1錠飲むか 再発しそうになった時だけ飲むか 悩んでいるところです 効き目についてはまた機会がありましたら レビューさせていただきます 今回はありがとうございました ※使用期限は2025年6月でした

                  ▼ もっと見る ▼

                  • ゾビラックス

                    2022-10-22

                    バリノリみっちーさん(53歳)

                    あんまり効きませんでした

                    ▼ もっと見る ▼

                    • バルトレックス

                      2022-09-24

                      T.Tさん(51歳)

                      薬の効き目は良かったのですが、商品の到着が思ってたより遅かったので星二つにさせていただきます。

                      ▼ もっと見る ▼

                      • バルトレックス

                        2022-09-19

                        ガタシティさん(30歳)

                        注文から3週間で届きました。再発用に購入しましたので、これからお世話になります。

                        ▼ もっと見る ▼

                        • バルトレックス

                          2022-09-16

                          匿名希望さん(23歳)

                          今年に入ってから顔面ヘルペスに悩まされ毎月のように発症し仕事にも影響がでていました。そのため発症前から飲めるように海外製品で不安ではありましたが購入。ピリピリむずむずし出したら朝晩一錠ずつのむと水脹れもできず、日常生活に支障がなくなりました。常備していると本当に心強い。 ただ届くまで3週間ほどかかったので早めにストックしておくべきです。

                          ▼ もっと見る ▼

                          最近チェックした商品

                            %%CHECKED_ITEMS%%
                          ようこそ、お薬なびへ

                          メールアドレス

                          パスワード

                          パスワードを忘れた

                          閲覧履歴
                          お荷物の配送状況

                          ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

                          荷物の追跡

                          RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

                          お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
                          詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

                          お薬なび公式アカウント
                          ツイッター

                          公式twitterリニューアルしました!

                          健康コラム

                          健康情報を配信しています。

                          お知らせお知らせ一覧
                          上へ