パキシル
  • パキシル

パキシル

更新日:
  • 先発薬
  • 精神・こころ
  • 不安障害・抗不安薬
  • パキシル
  • 商品名パキシル
    成分パロキセチン塩酸塩水和物
    効果うつ病、パニック障害、強迫性障害などの改善
    副作用目まいや吐き気、傾眠など
    飲み方1回10mg~20mgより開始し、1週ごとに10mgずつ増量。飲み方、上限摂取量は症状によって異なる。
パキシルは「うつ病」や「不安障害」を改善したい方に向いている商品です。
効果を実感している方が多い傾向にあるため、「抗不安薬」や「抗うつ薬」の中でパキシルは人気があります。

こんな方が購入しています
気分の浮き沈みが激しい
精神科や心療内科に通っている
常に強いストレスを感じている

選ばれているポイント
効果を実感しやすい
病院処方より安く購入できる
抗不安薬や抗うつ薬の中で人気がある
  • 【SSRI】
  • うつ病
  • パニック障害
  • 強迫性障害
  • 社会不安障害
  • 外傷後ストレス障害

有効成分:パロキセチン塩酸塩水和物/Paroxetine Hydrochloride Hydrate 20mg

ご注文

パキシル 20mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
28錠
5,000
4,500(1601錠あたり
135
カートに入れる
56錠
10,000
8,100(1441錠あたり
243
カートに入れる

パキシルを使用したお客様の声

良い評価
さん(24歳)
パキシルは名前の通り頭がパッキパキに開いて考え事が出来るようになります。うつの症状を抱えていると気分が盛り下がった反動で次は上がりすぎるいわゆる躁鬱の状態になりがちですが、パキシルを使うと気持ちがフラットちょい上に保てます。集中力も少し増した感じになるので今は仕事に打ち込む毎日です。時間がないのもあって通院が難しい僕にも手に入れられる通販には助かっていますね。いつも買いだめしてます(笑)
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

パキシルは1日1回(主に夕食後)なので、継続しやすい特徴があります。

パキシルは抗不安薬や抗うつ薬の中で、特に「セロトニン(精神を安定させる物質)」の働きを高める効果が強いです。
そのため「気分の落ち込み」や「不安」が強く出てしまう方に、パキシルはおすすめです。

パキシルに関するよくある質問
Q.1効果を実感できるまで、どのくらいかかりますか?

A.パキシルに即効性はないため、およそ「2週間~1ヶ月」程度でかかります。
服用を継続することで、パキシルの効果を少しずつ実感できます。

Q.2妊娠中ですが、パキシルを服用しても大丈夫ですか?

A.妊娠中にパキシルを服用すると、新生児が「先天異常(心臓奇形)になる確率が高まる」と言われています。
1%から2%に高まるだけなので、過度に心配する必要はありませんが、服用は控えた方が良いかもしれません。

Q.3パキシルは病院で処方してもらえますか?

A.病院でも処方されていますが、薬代だけではなく診察代や通院代がかかります。
通院する手間もあるので、病院処方から「当サイトでの購入」に切り替えている方が多い傾向にあります。


サイト運営者から一言

パキシルは効果が強いので服用を考えている方は、一度病院で診察を受けた方が良いかもしれません。
診察を受けた上で、「長期的な服用を考えている方」にパキシルはおすすめです!




※その他メーカーや成分が異なる抗不安薬抗うつ薬はコチラからご確認ください。

服用方法・使用方法

パキシルは「症状」によって、服用方法が異なります。

パキシルの服用方法

■うつ病、うつ状態
・1回10mg~20mgより服用開始
・1週ごとに10mg/日ずつ増量
・上限摂取量は1日40mg

■社会不安障害
・1回10mgより服用開始
・1週ごとに10mg/日ずつ増量
・上限摂取量は1日40mg

■パニック障害
・1回10mgより服用開始
・1週ごとに10mg/日ずつ増量
・上限摂取量は1日30mg

■強迫性障害
・1回20mgより服用開始
・1週ごとに10mg/日ずつ増量
・上限摂取量は1日50mg

■外傷後ストレス障害
・1回10mg~20mgより服用開始
・1週ごとに10mg/日ずつ増量
・上限摂取量は1日40mg

服用する際は、必ず医師の指示に従ってください。

※効果・副作用・服用方法は、商品説明書や一般的な薬剤情報から抜粋しています。お薬なびでは、服用による一切の責任を負いかねます。

服用する際は、必ず医師など専門家にご相談して下さい。

副作用

目まいや吐き気、傾眠などの報告が多い傾向にあります。

※傾眠とは?
弱い刺激で意識を取り戻す軽度の意識障害

⇒パキシル(SSRI)の副作用詳細はこちら

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬とはパキシルと相性が悪く、一緒に飲み合わせできないお薬のことです。

・MAO阻害剤
・ピモジド

併用注意
併用注意薬とはパキシルと併用するにあたり、注意が必要なお薬のことです。

・β-遮断剤
・抗不整脈剤
・三環系抗うつ剤
・セロトニン作用を有する薬剤

上記以外にも併用注意は数多くあるため、持薬がある方は医師にご相談した上でパキシルを服用してください。

保管方法

・直射日光を避けて、湿気が少なく涼しい場所に保管してください。

・分割して服用する場合は、空気に触れないように保管し「2日以内」に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用しないでください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

  • さん(24歳)

    2018-05-21

    パキシルは名前の通り頭がパッキパキに開いて考え事が出来るようになります。うつの症状を抱えていると気分が盛り下がった反動で次は上がりすぎるいわゆる躁鬱の状態になりがちですが、パキシルを使うと気持ちがフラットちょい上に保てます。集中力も少し増した感じになるので今は仕事に打ち込む毎日です。時間がないのもあって通院が難しい僕にも手に入れられる通販には助かっていますね。いつも買いだめしてます(笑)

    ▼ もっと見る ▼

    • サルサさん(30歳)

      2018-05-18

      パニック障害持ちですが、なるべく通院したくなくてこちらでパキシル買っています。通院するといろいろ面倒なんですよね・・。嫌な事言われるし。今の所症状が出る状況とか自分でわかってるので、薬さえあれば乗り切れます。なので通販助かります。

      ▼ もっと見る ▼

      • nanaさん(25歳)

        2018-05-15

        増量してから、やっと効き目を感じることができた。他の薬があわなかったからパニックになりそうだったよ。

        ▼ もっと見る ▼

        • タツノオトシゴさん(34歳)

          2018-05-09

          うつ病はほぼ治ったと言われていますが、まだ浮き沈みが激しいときはあるので外出するのがしんどいときはパキシルを使うようにしています。わざわざ病院へ行かなくても効果的な治療薬を買うことができてとても助かります。副作用の症状でのどの渇きを感じることはありますが病院でもらう薬も同じなのでそこまで気になりません。

          ▼ もっと見る ▼

          • みっくんさん(23歳)

            2018-05-01

            会社を辞めたいって本気で思っていた時期があったけど上司が怖くてやめられないし精神的不安がいつも付きまとっていて辛い時期がありました。 この薬を飲んでからは少しづつですが気持ちが楽になってきて今では会社がとても楽しくて上司ともわかりあえて仲良くなったので本当に感謝しています。

            ▼ もっと見る ▼

            全ての口コミ・レビューを見る

            口コミ・レビューを投稿する

            レビューを投稿する

            口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
            お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

            上へ