マイラン
  • マイラン
  • マイラン
  • マイラン

マイラン

更新日:
  • ジェネリック
  • 避妊薬
  • 超低用量ピル
  • マイラン
  • 商品名マイラン
    成分デソゲストレル、エチニルエストラジオール
    効果避妊
    副作用不正出血、吐き気、頭痛、乳房の張り、乳房痛など
    飲み方1日1錠を毎日同じ時間帯に服用
    製造元Mylan
マイランはエチニルエストラジオールとデソゲストレルが配合された第3世代一相性経口避妊薬で、低用量のエチニルエストラジオール0.03mgと超低用量の0.02mgの2種類ございます。

※パッケージが複数あるので注意してください

こんな方が購入しています
低用量ピルでも副作用が気になる方
避妊を確実に行いたい方
生理痛がつらい方

選ばれているポイント
超低用量ピルなので副作用が少ない
経口避妊薬の避妊率はほぼ100%に近い
薬の成分量が二つから選べる
ジェネリックなのでコストパフォーマンスに優れている
  • 経口避妊薬
  • 超低用量ピル

有効成分:デソゲストレル、エチニルエストラジオール

ご注文

マイラン エチニルエストラジオール0.02mg+デソゲストレル0.15mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
63錠
3,516
3,170(501錠あたり
95
カートに入れる
126錠
5,882
5,300(421錠あたり
159
カートに入れる

マイラン エチニルエストラジオール0.03mg+デソゲストレル0.15mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
63錠
2,936
2,650(421錠あたり
79
カートに入れる
126錠
5,122
4,610(361錠あたり
138
カートに入れる

マイランを使用したお客様の声

良い評価
さん(歳)
良い評価の口コミが投稿されていません。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

マイランの特徴
マイランはマーベロンのジェネリックです。同じ有効成分だから、もちろん効果も同じ。なのにジェネリックだからお得に購入できます。3周期3,170円でとってもお得に購入できます。※マイランは超低用量タイプもあります。

先発薬のマーベロンは日本でも避妊薬として承認、世界的に有名な低用量ピルです。


卵胞ホルモンの含有量が2種類から選べます。

エチニルエストラジオール0.02mg+デソゲストレル0.15mg

エチニルエストラジオール0.03mg+デソゲストレル0.15mg



マイランは避妊率99%、正しく服用すれば妊娠することはありえません。1相性ピルなので飲み間違える心配もないです。

マイランは避妊だけではなく、その他女性ホルモンに関係する、たくさんのお悩みに効果があります。

危険日での性行為や、PMS・生理痛でのお悩み、さらにニキビでのお悩みも解決します。

マイランの効果

マイランの有効成分は「デソゲストレル(黄体ホルモン)」と「エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)」です。

排卵を抑え、子宮頚管粘液の性状の変化により精子の子宮内侵入を防ぎ、子宮内膜の変化により、受精卵の着床を抑えることで避妊効果があります。

マーベロンの国内臨床試験結果有効性検証21錠933錠中妊娠なし932あり128錠59例中妊娠なし59合計992例中妊娠なし991あり1これによりマーベロンの避妊効果は99.9%妊娠率は0.085%

参照:医薬品インタビューフォーム|マーベロン21・28錠

また痛みの元となる物質の産生が抑えられ、子宮内膜を薄くし、生理痛の軽減や経血量の減少、生理周期を安定させる効果があります。

生理時またはその直前からの、下腹部痛や腰痛などの生理痛やイライラ感、脱力感、憂うつな気分になるなどのさまざまな症状の緩和にも効果があると言われています。

第3世代1相性のピル

マイランは第3世代1相性の低用量ピルで、黄体ホルモンがどの錠剤も一定量含まれています。

マーベロンは第3世代のピルで、第3世代とは黄体ホルモンがデソゲストレルで避妊効果はそのままを維持し他の低用量ピルと比べ副作用が起きにくいと考えられています

また男性ホルモンを抑えるため、ニキビ、多毛症にも効果があると言われています。

1相性とは黄体ホルモンと卵胞ホルモンがの含有量が全て一定で、どの錠剤を服用しても同じです。そのため飲み間違える心配がなく安心です。プラセボは除く

どの錠剤を服用しても同じホルモン量のため、飲み間違えることもなく安心です。

■低用量ピルの種類
世代別による低用量ピルの種類。第1世代:黄体ホルモンはノルエチステロン(ルナベル・フリウェル=1相性ピル、シンフェーズ=3相性ピル)月経困難症や子宮内膜症の治療薬。第2世代:黄体ホルモンはレボノルゲストレル(トリキュラー、ラベルフィーユ、アンジュ=3相性ピル)経口避妊薬。ホルモンバランスが自然に近く不正出血などの副作用が起きにくい。第3世代:黄体ホルモンはデソゲストレル(マーベロン、ファボアール)1相性ピル、経口避妊薬。男性ホルモン作用が抑えられているため、ニキビ、多毛症、肌荒れなどの改善も期待。第4世代:黄体ホルモンはドロスピレノン(ヤーズ、ヤーズフレックス)1相性ピルで、月経困難症の治療薬として承認。副作用が少なくニキビやむくみ等の効果も期待

低用量ピルの種類を詳しく
ピルの効果は避妊だけじゃない!PMS・ニキビ・さらに妊活にも

トリキュラーとの違い
トリキュラーとマーベロンジェネリックのマイランは同じ低用量ピルですが、世代も相性も異なります。

マイランは第2世代3相性ピル、ホルモン配合量が3段階に分かれている。自然なホルモンバランスに近く、副作用の軽減されている。より自然なホルモンバランスを求めている方に。マーベロンは第3世代1相性、ホルモン量が21錠全て一定。男性ホルモン作用が抑えられていて、ニキビや多毛症にも効果的。ニキビでお悩みの方や飲み忘れが気になる方に。どちらも品効果は同じです。ピルについての相談は医師または薬剤師にお願いします。

トリキュラーの商品詳細へ

マイランの成分量
デソゲストレル0.15mg/エチニルエストラジオール0.02mg
デソゲストレル0.15mg/エチニルエストラジオール0.03mg

マイラン関連ページ
低用量ピル商品一覧
低用量ピル商品一覧
超低用量ピル商品一覧

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : マーベロン

服用方法・使用方法

1日1錠を服用してください。

生理開始から24時間以内に服用し、生理開始日を1シートの1日目として、順番に21日間連続服用してください。

生理初日から21日間飲み続けてください。22~28日は薬を飲まない休薬期間そしてまた次のシートを飲み始めます。

21錠 
21日間連続服用後、7日間の休薬期間を取ってください。

29日目以降は新しいシートの1から順番に継続服用してください。

服用のタイミング
なるべく毎日決まった時間に服用してください。

毎日服用することで、避妊効果が発揮されます。

飲み忘れてしまうと効果が低下する可能性があるので注意してください。

前日飲み忘れてしまった際は、直ちに前日の飲み忘れた分を服用し、当日分は通常の時間に服用してください。

2日以上飲み忘れてしまった場合は、気づいた時点で前日分の1錠を服用し、当日分は通常の時間に服用し、その後は服薬のスケジュールどおり継続服用してください。

ピルを飲み忘れたときの対処法

マイランを服用できない方
・デソゲストレルとエチニルエストラジオールに対して過敏症の既往歴のある方

・35歳以上で1日15本以上喫煙する方

・血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患またはその既往歴のある方

・重篤な腎障害または肝障害のある方

・高血圧の方

・妊娠または授乳中、妊娠の可能性がある方など

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
飲みはじめに、不正出血、吐き気、頭痛、乳房の張り、乳房痛などがよくみられますが、ホルモン環境の変化によるもなので心配はいりません。2~3か月くらいで身体が慣れてきます。飲み忘れた場合でも不正出血は起こるので注意が必要です。

重い副作用
重い副作用はまずありませんが、まれに血栓ができたり、血栓症を悪化させることがあります。
手足や、ふくらはぎに痛みやシビレ、突然の息切れや胸の痛み、激しい頭痛、急に視力が落ちるといった症状が出た場合には注意が必要なので、すぐに医師に相談して下さい。

発生頻度はきわめて低いものの、長期使用において、乳がんと子宮頸がんの発症リスクが少し高まる可能性があります。乳がんについては、自己検診の指導を受け、定期的に自己チェックをおこなうとよいでしょう。不正出血が続く場合は、子宮がんの検査をおこなう必要があります。いずれにしても、半年ないし1年に1回、これらの検査を含めた定期検診を受ければ安心です。

【重い副作用】
血栓症..手足とくにふくらはぎの痛み・はれ・むくみ・しびれ、突然の息切れ・息苦しい、深呼吸で胸が痛い、急に視力が落ちる、視野が欠ける、目が痛む、頭痛、片側のまひ、うまく話せない、意識が薄れる。

【その他】
吐き気、食欲不振、腹痛、下痢
予定外の出血(点状出血、破綻出血)
乳房痛、乳房緊満感
むくみ、にきび

併用禁止薬

服用注意
乳がん、子宮がん、血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、前兆をともなう片頭痛、重い高血圧症、脂質代謝異常、重い肝臓病、長期間安静状態(手術前4週以内、術後2週以内、産後4週以内)、35歳以上で1日15本以上タバコを吸う人、妊娠中、授乳中、骨成長が終了していない可能性がある人など。
注意が必要なケース..子宮筋腫、乳がん既往・家族歴、乳房結節、40歳以上、タバコを吸う人、肥満、高血圧、心臓病、肝臓病、腎臓病のある人など。

併用禁忌
・C型慢性肝炎治療薬のオムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル(ヴィキラックス)との併用は避けなければなりません。併用により肝機能値が悪化するおそれがあるためです。肝炎治療終了の約2週間後から 避妊薬の服用再開ができます。

結核の薬のリファンピシン(リファジン)、てんかんの薬のフェノバルビタール(フェノバール)やフェニトイン(ヒダントール、アレビアチン)、カルバマゼピン(テグレトール)、ある種の抗菌薬や抗ウイルス薬、健康食品のセイヨウオトギリソウ( セント・ジョーンズ・ワート)など

・作用増強をもたらす薬剤
抗真菌薬のイトラコナゾール(イトリゾール)、フルコナゾール(ジフルカン)やボリコナゾール(ブイフェンド)、解熱鎮痛薬のアセトアミノフェンなど

・併用薬の作用が弱くなってしまう飲み合わせ
各種血糖降下薬、子宮内膜症治療薬のブセレリン(スプレキュア)、抗てんかん薬ラモトリギン(ラミクタール)、解熱鎮痛薬のアセトアミノフェン、鎮痛薬のモルヒネ(MSコンチン)などと併用した場合、これらの作用が弱まる可能性があります。

・併用薬の作用が増強する飲み合わせ
プレドニゾロン(プレドニン)など各種副腎皮質ホルモン、三環系抗うつ薬、パーキンソン病治療薬のセレギリン(エフピー)、免疫抑制薬のシクロスポリン(サンディミュン、ネオーラル)、喘息治療薬のテオフィリン(テオドール)、胃炎・胃潰瘍治療薬のオメプラゾール(オメプラール、オメプラゾン)など

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

まだ口コミはありません。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

上へ