ヂセテル
  • ヂセテル

ヂセテル

更新日:
  • 先発薬
  • 病気・症状
購入はこちらから
  • ヂセテル
  • 商品名ヂセテル
    成分臭化ピナベリウム
    効果IBS、過敏性腸症候群の症状改善
    副作用腹部膨満、便秘、下痢、めまい、口渇など
    飲み方通常1回50mgを1日3回、食間に水と一緒に服用
    製造元アボット
特徴
ヂセテルはアボット社が開発した過敏性腸症候群(IBS)の治療薬です。

効果
ヂセテルの主成分臭化ピナベリウムは腸の筋肉である平滑筋をゆるめることで腹痛、腸障害など過敏性腸症候群の症状を改善します。

副作用
主な副作用には腹部膨満、便秘、下痢、めまい、口渇、頭痛、吐き気、皮膚症状などがあげられます。

成分量
日本国内では現在未承認のため処方されていません。
個人輸入を行っている当サイトでは50mgが購入可能です。
  • IBS
  • 過敏性腸症候群

有効成分:臭化ピナベリウム/Pinaverium Bromide 50mg

購入はこちらから

口コミ・レビュー

0

(0件)

星5つ

星4つ

星3つ

星2つ

星1つ

  • 全部

  • ★5

  • ★4

  • ★3

  • ★2

  • ★1

まだ口コミはありません。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

上へ