プロスパス(プロバンテリン)
  • プロスパス(プロバンテリン)

プロスパス(プロバンテリン)

更新日:
特徴
プロスパス(プロバンテリン)は多汗症や夜尿症・胃に現れる症状を改善するための医薬品です。
胃(十二指腸潰瘍)、胃酸過多症、幽門痙攣、胃炎、腸炎、遺尿症などの様々な症状の治療に用いられているのが特徴です。

効果
プロスパスの主成分であるプロパンテリンは、アセチルコリンの働きを抑えることで、自律神経を遮断する作用があります。
その結果、筋肉の緊張を緩め、痙攣による胃腸不良や夜尿症、多汗症を改善する効果があります。

副作用
頻度は不明ですが、主な副作用には眼の調節障害、口渇、便秘、排尿障害があげられています。

成分量
日本国内においては15mgが処方されています。
当サイトでも15mgが購入可能です。
  • 多汗症
  • 夜尿症
  • 遺尿症

有効成分:プロパンテリン/Propantheline Bromide 15mg

購入はこちらから

口コミ・レビュー

0

(0件)

星5つ

星4つ

星3つ

星2つ

星1つ

  • 全部

  • ★5

  • ★4

  • ★3

  • ★2

  • ★1

まだ口コミはありません。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

上へ