ドロスペラ(ヤーズジェネリック)
  • ドロスペラ(ヤーズジェネリック)

ドロスペラ(ヤーズジェネリック)

更新日:
  • ジェネリック
  • 避妊薬
  • 超低用量ピル
  • ドロスペラ(ヤーズジェネリック)
  • 商品名ドロスペラ(ヤーズジェネリック)
    成分ドロスピレノン、エチニルエストラジオール
    効果月経困難症の改善
    副作用悪心、頭痛、嘔吐、不正子宮出血など
    飲み方1日1錠を毎日同じ時間帯に服用
    製造元Laboratorios Leon Farma S.A.
ドロスペラ(ヤーズジェネリック)は、超低用量ピルであるヤーズのジェネリック医薬品です。

黄体ホルモンであるドロスピレノンと、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールの2つの女性ホルモンを含有しています。

主に月経困難症とされる生理痛の緩和や、PMS症状である頭痛や吐き気、イライラ緩和の働きがあります。

商品名ドロスペラ(ヤーズジェネリック)
成分ドロスピレノン、エチニルエストラジオール
効果月経困難症の改善
副作用悪心、頭痛、嘔吐、不正子宮出血など
飲み方1日1錠を毎日同じ時間帯に服用
製造元Laboratorios Leon Farma S.A.

    有効成分:

    ご注文

    ドロスペラ(ヤーズジェネリック) 28錠

    内容量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文 お気に入り
    1箱
    3,100(3,1001箱あたり
    93
    カートに入れる
    3箱
    6,900(2,3001箱あたり
    207
    カートに入れる
    6箱
    12,500(2,0831箱あたり
    375
    カートに入れる

    ドロスペラ(ヤーズジェネリック)を使用したお客様の声

    良い評価
    匿名希望さん(29歳)
    いつも助かります。 ヤーズのジェネリック
    悪い評価
    さん(歳)
    悪い評価の口コミが投稿されていません。
    他の口コミ・レビューを見る

    商品詳細

    特徴
    ドロスペラ(ヤーズジェネリック)は、少量の女性ホルモンが配合された超低用量ピルです。

    ヤーズのジェネリック医薬品にあたります。

    黄体ホルモンであるドロスピレノンと、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールの2種類の女性ホルモンを配合しています。


    こんな方におすすめ


    • 生理痛の痛みが強い方

    • 生理前のイライラを抑えたい方

    • 生理時の腰痛・頭痛・吐き気を抑えたい方

    • 低用量ピルが合わなかった方

    • ニキビが気になっている方

    月経困難症、子宮内膜症、過多月経、PMSなどの治療に使用されています。
    (アメリカではニキビ治療薬、経口避妊薬としても承認されています。)

    卵胞ホルモンの超低用量化により、副作用の軽減、休薬期間が短くなります。黄体ホルモンは国内初のドロスピレノンが配合、男性ホルモン作用がほとんどなく、ニキビやむくみなどの副効果も期待できる
    効果
    ドロスペラ(ヤーズジェネリック)は、月経困難症の治療薬です。

    アメリカでは、避妊薬として承認されていますが、日本では避妊薬としては処方されていません。


    月経困難症とは

    ・生理痛がひどい
    ・生理時にイライラや憂鬱な気分になる
    ・生理時に頭痛や腰痛がある
    ・生理時に疲労感や脱力感がある



    主成分であるドロスピレノンが脳下垂体に働きかけ、ホルモンの分泌量を抑える働きがあります。

    これにより、子宮内膜の増殖が抑えられ、月経困難症の症状を緩和させます。

    また、生理痛は経血を排出させるための子宮収縮によって起こりますが、この際痛みの原因となるプロスタグランジンという物質の産生を抑制することで、生理痛の緩和にも効果があります。

    さらに、子宮頚管粘液の性状の変化により精子の子宮内侵入を抑え、子宮内膜の変化により、受精卵の着床を抑えることで避妊薬としての効果も期待できます。

    低用量ピルの種類

    ドロスペラ(ヤーズジェネリック)は、第4世代の1相性ピルにあたります。

    低用量ピルの種類を詳しく
    ピルの効果は避妊だけじゃない!PMS・ニキビ・さらに妊活にも

    ドロスペラの成分量
    ドロスピレノン3mg/エチニルエストラジオール0.02mg、1シート28錠

    ドロスペラ(ヤーズジェネリック)に関するよくある質問

    Q1副作用はある?

    A1

    他の低用量ピルに比べて副作用は少ないとされていますが、血栓症という重篤な副作用が現れる可能性があります。
    血栓症は血管にできた血栓(血の塊)が血流を妨げてしまう病気で、最悪の場合命を落とす恐れがある病気です。

    血栓症の初期症状:手足の痺れや脱力、ふくらはぎの痛みや腫れ、めまい、舌のもつれ、激しい頭痛、息切れ、胸の痛み


    Q2他のピル同様、避妊にも効果がある?

    A2

    日本では避妊薬として処方はまだされていませんが、アメリカでは避妊薬として承認されています。
    正しく飲み続けていれば、99%以上の高い確率で避妊が可能です。
    ヤーズの避妊効果は?いつから効果が出るかも解説


    Q3低用量ピルと超低用量ピルの違いは?

    A3

    超低用量ピルは、低用量ピルに比べてホルモン量が少ないのが特徴です。
    また、低用量ピルは避妊や生理周期のコントロールが目的なのに対し、超低用量ピルは、月経困難症や子宮内膜症の治療として処方されています。


    Q4超低用量ピルは保険適用される?

    A4

    超低用量ピルを処方してもらう場合には、病気の治療薬として扱われるため、保険が適用されます。
    しかし、必ず医師の診察が必要となり、月経困難症や子宮内膜症と診断されたときに限ります。
    それに比べて、海外通販なら医師の診断が不必要で、処方薬よりお得に購入が可能です。




    ピルの種類選び方


    参考サイト
    商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
    おくすり110番:ドロスピレノン・エチニルエストラジオール
    医療用医薬品 : ヤーズ


    服用方法・使用方法

    服用量の目安
    1日1錠を毎日決められた時間にお飲みください。

    ヤーズの服用方法。1~24日目まで薄いピンクの錠剤を服用してください。25~28日目は休薬期間で白いプラセボ錠を服用して下さい。29日目からまた新しいシートをスタートさせてください。
    避妊目的で使用している場合、飲み忘れると避妊効果が低下する可能性があるので注意してください。

    前日飲み忘れてしまった際は、直ちに前日の飲み忘れた分を服用し、当日分は通常の時間に服用してください。

    2日以上飲み忘れてしまった場合は、気づいた時点で前日分の1錠を服用し、当日分は通常の時間に服用し、その後は服薬のスケジュールどおり継続服用してください。

    ピルを飲み忘れたときの対処法

    ドロスペラ(ヤーズジェネリック)を服用できない方
    ・ドロスピレノンとエチニルエストラジオールに対して過敏症の既往歴のある方

    ・35歳以上で1日15本以上喫煙する方

    ・血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患またはその既往歴のある方

    ・重篤な腎障害または肝障害のある方

    ・高血圧の方

    ・妊娠または授乳中、妊娠の可能性がある方など

    ※服用の際は、医師の指示に従ってください。

    副作用

    主な副作用
    他の低用量ピルに比べ副作用は少ないと言われていますが、主な副作用には悪心、頭痛、嘔吐、不正子宮出血などがあげられます。

    重篤な副作用
    重篤な副作用としては血栓症があげられます。

    血栓症の症状が生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

    ※血栓症とは?
    血管内に血栓が形成され、循環系における血流が閉塞することです。血栓症は四肢、肺、心臓、脳、網膜などにあらわれることがあります。
    下肢の急激な疼痛、腫脹、突然の息切れや胸痛、激しい頭痛、四肢の脱力、麻痺、構語障害、急性視力障害などの症状があります。

    また、肌荒れ、体重増加、免疫力の低下、貧血のような副作用の医学的証拠はないとされています。

    参考サイト:低用量経口避妊薬ガイドライン作成小委員会

    併用禁止薬

    併用禁忌
    併用禁忌薬は、ドロスペラ(ヤーズジェネリック)と相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。
    ・オムビタスピル水和物

    ・パリタプレピル水和物

    ・リトナピル配合剤

    併用注意
    併用注意薬は、ドロスペラ(ヤーズジェネリック)と併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

    ・副腎皮質ホルモン、三環系抗うつ剤、セレギリン塩酸塩
    これらの薬の代謝を抑える恐れがあります。

    ・テオフェリン、チザニジン塩酸塩
    これらの薬の代謝酵素(CYP1A2)を阻害する恐れがあります。

    ・血糖降下剤
    耐糖能を低下させ、血糖降下剤の効果を弱める恐れがあります。

    ・HIVプロテアーゼ阻害薬、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤
    エチニルエストラジオールのAUCが減少する恐れがあります。

    ・ラモトリギン、モルヒネ、サリチル酸系抗炎症薬
    これらの薬のグルクロン酸抱合を促す恐れがあります。

    ・セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品
    この食品は薬物代謝酵素を誘導し、本剤の代謝を促す恐れがあります。

    参考サイト
    服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
    おくすり110番:ドロスピレノン・エチニルエストラジオール
    医療用医薬品 : ヤーズ

    保管方法

    ・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

    ・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

    ・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

    ・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

    メーカー

    発送国

    シンガポール

    口コミ・レビュー

    • 2024-02-23

      匿名希望さん(29歳)

      いつも助かります。 ヤーズのジェネリック

      ▼ もっと見る ▼

      • 2023-12-18

        匿名希望さん(32歳)

        こちらでヤーズジェネリックが購入できるようになって嬉しいです。 一時期ジェネリックを求めて他サイトで購入していました。 これからはまた、対応が丁寧で安心して購入できるこちらで利用したいです。 ヤーズは自分はフレックスとして利用しています。 飲み始めは不正出血がありましたが、生理を年3,4回に減らせるのは大きく、今ではなくてはならないお薬です。

        ▼ もっと見る ▼

        全ての口コミ・レビューを見る

        口コミ・レビューを投稿する

        レビューを投稿する

        口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
        お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

        送料無料クーポンゲットチャンス
        全品送料無料

        メールアドレスをご登録いただき
        「注文確認ページ」で送料無料クーポンを選択の上ご利用ください。

        上へ