(Pensa)バルデナフィル錠
  • (Pensa)バルデナフィル錠
  • (Pensa)バルデナフィル錠

(Pensa)バルデナフィル錠

更新日:
  • ジェネリック
  • ED治療薬
  • レビトラ
  • (Pensa)バルデナフィル錠
  • 商品名(Pensa)バルデナフィル錠
    成分バルデナフィル
    効果ED改善
    副作用ほてり、頭痛、めまい、鼻詰まりなど
    飲み方性行為の20分~1時間前に1回1錠を服用
    製造元toLife Pensa
特徴
バルデナフィル錠はED治療薬で、勃起不全(ED)の改善を目的とした医薬品です。
こちらの商品は東和薬品の子会社が製造しており、信頼と実績のあるレビトラジェネリックになります。

こんな方が購入しています
インド製のジェネリックに抵抗がある
製造メーカーにこだわりたい

選ばれているポイント
レビトラ品薄による代替品
東和薬品の子会社が製造

効果
主成分であるバルデナフィルが血管を拡張するため、陰茎に送られる血液量が増加し勃起が促されます。
持続時間は5時間~10時間です。

副作用
主な副作用は、ほてりや頭痛、めまい、鼻詰まりなどの症状が挙げられます。

成分量
日本では未承認のため、病院では処方されていません。
当サイトでは20mgが購入可能です。
  • ED
  • 勃起不全

有効成分:バルデナフィル/Vardenafil 20mg

ご注文

(Pensa)バルデナフィル錠 20mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
4錠
6,386
5,750(1,4371錠あたり
172
カートに入れる
12錠
15,460
13,910(1,1591錠あたり
417
カートに入れる
20錠
24,540
22,080(1,1041錠あたり
662
カートに入れる
28錠
33,730
30,350(1,0831錠あたり
910
カートに入れる

(Pensa)バルデナフィル錠を使用したお客様の声

良い評価
さん(歳)
良い評価の口コミが投稿されていません。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

バルデナフィル錠の特徴
バルデナフィル錠はED治療薬で、勃起不全(ED)の改善を目的としている医薬品です。
こちらの商品は東和薬品の子会社が製造しており、信頼と実績のあるレビトラジェネリックになります。

こんな方が購入しています
インド製のジェネリックに抵抗がある
製造メーカーにこだわりたい

選ばれているポイント
レビトラ品薄による代替品
東和薬品の子会社が製造

バルデナフィル錠に関するよくある質問

Q.1インド製のジェネリックは少し不安があります。
A.こちらのバルデナフィル錠はポルトガル製で、東和薬品の子会社が製造しているものになります。

Q.2用量は普段10mgを服用しますが、10mgはないのでしょうか?
A.こちらの商品は20mgのみとなります。錠剤を半分にカットすれば10mgとして服用可能です。

Q.3レビトラが体質に合っていればこちらも問題なく服用できますか?
A.成分はレビトラと同じ「バルデナフィル」ですので、同じ効果が期待できます。


サイト運営者から一言

東和薬品の子会社が製造しているためレビトラが品薄状態の今、人気の高い商品です。




バルデナフィル錠の持続時間
体質や服用状況によって異なりますが、持続時間は5時間~10時間と言われています。

バルデナフィル錠の関連ページ
人気のジェネリック医薬品
レビスマ

バルデナフィル商品一覧
レビトラジェネリック

服用方法・使用方法

服用のタイミング
バルデナフィル錠の正しい服用方法は、性行為の30分~1時間前です。

連続して服用する場合は、必ず24時間以上の間隔を空けましょう。

服用量の目安
1回の性行為で服用できる容量は、5mg~20mgとなっています。
20mg以上服用しても、効果が強く出るわけではありませんのでご注意ください。

推奨用量
初めて服用する方は10mgが推奨されています。
ピルカッターなどで半分に割ってから、バルデナフィル錠を服用してください。

食事の影響
バルデナフィル錠は食事の影響を受けにくいです。
ですが焼き肉や揚げ物など「脂肪分が多い食事後」に服用すると、薬の効果が低下する場合もあります。

そのため可能な限り、食事の1時間前にバルデナフィルを服用しましょう。

アルコールの影響
アルコールと併用してしまうと、酔いが早まり勃起しにくくなる場合もあるため、アルコールは注意が必要です。

バルデナフィル錠を服用できない方
・硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤を服用している方
・心血管系障害があり、性行為が不適当と考えられる方
・バルデナフィルに対し過敏症の既往歴がある方
・クラスIAやクラスIIIの抗不整脈薬を服用している方
・QT延長症候群の方
・脳梗塞、脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある方
・重度の肝障害がある方
・血液透析が必要な腎障害がある方
・低血圧または高血圧の方
・不安定狭心症のある方
・リオシグアト、CYP3A4を阻害する薬剤を服用している方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用として、以下が報告されています。

・ほてり
・頭痛
・めまい
・鼻詰まり

血管が拡張することによって起こる副作用なので、バルデナフィルの効果が切れれば副作用も出なくなります。

特異な症状
極めてまれな副作用ですが、特異な症状として以下が報告されています。

・非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)
・けいれん発作
・急激な聴力低下
・突発性難聴
・持続勃起症(プリアピズム)

バルデナフィル錠との因果関係は明確ではありませんが、上記の症状が発現したら直ちに病院で診察を受けましょう。

※非動脈炎性前部虚血性神経症(NAION)とは?
目と脳をつなぐ視神経に血液が送られなくなってしまい、突然の視野欠損(見えない箇所がある状態)を引き起こす症状のこと

※プリアピズム(持続勃起症)とは?
「性的刺激」や「自分の性欲」とは関係なく、勃起状態が続いてしまう症状のこと。
4時間以上継続した場合は危険なので、直ちに病院で診察を受けましょう。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌とは「バルデナフィルと併用できない薬」のことです。
以下の薬を服用している方は、バルデナフィルを服用してはいけません。

・硝酸剤及びNO供与剤
ニトログリセリン
亜硝酸アミル
硝酸イソソルビド
ニコランジル
など

・CYP3A4を阻害する薬剤
リトナビル
ノービア
など

・クラスIA抗不整脈薬
キニジン
プロカインアミド
など

・クラスIII抗不整脈薬
アミオダロン
ソタロール等
など

・リオシグアト、アデムパス
・インジナビル、クリキシバン
・テラプレビル、テラビック
・ケトコナゾール、イトラコナゾール、イトリゾール
・コビシスタットを含有する製剤、スタリビルド

併用注意
併用注意とは「バルデナフィルと併用する際に注意が必要な薬」のことです。
以下の薬を服用している方は、「薬剤師」や「かかりつけの医師」に相談した上で、バルデナフィルを服用しましょう。

・CYP3A4を阻害する薬剤
・マクロライド系抗生物質(エリスロマイシンなど)
・ビカルタミド
・CYP3A4を誘導する薬剤(リファンピシンなど)
・カルペリチド
・α遮断薬(テラゾシン,タムスロシンなど)
・グレープフルーツ

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : レビトラ

保管方法

・直射日光を避けた場所(室内)で保管してください。

・子供の手が届かない場所に保管してください。

・湿気に弱いため半分に割って服用する場合は、なるべく空気が触れないように保管してください。

・薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。

・使用期限が過ぎている場合は、服用しないでください。

メーカー

発送国

香港

口コミ・レビュー

まだ口コミはありません。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

上へ