【9月限定】バイスマ100mg12錠+ジスリン250mg10錠
  • 【9月限定】バイスマ100mg12錠+ジスリン250mg10錠

【9月限定】バイスマ100mg12錠+ジスリン250mg10錠

更新日:
          インドのスマート社から、
          大人気ED治療薬【バイスマ(バイアグラ・ジェネリック)100mg】と
          細菌感染症治療薬【ジスリン(ジスロマック)250mg】が
          期間限定セットになりました。

          商品開発に日本人が携わることで、「日本人に使いやすい商品」を多く販売するスマート社の中でも
          大人気を頂いている商品2種類を大変お得にお買い求め頂けますので
          ぜひこの機会にご活用ください。

          ※性病治療にご利用の場合、ジスリン250mg4錠で完治の目安となります。

            有効成分:
            【バイスマ】
            シルデナフィル/ Sildenafil 100mg

            【ジスリン】
            アジスロマイシン/Azithromycin 250mg

            ご注文

            【9月限定】バイスマ100mg12錠+ジスリン250mg10錠 1セット

            内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
            22錠
            10,000
            6,980(3171錠あたり
            209
            カートに入れる

            【9月限定】バイスマ100mg12錠+ジスリン250mg10錠を使用したお客様の声

            良い評価
            さん(歳)
            良い評価の口コミが投稿されていません。
            悪い評価
            さん(歳)
            悪い評価の口コミが投稿されていません。
            他の口コミ・レビューを見る

            商品詳細

            バイスマの特徴
            バイスマはスマート社が開発したED治療薬です。
            世界的に有名なED治療薬であるバイアグラのジェネリック医薬品で、青い丸形の錠剤が特徴です。
            バイスマの効果
            バイスマの主成分であるシルデナフィルは、勃起を阻害する酵素であるPDE-5(5型ホスホジエステラーゼ )を抑える働きがあります。
            PDE-5という酵素は、勃起を起こすのに必要な環状グアノシン一リン酸を分解してしまいます。
            環状グアノシン一リン酸が分解されている状態というのは、つまり勃起が起きない状態になり、その状態はED(勃起不全)と言われる症状です。
            シルデナフィルは、酵素PDE-5を阻害し、陰茎付近の血管拡張や陰茎内部の海綿体と呼ばれる組織の筋肉を弛緩させる効果があります。
            その効果で血管が拡張され、筋肉が弛緩されることで陰茎内の海綿体という組織に多くの血液を流れ込みやすくして勃起を促してくれます。
            バイスマの持続時間
            4~6時間と言われていますが、服用すれば強制的に勃起するようなことはなく、あくまで性的な刺激や興奮があって、初めて勃起が起きます。
            バイスマの成分量
            日本国内においては、現状未承認のため処方されていませんが、個人輸入を行っている当サイトでは50mg/100mgの購入が可能です。
            初めて服用する方はピルカッタ―などでカットし、半錠から服用を開始するようにしてください。

            バイスマの関連ページ
            シルデナフィル商品一覧
            バイアグラジェネリック

            ジスリンの特徴
            ジスリンはスマート社が開発した抗生物質で、白い楕円形の錠剤が特徴です。
            世界的に有名なジスロマックのジェネリック医薬品で、細菌感染症の治療薬として用いられます。
            ジスリンの効果
            ジスリンの主成分のアジスロマイシンは、細菌感染による感染症の治療に用いられるマクロライド系の抗生物質です。
            細菌は細胞の分裂によって増殖していきます。
            リポゾームという器官が細胞を分裂させる原料となるタンパク質を作り出します。
            アジスロマイシンはこのリポゾームの働きを抑えることで、細菌の増殖を抑え、死滅と抗菌に効果があります。
            国内で感染者数の最も多いクラミジアや淋病の治療に用いられ、病院でも処方される成分です。
            また、アジスロマイシンには他の抗生物質にない抗炎症作用があり、抗菌作用と合わせて感染症の治療ができる優れた成分です。
            性感染症だけでなく、咽頭炎、副鼻腔炎、気管支炎、肺炎、歯周病など多くの細菌感染症にも適応があります。
            ジスリンの成分量
            日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。
            個人輸入を行っている当サイトでは250mg/500mg/1000mgの3種類の購入が可能です。
            ジスリンの関連ページ
            クラミジア治療薬一覧
            クラミジア薬

            淋病治療薬一覧
            淋病薬

            服用方法・使用方法

            バイスマ
            バイスマは空腹時で性行為の1時間前に服用するのが正しい飲み方です。
            1度服用した後、次に服用する場合は24時間以上の間隔を空けるようにしてください。
            服用量の目安
            当サイトで取り扱っているバイスマの用量は50mg/100mgの2つがありますが、50mg/100mgをピルカッターを使い半錠にすることで、半分量として服用することができます。
            25mgであまり効果を実感出来なかった場合に50mg、そして100mgと用量を上げることは可能になっているため、ご自身に合った用量へ切り替えるようにしてください。
            中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を一度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。
            1回の性行為で服用できるのは50mgまでとなっています。
            小柄な日本人には、25mg/50mgでも効果が期待できます。
            100mgの有効成分を有しているバイスマは海外の大柄男性向きです。
            推奨用量
            初めてバイスマの主成分であるシルデナフィルを含む医薬品を服用される場合は25mgからの服用が推奨されています。
            食事の影響
            バイスマは服用の2時間前からは何も食べないことを推奨されています。
            その理由として、バイスマの主成分であるシルデナフィルの吸収過程に関係があります。
            シルデナフィルは、腸から吸収されて体内の血液に巡っていきます。
            胃に食べ物が入っていると、錠剤が腸に運ばれる前に胃で吸収されてしまいます。
            また、服用前に脂質の多い食事などをしてしまうと、腸壁に食べ物の油などが付着してしまい、成分の吸収が悪くなってしまいます。
            吸収が悪くなることで効き目が発揮されないことや効果が不十分になるといったことがあるため、空腹時の服用を心掛けるようにしてください。
            なお、1度服用してから30分ほど経過すれば成分は吸収されるため、その後は好きなものを食べても問題ありません。
            アルコールの影響
            アルコールとの併用は問題ないとされていますが、血管拡張作用が酔いを早めることもあるため、飲みすぎには注意が必要です。
            バイスマを服用できない方
            ・心血管系障害(心臓または血管に生じる病気)があり、性行為が不適当と考えられる方
            ・重度の肝機能障害のある方
            ・低血圧の方、治療による管理がなされていない高血圧の方
            ・脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある方
            ※服用の際は、医師の指示に従ってください。


            ジスリン
            ジスリンは成分の血中濃度を一定に保つためになるべく毎日決まった時間に服用してください。
            服用量の目安
            当サイトで取り扱っているジスリンの用量は250mg/500mg/1000mgの3つがあります。
            性感染症の症状の場合1000mg(250mgの錠剤の場合は4錠、500mgの錠剤の場合は2錠、1000mgの錠剤の場合は1錠)を1回服用してください。
            それ以外の症状の場合500mgを1日1回3日間、服用してください。
            中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。
            推奨用量
            性感染症の場合、成人にはアジスロマイシンとして、1000mgを1回経口投与してください。
            それ以外の症状の場合、成人にはアジスロマイシンとして、500mgを1日1回、3日間合計1500mgを経口投与してください。
            ジスリンを服用できない方
            ・アジスロマイシンに過敏症の既往歴のある方
            ・他のマクロライド系またはケトライド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある方
            ・肝臓機能に障害のある方
            ・心疾患のある方
            ・授乳中の方
            ※服用の際は、医師の指示に従ってください。

            副作用

            バイスマ
            主な副作用には、血管の拡張に伴う血圧の低下、目の充血、顔のほてり、動悸、鼻詰まりなどがあげられます。
            これらは血管を広げる作用によるものとされており、性欲求によってペニスへ血流が強く流れると副作用も緩和します。
            特異な症状
            特異な症状として、青色のメガネをしているみたい、青と緑の区別がつかない、と異常な見え方をする視覚異常を生じることがあります。
            多くの場合は、一過性になるため問題ありませんが、著しく視力が低下する場合には、非動脈炎性前部虚血性神経症(NAION)のリスクがあります。
            万が一、急激な視力低下や視力喪失といった症状が現れた場合には、眼科などで専門医に相談して下さい。
            また、4時間以上痛みのある勃起状態が続いた場合には、持続勃起症(プリアピズム)の可能性があります。
            もし勃起が4時間以上続くようでしたら、直ちに医師の診察を受けてください。
            ※非動脈炎性前部虚血性神経症(NAION)とは?
            視神経への血液の供給が停止することで視神経細胞が機能不全を起こしたり、壊死してしまいます。
            この状態を虚血性視神経症と言います。
            因果関係は不明とされていますが、ED治療薬を服用している人にわずかではありますが、相関関係があるとされています。
            ※プリアピズム(持続勃起症)とは?
            プリアピズムは持続性勃起証とも言い、陰茎が勃起状態のまま通常時に戻らない、もしくは非常に戻りにくいといった症状です。
            別名、陰茎強直症とも言われています。
            この原因は陰茎の海綿体内に存在する動脈系の破綻が主な原因とされています。
            勃起が通常時に戻らず、4時間継続して勃起したままの状態になってしまった場合は、直ちに医師の診察を受けてください。

            ジスリン
            主な副作用には、発疹、蕁麻疹、そう痒症、胃腸症状、腹痛、吐き気などがあげられます。
            また重篤な副作用として、皮膚に発進や水ぶくれ、口の中のただれ、発熱や目の充血などの症状が現れる場合があります。
            アナフィラキシーショックや皮膚粘膜眼症候群などの重篤な皮膚症状に発展してしまう恐れがあるので、このような前兆となる症状には注意が必要です。
            万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。
            ジスリンの作用時間は7~14日間と長いため服用を終了してから数日後に副作用が生じることがあります。
            ※アナフィラキシーショックとは?
            アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
            90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
            症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。
            ※皮膚粘膜眼症候群とは?
            急激に発症する皮膚・粘膜の炎症性疾患です。
            高熱や全身の倦怠感など症状を伴い、口唇、口腔、眼、外陰部などを含む全身に紅斑、水疱などが発症し表皮の壊死性障害を認める疾患です。
            また、ウイルス感染を契機に発症する場合があります。

            併用禁止薬

            バイスマ併用禁忌
            併用禁忌薬は、バイスマと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。
            ・硝酸剤及びNO供与剤
            (ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド)
            併用により、降圧作用を増強することがあります。
            ・アミオダロン塩酸塩
            (アンカロン錠)
            併用により、アミオダロン塩酸塩によるQTc延長作用が増強するおそれがあります。
            バイスマ併用注意
            併用注意薬は、バイスマと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。
            ・グレープフルーツ(ジュース含む)
            フラノクマリンという成分が体内の代謝酵素の働きを阻害するため、薬の分解に遅れが生じます。
            その結果、必要以上に薬の成分を体内に吸収してしまうため、効果や副作用が強く出てしまう可能性があります。
            ・CYP3A4阻害薬・誘導薬
            リトナビル、サキナビル、ダルナビル
            ・降圧剤
            バイスマには血圧を下げる作用があり、降圧剤と併用することで、一時的な立ちくらみ・ふらつきなど低血圧の症状が起こる可能性があります。

            ジスリン併用禁忌
            現在報告されておりません。
            ジスリン併用注意
            併用注意薬は、ジスリンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。
            ・制酸剤(水酸化アルミニウム、水酸化マグネシウム)
            本剤の最高血中濃度低下の恐れがあります。
            ・抗凝固薬(ワーファリン)
            抗凝固薬の作用を強めてしまう恐れがあります。
            ・免疫抑制剤
            免疫抑制剤の最高血中濃度の上昇や半減期延長の恐れがあります。
            ・エイズ治療薬
            最高血中濃度の上昇の恐れがあります。
            ・強心剤
            ジゴキシン中毒が現れる可能性が高まる恐れがあります。

            保管方法

            【バイスマ・ジスリン共通】
            ・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。
            ・小さな子の手が届かない場所に保管してください。
            ・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。
            ・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。
            ・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

            メーカー

            発送国

            インド

            口コミ・レビュー

            まだ口コミはありません。

            口コミ・レビューを投稿する

            レビューを投稿する

            口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
            お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

            上へ