ボルタレン徐放錠
  • ボルタレン徐放錠

ボルタレン徐放錠

更新日:
特徴
ボルタレン徐放錠はノバルティス社が開発した、関節症や腰痛、筋肉痛、熱によるノドの痛みをともなうカゼにも使える医薬品で、血中の薬物濃度が長時間持続することから、持続性製剤とも呼ばれる徐放剤が特徴です。
当サイトが取り扱っているボルタレン徐放錠は、ノバルティス社が製造・販売している正規品です。

効果
ボルタレン徐放錠の主成分であるジクロフェナクナトリウムは、筋肉や関節痛、腫れや炎症の痛みを軽減しますが、対症療法薬ですので、熱や痛みの原因そのものを治すことはできません。

副作用
主な副作用は胃腸症状ですが、重症化することはまれです。

成分量
世界では100mgが販売されていますが、日本国内でもこの100mgが処方されています。
当サイトでも100mgの購入可能です。
  • ジクロフェナクナトリウム25mg
  • 100mg

有効成分:ジクロフェナクナトリウム/Diclofenac Sodium 100mg

ご注文

ボルタレン徐放錠 100㎎

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
30錠
6,000
5,400(1801錠あたり
162
カゴに入れる
60錠
12,000
9,720(1621錠あたり
291
カゴに入れる

ボルタレン徐放錠を使用したお客様の声

良い評価
さん(歳)
良い評価の口コミが投稿されていません。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

ボルタレン徐放錠の特徴
ボルタレン徐放錠はノバルティス社が開発した、関節症や腰痛、筋肉痛、熱によるノドの痛みをともなうカゼにも使える医薬品で、血中の薬物濃度が長時間持続することから、持続性製剤とも呼ばれる徐放剤が特徴です。

ボルタレン徐放錠の効果
ボルタレン徐放錠の主成分であるジクロフェナクナトリウムは、シクロオキゲナーゼ(COX)と呼ばれる酵素の働きを阻害することで、痛みを強くする要因のプロスタグランジン(PG)が生成されるのも阻害します。

これにより、痛みを抑制作用や熱を下げます。

ボルタレン徐放錠の持続時間
最高血中濃度:2.72時間
持続時間:5時間

ボルタレン徐放錠の成分量
日本国内において、100mgが処方されています。

個人輸入を行っている当サイトでも100mgの購入が可能です。

その他
カゼなどの感染症による発熱やノドの腫れは、ばい菌を殺菌駆除するための自然な防御システムのため、抑制することで治りが遅れる可能性があるので掛かりつけの医者にご相談のうえ適切なご利用をお願いします。

また、胃の副作用を予防するのに、胃腸薬が処方されることがあります。

筋肉痛・肩こり商品一覧
筋肉痛・肩こり

関節リウマチ商品一覧
関節リウマチ

解熱・鎮痛商品一覧
解熱・鎮痛

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
ジクロフェナク - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
ボルタレン徐放錠は空腹での服用は避けることが望ましいとされているため、朝・昼・夕食後のいずれかが適当とされています。

服用量の目安
ボルタレン徐放錠は1回25mg~50mg、服用回数は1日3回までで、1日の最大服用量は100mgとされています。

服用間隔は4時間以上あけてください。

推奨用量
初めてボルタレン徐放錠の主成分であるジクロフェナクナトリウムを含む医薬品を服用される場合は1日の服用回数は原則2回までとし、1日最大量は100mgの服用が推奨されています。

ボルタレン徐放錠を服用できない方
・消化性の潰瘍がある患者さん

・重い血液の異常がある患者さん

・重い肝障害がある患者さん

・重い腎障害がある患者さん

・重い高血圧症の患者さん

・重い心機能不全がある患者さん

・ボルタレン成分ジクロフェナクに過敏症(アレルギー)の既往歴がある方

・アスピリン喘息または、その既往歴がある方

・インフルエンザ脳炎や脳症の方

・妊娠または妊娠している可能性がある、あるいは授乳中の方

・トリテレンを服用している方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、発疹、貧血、胃腸症状などがあげられます。

併用禁止薬

併用禁忌
併用禁忌薬は、ボルタレン徐放錠と相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

・トリテレン
ボルタレンの作用によって、トリテレンの腎障害が増大し急性腎不全が現れたとの報告があります。

併用注意
併用注意薬は、ボルタレン徐放錠と併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・ニューキノロン系抗菌剤
ボルタレンとの併用によって、痙攣(けいれん)を起こす恐れがあります。

・リチウム
ボルタレンと次の薬を併用することによって、作用を強める恐れがあります。

・アスピリン
ボルタレンとアスピリンとの併用によって、お互いの作用を弱めてしまうことがあります。

・NSAIDs(非ステロイド性消炎鎮痛剤)
ボルタレンとの併用によって、お互いに胃腸障害などの副作用を強める恐れがあります。

など

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : ボルタレン

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

香港・シンガポール

口コミ・レビュー

まだ口コミはありません。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

上へ