デュラティア(プリリジージェネリック)
  • デュラティア(プリリジージェネリック)

デュラティア(プリリジージェネリック)

更新日:
  • ジェネリック
  • 早漏防止薬
  • ダポキセチン
  • デュラティア(プリリジージェネリック)
  • 商品名デュラティア(プリリジージェネリック)
    成分ダポキセチン
    効果早漏防止
    副作用頭痛、口の渇き、めまい、吐き気など
    飲み方性行為の1時間前に1~2錠服用
    製造元ダーダファーマ
デュラティアは、プリリジーのジェネリック医薬品で、ダポキセチン配合の早漏防止薬です。

ダポキセチンには、セロトニンの濃度を高めることで、興奮を抑え、射精までの時間を延長させる効果があります。

精神的ストレスが原因による早漏の方におすすめです。

商品名デュラティア
成分ダポキセチン
効果早漏防止
副作用頭痛、口の渇き、めまい、吐き気など
飲み方性行為の1時間前に1~2錠服用
製造元ダーダファーマ

    有効成分:ダポキセチン

    ご注文

    デュラティア(プリリジージェネリック) 30mg

    内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文 お気に入り
    10錠
    1,800(1801錠あたり
    54
    カートに入れる

    デュラティア(プリリジージェネリック)を使用したお客様の声

    良い評価
    さん(歳)
    良い評価の口コミが投稿されていません。
    悪い評価
    さん(歳)
    悪い評価の口コミが投稿されていません。
    他の口コミ・レビューを見る

    商品詳細

    デュラティアの特徴

    デュラティアは、プリリジーのジェネリック医薬品で、ダポキセチン配合の早漏防止薬です。

    主成分のダポキセチンは、脳内物質であるセロトニンの分泌量を調整する働きがあります。

    そのため、緊張・不安などの精神的なストレスからくる心因性早漏の方に適しています。

    性行為の1時間前に服用することで、射精までの時間を通常の2~3倍延長することが可能です。

    心因性早漏になりやすい人


    • 性行為をするのが不安

    • 性行為で失敗した経験がある

    • 身体のコンプレックスがある

    包茎が原因で刺激に慣れていない包茎性早漏や、加齢や筋力の衰えによる衰弱性早漏の方はリドカインが有効です。

    デュラティアの効果

    早漏の要因の1つに、興奮や緊張でセロトニンが不足し、アドレナリンの分泌が過剰となってしまうことがあります。
    アドレナリンの分泌が過剰になると、意図しないタイミングで射精を引き起こしてしまいます。

    デュラティアの主成分であるダポキセチンは、神経終末からセロトニンの再取り込みを阻止することで、脳内のセロトニン濃度を高める働きがあります。

    これによって、過剰な興奮状態を抑え、射精時間を延長させる効果が期待できます。


    セロトニンとは

    セロトニンは脳内の伝達物質で、快感が増加する効果の高いドーパミンや緊張、ストレスに反応を示すノルアドレナリンの動きを抑えます。
    これによって、興奮や不安といった気持ちのバランスを調整する働きがあるとされています。



    デュラティアの持続時間

    3~5時間です。

    成分量

    日本国内においては、現状未認証のため処方されていません。

    個人輸入を行っている当サイトでは30mgのみ購入が可能です。

    デュラティアに関するよくある質問

    Q1ダポキセチン配合の薬は内服薬しかありませんか?

    A1

    外用薬ではセロトニンの分泌量を調整する事が出来ないので、ダポキセチンが含まれている早漏防止薬には内服薬しかありません。


    Q2お酒を飲んだあとも服用できますか?

    A2

    ダポキセチンを有効成分に含む早漏防止薬は、アルコールとの相性が良くありません。
    お酒と一緒に飲むことで、アルコールの作用が強く出てしまい、吐き気や動悸、頭痛などの副作用があらわれる可能性があります。
    最悪な場合「失神する可能性」が考えられるため、併用は避けてください。


    Q3ほかに注意点はありますか?

    A3

    グレープフルーツとも相性が悪いため、ジュースを含むグレープフルーツは控えてください。
    必要以上に薬の成分を体内に吸収してしまうため、効果や副作用が強く出てしまう可能性があります。




    参考サイト
    商品詳細のご説明・服用方法・副作用・併用禁忌・注意については、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
    Dapoxetine - Wikipedia

    服用方法・使用方法

    服用のタイミング
    デュラティアは性行為の1時間前に1~2錠服用に服用してください。

    1度服用した後、次に服用する場合は24時間以上の間隔を空けるようにしてください。

    服用量の目安
    中には効果を強く期待するために、決められた用量の2倍・3倍といった量を一度に服用する方がいますが、効果が強くでるわけではありません。

    1回の性行為で服用できるダポキセチンの量は60mgまでとなっています。

    推奨用量
    初めてダポキセチンを含む医薬品を服用される場合は30mgからの服用が推奨されています。

    食事の影響
    デュラティアは食事の影響は受けません。

    アルコールの影響
    主成分であるダポキセチンはアルコールの副作用を強めるため、アルコールとの併用はしないようにしてください。

    アルコールを摂取する場合は、服用後1~4時間が経過してからにしてください。

    詳しい理由はわかっていませんが、アルコールとダポキセチンも脳内ホルモンのセロトニンやノルアドレナリンに作用する成分であるため、その相乗作用により、吐き気や動悸、頭痛、大量の発汗、悪酔い、ときには失神する場合があります。

    デュラティアを服用できない方
    ・重度の狭心症または心筋梗塞の方

    ・重度の心臓弁膜症の方

    ・洞不全症候群の方

    ・中等~重度の肝機能障害の方

    ・起立性低血圧または失神の既往歴がある方

    ・うつ病または躁うつ病の方

    ・てんかんの方

    ・20歳未満の方または65歳以上の方

    ※服用の際は、医師の指示に従ってください。

    副作用

    主な副作用
    主な副作用として頭痛、口の渇き、めまい、吐き気、頭痛、下痢、不眠症などがあります。

    めまいやふらつきが現れることがあるため、高所作業や自動車の運転等危険を伴う操作をする際にも注意が必要です。

    併用禁止薬

    併用禁忌
    併用禁忌薬は、デュラティアと相性が悪く一緒に飲み合せすることができないお薬です。

    ・CYP3A4阻害薬


    併用注意
    併用注意薬は、デュラティアと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

    ・抗うつ薬

    ・三環系抗うつ薬

    ・モノアミンオキシダーゼ阻害剤

    ・グレープフルーツ(ジュース含む)
    フラノクマリンという成分が体内の代謝酵素の働きを阻害するため、薬の分解に遅れが生じます。
    その結果、必要以上に薬の成分を体内に吸収してしまうため、効果や副作用が強く出てしまう可能性があります。

    参考サイト
    服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
    メナリーニ - プリリジー

    保管方法

    ・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

    ・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

    ・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

    ・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

    メーカー

    発送国

    インド

    口コミ・レビュー

    まだ口コミはありません。

    口コミ・レビューを投稿する

    レビューを投稿する

    口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
    お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

    送料無料クーポンゲットチャンス
    全品送料無料

    メールアドレスをご登録いただき
    「注文確認ページ」で送料無料クーポンを選択の上ご利用ください。

    上へ