タモキシフェン
  • タモキシフェン

タモキシフェン

更新日:
  • ジェネリック
  • ホルモン
  • 女性ホルモン
  • タモキシフェン
  • 商品名タモキシフェン
    成分タモキシフェン
    効果乳がん治療
    副作用吐き気、下痢、食欲不振など
    飲み方1日2錠を1~2回に分けて服用
    製造元EGIS
    在庫現在欠品中です。次回5月下旬入荷予定。

    有効成分:タモキシフェン

    ご注文

    タモキシフェン 20mg

    内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文 お気に入り
    30錠
    4,500
    3,500(1161錠あたり
    105
    売切れ
    60錠
    9,000
    5,500(911錠あたり
    165
    売切れ

    タモキシフェンを使用したお客様の声

    良い評価
    さん(歳)
    良い評価の口コミが投稿されていません。
    悪い評価
    さん(歳)
    悪い評価の口コミが投稿されていません。
    他の口コミ・レビューを見る

    商品詳細

    タモキシフェンは、抗エストロゲン薬に分類されるホルモン療法薬の一種です。

    有効成分はタモキシフェンクエン酸塩20mgで、主に乳がんを治療するのに使われている薬です。

    術後補助療法を含め乳がんの標準治療薬として広く用いられています。閉経前・閉経後を問わず使うことが出来ます。
    タモキシフェンは、ノルバデックスのジェネリックです。

    効果や効能は先発薬であるノルバデックスと同じです。


    ポイント


    • ノルバデックスと同成分で低価格

    • エストロゲン結合を防ぎ、乳がん増殖を抑制

    • アナボリックステロイドのケア剤としても用いられている




    効果
    乳がんは、女性ホルモンのエストロゲンの影響を受けて大きくなる性質があります。

    タモキシフェンには、乳がん細胞のエストロゲン受容体へ先回りしてエストロゲンの結合を妨げる効果があります。
    エストロゲンの作用を抑えて乳がんの増殖を抑制します。
    その結果、腫瘍の勢いがなくなり、病状がおさまります。

    国立がん研究センター中央病院の発表では、ホルモン受容体陽性/HER2陰性の進行乳がん患者に対するタモキシフェンとパルボシクリブの併用の有意性が確認されています。

    タモキシフェンは、アナボリックステロイド使用後の副作用である女性化乳房や水分貯蓄を防ぐケア剤としても用いられています。ステロイドサイクル後にタモキシフェンによる治療が行われます。
    有効成分
    タモキシフェン

    内容量
    20mg/30錠

    服用方法・使用方法

    ※成人は1日2錠(タモキシフェンとして20mg)を1〜2回に分けて服用します。
    ※包装シートから薬を取り出し、水またはぬるま湯(コップ1杯程度)で服用します。
    ※症状により適宜増量されますが、1日最高量は4錠(40mg)までです。
    ※2回分を一度に飲まないでください。
    ※飲み忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く飲んでください。ただし、次の服用時間がせまっている場合は1回分とばし、次の通常の服用時間に1回分を服用します。

    タモキシフェンを服用できない方

    ・妊娠または妊娠している可能性のある方
    ・授乳中の方※やむを得ず服用する場合は、授乳を中止してください。
    ・タモキシフェンの成分に対し過敏症の既往歴のある方
    ※服用の際は、医師の指示に従ってください。

    ※また、次に当てはまる方は服用前に主治医にご相談下さい。
    ・薬局で買った薬を含め、現在他に服用している薬がある方
    ・過去に薬を服用した際に、発疹/かゆみが発生したことのある方
    ・血液関係の病気になった経験がある方。もしくは現在かかっている方

    副作用

    主な副作用には、以下の症状が挙げられます。
    ・生理不順(生理が遅れるなど)
    ・おりものやかゆみ
    ・膣の乾燥
    ・無月経
    ・膣からの出血(月経時以外)
    ・吐き気、嘔吐、食欲不振
    ・下痢、腹痛
    ・頭痛
    ・めまい
    ・ほてり
    ・発汗
    ・むくみ
    ・体重増加 など

    重篤な副作用
    重篤な副作用には、以下の症状が挙げられます。

    ・無顆粒球症、白血球減少、好中球減少、貧血、血小板減少
    ・視力異常、視覚障害
    ・血栓塞栓症、静脈炎
    ・劇症肝炎、肝炎、胆汁うっ滞、肝不全
    ・高カルシウム血症
    ・子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮内膜増殖症、子宮内膜症
    ・間質性肺炎
    ・アナフィラキシー、血管浮腫
    ・皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)
    ・水疱性類天疱瘡
    ・膵炎

    併用禁止薬

    併用禁忌薬
    併用禁忌薬は、タモキシフェンと相性が悪く一緒に飲み合わせすることができないお薬です。

    ・SSRI/SNRIs
    ・三環系抗うつ薬
    ・向精神薬
    ・ジュ運管規約
    ・抗感染症薬
    ・H2阻害薬/H1阻害薬

    併用注意
    併用注意薬は、タモキシフェンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

    ・ワルファリン:ワルファリンの肝臓での代謝がタモキシフェンによって阻害される恐れがある
    ・リトナビル:競合的阻害作用によって、タモキシフェンのAUCが上昇する恐れがある
    ・リファンビシン:CYP3A4の誘導により、タモキシフェンの代謝が促進される恐れがある
    ・バロキセチン:CYP2D6阻害作用によって、タモキシフェンの血漿中の活性代謝物濃度が低下したケースがある

    参考サイト
    服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。

    医療用医薬品 : タモキシフェン

    保管方法

    ・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

    ・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

    ・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

    ・お届けする商品の賞味期限は6ヶ月以上のものとなりますが、表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

    メーカー

    発送国

    香港

    口コミ・レビュー

    まだ口コミはありません。

    口コミ・レビューを投稿する

    レビューを投稿する

    口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
    お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

    送料無料クーポンゲットチャンス
    全品送料無料

    メールアドレスをご登録いただき
    「注文確認ページ」で送料無料クーポンを選択の上ご利用ください。

    上へ