アマントレル
  • アマントレル

アマントレル

更新日:
  • ジェネリック
  • 病気・症状
  • パーキンソン病
  • アマントレル
  • 商品名アマントレル
    成分アマンタジン
    効果パーキンソン病の改善
    副作用便秘、下痢、食欲不振、めまいなど
    飲み方1日100mgを1~2回に分けて服用
特徴
アマントレルはシプラ社が開発したインフルエンザA型の治療薬です。
日本でも承認されているシンメトレルのジェネリック医薬品です。

効果
アマントレルの主成分であるアマンタジンは、A型インフルエンザウイルスの増殖を抑制する効果があります。
感染初期に服用することで、発熱の期間が1日~2日短くなり、治癒が早くなるとされています。
また、脳内の神経伝達物質であるドパミンの放出を促すことで、パーキンソン病の治療効果もあります。

副作用
主な副作用は、睡眠障害、眠気、便秘、下痢、食欲不振、口渇、脱力感・けん怠感、発汗などがあげられます。

成分量
日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。
当サイトでは100mgが購入可能です。
  • A型インフルエンザウイルス感染症
  • パーキンソン病

有効成分:アマンタジン/Amantadine 100mg

ご注文

アマントレル 100㎎

内容量 販売価格(1カプセル単価) ポイント 注文
90カプセル
5,500
4,950(551カプセルあたり
148
カートに入れる

アマントレルを使用したお客様の声

良い評価
さん(歳)
良い評価の口コミが投稿されていません。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

アマントレルの特徴
アマントレルはシプラ社が開発した、抗A型インフルエンザ薬、パーキンソン症候群の治療薬です。

日本でも承認されているシンメトレルのジェネリック医薬品です。

アマントレルの効果
主成分であるアマンタジンは、脳内の神経伝達物質であるドパミンの放出を促すことで、パーキンソン病の症状を改善します。

脊髄後角ニューロンにあるNMDA受容体が競合するのを阻害します。

パーキンソン病は、脳内の神経伝達物質のドパミンが不足し、そのためドパミン系の神経の働きが悪くなり、身体がスムーズに動かなくなります。
手のふるえ、身体のこわばり、動作が鈍くなるなどといった症状が出ます。

また、アマントレルは脳梗塞後遺症に伴う意欲・自発性低下の改善にも使用されており、脳の神経に働きかえ、精神活動を活発にする効果があります。

さらにA型インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果がありあす。

感染初期に服用することで、症状の軽減や、治癒までの期間が1日~2日早くなります。

A型インフルエンザウイルスにのみ適応があり、B型、C型のウイルスには効果がありません。

インフルエンザは発熱、頭痛、筋肉・関節痛などの症状が急激に現れます。

アマントレルの成分量
日本国内においては現状未承認のため処方されていません。

当サイトでは100mgの購入が可能です。

その他
アマントレルは脳の神経に働きかえ、精神活動を活発にする作用があると言われています。

また、パーキンソン病治療薬としては強い作用はありませんが、副作用が少なく、他の薬と併用してい使用することが多いです。

アマントレルの関連ページ
インフルエンザ・風邪の商品一覧
インフルエンザ・風邪

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
アマンタジン - Wikipedia

服用方法・使用方法

服用のタイミング
なるべく毎日決まった時間に服用してください。

服用量の目安
パーキンソン症候群の場合は、初期量1日100mgを1~2回に分けて服用します。

1週間後に維持量として1日200mgを2回に分けて服用してください。

症状や年齢により1日300mgを超えない範囲で調節を行ってください。

脳梗塞後遺症の場合は、1日100~150mgを2~3回に分けて服用します。

症状や年齢に応じて調節を行ってください。

当サイトで取り扱っているアマンタジンの用量は100mgですが、ピルカッターを使い半錠にすることで、半分量として服用することができます。

A型インフルエンザウイルス感染症の場合は、1日100mgを1~2回に分けて服用してください。

症状や年齢に応じて調節をしますが、高齢者及び腎障害のある方は1日100mgを超えない範囲で服用してください。

食事とアルコールの影響
ほとんど影響はありません。

アマントレルを服用できない方
・アマントレルの成分に対して過敏症の既往歴のある方

・透析を必要とするような重篤な腎障害のある方

・妊娠または妊娠している可能性のある方、及び授乳中の方

※服用の際は、医師の指示に従ってください。

副作用

主な副作用
主な副作用には、便秘、下痢、食欲不振、めまいなどがあげられます。

高齢者及び腎障害のある方は医師に相談の上服用するようにしてください。

警告
A型インフルエンザウイルス感染症にアマントレルを用いる場合

・アマントレルは医師が特に必要と判断した場合にのみ服用すること

・アマントレルを治療に用いる場合はアマントレルの必要性を慎重に検討すること

・アマントレルを予防に用いる場合は、ワクチンによる予防を保管するものであることを考慮すること

・アマントレルはA型以外のインフルエンザウイルス感染症には効果がない

・インフルエンザウイルスの予防や治療に短期服用中の方で自殺企図の報告があるため、精神障害のある方、中枢神経系に作用する薬剤を服用中の方では治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合のみ服用すること

・てんかんまたはその既往歴のある方及び痙攣素因のある方では、発作を誘発または悪化させる可能性があるため、注意深く観察し、異常が認められた場合には減量するなどの適切な措置を行うこと

・アマントレルは、催奇形性が疑われる症例報告があり、また動物実験による催奇形性の報告があるため、妊娠または妊娠している可能性のある方は服用しないこと

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
・抗パーキンソン剤、レボドパ、抗コリン剤、プラミペキソールなど
幻覚、睡眠障害などの副作用が増強される可能性があるため、用量に注意してください。

・抗パーキンソン剤、プラミペキソール
ジスキネジー、幻覚などの副作用が増強する恐れがあります。

・チアジド系利尿剤、カリウム保持性利尿剤
アマントレルの作用が増強され、錯乱、幻覚、失調、ミオクローヌスなどの副作用が生じたとの報告があるため、用量に注意してください。

・NMDA受容体拮抗剤、メマンチンなど
相互に作用を増強させる恐れがあります。

これらの他にも併用注意があるため、参考サイトをご確認ください。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : シンメトレル

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

口コミ・レビュー

まだ口コミはありません。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

上へ