アジシップ(ジスロマックジェネリック)
  • アジシップ(ジスロマックジェネリック)

アジシップ(ジスロマックジェネリック)

更新日:
特徴
アジシップはインドのシプラ社が製造する、ジスロマックのジェネリックです。

クラミジアや淋病などの性感染症や咽頭炎、副鼻腔炎(蓄膿症)など、様々な細菌性感染症の治療に処方されます。

当サイトが取り扱っているアジシップは、シプラ社が製造・販売している正規品のジェネリック医薬品です。

効果
アジシップの主成分アジスロマイシンはマクロライド系抗生物質です。細菌の細胞分裂を抑えることで抗菌作用を示します。

副作用
主な副作用は、発疹、蕁麻疹、そう痒症、胃腸症状、腹痛、吐き気などがあげられます。

成分量
当サイトでは250mgをお取り扱いしています。
  • クラミジア
  • 淋菌
  • 子宮頸管炎
  • 咽頭炎
  • 副鼻腔炎

有効成分:アジスロマイシン/Azithromycin 250mg

ご注文

アジシップ(ジスロマックジェネリック) 250mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
6錠
2,200
1,700(2831錠あたり
51
カゴに入れる
12錠
4,400
3,300(2751錠あたり
99
カゴに入れる
18錠
6,600
4,800(2661錠あたり
144
カゴに入れる

アジシップ(ジスロマックジェネリック)を使用したお客様の声

良い評価
さん(歳)
良い評価の口コミが投稿されていません。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

アジシップの特徴
アジシップはインドのジェネリック医薬品大手シプラ社が製造するマクロライド系の抗生物質です。
主成分はアジスロマイシンで、ジスロマックのジェネリック医薬品です。
錠剤は白い円形または楕円形をしています。

特にクラミジアや淋病などの性感染症の治療に有効です。

アジスロマイシンの効果
アジシップの主成分アジスロマイシンはマクロライド系の抗生物質です。
細菌のタンパク合成を阻害することによって抗菌作用を示します。

皮膚感染症、呼吸器感染症、尿道炎、子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患などの感染症治療に用いられますが、特にクラミジアや淋病などの性感染症の治療に有効です。

長時間体内に留まる特徴があり、500mgの投与で抗菌効果が68.1時間持続します。

アジスロマイシンの成分量
当サイトでは250mgの購入が可能です。

その他
ご注文時期により、異なるパッケージでの発送となる場合がございます。

ジスロマックの関連ページ
人気のジェネリック医薬品
ジスリン

クラミジア治療薬一覧
クラミジア薬

淋病治療薬一覧
淋病薬

参考サイト
商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のページを参考にしています。
[PDF]ジスロマック インタビューフォーム - 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

服用方法・使用方法

深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎
1回2錠(アジスロマイシンとして500mg分)を1日1回、3日間服用します。

クラミジア、淋病をはじめとする尿道炎、子宮頸管炎
1回4錠(アジスロマイシンとして500㎎分)を1回服用します。

骨盤内炎症性疾患
アジスロマイシン注射剤による治療を行った後、1回1錠(アジスロマイシンとして250㎎分)を1日1回、服用します。

副作用

主な副作用
主な副作用には、発疹、蕁麻疹、そう痒症、胃腸症状、腹痛、吐き気などがあげられます。

また重篤な副作用として、皮膚に発進や水ぶくれ、口の中のただれ、発熱や目の充血などの症状が現れる場合があります。

アナフィラキシーショックや皮膚粘膜眼症候群などの重篤な皮膚症状に発展してしまう恐れがあるので、このような前兆となる症状には注意が必要です。

万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

ジスロマックの作用時間は7~14日間と長いため服用を終了してから数日後に副作用が生じることがあります。

※アナフィラキシーショックとは?
アナフィラキシーショックはI型アレルギー反応の1つであり、全身にあらゆる症状が発現します。
90%は皮膚症状にあり、粘膜、呼吸器、消化器に症状が現れる傾向があります。
症状には軽症、中等症、重症と3段階あり、特に重症の場合、意識がなくなる場合もありますので、少しでも異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

※皮膚粘膜眼症候群とは?
急激に発症する皮膚・粘膜の炎症性疾患です。
高熱や全身の倦怠感など症状を伴い、口唇、口腔、眼、外陰部などを含む全身に紅斑、水疱などが発症し表皮の壊死性障害を認める疾患です。
また、ウイルス感染を契機に発症する場合があります。

併用禁止薬

併用禁忌
現在報告されておりません。

併用注意
併用注意薬は、アジスロマイシンと併用して服用するにあたり注意が必要なお薬です。

・制酸剤(水酸化アルミニウム、水酸化マグネシウム)
本剤の最高血中濃度低下の恐れがあります。

・抗凝固薬(ワーファリン)
抗凝固薬の作用を強めてしまう恐れがあります。

・免疫抑制剤
免疫抑制剤の最高血中濃度の上昇や半減期延長の恐れがあります。

・エイズ治療薬
最高血中濃度の上昇の恐れがあります。

・強心剤
ジゴキシン中毒が現れる可能性が高まる恐れがあります。

参考サイト
服用方法・副作用・併用禁忌・注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品 : アジスロマイシン

保管方法

・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。

・小さな子の手が届かない場所に保管してください。

・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。

・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。

メーカー

発送国

シンガポール

口コミ・レビュー

まだ口コミはありません。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

上へ