不眠症・睡眠薬

不眠症とは必要に応じた眠りを維持する事ができない睡眠障害を言います。症状は4つに分類(入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害)され原因も様々です。

売れ筋ランキング

不眠症・睡眠薬の商品一覧

  • ソクナイト(ルネスタ)

    ソクナイト(ルネスタ)

    1番人気!!
    特徴
    ソクナイトは、レクメズ社が開発した、超短時間型の睡眠薬です。
    世界的に有名なルネスタのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    ソクナイトの主成分であるエスゾピクロンは、睡眠に関して重要なGABA受容体に作用することで催眠作用、鎮静作用を発揮します。
    効果の持続時間は5時間です。

    副作用
    主な副作用は、頭痛、口の中が苦くなるなどの味覚異常、倦怠感などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現在未承認のため処方されていません。
    当サイトでは2mgの購入が可能です。
    製造:レクメズ

    もっと見る

    1錠64円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • スリープスターター(睡眠パッチ)

    スリープスターター(睡眠パッチ)

    特徴
    スリープスターターは、PatchMD社が販売している、睡眠障害の改善をサポートするパッチ型のサプリメントです。

    効果
    スリープスターターは、古くから不眠に用いられてきた、ホップ花エキスや、バレリアン根エキスなどの天然ハーブエキスが配合されています。
    入眠を促し眠りの質を向上させ、快適な眠りをサポートします。
    効果持続時間は8時間です。

    副作用
    現在報告されておりませんが、異常を感じた場合はすぐに使用を中止してください。

    成分量
    マグネシウム250mg/セイヨウカノコソウ200mg/メラトニン5mgなど

    発送時期によりパッケージが異なる場合がございます。
    製造:PatchMD

    もっと見る

    1パッチ99円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ロゼレム

    ロゼレム

    特徴
    ロゼレムは武田薬品工業が開発した不眠症の治療薬で、うす黄色の丸形の錠剤が特徴です。
    当サイトが取り扱っているロゼレムは、武田薬品工業社が製造・販売している正規品です。

    効果
    ロゼレムの主成分であるラメルテオンは、メラトニン受容体と結合し自然な形で睡眠へ導く薬です。
    本来人間に備わっている睡眠リズムを整える向精神薬で安全性に優れています。

    副作用
    主な副作用は、めまい、頭痛、発疹、便秘、悪心、けん怠感などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては8mgが処方されています。
    当サイトでは8mgが購入可能です。
    製造:武田薬品工業株式会社

    もっと見る

    1錠346円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ハイプナイト(ルネスタ)

    ハイプナイト(ルネスタ)

    特徴
    ハイプナイトは、Consern Pharma社が開発した、超短時間型の睡眠薬です。
    世界的に有名なルネスタのジェネリック医薬品で、錠剤の形はすべて丸形でありながら、1mgはクリーム色、2mgはピンク色、3mgは青色と用量によって色が異なるのが特徴です。

    効果
    ハイプナイトの主成分であるエスゾピクロンは、睡眠に関して重要なGABA受容体に作用することで催眠作用、鎮静作用を発揮します。
    効果の持続時間は5時間です。

    副作用
    主な副作用は、頭痛、口の中が苦くなるなどの味覚異常、倦怠感などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現在未承認のため処方されていません。
    当サイトでは1mg/2mg/3mgの購入可能です。
    製造:Consern Pharma

    もっと見る

    1錠63円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エスゾピック(ルネスタ)

    エスゾピック(ルネスタ)

    特徴
    エスゾピックは、ロイドラボラトリーズ社が開発した、超短時間型の睡眠薬です。
    世界的に有名なルネスタのジェネリック医薬品です。

    効果
    エスゾピックの主成分であるエスゾピクロンは、睡眠に関して重要なGABA受容体に作用することで催眠作用、鎮静作用を発揮します。
    効果の持続時間は5時間です。

    副作用
    主な副作用は、頭痛、口の中が苦くなるなどの味覚異常、倦怠感などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現在未承認のため処方されていません。
    当サイトでは2mg/3mgが購入可能です。
    製造:ロイドラボラトリーズ

    もっと見る

    1錠63円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • フルナイト(ルネスタ)

    フルナイト(ルネスタ)

    特徴
    フルナイトは、サンファーマ社が開発した、超短時間型の睡眠薬です。
    世界的に有名なルネスタのジェネリック医薬品です。

    効果
    フルナイトの主成分であるエスゾピクロンは、睡眠に関して重要なGABA受容体に作用することで催眠作用、鎮静作用を発揮します。
    効果の持続時間は5時間です。

    副作用
    主な副作用は、頭痛、口の中が苦くなるなどの味覚異常、倦怠感などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現在未承認のため処方されていません。
    当サイトでは2mgが購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠68円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ハイプロン

    ハイプロン

    特徴
    ハイプロンは、Consern Pharma社が開発した、超短時間型の睡眠薬です。
    世界的に有名なソナタのジェネリック医薬品です。

    効果
    ハイプロンの主成分であるザレプロンは、睡眠に関して重要なGABA受容体に作用することで催眠作用、鎮静作用を発揮します。
    効果の持続時間は3~5時間です。

    副作用
    眠気、めまい、立ちくらみなどの報告があります。
    稀ではありますが、深刻なアレルギー反応を起こすことがあります。

    成分量
    日本国内においては現在未承認のため処方されていません。
    当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:Consern Pharma

    もっと見る

    1錠40円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • バスピン

    バスピン

    特徴
    バスピンは、インスタファーマ社が開発した、安全性の高い抗不安薬です。
    世界的に有名なバスパーのジェネリック医薬品で、丸形の錠剤が特徴です。
    成分量によって錠剤の色が変わります。

    効果
    バスピンの主成分であるブスピロンは、抗うつ作用に関連する受容体のみを選択的に活性化させます。
    セロトニン濃度を向上させることによって不安感を取り除いてくれます。

    副作用
    主な副作用は、強い眠気、頭痛、無気力、立ちくらみなどがあげられます。
    稀ではありますが、深刻なアレルギー反応を起こすことがあります。

    成分量
    日本国内においては現在未承認のため処方されていません。
    当サイトでは5mg/10mgが購入可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠27円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ハイプナイト100錠+ハイプロン100錠

    ハイプナイト100錠+ハイプロン100錠

    特徴
    ハイプナイト100錠+ハイプロン100錠は、Consern Pharma社が開発した超短時間型の睡眠薬です。
    ルネスタ、ソナタのジェネリック医薬品で、低価格で購入できるお得なセット商品です。

    効果
    ハイプナイトの主成分であるエスゾピクロン、ハイプロンの主成分であるザレプロンはそれぞれ主成分は違うものの、睡眠に関して重要なGABA受容体に作用することで催眠作用、鎮静作用を発揮します。
    効果の持続時間は、ハイプナイトは5時間、ハイプロンは3~5時間です。

    副作用
    主な副作用は、ハイプナイトは頭痛、口の中が苦くなるなどの味覚異常、倦怠感などがあげられます。
    ハイプロンは、眠気、めまい、立ちくらみなどがあげられます。

    成分量
    日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。
    個人輸入を行っている当サイトでは、エスゾピクロン/2mg、ザレプロン/10mgが購入可能です。
    製造:Consern Pharma

    もっと見る

    1錠50円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ソミナー

    ソミナー

    特徴
    ソミナーはCharoen Bhaesaj Lab社が開発した短時間型睡眠薬(抗ヒスタミン薬)です。
    睡眠薬の他にもアレルギー症状の緩和などにも用いられます。

    効果
    ソミナーは、脳の覚醒を維持するヒスタミンの働きを抑えることで、睡眠へとスイッチが切り替わり自然な眠りへと導いてくれます。
    同時に、花粉症などのアレルギー症状を抑えることができ鼻づまりで眠れないなどの不眠症にも効果的です。
    効果の持続時間は6~12時間です。

    副作用
    主な副作用は、口渇、運動失調、排尿障害、眠気などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは25mgが購入可能です。
    製造:Charoen Bhaesaj Lab

    もっと見る

    1錠36円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ドリエル・ジェネリック

    ドリエル・ジェネリック

    特徴
    ドリエルジェネリックは、カークランド社が開発した睡眠導入剤(抗ヒスタミン剤)です。
    睡眠導入剤の他にもアレルギー症状の緩和などにも用いられます。
    世界的に有名なドリエルのジェネリック医薬品でピンク色で丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    ドリエルジェネリックの主成分であるジフェンヒドラミンは抗ヒスタミン作用により、アレルギー症状を抑えてくれます。
    その際に眠気をもよおすため一時的な不眠症に効果があります。
    効果の持続時間は7時間です。

    副作用
    主な副作用は、発疹、動悸、口渇、めまい、下痢などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現在未承認のため処方されていません。
    当サイトでは25mgが購入可能です。
    製造:カークランド

    もっと見る

    1錠7円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • バスパー・ジェネリック

    バスパー・ジェネリック

    特徴
    バスポンは、Deva Holdings社が開発した、安全性の高い抗不安薬です。
    バスパーのジェネリック医薬品で、白色と青色のカプセル型の錠剤が特徴です。

    効果
    バスポンの主成分であるブスピロンは、抗うつ作用に関連する受容体のみを選択的に活性化させます。セロトニン濃度を向上させることによって不安感を取り除いてくれます。

    副作用
    主な副作用は、強い眠気、頭痛、無気力、立ちくらみなどがあげられます。
    稀ではありますが、深刻なアレルギー反応を起こすことがあります。

    成分量
    日本国内においては現在未承認のため処方されていません。
    当サイトでは5mgが購入可能です。
    製造:Deva Holdings

    もっと見る

    1錠51円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ジェリフォルテ

    ジェリフォルテ

    ジェリフォルテは、疲労やストレスを解消する天然成分のサプリメントです。病気や老化の原因となる活性酸素(フリーラジカル)を抑制し、免疫力を高める効果があります。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠13円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ピルカッター

    ピルカッター

    ピルカッターとは、薬剤量の多い錠剤をカットするために利用する錠剤カッターです。ピルケースとしても利用できます。
    1個880円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • タガラ

    タガラ

    タガラは、不安や緊張を和らげ身体をリラックスさせる効果がある天然成分のサプリメントです。リラックス効果が質の高い睡眠をとれるようになり、睡眠障害や不眠症に用いられます。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メラトニン

    メラトニン

    メラトニンは、脳内の松果体という場所で分泌される物質で、人体の睡眠周期を調整する役割があります。いわゆる体内時計を調節するホルモンです。
    年齢と共に分泌が低下し、睡眠不足や寝つきの悪さに繋がります。
    睡眠補助効果以外にも時差ぼけによるホルモンバランスを改善する役目もあります。
    製造:アリスト

    もっと見る

    1錠32円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メラトニンタイムリリース

    メラトニンタイムリリース

    メラトニンタイムリリースは、サプリ大手のNatrol社が製造している自然な睡眠へといざなうことを目的としたサプリメントです。
    脳の松果体と呼ばれる部位から分泌される物質「メラトニン」は、体内時計の調整と共に睡眠、そして覚醒といったリズムを整える働きがあります。
    メラトニンタイムリリースによって緊張や不安が緩和され、自分自身が本来持っていた入眠パターンを取り戻し、質の良い睡眠へ向かってゆく手助けとなるサプリメントです。
    製造:Natrol

    もっと見る

    1錠13円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アモバン・ジェネリック

    アモバン・ジェネリック

    特徴
    ゾピコンは、インタスファーマ社が開発した超短時間型の睡眠薬です。
    世界的に有名なアモバンのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    ゾピコンの主成分であるゾピクロンは、睡眠に関して重要なGABA受容体に作用することで催眠作用、鎮静作用を発揮します。
    効果の持続時間は5時間です。

    副作用
    主な副作用は、頭痛、口の中が苦くなるなどの味覚異常、倦怠感などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現在未承認のため処方されていません。
    当サイトでは7.5mgの購入が可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠64円~
    売切れ
    詳細を見る
  • エチラーム(デパス)

    エチラーム(デパス)

    特徴
    エチラームは、インタスファーマ社が開発した抗不安薬で、短時間型の睡眠薬としても扱われています。
    世界的に有名なデパスのジェネリック医薬品です。

    効果
    エチラームの主成分であるエチゾラムは、脳にあるBZD受容体に結びつくことでリラックス系の神経が活性化され心を落ち着かせます。
    その他に就寝前の興奮状態やイライラを抑える作用があるため、穏やかに睡眠へと導いてくれます。
    効果の持続時間は6時間です。

    副作用
    主な副作用は、眠気、ふらつき、脱力感、倦怠感があげられます。

    成分量
    日本国内においては現在未承認のため処方されていません。
    当サイトでは0.5mg/1mgの2種類が購入可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠27円~
    売切れ
    詳細を見る
  • エチゾラム錠

    エチゾラム錠

    特徴
    エチゾラム錠は、日医工が開発した抗不安薬で、短時間型の睡眠薬としても扱われています。
    世界的に有名なデパスのジェネリック医薬品です。

    効果
    エチゾラム錠の主成分であるエチゾラムは、脳にあるBZD受容体に結びつくことでリラックス系の神経が活性化され心を落ち着かせます。
    その他に就寝前の興奮状態やイライラを抑える作用があるため、穏やかに睡眠へと導いてくれます。
    効果の持続時間は6時間です。

    副作用
    主な副作用は、眠気、ふらつき、脱力感、倦怠感があげられます。

    成分量
    日本国内においては0.25mg/0.5mg/1mgが処方されています。
    当サイトでは1mgの購入が可能です。
    製造:日医工

    もっと見る

    1錠80円~
    売切れ
    詳細を見る
  • ディーエッチイーエー25mg(若返りホルモン)

    ディーエッチイーエー25mg(若返りホルモン)

    ディーエッチイーエー(DHEA)とは!?
    ディーエッチエイーエーは、ヒトの体内に存在するホルモンの略称です。

    男性ホルモンのテストステロン、女性ホルモンのエストロゲンなどの性ホルモンに変換される元の成分であり、老化を遅らせるエイジングケア作用効果が期待できます。
    製造:Natrol

    もっと見る

    1錠15円~
    売切れ
    詳細を見る
  • アタラックス

    アタラックス

    ※発送一時停止

    特徴
    アタラックスはGSKファーマ社が開発した抗アレルギー性の抗不安薬で、白色の楕円形の錠剤が特徴です。

    効果
    アタラックスは、抗アレルギー作用と鎮静、催眠作用など複数の作用を持っている薬です。
    抗アレルギー作用としては、蕁麻疹や皮膚に起こる痒み(発疹や皮膚炎)などを抑えるために用いられ、鎮静、催眠作用は不安や心配事など、心の不具合によって起こる不眠症などの精神的な症状にも使用されます。

    副作用
    主な副作用は、眠気、身体のだるさ、めまいなどがあげられます。

    成分量
    日本国内においては10mg/25mgが処方されています。
    当サイトでは25mgが購入可能です。
    製造:GSKファーマ

    もっと見る

    1錠58円~
    売切れ
    詳細を見る
  • ディーエッチイーエー50mg(若返りホルモン)

    ディーエッチイーエー50mg(若返りホルモン)

    ディーエッチイーエー(DHEA)とは!?
    ディエッチシーエーは、デヒドロエピアンドロステロンの略称です。
    男性ホルモンのテストステロンや、女性ホルモンのエストロゲンを作る材料です。

    以下の症状に効果が期待されています。

    ・免疫力の向上
    ・インスリンの働きをサポートし、糖尿病を予防
    ・代謝向上
    ・動脈硬化の予防
    ・脂質異常症の予防
    ・ストレス緩和
    ・不妊症のサポート
    ・性欲向上
    製造:Life Extension

    もっと見る

    1錠52円~
    売切れ
    詳細を見る
  • ゾピクロバン(アモバン)

    ゾピクロバン(アモバン)

    特徴
    ゾピクロバンは、ロイドラボラトリーズ社が開発した超短時間型の睡眠薬です。
    世界的に有名なアモバンのジェネリック医薬品です。

    効果
    ゾピクロバンの主成分であるゾピクロンは、睡眠に関して重要なGABA受容体に作用することで催眠作用、鎮静作用を発揮します。
    効果の持続時間は5時間です。

    副作用
    主な副作用は、頭痛、口の中が苦くなるなどの味覚異常、倦怠感などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現在未承認のため処方されていません。
    当サイトでは7.5mg/10mgの2種類が購入可能です。
    製造:ロイドラボラトリーズ

    もっと見る

    1錠76円~
    売切れ
    詳細を見る
  • ベルソムラ

    ベルソムラ

    特徴
    ベルソムラはMSD社が開発した不眠症の治療薬で、15mgは白い楕円形の錠剤、20mgは白い丸形の錠剤が特徴です。
    当サイトが取り扱っているベルソムラは、MSD社が製造・販売している正規品です。

    効果
    ベルソムラの主成分であるスボレキサントは、脳の覚醒状態を抑え睡眠へと導きます。
    なかなか寝付けなかったりや夜中に目が覚めてしまうような症状を改善する効果があります。
    効果の持続時間は6~8時間です。

    副作用
    主な副作用は、疲労、傾眠、頭痛、めまい、睡眠時麻痺などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては10mg/15mg/20mgが処方されています。
    当サイトでは15mg/20mgが購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1錠246円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ロゼレムジェネリック

    ロゼレムジェネリック

    特徴
    ラメルテオンはサンファーマ社が開発した不眠症の治療薬です。
    日本でも処方されているロゼレムのジェネリック医薬品で、うす黄色の丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    ラメルテオンの主成分であるラメルテオンは、メラトニン受容体と結合し自然な形で睡眠へ導く薬です。
    本来人間に備わっている睡眠リズムを整える向精神薬で安全性に優れています。

    副作用
    主な副作用は、めまい、頭痛、発疹、便秘、悪心、けん怠感などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは8mgが購入可能です。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠55円~
    売切れ
    詳細を見る
  • セディール

    セディール

    取り扱い一時停止
    特徴
    セディールは、大日本住友製薬社が開発した、依存症の心配が少ない抗不安薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。
    当サイトで取り扱っているセディールは、大日本住友製薬社が製造・販売している正規品です。

    効果
    セディールの主成分であるタンドスピロンがセロトニン受容体(5-HT1A)に作用し、心身症からくる不安な気持ちや緊張などの症状を改善、その他、自律神経失調症、神経症などに効果があります。

    副作用
    主な副作用は、眠気、ふらつき、倦怠感、認知機能低下、肝機能障害、食欲不振などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては5mg/10mg/20mgが処方されています。
    当サイトでは10mgが購入可能です。
    製造:大日本住友製薬

    もっと見る

    1錠139円~
    売切れ
    詳細を見る
  • エチラーム舌下錠(デパス)

    エチラーム舌下錠(デパス)

    特徴
    エチラーム舌下錠は、インタスファーマ社が開発した抗不安薬で、短時間型の睡眠薬としても扱われています。
    世界的に有名なデパスのジェネリック医薬品で、舌の下で服用する舌下錠となっており、即効性に優れています。

    効果
    エチラーム舌下錠の主成分であるエチゾラムは、脳にあるBZD受容体に結びつくことでリラックス系の神経が活性化され心を落ち着かせます。
    その他に就寝前の興奮状態やイライラを抑える作用があるため、穏やかに睡眠へと導いてくれます。
    効果の持続時間は6時間です。

    副作用
    主な副作用は、眠気、ふらつき、脱力感、倦怠感があげられます。

    成分量
    日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは1mgの購入が可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠40円~
    売切れ
    詳細を見る
  • デパス

    デパス

    特徴
    デパスは田辺三菱製薬が開発した抗不安薬で、白い丸形の錠剤が特徴です。
    当サイトが取り扱っているデパスは、田辺三菱製薬が製造・販売している正規品です。

    効果
    デパスの主成分であるエチゾラムは、脳にあるBZD受容体に結びつくことでリラックス系の神経が活性化され心を落ち着かせます。
    その他に就寝前の興奮状態やイライラを抑える作用があるため、穏やかに睡眠へと導いてくれます。
    効果の持続時間は6時間です。

    副作用
    主な副作用は、眠気、ふらつき、脱力感、倦怠感などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては0.25mg/0.5mg/1mgが処方されています。
    当サイトでは1mgが購入可能です。
    製造:田辺三菱製薬

    もっと見る

    1錠95円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る

不眠症

不眠症の診断

※Javascriptが無効の状態です。
現在は Javascript が使用できない状態です。
無料診断のご利用にあたり、お使いのブラウザで Javascript が使用可能な状態である必要があります。
恐れ入りますが、お使いのブラウザで Javascript を使用できる状態に設定の上、再度アクセスし直して下さい。

不眠症診断チェック

あなたに不眠症の傾向がないか、
現在の症状から無料で診断します。
全8問で1分程度で診断できます。

スタート »

※不眠症診断は、こころナビより利用させて頂いております。

  • ベット・布団に入ってからすぐに眠ることができる

    • できる

    • 少しかかる

    • かなりかかる

    • 全く眠れない

  • 睡眠途中、夜中に目が覚めて困ったことがある

    • そのようなことはない

    • たまにある

    • かなりある

    • 毎回ある

  • 目が覚めてしまい、寝付けないことがある

    • そのようなことはない

    • たまにある

    • かなりある

    • 毎回ある

  • トータルの睡眠時間に満足している

    • 満足している

    • 少し足りない

    • かなり足りない

    • 毎回足りない

  • 睡眠の質に満足している

    • 満足している

    • 少し足りない

    • かなり足りない

    • 毎回足りない

  • 日中の気分に影響している

    • そのようなことはない

    • たまにある

    • かなりある

    • 毎回ある

  • 日中の身体・精神の両方の活動に支障をきたすことがある

    • そのようなことはない

    • たまにある

    • かなりある

    • 毎回ある

  • 日中に眠くなることがある

    • そのようなことはない

    • たまにある

    • かなりある

    • 毎回ある

  • 診断結果
    スコア (100点満点で高得点ほど重い症状)
    状態
    寸評

不眠症とは

不眠症とは、寝つきが悪く、直ぐに目が覚めてしまう状態が続き、必要に応じた眠りを維持する事が出来ない事を睡眠障害を言います。
眠りを維持出来ないという事は、眠った気や満足感がないといった症状が続く事で、多岐に渡って体調不良が引き起こされている状態です。

日本では、約5人に1人が不眠の症状に悩んでいると言われています。
小児期や青年期の不眠症は稀な症状と言われていますが、20~30歳頃から不眠への障害を感じる人が現れ、それらは加齢と共に増えていく傾向にあります。

中年、壮年と増加の一途を辿り、高齢者では実に3人に1人が睡眠障害が出ているとも言われています。

また、男性と女性の性別では、女性に不眠症の症状が多いとも言われています。

不眠のタイプは大きく分けて4種類あります。具体的にどのように眠れないのかを確認してみてください。
正しい睡眠薬を選ぶときの基準になります。

  • 入眠障害

    「寝つきが悪い」と言われるのがこの症状です。
    床に入って30分~1時間ほどかかり、2時間以上かかってしまう人もいます。
    入眠するまでの時間(入眠潜時)は10分以内が40%強、30分以内が80%近くを占めています。一般的に10分以内であれば「寝つきが良い」と言われています。
    入眠障害に年代差がないのは、原因が加齢にともなう体調や体質の変化というより、精神的に不安定だったり、心配や悩み、不安が原因で起こりやすくなるためと考えられます。
  • 中途覚醒

    夜中に何度か目が覚めてしまうのがこのタイプの特徴です。
    目が覚めてもすぐに眠ることができれば問題はありませんが、一度目覚めてしまうとなかなか寝つけなくなることが多いようです。不眠の中では最も多く、20代~30代で10%以上、60代以上になると20%以上がこの症状に悩まされているようです。
    高齢になるほど増加する傾向にあり、中途覚醒が多くなるほど睡眠の満足度が低くなります。年齢的な問題だけではなく、精神的な問題によっても起きる症状です。
  • 早朝覚醒

    朝早く目が覚めてしまう症状で、目覚ましをセットしていても2時間以上も早く目覚めてしまうのが特徴です。
    目が覚めたあとはなかなか眠れず、結果的に睡眠不足になってしまいます。寝たいと思うほど目が冴えてしまい、ますます眠れなくなる、という経験をしたことのある方も多いでしょう。
    夜更かししなくても、早朝に目が覚めてしまえば、日中に眠気が襲い、仕事のパフォーマンスにも影響が出てきてしまいます。このタイプも高齢者になるほど多くなる傾向にあるようです。
  • 熟眠障害

    睡眠時間は十分にとったはずなのに、ぐっすりと眠れた感じがしないのがこのタイプ。目が覚めたあとも眠気が残り、スッキリした気分とは程遠くなります。頭がボーっとする、また眠りたくなってくる、日中になると強い眠気が襲い、仕事や勉強に集中できないなどの悪い影響が出てきます。
    そんな症状の人は、いくら長い時間睡眠をとっても、熟睡することができずストレスもたまってしまいます。それが入眠障害などにもつながり、悪循環におちいってしまいます。

不眠症の原因

不眠症に至るには、様々な原因があります。
人間、昼に長く寝てしまった場合は、夜に眠り難くなるものですが「朝寝たり夜寝たり」というようなランダムな入眠が続く事で、寝る姿勢が作り辛くなるもので、こうした入眠リズムは不眠症の原因の1つです。

こうした問題は、時差のある場所に行っても実感出来るもので、欧米に旅行に行くと10時間以上も飛行機に乗っているために「機内で眠りにつき、目が覚めた頃は現地はまだ夜」というような状況で、旅先で不眠症に襲われる人も珍しくはありません。

単純に言えば、普段使っている枕が変わるといった部分も不眠症の原因の1つと言える訳ですが、他にも様々な事が不眠症のきっかけとなり得ます。

不眠症の原因を細かく分けると「環境を要因・身体的要因・精神的要因・薬理学的要因」などがあります。
特に精神的要因により入眠が困難になるといった場合は、本人の自覚がないままに「何故か眠れない」という状況になることもあり、他の要因と比べてフォローと対策が難しくなる部分もあります。

眠りを司るホルモンと呼ばれるメラトニンの減少も大きく関係しています。
メラトニンは、体内時計に対して指示を出すホルモンで、睡眠と覚醒の脳内モードを切り替えて自然な眠りへといざなう効果があります。

メラトニンは年齢と共に減少しますが、昼夜が乱れる生活サイクルや日光を浴びない生活でも減少します。

いずれにせよ、原因を見極め、適切な対策を取る事が重要です。


心理的原因

不眠症の心理的原因は、端的に言ってストレスです。
「不安で夜も眠れない」というのは大げさな言葉として使われがちですが、実際に「家庭の問題・仕事の悩み・人間関係」でどうする?といった不安を常に抱えている人は、確実にストレスとなって脳に積み重なりやがて不眠症に繋がってしまうのです。

ストレスを抱えるというのは「脳に負荷を掛けていること」そうした負荷で興奮状態に入った脳は睡眠に入る事が出来なくなり、不眠症へと繋がっていきます。

ストレスからくる不眠症は、うつ病に繋がりやすいとも言われていますので、ストレスや不安を和らげるためには、リラックスして眠りを誘うことが必要になってきます。

身体的原因

不眠症における身体的要因とは、自分の体に何かしらの疾患がある時にその疾患を要因に眠れなくなり不眠症を引き起こす事を言います。

不眠を引き起こす疾患は、発作によって咳を起こす気管支喘息アトピー性皮膚炎による痒み、中枢神経の疾患による発熱、頭痛などです。

近年では、循環器疾患による不眠症も取り沙汰されており、いわば心臓に負担をかける病気です。
代表的なものが、寝ている間に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」が起こり、睡眠中の頻繁な呼吸停止により睡眠の質が著しく低下するというものです。

睡眠の質が下がる事で、寝ても寝ても寝たりないということも不眠症の1つと言えますので、自分の睡眠の質が下がっていないかどうかを注意する必要があります。

精神医学的原因

精神医学的原因の不眠症とは、神経症、統合失調症、うつ病といった「精神疾患」が原因となって起こる不眠症の事を言います。

当然ですが、精神疾患から不眠症になった場合は、先に精神疾患を治す必要があります。
精神的な病気というのは、長いスパンで治療に当たらなければ成らない事も多いため、早い段階での対応が求められます。

不眠症の心理的原因として「ストレス」が溜まる事で、うつ病という精神疾患へと繋がる可能性もあります。
医師の診察を受け、精神を安定させる薬を利用する事で、不眠が改善されたということも多いので、ストレスを根本とした不眠症の改善には、精神の安定を計るという事が何よりも重要になります。


薬理学的原因

薬理学的原因の不眠症とは、体内に取り入れる薬理学的成分の摂取によるものです。
その成分とは、主にタバコに入っているニコチンや酒によるアルコール、カフェインなどです。

コーヒーやお茶に含有されている「カフェイン」やタバコに含まれている「ニコチン」は、脳を活発にさせる覚醒作用を持っています。
眠りとは、リラックスの極みとも言える行為なので、こうした脳を活発にさせる行為は、睡眠の妨げになるのです。

また、寝酒という事で、アルコールを体に入れる人も多いのですが、アルコールを摂取しても一時的に眠くなるだけであり、体内のアルコール成分を分解するために体の機能はずっと稼働しているため、眠りが浅くなり何度も目が覚めてしまう事になります。

他には薬そのものとして、抗がん剤、自律神経や中枢神経に働く薬、ステロイドなどがあります。

生理学的原因

生理学的原因が元となる不眠症とは「引越し・入院・夜勤の仕事」といった環境の変化が原因となるものです。
  • 入院先で普段よりも早い時間に就寝しなければならない
  • 引越しで窓の外の音がうるさくなった
  • 部屋の温度、湿度といった環境の変化
  • 枕が変わった、マットレスが変わった

上記のように睡眠環境そのものが関係しています。
細かい事ほど、一度気になってしまうと取り返しがつかないほど悩んでしまうものです。

眠りに於いて環境が変わるというのは、とても重要なことです。
不眠症を引き起こす生理学的要因とは、些細な事かもしれませんが、しっかりと原因を見極めて環境の改善に取り組んで行かなければ成りません。

睡眠薬とは

睡眠薬の概要には寝ることの効用や必要性をうたったものが多く、1日の約3分の1を費やすこの「睡眠」は、私たちにとって必要不可欠なものです。

しかし、「不眠」により、十分な睡眠を日ごろより取ることが出来ていない方も多いことと思います。
そんな辛い「不眠」を解消する医薬品として睡眠薬があります。
睡眠導入剤と呼ばれることもありますが、意味合いはほとんど同じです。
作用時間の短い、寝付きを良くする睡眠薬のことを特に睡眠導入剤と言ったりもしますが、一般的な総称で知られる、睡眠薬と呼ぶことも多く、大きな違いはありません。

この睡眠薬の使用率は男性で3.5%、女性で5.4%で、高齢になるほど割合は高くなります。
80代の女性に限って言えば、20%以上というデータもあるくらいです。不眠を訴える人は全体で20%ほどで、男性より女性の方が多い傾向にあります。
高齢者ほど不眠に悩む人が多く、使用率の高さを裏付けていると言ってもいいかもしれません。

睡眠薬には作用の仕方、メカニズムの違いによって以下の5種類に大別されます。

どれを飲んでもいい、というわけではなく、不眠の症状によって飲むべき医薬品が決まるため、まずは自分がどんな不眠のタイプなのかを知り、自分に合った睡眠薬を選ぶことが非常に重要です。

睡眠薬の種類を知ろう

睡眠薬は作用の仕方によって、大きく2種類に分けることができます。
  • 脳の機能を鎮静化させる睡眠薬
  • 自然な眠気を促す睡眠薬

現在、「脳の機能を鎮静化させる睡眠薬」は3種類、「自然な眠気を促す睡眠薬」は2種類、合計5種類が発売されており、「脳の機能を鎮静化させる睡眠薬」のほうが強い効果を発揮します。

ただし、お薬によってあらわれる副作用やその強さが違うため、どの睡眠薬を選ぶかは慎重に検討する必要があるでしょう。

これらの睡眠薬は、さらに、作用持続時間によって4つに分類することができます。
  • 超短時間型[効果のピークは1時間未満/消失半減期は2~4時間]
  • 短時間型[効果のピークは1~3時間/消失半減期は6~10時間]
  • 中間型[効果のピークは1~3時間/消失半減期は24時間前後]
  • 長時間型[効果のピークは3~5時間/消失半減期は24時間以上]

※消失半減期とはお薬の血中濃度が半分になる時間を指します。

入眠障害なら超短時間型か短時間型、中途覚醒や早朝覚醒なら長時間型など、不眠症状によって適切な睡眠薬を選ぶことが重要です。それでは5種類の睡眠薬をそれぞれ説明していきましょう。

ベンゾジアゼピン(BZD)系

睡眠薬として一般的に広く使用されているのが、このベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。
脳の機能を鎮静化させるタイプで、効果の強さや安全性を兼ね備えたバランスのとれた睡眠薬といえるでしょう。

作用持続時間は超短時間型、短時間型、中間型、長時間型のタイプがありますが、効果のピーク時の強さはどれも同じです。

代表的なのが超短時間型のハルシオンで、一時、睡眠導入剤として世界的に乱用されていました。
依存性があり、離脱症状が出ることもあり、医師の処方箋なしでは服用することのできない医療用医薬品です。

ベンゾジアゼピン(BZD)系が効果的とされる症状

寝つきが悪い(入眠障害)、夜中目が覚めてしまう(中途覚醒)、早朝目が覚めてしまう(早朝覚醒)、熟睡できない(熟眠障害)のいずれの人にも効き目があります。

入眠障害なら「超短時間型か短時間型」、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害なら「中間型か長時間型」の医薬品を選びましょう。
一時的な不眠症状の方だけでなく、慢性的な不眠症状のある方にも効果が期待されます。
一時的な不眠の方なら作用時間の短いお薬、慢性的な不眠の方なら作用時間の長い医薬品を選ぶといいでしょう。

ベンゾジアゼピン(BZD)系の眠くなるまでのメカニズム

脳内の神経伝達を阻害する働きのあるGABA受容体と結合しているBZD受容体に作用することで、催眠・鎮静作用があらわれ、脳の活動が抑制されて睡眠効果が出てきます。

GABA(gamma-aminobutyric acid:γ-アミノ酪酸)は脳内にある抑制性の神経伝達物質で、興奮、不安、緊張を和らげる働きがあります。

ベンゾジアゼピン(BZD)系のメリット

超短時間から長時間まで幅広いタイプの睡眠薬がそろっています。
最も使用頻度が高く、効果が強く、安全性もあり、入眠潜時(寝つくまでの時間)を短縮させる効果も期待できます

ベンゾジアゼピン(BZD)系のデメリット

徐波睡眠(最も深い眠り)が減り、浅い睡眠が増えるため、睡眠の質が低下します。
短時間型の睡眠薬ほど、依存性、耐性がつきやすく、長時間型の睡眠薬ほど持ち越し効果(翌朝以降も睡眠効果が持続してしまう)が出やすくなります。
そのため、ふらつきや倦怠感が生じやすくなる場合があります。
稀に興奮や抑制を欠いた行動など薬理作用とは逆の反応を示すこともあります。

服用を急に中断すると、以前よりさらに強い不眠が出現する反跳性不眠や離脱症状(発汗、頻脈、不安、幻覚、幻聴、けいれんなど)があらわれることがあります。

また、高齢者は以下の点に注意が必要です。
  • 筋弛緩作用によるふらつき、転倒
  • 記憶障害(多量服用、アルコールとの併用の場合)
  • 全向性健忘(新しいことを記憶できず、すぐに忘れてしまう)
  • 認知症のリスクが高くなる

ベンゾジアゼピン(BZD)系の併用禁忌

超短時間型のハルシオンの場合、重症筋無力症と急性狭隅角緑内障の2種の疾患のある方は使用禁忌になっています。
併用禁忌薬はイトラコナゾール、フルコナゾール、ホスフルコナゾールなど数種ありますので、服用予定のある方は確認してください。

中間型のユーロジンは重症筋無力症、長時間型のドラールは重症筋無力症と急性狭隅角緑内障の2種の疾患のある方は使用禁忌になっています。併用禁忌薬はいずれの医薬薬もリトナビルです。

非ベンゾジアゼピン系

「ベンゾジアゼピンに非(あら)ず」という名称ですが、ベンゾジアゼピン系以外の睡眠薬というわけではありません。

含有成分がベンゾジアゼピン骨格という構造を持たない薬剤のことを指し、ベンゾジアゼピン系と同様、脳の機能を鎮静化させるタイプです。

ベンゾジアゼピン系とくらべて副作用が少ないとされています。
依存性や耐性もあまり見られません。超短時間型のみがあり、代表的なのがアモバンルネスタという睡眠薬です。

非ベンゾジアゼピン系が効果的とされる症状

寝つきの悪い(入眠障害)方に大きな効果を発揮します。

非ベンゾジアゼピン系の眠くなるまでのメカニズム

脳内の神経伝達を阻害する働きのあるGABA受容体と結合しているBZD受容体に作用することで、催眠・鎮静作用があらわれ、脳の活動が抑制されて睡眠効果が出てきます。
GABA(gamma-aminobutyric acid:γ-アミノ酪酸)は脳内にある抑制性の神経伝達物質で、興奮、不安、緊張を和らげる働きがあります。

非ベンゾジアゼピン系のメリット

ベンゾジアゼピン系にくらべて、依存性や耐性がつきにくく、持ち越し効果も少ないでしょう。
筋弛緩作用も弱いため、ふらつきや転倒のリスクも低いです。
長期間服用しても、耐性があまりないため、ベンゾジアゼピン系より効果を発揮します。

また、寝つくまでの時間を短縮し、徐波睡眠(最も深い睡眠)を増やします。
一時的な不眠症状に対しては効果的ですが、重症化した慢性的な不眠に対してはあまり向いていません。

非ベンゾジアゼピン系のデメリット

超短期型しかなく、慢性的な不眠や中途覚醒、早朝覚醒の方には向いていません。
高容量を服用すると、健忘や幻覚、幻聴、せん妄の症状を引き起こすことがあります。

非ベンゾジアゼピン系の併用禁忌

代表的なルネスタやマイスリーの場合、重症筋無力症、急性狭隅角緑内障、重篤な肝障害を引き起こすことがあります。
併用禁忌薬は、現在のところ確認されていません。

メラトニン受容体作動薬

このタイプの睡眠薬は、現在のところロゼレム(主成分:ラメルテオン)1種類のみです。
自然な眠気を促す睡眠薬で、日本では2010年に発売されました。
体内時計のリズムを整え、睡眠物質のメラトニンに働きかけることで、自然な眠りに導くことができます。そのため、時差ボケにも効果を発揮します。

効果のピークは約1時間、半減期は2時間ほどと短く、効き方がマイルドなため、すぐに効果の実感が得られにくく、2週間以上経過して徐々に効果があらわれてくることもあります。

代表的なのがロゼレムロゼレムジェネリックという睡眠薬です。

ロゼレム以外にも、抗ヒスタミン剤を兼ねた催眠鎮静薬のジフェンヒドラミン(ドリエル)や抗アレルギー性緩和精神安定剤のヒドロキシジン(アタラックス)などは、副作用を逆手にとった商品です。


メラトニン受容体作動薬が効果的とされる症状

このタイプの睡眠薬は現在のところ、上記でご紹介したロゼレム(主成分:ラメルテオン)1種類のみです。

自然な眠気を促す睡眠薬で、日本では2010年に発売されました。
体内時計のリズムを整え、睡眠物質のメラトニンに働きかけることで、自然な眠りに導くことができます。
そのため、時差ボケにも効果を発揮します。

効果のピークは約1時間、半減期は2時間ほどと短く、効き方がマイルドなため、すぐに効果の実感が得られにくく、2週間以上経過して徐々に効果があらわれてくることもあります。

メラトニン受容体作動薬の眠くなるまでのメカニズム

メラトニン受容体(MT1受容体とMT2受容体)を刺激することで、自然に生理的睡眠を促して眠気を誘います。
メラトニンは体温や脈拍を低下させて、人を眠るための準備に向かわせます。
メラトニンの分泌は幼児期がピークで、年齢を重ねるに従って分泌量が減少し、睡眠時間も短くなってきます。

また、体内時計や生体リズムを調整する役割も担っています。

メラトニン受容体作動薬のメリット

睡眠薬の中でも、最も安全性の高い睡眠薬です。
依存性もきわめて少なく、耐性もないと言われています。筋弛緩作用も弱いため、高齢者にも使用しやすく、記憶障害、認知機能の低下、反跳性不眠なども軽微にとどまっています。

また、ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬とは違って向精神薬に指定されていないため、処方日数に制限が設けられていません。

メラトニン受容体作動薬のデメリット

効き方がマイルドなため、効果があらわれるのに時間がかかります。
そのため、寝つきの悪い方には効果は不十分なことが多いようです。
また、翌朝にも眠気が残ることがあります。
血管を拡張する作用があるため、頭痛を引き起こすこともあります。

重大な副作用としてアナフィラキシー(蕁麻疹、血管浮腫等)があらわれる場合があります。異常が認められたら、すぐに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

副作用の頻度は、多い順に、傾眠(3.4%)、頭痛(1.0%)、倦怠感(0.5%)となっています。

メラトニン受容体作動薬の併用禁忌

重篤な肝障害のある方は服用することができません。
抗うつ剤のフルボキサミンマレイン酸塩を服用中の方も併用できません。

オレキシン受容体拮抗薬

このタイプの睡眠薬は、現在のところベルソラム(主成分:スボレキサント)1種類のみです。自然な眠気を促す睡眠薬で、日本では2014年に発売されました。
脳の覚醒維持機能を低下させ、自然と睡眠状態へと促します。
効果のピークは1~3時間後、半減期(血中濃度が半分になる時間)は約10時間です。

オレキシンは摂食行動の制御のほか、睡眠・覚醒の調節を行い、ドーパミン、セロトニン、ヒスタミン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質の分泌を促進する働きがあり、代表的なのがベルソムラという睡眠薬です。

オレキシン受容体拮抗薬が効果的とされる症状

途中で目が覚めてしまう(中途覚醒)、朝早く目が覚めてしまう(早朝覚醒)、熟睡できない(熟眠障害)という方に有効です。

オレキシン受容体拮抗薬の眠くなるまでのメカニズム

覚醒を促進する神経ペプチド(アミノ酸の結合体)であるオレキシンの受容体への結合を阻害することで、脳を覚醒状態から睡眠状態へと移行させます。

オレキシン受容体拮抗薬のメリット

耐性はなく、依存性も少ないと言われています。
筋弛緩作用も弱いため、高齢者にも使用しやすく、認知機能、運動機能への影響も少ないようです。せん妄を起こしにくいのも安心です。

オレキシン受容体拮抗薬のデメリット

寝つきが悪い(入眠障害)方には効果が出にくいことがあります。
頭痛がしたり、翌朝、眠気が残り、日中でもぼんやりした感じがする場合があります。

また、レム睡眠(浅い眠り)を増加させるため、夢を見ることが多くなり、ときに悪夢を見てしまうこともあるようです。

副作用の頻度は、多い順に、傾眠(4.7%)、頭痛(3.9%)、疲労(2.4%)、悪夢(1.2%)となっています。

オレキシン受容体拮抗薬の併用禁忌

併用禁忌薬はイトラコナゾール、クラリスロマイシン、リトナビルなどです。作用が著しく強くなる恐れがあるため、注意が必要です。
詳しくはベルソラムのページを参照してください。
また、併用注意薬も合わせて参照してください。

慎重に服用すべきなのは、ナルコレプシー、カタプレキシーのある方(症状が悪化する恐れがあるため)、高齢者、重度の肝機能障害のある方、重度の呼吸機能障害のある方、脳に器質的障害のある方などです。
また、妊婦や小児の服用も慎重に行ってください。

バルビツール酸系

1920年代から1950年代まで、世界で広く用いられた睡眠薬・鎮静剤です。
静脈麻酔薬、抗てんかん薬としても使われていましたが、依存性や耐性が生じやすく、過量投与によって呼吸困難になるといった重篤な副作用を引き起こすことがあります。

病院やクリニックでは難治性の不眠症患者以外には、極力処方しない方針をとる医師が多いようです。

代表的な薬剤は、ラボナ(短時間型)、イソミタール(中間型)、フェノバール(長時間型)などです。

※通信販売サイトなどで手に入れた場合、医師に相談し、慎重に服用するようにしてください。

個人輸入通販サイトと病院

睡眠薬を入手する際に、病院やクリニックで処方してもらう方法と、個人輸入代行業者を使用した通販サイトで購入する方法の2種類あります。

原則として、睡眠薬をはじめとする、医薬品に関しては病院やクリニックに相談のうえで処方してもらうことをお薦めします。

理由は明確で、症状に合わせて適切な医薬品を選んでもらうことができるからなのと、医薬品は間違って使用すると重篤な症状を引き起こす可能性があるからです。

個人輸入代行業者で取り扱っている医薬品は品質は変わらないものの、なかには悪質な業者もいるため、個人で見極めるのに自身がない場合も、病院やクリニックに処方してもらうと良いでしょう。

通信販売サイトの病院との最大の違いは、「手軽さ」と「価格の安さ」です。
病院で処方してもらう場合、診察代の他に、心電図や血液検査、心理検査などの検査代、医薬品費用、調剤料なども含めて、およそ3000円~6000円ほどかかることが多いようです。

日ごろより、掛かり付けの医師にご相談のうえで、使用されている医薬品が明確な場合であれば、個人輸入代行業者を利用することも考えられますが、リスクには変えられないため、購入には慎重な判断が必要です。

認知行動療法

薬物療法以外の治療法では、認知行動療法が知られています。
心理療法のひとつで、パニック障害、強迫性障害、統合失調症などでも行われている、科学的根拠に基づいて有効性が認められている治療法です。

睡眠に対する認識を修正することで、行動(眠り・睡眠)に変化をもたらそうという試みです。

病院では医師が行う場合と、専門の臨床心理士が行う場合がありますが、医師が診察をし、認知行動療法は臨床心理士が行うというケースが多いようです。
そのため保険が効かず、薬物療法より費用が高額となるケースがあります。

認知行動療法の具体的な方法

睡眠環境を調整する
  • 入浴は就寝の2~3時間前にはすます。
  • 就寝直前の食事は控える。
  • カフェインは避け、就寝1時間前はリラックスして過ごす。
  • 寝酒を避ける。
  • 照明は暗くし、テレビをつけたまま寝ない。

刺激コントロール法
  • 寝床に入ったら、読書や考え事をせずに、睡眠に没入するようにする。
  • 目が冴えたら無理に寝ようとせず、寝床を離れて疲れをためる。
  • 眠くなったときだけ寝床に戻り、寝れるだろうかという不安を抱かない。
  • >
これらの方法は「寝床」と「睡眠」を結び付けて、寝床に入ったら自動的に眠くなるようにします。

睡眠制限法
  • 睡眠時間を記録する。
  • 起床時間を決める。
  • 寝床に入る時間を設定する。
これによって体内時計を調整する機能が働き、睡眠力が高まります。

認知行動療法のデメリット

薬物療法のように即効性がないことです。少なくとも3ヶ月以上はかかるとみたほうがいいでしょう。
認識を改め、行動を変化させなければならず、数ヶ月単位の長いスパンが必要なのは当然かもしれません。
そのことはつまり、お金と時間がかかるということで、根気も必要です。

認知行動療法をとりいれている医療機関は増えているとはいえ、不眠症の治療といえばまだ薬物療法が中心です。

生活環境や自分の性格などを考慮して、薬物療法がいいのか、認知行動療法がいいのか、検討してみてください。

口コミ・レビュー

  • 匿名希望さん (42歳)
    届くのが早くて安心しました。効き目は効く日と効かない日があるので何とも言えませんが、また購入します!
  • 匿名希望さん (39歳)
    2度目の購入。安心して眠ることが出来ます。 月に1回位のペースで頼まないと足りなくなるので到着までの時間の余裕を持って注文しようと思います。あえて言うなら外包のダンボール箱がちょっと匂います。中は大丈夫です。またよろしくお願いします。
  • 健太さん (60歳)
    僕も夜になかなか寝つけなくて困っていました。1錠だけでは効果を感じられず2錠飲んでいます。爆睡ですよ!
  • るかさん (47歳)
    日本でまだルネスタのジェネリックが販売されてなかった頃、先発品を飲んでいました。苦味はルネスタの先発品の方が強いと思います。効果も日本製のルネスタ2mgの方がしっかりとしていて、2錠飲む必要はありませんでしたが、今回購入したジェネリックは、2錠飲まなければ私には効果がないです。 150錠購入したので、無くならないうちに他のお薬を購入しようと思います。 残念です。
  • 身体が熱くなる!!さん (47歳)
    届いてからすぐに飲みました。 飲んですぐに身体の芯から熱くなって、驚きました。 カーッとなるような感覚でしょうか。 熱いのが落ち着いてから、気持ちがリラックスしてきて、不安感も落ち着いてきました。 ただ…私はこのお薬を飲んでも、眠くならないです汗 身体が熱くなったことを差し引いて、⭐︎3つにします。
  • 匿名希望さん (39歳)
    ハルシオンや色々な眠剤を組み合わせて飲んでいましたが処方の壁で足りなくなる事がしばしば…。長年の重度不眠ですがこちらの商品を期待せずに2錠ずつ飲んでみましたが(効果期待していなかったので多めに飲みました)30分程ですやーっと眠りました!苦味についてはさほど感じず次の日の朝もスカッと起きれました!リピートします。 ただ注文から到着までの時間が20日近くかかってしまったのでそこだけは不便かなぁと。仕方ないのでしょうけど。でも薬の効果は抜群だったのでまた購入します。久々にゆっくり眠れました!ありがとうございます。
  • やまさん (54歳)
    いつも愛用しています。不眠症のわたしには、手放せない薬です。
  • 瓜科さん (25歳)
    皆さん苦い苦いと言うので気になりながら初めて睡眠薬を購入してみました 錠剤を直接舌に付けたら想像以上の苦味がぶわっと広がり、嘘じゃないことを実感しました…これは苦すぎますね… 初めて服用した時は苦味のせいで中々寝付けなく、効果が分からないままでした。二回目の時は舌に直接錠剤が当たらないようにして飲んでみた所、何とか寝れたみたいです。睡眠薬って服用したらすぐ寝れるイメージがあったので、このハイプナイトはそんなに強い睡眠薬じゃないんだなという感じですかね…? 予定よりも早めに届いたので星を一つ多くしました
  • 匿名希望さん (38歳)
    サプリはサプリです。ハルシオンを服用していて周期で2錠飲んでも効かない時がある程度の不眠症です。口コミが良くサプリで寝れるならと購入しましたが、私には眠気すら来ませんでした。
  • たっくんさん (49歳)
    本当なら睡眠外来でマイスリーもらうのが素直なのでしょうが、医者の待ち時間が長すぎ。マイスリーが本当は一番起きた時の気分が良いのだけど、医者の世話になるために仕事に影響させることはない。 個人的にはエスゾピクロン錠は、この「エスゾピック」か「ソクナイト」の二択。ソクナイトのほうが苦味が少ないが、効き方は個人的にはエスゾピックのほうが合ってる気がします。起きた時の身体の調子が軽い気がする。 デパスも昔飲んでたことがありますが、あっちはクセになりやすい気がするし、筋弛緩が強すぎてフラフラして危ない。エスゾピクロンのほうが寝させることにだけシャープに効くように感じる。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ