むくみ・利尿剤

むくみとは浮腫と呼ばれる現象で血液の中に入っている水分がリンパや血管の外へ染み出し、顔・手・足といった部位の皮膚の下に溜まっている症状です。人間の身体は6割が水から成り立っており間質液のバランスを崩す事でむくみの症状が現れます。

売れ筋ランキング

むくみ・利尿剤の商品一覧

  • ムクミトール

    ムクミトール

    特徴
    ムクミトールはレクメズ社が開発した利尿降圧剤です。
    ルプラックのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    ムクミトールの主成分であるトラセミドは体内へ吸収され、肝臓や腎臓以外の組織にほとんど分布せず、強力な利尿作用を示し、全身のむくみを解消する医薬品です。
    効果の持続時間は4~6時間です。

    副作用
    主な副作用には頭痛、めまい、倦怠感、血液障害などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは5mg/10mg/20mgの3種類が購入可能です。
    製造:レクメズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トラプレス

    トラプレス

    特徴
    トラプレスはAlniche Life Sciences Pvt. Ltd.が開発した利尿降圧剤です。
    ルプラックのジェネリック医薬品で、コストパフォーマンスに優れています。

    効果
    トラプレスの主成分であるトラセミドは体内へ吸収され、肝臓や腎臓以外の組織にほとんど分布せず、強力な利尿作用を示し、全身のむくみを取る薬です。
    効果の持続時間は4~6時間です。

    副作用
    主な副作用には頭痛、めまい、倦怠感、血液障害などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。
    当サイトで10mg/20mg/40mgの3種類が購入可能です。
    製造:Alniche Life Sciences Pvt. Ltd.

    もっと見る

    1錠25円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ルプラック・ジェネリック

    ルプラック・ジェネリック

    特徴
    トラセミドタブレットはインタスファーマ社が開発した利尿降圧剤です。
    ルプラックのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    トラセミドタブレットの主成分であるトラセミドは体内へ吸収され、肝臓や腎臓以外の組織にほとんど分布せず、強力な利尿作用を示し、全身のむくみを取る薬です。
    効果の持続時間は4~6時間です。

    副作用
    主な副作用には頭痛、めまい、倦怠感、血液障害などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは5mg/10mg/20mgの3種類が購入可能です。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠21円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ルプラック・ジェネリック(ダイトール)

    ルプラック・ジェネリック(ダイトール)

    特徴
    ダイトールはシプラ社が開発した利尿降圧剤です。
    ルプラックのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    ダイトールの主成分であるトラセミドは体内へ吸収され、肝臓や腎臓以外の組織にほとんど分布せず、強力な利尿作用を示し、尿を排出します。
    その結果むくみを取ることのできる医薬品です。
    効果の持続時間は4~6時間です。

    副作用
    主な副作用には頭痛、めまい、倦怠感、血液障害などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは5mg/10mg/20mgの3種類が購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠21円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アルダクトン

    アルダクトン

    特徴
    アルダクトンは抗アルドステロン性利尿・降圧剤で、白い丸型の錠剤が特徴です。

    効果
    アルダクトンの有効成分であるスピロノラクトンは血圧を下げ、尿中ナトリウム排泄量と尿量の増加、尿中カリウム排泄量の軽度の減少に効果があります。

    副作用
    主な副作用は食欲不振、悪心、女性型乳房、性欲減退などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては25㎎と50㎎が販売されています。
    当サイトでは100mgが購入可能です。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1錠109円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ハイレス(利尿・降圧剤)

    ハイレス(利尿・降圧剤)

    特徴
    ハイレスは抗アルドステロン性利尿・降圧剤で丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    ハイレスは血圧を下げ、尿中ナトリウム排泄量と尿量の増加、尿中カリウム排泄量の軽度の減少に効果があります。

    副作用
    主な副作用は食欲不振、悪心、女性型乳房、性欲減退などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトではハイレス100mgが購入可能です。
    1錠49円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • スピロノラクトン(アルダクトン)

    スピロノラクトン(アルダクトン)

    特徴
    スピロノラクトンは抗アルドステロン性利尿・降圧剤で白い丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    スピロノラクトンは血圧を下げ、尿中ナトリウム排泄量と尿量の増加、尿中カリウム排泄量の軽度の減少に効果があります。

    副作用
    主な副作用は食欲不振、悪心、女性型乳房、性欲減退などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトではスピロノラクトン100mgが購入可能です。
    製造:Haupt Pharma

    もっと見る

    1錠54円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ナトリス

    ナトリス

    特徴
    ナトリスは、MSN Laboratories Pvt Ltdが開発した利尿降圧剤で、サムスカのジェネリック医薬品になります。
    腎臓に作用することで利尿作用を促し、余分な体内の水分を排出させる役割を果たします。

    効果
    ナトリスの主成分であるトルバプタンは腎臓にあるバソプレシン受容体に拮抗することで、腎臓での水の再吸収を阻害し、体内から選択的に水を排泄します。
    結果的に利尿作用が働く仕組みとなっています。

    副作用
    主な副作用は口渇、便秘、頻尿などがあげられます。
    服用後めまいやふらつきを感じた場合は、すぐに服用を中止してください。

    成分量
    の2種類が発売されています。
    当サイトでは15mg/30mgが購入可能です。
    製造:MSN Laboratories Pvt Ltd

    もっと見る

    1錠425円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ザントレックスブラック

    ザントレックスブラック

    ザントレックスブラックは、従来のザントレックスシリーズの服用方法を見直し、中の成分をリキッドタイプとしてソフトジェル状のカプセルに内包している方式を採用しました。
    従来のザントレックスシリーズよりも体内への吸収力を高めることに成功したダイエットサプリメントです。
    食欲を抑えながら体の代謝を高める効果が期待出来ます。
    製造:Zoller Laboratories

    もっと見る

    1錠45円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プナルナバ

    プナルナバ

    プナルナバ(Punarnava)は、肝機能や黄疸といった肝臓疾患に対して改善の期待が持てるサプリメントです。
    世界三大伝統医学のひとつである、インド伝統医学「アーユルヴェーダ」での治療に古くから使われています。
    肝臓の不調の治療においては絶大な信頼がおかれ、腎臓不調、胆嚢痛にも働きかけ、利尿作用がある為に、泌尿器の不調にも使われています。
    成分は名の通り、蔓植物「プナルナバ」のエキスとなっております。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シストーン

    シストーン

    シストーンは、泌尿器系の健康を保つサプリメントです。
    インドの伝統医学アーユルヴェーダを基準とし、その歴史の中で有効性を持つハーブを使ったサプリメントとして、腎臓や膀胱機能を改善へと導きます。
    シストーンに含まれるジディモカルプス・ペディセラタの葉や、ガガミユキノシタの根といったハーブが尿路機能をアシストし、適切な利尿作用によりむくみも起こり難くなります。
    製造:ヒマラヤハーバルズ

    もっと見る

    1錠20円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヒドロクロロチアジド・ジェネリック

    ヒドロクロロチアジド・ジェネリック

    取り扱い一時停止 12月中旬頃入荷予定
    特徴
    ヒドラジドはシプラ社が開発した利尿降圧剤です。
    ダイクロトライドのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    ヒドラジドの主成分であるヒドロクロロチアジドは食塩の再吸収を抑え、利尿作用を示し、全身のむくみを取る薬です。
    効果の持続時間は約12時間です。

    副作用
    主な副作用には、めまい、ふらつき、発疹、食欲不振などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは12.5mgが購入可能です。
    製造:シプラ

    もっと見る

    1錠18円~
    売切れ
    詳細を見る
  • ラシックス(むくみ取り)

    ラシックス(むくみ取り)

    ※スマートドラッグ規制対象商品につき発送停止となりました。類似商品は以下をご利用ください。
    ルプラック

    特徴
    ラシックスは、アベンティスファーマ社が開発した利尿降圧剤で、白い丸形の錠剤が特徴です。
    当サイトが取り扱っているラシックスは、アベンティスファーマ社が製造・販売している正規品です。

    効果
    ラシックスの主成分であるフロセミドは速やかに体内へ吸収され、肝臓や腎臓以外の組織にほとんど分布せず、強力な利尿作用を示し、全身のむくみを取る薬です。
    効果の持続時間は4~6時間です。

    副作用
    主な副作用は起立性低血圧症、耳鳴り、食欲不振などがあげられます。
    服用後めまいやふらつきを感じた場合は、すぐに服用を中止してください。

    成分量
    日本国内においては10mg/20mg/40mgの3種類が発売されています。
    当サイトでは40mgが購入可能です。

    製造:アベンティスファーマ

    もっと見る

    1錠11円~
    売切れ
    詳細を見る
  • フロセミド(むくみ取り)

    フロセミド(むくみ取り)

    特徴
    フロセミドは、Bristol Laboratories社が開発した利尿降圧剤です。
    ラシックスのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    主成分であるフロセミドは速やかに体内へ吸収され、肝臓や腎臓以外の組織にほとんど分布せず、強力な利尿作用を示し、全身のむくみを取る薬です。
    効果の持続時間は4~6時間です。

    副作用
    主な副作用は起立性低血圧症、耳鳴り、食欲不振などがあげられます。
    服用後めまいやふらつきを感じた場合は、すぐに服用を中止してください。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトではフロセミド40㎎が購入可能です。
    製造:Bristol Laboratories

    もっと見る

    1錠31円~
    売切れ
    詳細を見る
  • フレティック

    フレティック

    特徴
    フレティックは、Siam Bheasach社が開発した利尿降圧剤です。
    ラシックスのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。

    効果
    フレティックの主成分であるフロセミドは速やかに体内へ吸収され、肝臓や腎臓以外の組織にほとんど分布せず、強力な利尿作用を示し、全身のむくみを取る薬です。
    効果の持続時間は4~6時間です。

    副作用
    主な副作用は起立性低血圧症、耳鳴り、食欲不振などがあげられます。
    服用後めまいやふらつきを感じた場合は、すぐに服用を中止してください。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトではフロセミド40mgが購入可能です。
    製造:Siam Bheasach

    もっと見る

    1錠16円~
    売切れ
    詳細を見る
  • ラシラクトン

    ラシラクトン

    特徴
    ラシラクトンはサノフィ社が開発した利尿降圧剤です。
    フロセミドとスピロノラクトンの複合薬で、白い楕円形の錠剤が特徴です。

    効果
    フロセミドは速やかに体内へ吸収され、肝臓や腎臓以外の組織にほとんど分布せず、強力な利尿作用を示し、全身のむくみを取る薬です。
    スピロノラクトンは血圧を下げ、尿中ナトリウム排泄量と尿量の増加、尿中カリウム排泄量の軽度の減少に効果があります。

    副作用
    主な副作用は起立性低血圧症、耳鳴り、食欲不振、女性型乳房、性欲減退などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトではフロセミド20mg/スピロノラクトン50mgが購入可能です。
    製造:サノフィ

    もっと見る

    1錠28円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る


むくみ・利尿剤

むくみとは

むくみとは「浮腫(ふしゅ)」と呼ばれており、朝起きた時に顔がむくんでいたり、夕方になると靴が窮屈になる、急に体重が増えるなどの症状が現れます。
痛みなどはでませんが、体の水分が異常に増加した状態です。

血管は、たんぱく質などの大きなものは通しませんが、水やミネラルなど小さなものは通れるようにできています。

健康な状態であれば血管の外側と内側の圧力のバランスを保っているため通常はむくみせんが、毛細血管の血圧がなんらかの原因で高くなってしまうと、水分が血管から細胞と細胞の間に染み出していき、これがむくみとなって現れます。

体内の水分分布とむくみ

人間の身体の60%は水分でできており、そのうち3分の2は細胞内液として細胞の中にあります。
そして、細胞の外にある3分の1は血管の中を流れる血漿と、組織間液として細胞と細胞の間に分布しています。

通常であれば血管の外側と内側の圧力がバランスを保っているためむくみませんが、毛細血管の圧力が何らかの原因で高くなってしまうと、水分が血管から細胞と細胞の間に染み出してきます。
むくみとは、細胞と細胞の間の水が異常に増加した状態をいいます。

体内の水分分布

人間の体の60%が水分
2/3(体重の40%)…細胞内液
1/3(体重の20%)…細胞の外

細胞の外にある水分のうち1/4(体重の5%)…血漿(けっしょう)
細胞の外にある水分のうち3/4(体重の15%)…組織間液

むくみが起きるメカニズム

細胞外液の8割は、細胞と細胞の間に含まれている「間質液」と呼ばれる水分でできており、間質液は「組織間隙」と呼ばれる、細胞同士の間にある隙間に流れています。
間質液は、血液の流れを大きく左右する動脈側の毛細血管から細胞に酸素や栄養素を届け、細胞が吐き出す二酸化炭素や老廃物を静脈にあるリンパ管や毛細血管へと戻す役割があります。
こうして、毛細血管にある細かい穴が常に間質液をやり取りしています。

ですが、このバランスが崩れ、血管に戻す水分が少なくなったり、血管から出す水分が多過ぎたりすると、水分が皮膚の下に留まってしまうのです。
これがむくみです。

その他にも、毛細血管がたんぱく質や水分を通しやすくなった場合などにもむくみが起きます。

むくみの原因

一過性のむくみのほとんどの原因は生活習慣にあります。
生活習慣を見直すことによりむくみを改善できるかもしれません。

1.同じ姿勢
同じ姿勢を続けていると、身体の循環が悪くなり、むくみが起こります。
立ち仕事やデスクワークといった同じ姿勢で長時間いることで正常な血流が妨げられ、本来余分な水分はリンパが吸収しリンパ節でろ過されたり、体外へ排出されますがそれができなくなります。

2.アルコールの影響
アルコールは血管内脱水の作用があり、角の飲酒によって体は水分を失い血液の濃度が高まります。
すると、体はその濃度を下げるために血管内に水分を取り込みバランスを保とうそしますが、この水分がむくみを引き起こします。

また、アルコールにより血管が拡張され、水分を通す毛細血管にアイた小さな穴も広がり、染み出た水分が皮膚の下に溜まりやすくなります。

3.水分や塩分の取りすぎ
塩は水分を保持する性質があり、塩分を摂りすぎると余分な水分をうまく排出できなくなり、むくみを引き起こします。
そして、水分を摂りすぎると血液中の水分量が増え、余分な水分が血管から細胞に染み出します。

しかし、水分不足でも体は水分を溜め込もうとするためむくみの原因ともなります。

4.筋力不足・運動不足
筋力が衰えていると、血液の循環させるポンプの役割を十分に果たすことができず、むくみが起きやすくなります。
また、運動不足により代謝の低下や冷えが起こります。

体温調節のための発汗は、水分代謝機能であり、自律神経によりコントロールされていますが、冷えなどによる血行不良が起こると自律神経の働きが鈍くなっていきます。
この血行不良により、毛細血管まで届く血液の量が不足し、血液が滞りむくみを引き起こします。

5.更年期や妊娠中などのホルモンバランスの乱れ
更年期にはエストロゲンの減少により女性ホルモンのバランスが乱れ、血管の収縮や拡張をコントロールしている自律神経が乱れ、血行やリンパの流れが悪くなるためむくみが起こります。

また、妊娠中は胎児に体の栄養を与えるために血液の量が増えますが、ホルモンの働きによってむくみが起きやすい時期です。
そして、生理前に増えるプロゲステロンは水分を体に溜めやすくするため、むくみやすくなります。


むくみの起こりやすい部位

むくみはリンパの流れが悪いことによるもの、水分や塩分過多によるものがありますが、むくむ部位によっても原因は異なります。

足のむくみ
体の中でも最もむくみやすい部位です。
心臓から遠い位置にあり、血液の流れが悪くなりやすいことと、重力の関係で水分が溜まりやすいためです。
また、疲れが溜まっている時や睡眠不足の時などにも足のむくみが起きやすくなります。

顔のむくみ
顔のむくみは内蔵の疲労が現れたものだと言われています。
例えば胃腸が弱く疲れやすい人は舌がむくみ、鼻炎や花粉症の人は鼻がむくみ、膀胱や婦人科系が弱い人はまぶたがむくみます。
また、PMS(月経前症候群)やアルコールの摂りすぎにより顔全体がむくむこともあります。

手のむくみ
手のむくみは起床時に起こりやすいと言われており、足に比べて日中によく動かすわけではないため、むくんだまま1日中むくみが取れないということもあります。
手のむくみに加えてしびれがある場合は、血流の流れが悪くなっていることが考えられます。
ですが、手がむくむのと同時にかゆみがある場合や関節痛がある場合は病気の可能性もあります。

むくみと尿の関係

腎臓は血液中から、体に必要なものと不要なものを分別し、不要なものは尿となり体の外に排出し体のバランスを整えます。

体調や気候により排出する水分の量を調節しますが、腎臓がうまく働かなくなると、水分がうまく排出できなくなります。
体から十分に水分が排出されないと、靴がきつくなったり、体重が増えたりと体の中に水分が溜まり、むくんでしまいます。
体内に余分に溜まっている状態ですと、2~3kg以上の体重の増加を伴います。

むくみは病気のサインかも?

長時間立ちっぱなしでむくんだ場合や1日寝て引くようなむくみは病院へ行く必要はありませんが、むくみの中には危険な病気が潜んでいる場合もあります。
例えば、数日間で局所にむくみが出現した場合や、関節の痛みを伴うむくみが出現した場合は病気がのサインかもしれません。
また食事や服薬直後にむくみが出現した場合は血管性運動性浮腫といいすぐにでも病院で受診する必要があります。

むくみはなんでもないものから重篤な病気まで様々あります。
むくみに加えて息が苦しくなるなど突然体が変調をきたした場合は、病院を受診するようにしましょう。

肥満とむくみの関係

同じように体重が増加しても、むくみと肥満では成り立ちは全く異なります。
むくみは体の水分が異常に増加した状態であり、通常1~2kgの体重の増加、ひどいむくみの場合には3~4日で10kgも体重が増加することもあります。

一方肥満の場合は脂肪分が増えることにより体重が増加しますが、むくみのように極端に体重が変動することはありません。

むくみのチェック方法

むくみと肥満を区別するには、むくんでいると思われる部分(足のすねなど)を10秒以上強く指で押してみましょう。
へこみができればそれはむくみです。肥満の場合はこのようなへこみはできません。

さらに、実際に手で触ったり見た目で確認する際にチェックしておきたい箇所は

ふくらはぎ
パンパンに張っていたり中に硬いセルライトのようなものがある、または逆に弾力がなく、やわらかすぎる

靴の着脱
朝よりも履きにくい、ファスナーやストラップが止めにくいと感じる

靴下の跡
靴下を脱いだ時になかなかゴムの跡が消えない

などがあげられます。

一過性のむくみは日々の生活習慣によるものが主な原因ですが、肩こりがひどい冷え性疲れが取れにくい便秘気味冷たい飲み物を好むシャワーのみの日が多い締め付けの強い服や下着をよく着るなど当てはまるものが多い場合はむくみの可能性が高いです。
気づかないうちに内蔵に負担がかかっていたりすることもあるため、早めの改善策が必要です。

むくみはダイエットの天敵

むくみとは体の水分が異常に増加した状態ですが、老廃物が排出されずに、体内に溜まったままですと、細胞が水分を含みすぎて活動が鈍くなり、その結果細胞の劣化を招きます。

さらに脂肪細胞へと変化してしまい、体内に蓄積され脂肪やセルライトとなる原因になります。
ダイエットを行っているのに体重が落ちずに肥満が改善されないという方は、毒素や老廃物によるむくみが原因の可能性もあります。

女性の身体は、ホルモンバランスの関係上、むくみやすい生理前1週間~から生理中の「むくみ期」と、代謝がよく痩せやすい生理中期から14日くらいの「痩せ期」があります。

むくみ期は身体に水分を溜め込みやすいため、水分の排出や血行促進のためのストレッチやマッサージがお薦めです。
痩せ期であれば、溜め込んだ老廃物の排出期間でもあり、体の基礎代謝がよくなり脂肪が燃焼しやすいため筋トレや有酸素運動などで体を活発に動かすダイエットが効果的です。


ポイント

ダイエットをしているのに肥満が改善されない、なかなか体重が減らない、太って見えるのはむくみのせいかもしれません。

利尿剤は体内の余分な水分や老廃物を尿とともに排出させる作用があります。
尿量を増やし、血液中に溜まった毒素や老廃物を尿として排出するため、短時間で全身のむくみを取るデトックス効果があります。
さらに余分な水分を取り除くことにより体温をあげ代謝を高めます。

むくみの解消法と予防法

一過性のむくみは病気ではありませんが、放置していると肥満や疲れ、免疫力の低下を引き起こすこともあります。
むくみやすい人はしっかりケアを行いましょう。

マッサージ

むくみを解消するにはマッサージが効果的です。
マッサージといっても、揉むのではなくなでるようにリンパ液の流れを改善しましょう。
リンパ液には老廃物を運搬する働きがあるため、足の疲れをとる効果もあります。

マッサージを行う際は滑りをよくするためにもマッサージオイルやクリームを活用をお薦めします。
  • 足の裏や足の指の付け根、足の高と健の間を軽くマッサージします
  • 足首は、くるぶしに圧をかけながらほぐします
  • ふくらはぎはリンパを流すように下から上に向かって10~15回ほどやさしくなであげていきます
  • リンパ節のひざ裏を1プッシュあたり3秒かけてまんべんなくほぐします
  • 両手をひざの両側にあて、足の付根にあるリンパ節に向けてやさしくなであげていきます。   最初はももの表側を下から上へ向けて、次に同じようにももの裏側も下から上に向けて10~15回ほどなでます。
  • 太ももの付け根を腰骨の内側から恥骨にかけてマッサージします
  • 最後に足全体を下から上にマッサージして終了です
足首、ひざ裏、足の付根はリンパ節やリンパの詰まりやすい部位ですので入念にほぐしましょう

むくみの予防法

むくみを予防するには日頃からの心がけが大切です。 筋肉が弱ると、血液の流れが悪くなりむくみやすくなるため適度な運動が必要です。
ウォーキングや散歩などを心がけ、階段を使うようにしましょう。
階段の上り下りは、足の筋肉をよく使うため血行などの改善に効果的です。

また、足の先を動かすとふくらはぎの筋肉も動き血液などの流れがよくなります。
デスクワークの方はイスに腰をかけた状態で、かかとを上げ下げするだけでもむくみの予防に効果的です。

利尿剤の種類と効果

利尿剤は尿量を増加させる作用のある薬です。 腎臓は尿の量や濃度を調節して排出し、体のバランスを整えますが、腎臓がうまく働かなくなると、水分がうまく排出できなくなります。

利尿剤は、尿の調節機能が適切に働かない時に使用されている医薬品です。

ループ利尿剤

特徴:もっとも作用の強い利尿薬

ラシックス
・フロセミド(商品名:ラシックス
フロセミドは体内の水分量に関わりのある腎臓と膀胱につながるヘレンループで体内への水分吸収を阻害し、尿量を増やす働きをすることから、ループ利尿薬とも呼ばれています。
服用後は成分が速やかに体内へ吸収され、腎尿細管におけるナトリウム、カリウムの再吸収を抑え利尿作用を示し、さらに循環する血流量の減少により血圧を下げる効果があるため、心不全や高血圧症の治療薬にも用いられています。
また、女性では生理前のむくみの治療にもよく使われます。

ルプラック・ジェネリック
・トラセミド(商品名:ルプラックジェネリック
トラセミドは体内の水分量に関わりのある腎臓と膀胱につながるヘレンループで体内への水分吸収を阻害し、尿量を増やす働きをすることから、ループ利尿薬とも呼ばれています。
服用後は、腎尿細管におけるナトリウム、カリウムの再吸収を抑え利尿作用を示し、さらに循環する血流量の減少により血圧を下げる効果があるため、心不全や高血圧症の治療薬にも用いられています。
同類薬の中では、カリウムの排泄が少なく、副作用がでにくいと言われています。

チアジド系利尿剤

特徴:降圧剤としても使用されている

ヒドラジド
・ヒドロクロロチアジド(商品名:ヒドラジド
ヒドロクロロチアジドはチアシド系の利尿薬で、消化管から速やかに吸収され、遠位尿細管における塩分と水分の再吸収を抑え、尿量を増やします。
さらに循環する血流の余分な水分を減らして、血圧を下げるため高血圧症の治療にも用いられています。
少量であれば副作用もほとんどなく、併用薬としても優れています

カリウム保持制利尿剤

特徴:ループ利尿剤と併用して使用されることも

アルダクトン
・スピロノラクトン(商品名:アルダクトン
スピロノラクトンはカリウム保持制利尿剤で、降圧作用はそれほど強くありませんが、遠位尿細管で水分の再吸収を抑え、尿量を増やし、アルドステロンというホルモンの働きを抑えます。
その結果、水分とナトリウムが尿となり排出するため、むくみや血圧を下げる効果があります。
抗アルドステロン薬の部類で、尿中のカリウム排泄量を抑える効果があります。

むくみと代謝を改善するサプリメント

運動以外でも食生活やサプリメントなど「効率よく凝縮された栄養素」から、むくみと向き合うことも重要です。
むくみは細胞の間に余分な水が溜まってしまうこと。そのメカニズムは「カリウム」と「ナトリウム」にあります。
細胞の中の水分「細胞内液」に存在しているカリウムと、細胞の外の水分「細胞外液」に存在しているナトリウムは、通常その濃さが常に程よいバランスとなっています。

しかし、塩分を大量に摂ってしまうと体内のナトリウム濃度が強くなります。
ナトリウムの排出を担うカリウムが足りなくなってしまうと、体はナトリウムの濃度を下げようとして水分を溜め込むようになるのです。それがむくみとなって現れるのです。
ナトリウムはブロッコリーやアスパラガスに含まれていますが、慢性的なカリウム不足を解決するにはサプリメントが効率的です。

ザントレックスブラック

ザントレックスブラック
ザントレックスブラックには、ダイエットへの有用性が知られているガラナ、種子エキス、緑茶エキス、マテエキスなどの成分が配合されています。
また、カルシウム・マグネシウム・カリウム・鉄分といったミネラルが凝縮されている「飲むサラダ」とも言われているヤーバマテの抽出液が配合されています。

食欲のコントロール、脂肪の燃焼をサポート、スタミナアップなど様々な効果が期待できます。

口コミ・レビュー

  • 匿名希望さん (35歳)
    インドから発送されて1週間以上も経っているのにも関わらずまだ日本に到着していない意味がわからない、、ほんとに遅すぎる
  • ユミさん (44歳)
    安かったのに残念です。
  • 匿名希望さん (23歳)
    オススメ!
  • おまんじゆうさん (39歳)
    いつも、朝のむくみに悩まされていました。これを飲んでから むくみしらずに… ありがとうございます
  • メイリーさん (38歳)
    ラシックスが販売停止になったのでこちらを購入。レビューをみて半信半疑でしたが普通に効きます。購入して良かったです。
  • martiniさん (99歳)
    ラシックス錠の個人輸入禁止に伴い、それに代わる物を半年ほど探し続けてきました。 各社から色んな種類の利尿剤を取り寄せて試してきました。 その結果自分にはルプラックジェネリック20mgが最もラシックスの効果に近く かつコスパ的にも満足できる商品だと結論になりました。 そのため、今回から送料無料になる数量の纏め買いを開始しました。
  • さん (28歳)
    かなり効きました 尿が沢山でますしすっきりします! 少し立ちくらみありますけど気に入ってます
  • 匿名希望さん (42歳)
    10mgを購入しました。 効き目は大ですが。。 翌日 動けないほどのだるさがでました。 体調が悪くなり 食べ物も食べれなくなり 水分も飲みたくないほどに。。 1日で三キロ減りました。
  • マーさん (50歳)
    ラシックスに比べて全然効き目なし、クスリの量を増やしたいけど何錠まで良いのかわかりません
  • ぽむさん (26歳)
    20ml買いました ラシックス程ではないけど効果はじゅうぶんあります なくなったらまたリピしようと思います

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ