アナボリックステロイド

アナボリックステロイドは、ボディビルダーが愛用する事で知られる筋肉増強剤です。有効成分【オキシメトロン・スピロペント・プリモボラン等】には、作用する役割【脂肪燃焼・タンパク合成など】が異なり目的別に利用出来ます。

売れ筋ランキング

ステロイドの商品一覧

  • オキサンドロロン(アナドリン)

    オキサンドロロン(アナドリン)

    アナドリンは、アナボリックステロイドの中でも1番初心者に向いていると言われている薬で、大人気の筋肉増強剤であるアナバーと同一成分です。
    メタンジエノンなどが配合されたステロイドみたいな著しい効果はないですが、副作用の少なさに加え、通常ではあまり見られない「女性が使えるアナボリックステロイド」としての地位を確立しています。
    有効成分にオキサンドロロンが含有され、タンパク質の同化を促します。
    筋肉の増量に加え、火傷を負った方の健康維持にも利用され、またアルコール肝炎の方にも処方される事もあります。
    製造:Lloyd Laboratories Inc.

    もっと見る

    1錠64円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メタンジエノン(メダナボル)

    メタンジエノン(メダナボル)

    メダナボルは、筋力増強や筋肉量を増やすことを目的とした経口の筋肉増強剤(アナボリックステロイド)です。
    有効成分である「メタンジエノン」が肝臓から各組織へと伝達され、体の中にあるタンパク質の合成を促し、筋肉を増やします。
    タンパク質合成の効果はケガ、火傷といった皮膚組織の損傷からの回復にも使われ(皮膚再生)、骨髄の働きが良くなる事で赤血球が増えますので、貧血の改善にも期待が持てます。
    製造:ロイドラボラトリーズ

    もっと見る

    1錠26円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • スタノゾロール(メナボル)

    スタノゾロール(メナボル)

    スタノゾロール(メナボル)は、筋肉量を増やし骨を丈夫にしたり赤血球の数を増加させる効果のあるホルモン剤になります。
    アスリートやボディービルダーの方が筋肉増強のために用いたり、遺伝性の血管浮腫の治療などにも用いられることがあります。
    製造:Cosme Farma Laboratories

    もっと見る

    1錠51円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アンドリオール・ジェネリック

    アンドリオール・ジェネリック

    特徴
    セルノスはサンファーマ社が販売している男性ホルモン補充薬です。
    アンドリオールのジェネリック医薬品で、オレンジ色でカプセルの錠剤が特徴です。

    効果
    セルノスの主成分であるウンデカン酸テストステロンは、男性機能の回復剤として中高年の方を中心に使用されている医薬品で、筋肉増強や精神力を高める効果もあります。

    副作用
    主な副作用には前立腺特異抗原(PSA)の増加、前立腺肥大、赤血球の増加、ヘマトクリット値の増加などがあげられています。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは40mgが購入可能です。

    発送時期によりパッケージが異なる場合がございます。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1錠114円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セルノスジェル(男性ホルモン)

    セルノスジェル(男性ホルモン)

    特徴
    セルノスジェルはサンファーマ社が販売している男性ホルモン補充剤の塗るタイプの外用薬です。
    外用薬でジェルタイプという特徴があります。

    効果
    セルノスジェルの主成分であるテストステロンは、男性ホルモンを活発にさせ、筋肉増強、体毛増加、精力増強に効果があります。

    副作用
    主な副作用には紅斑、ニキビ、乾燥皮膚、頭痛、めまい、気分障害、下痢があげられています。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは1%が購入可能です。

    発送時期によりパッケージが異なる場合がございます。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1包289円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • オキシメトロン(オキシポロン)

    オキシメトロン(オキシポロン)

    オキシメトロンは、経口薬として使用するタンパク同化薬です。
    生体内でのタンパク合成を促進させるため、肝臓および各組織に働きかけます。
    筋肉を増やすためにタンパク質の合成を促し、筋繊維の回復により体力の消耗を改善します。
    また、骨髄の機能が高まり、赤血球の数が増えることで貧血などの症状が改善され、カルシウムの排泄を減らすために骨が弱くなることを防ぎます。
    製造:ウエストコースト

    もっと見る

    1錠74円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • スタノゾロール(ウィンゾロン)

    スタノゾロール(ウィンゾロン)

    ウィンゾロンは、タンパク質を筋肉へと変える効果を持つ、筋肉増強剤です。
    通称「アナボリックステロイド」とも呼ばれています。
    有効成分であるスタノゾロールが、タンパク質の合成を促し、筋肉量、筋力の増強を果たします。
    アナボリックステロイドの副作用である「男性化」がさほど無く、女性でも使いやすくなっているのも特徴です。通常のステロイド剤は女性がそもそも服用出来ないことが多いものですが、スタノゾロールは女性に対して特に高い筋力増強効果があります。
    製造:ウエストコースト

    もっと見る

    1錠24円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アンドリオール

    アンドリオール

    取り扱い再開いたしました。

    アンドリオール・ジェネリック:セルノスはサンファーマ社が販売している男性ホルモン補充薬です。

    セルノスジェル(男性ホルモン):セルノスジェルはサンファーマ社が販売している男性ホルモン補充剤の塗るタイプの外用薬です。

    特徴
    アンドリオールはMSD社が販売している男性ホルモン補充薬です。
    当サイトで取り扱っているアンドリオールは、MSD社が製造・販売している正規品です。

    効果
    アンドリオールの主成分であるウンデカン酸テストステロンは、男性機能の回復剤として中高年の方を中心に使用されている医薬品で、筋肉増強や精神力を高める効果もあります。

    副作用
    主な副作用には前立腺特異抗原(PSA)の増加、前立腺肥大、赤血球の増加、ヘマトクリット値の増加などがあげられています。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは40mgが購入可能です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1錠142円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クレンブテロール(スピロテロール)

    クレンブテロール(スピロテロール)

    特徴
    スピロテロールはウエストコースト社が開発した気管支炎や気管支喘息の治療薬です。
    日本でも処方されているスピロペントのジェネリック医薬品で、錠剤タイプが特徴です。

    効果
    スピロテロールの主成分であるクレンブテロール気管支を拡張し喘息発作の予防に効果があります。
    腹圧性尿失禁の治療にも用いられます。
    また、筋肉の分解を抑える効果もあり、筋肉増強剤として服用する方もいます。

    副作用
    主な副作用は、発疹、そう痒、頭痛、しびれ感、興奮、不眠、めまい、眠気、血圧上昇、下痢などがあげられます。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは40mcgが購入可能です。
    製造:ウエストコースト

    もっと見る

    1錠40円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • リオチロニンナトリウム(リオサイトメル)

    リオチロニンナトリウム(リオサイトメル)

    リオサイトメルは、チロナミンのジェネリック医薬品で甲状腺ホルモンが不足する事で引き起こされる甲状腺機能低下症や、粘液水腫、慢性甲状腺炎(橋本病)甲状腺腫の治療に用いられる合成甲状腺ホルモン薬です。
    甲状腺ホルモン同様の働きをする化学物質で、有効成分でもあるリオチロニンナトリウムは、体内の活動を活発にし、新陳代謝および脂質代謝を促進する働きがある事から、身体の組織作りの為に利用されたり、脂肪燃焼や筋肉増強の為に用いられる事もあります。
    製造:ロイドラボラトリーズ

    もっと見る

    1錠42円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • テストステロン補充ジェル

    テストステロン補充ジェル

    特徴
    テストジェルはバイエル社が販売している男性ホルモン補充剤の塗るタイプの外用薬です。
    外用薬でジェルタイプという特徴があります。

    効果
    テストジェルの主成分であるテストステロンは、男性機能の回復剤として中高年の方を中心に使用されている医薬品で、筋肉増強や精神力を高める効果もあります。

    副作用
    主な副作用にはニキビ、体毛の増加、頭皮脱毛などがあげられています。

    成分量
    日本国内においては現状未承認のため処方されていません。
    当サイトでは50mgが購入可能です。
    製造:バイエル

    もっと見る

    1袋421円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • フルオキシメステロン(ハロフルオックス)

    フルオキシメステロン(ハロフルオックス)

    現在欠品中です。
    次回8月下旬入荷予定
    類似商品をご利用ください。


    メタンジエノン:筋力増強や筋肉量を増やすことを目的とした経口の筋肉増強剤(アナボリックステロイド)です。

    オキサンドロロン:アナボリックステロイドの中でも1番初心者に向いていると言われている薬で、大人気の筋肉増強剤であるアナバーと同一成分です。

    ハロフルオックスは、ウエストコースト社が開発製造しているフルオキシメステロンを有した筋肉増強剤(アナボリックステロイド)です。類宦官症の治療にも用いられています。フルオキシメステロンの男性ホルモン作用はとても強く、一般的なステロイドの8倍以上のアンドロゲン作用を持つことから、男性ホルモン欠乏症や類宦官症の治療にも用いられています。
    女性化作用が少なく、体脂肪の減少効果を持つことで、ボディビルディングの世界では、最後の減量の仕上げとして使われることも多くあります。
    製造:ウエストコースト

    もっと見る

    1錠90円~
    売切れ
    詳細を見る
  • メテノロン(プリモノロン)

    メテノロン(プリモノロン)

    プリモノロンは、プリモボランのジェネリック医薬品で、メテノロン酢酸エステルを有した代表的なアナボリックステロイド薬です。
    筋肉増強のトレーニングに欠かせない脂肪燃焼の効果と共に慢性腎疾患や悪性腫瘍の治療に用いられることも多くあります。
    プリモボランの主成分メテノロンは、数あるステロイドの中でも数少ない自然界に存在する成分なので、他のアナボリックステロイドに比べて副作用が弱く、肝臓に対する毒性や女性化作用がありません。
    また、脂肪燃焼に係るアドレナリンの受容体に結びつきやすい特徴があり、ボディビルの世界では減量中に用いられることが多くあります。
    製造:ウエストコースト

    もっと見る

    1錠174円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る

ステロイド

ステロイドとは

ステロイドは副腎から作られるホルモンの一種であり、体の中の炎症の抑制、免疫力の抑制等、様々な治療に用いられますが、筋肉増強剤として『アナボリックステロイド』があります。
オリンピックや運動の競技において、ドーピング検査に引っかかってしまった等と言うのを耳にする事がありますが、この大半がステロイドであるとされています。
ステロイドの中でも男性ホルモンの作用を有するように合成されたものがアナボリックステロイドであり、非常に強力な筋肉強化作用があります。
男性ホルモンは男性化の作用を持ちますので、筋肉増強や性欲の増幅等、一般的に見ると男性特有とも言える働きをするホルモンです。
男性に多いとされていますが、女性にも男性ホルモンはあり、筋肉増強剤を体内に取り入れる事によって、男性の場合はさらに男らしさが増し、女性の場合でも男勝りな体付きを手にする事が出来ると言えます。
成分によっては、通常の10倍~20倍は筋肉が作られやすい体になるとまで言われています。

アナボリックステロイドの種類

アナボリックステロイドは多く存在しますが、成分によって作用が役割が異なっています。
今回はその中でもメジャーな成分である『オキシメトロン』『スタノゾロール』『メテノロン』についてご説明します。

オキシメトロン

経口摂取型のたんぱく質同化のアナボリックステロイドです。
本来は貧血や、骨粗しょう症、HIV患者等の体重減少を抑える目的として投与されていましたが、オキシメトロンの投与により体重は増加し、短期間の間で筋肉量も増加したと言う事から注目を浴び、筋肉増強剤として使用されるようになりました。
最強のアナボリックステロイド』と呼ばれる程その効果は確かであるとされ、運動も何もしなくても筋力が格段にアップすると言うデータまである程です。
一般的にハードなトレーニングをしっかり続けて増加する筋肉は0.5kg程度であるとされている中で、オキシメトロンの服用では運動をしなくても8倍の筋肥大効果が実証済みです。
トレーニングをしながら服用する事によって、通常の10倍~20倍の筋肥大効果が期待出来るとされています。

スタノゾロール

筋肉や骨を丈夫にしたり、赤血球を増やすと言う働きがあります。
オリンピック選手のベン・ジョンソンが、ドーピング検査によってスタノゾールの使用が発覚し、失格になった事でも有名です。
オキシメトロンに比べ、筋肥大などの体を大きくする効果はそれ程高く無いとされており、男性よりも女性に効果が高いとされています。
マウスによる試験においても、オスの場合は効果が確認出来なかったものの、メスの場合は比較的筋肉量がアップしたと言うデータもあります。
副作用が少ない事からも女性に人気で、がっつり筋肉を付けたいと言う方よりも、筋肉の分解を抑えたり、筋肉を維持したい方におすすめです。

メテノロン

筋肉増強効果は低い方であり、スタノゾロールと同様に男性よりも女性におすすめです。
本来メテノロンは、慢性の腎臓病やガン、大きなや怪我やヤケド等、体力的を大きく消耗してしまう症状の改善や手術の後に、弱った体の回復等に使われていました。
未熟児や体重が低い子供等にも使用され、その安全性の高さはお墨付きと言えます。
タンパク同化作用が高い為、減量サイクル中の筋肉の維持や脂肪を燃焼させる効果には定評があり、ダイエットを目的とした女性等にもおすすめです。
ステロイドの大半は男性化の作用が副作用として起こりうる物がほとんどですが、メテノロンはその中でも副作用が弱めであると言う事で女性にも人気です。

アナボリックステロイドの効果

アナボリックステロイドは全般的に筋肉増強効果は期待出来ますが、成分や個人差、男女によって効果の強弱もあります。
それぞれの効果の特徴は下記のようになりますので、目的によって使い分けて下さい。

オキシメトロン

・筋肉増強効果が十分に期待でき、短期間でも通常では考えられない程の筋力アップ効果があります。
・エリスロポエチンと言う赤血球を作る物質の生成を促進する為、血液が多く作られやすくなる事で、貧血改善効果が期待出来ます。
・骨髄の機能が高まり、日本では難病指定されている骨髄繊維症にも用いられる事もあり、骨粗しょう症の改善や骨の強化作用があります。

スタノゾロール

・オキシメトロン程に比べ筋力増強効果は弱いですが、女性の場合は十分に筋力アップの効果も期待が出来ます。
・肝臓および各組織の、たんぱく質の合成を促進し、怪我や火傷などによる著しい体力の消耗を改善します。
・脂肪を落とし筋力を保つ効果がある為、女性におすすめで、副作用が少ない事も特徴の一つです。

メテノロン

・筋肉増強効果は弱めですが、女性が使用する事で筋力アップが期待出来ます。
・脂肪燃焼効果が高い為、減量中やダイエットの際に筋力を衰えさせる事なく保つ事が出来ます。
・スタック(違う種類のステロイドと併用)する事で、相乗効果によってより高い筋肥大効果を得る事が可能となります。

アナボリックステロイドの服用方法

オキシメトロン

通常疾患の場合、1日辺り5~30mgを2~4回に分け、水またはぬるま湯で服用して下さい。
筋肉増強の場合、1日50mgが良いとされ、8週間~最大でも12週間を超えるを服用はお止め下さい。
また、通常疾患に比べて服用量も増える為、副作用のリスクも高まります。
必要以上の過剰な摂取はお控え下さい。

スタノゾロール

通常疾患の場合、1日4~6mgを1日1~3回に分け、水またはぬるま湯で服用して下さい。
筋肉増強の場合、1日50mgが良いとされ、8週間~最大でも12週間を超えるを服用はお止め下さい。
男性の場合は筋力増強効果が弱い為、筋肉増強目的として数週間服用して効果が無い場合は、服用を中断した方が良いでしょう。

メテノロン

通常疾患の場合、1日10~20mgを2~3回に分け、水またはぬるま湯で服用して下さい。
規定では、年齢、症状により適宜増減するとされていますが、副作用を強く感じてしまう場合や、効果を強く感じてしまう場合は、ピルカッター等で細かくし、服用量を減らす事をおすすめします。
筋肉増強の場合、1日当たり50mgを目安の服用が良いとされ、12週間を超える服用はお控え下さい。
服用量が増える為、副作用のリスクも高まります。
過剰な摂取はお控え下さい。

副作用や注意点

オキシメトロン

・発熱
・尿の褐色
・胃腸障害
・肝機能障害
・男性ホルモンの減少
・女性化乳房
・薄毛等

上記のような副作用が報告されています。
オキシメトロンは飛躍的な筋力増強効果がある為、非常に副作用が強いと思われがちですが、必ず副作用が起こると言うわけではありません。
適切に服用する事で、副作用を全く感じないと言った方や、服用初期の段階で軽く体がぴりぴりした程度と言う報告もあります。

スタノゾロール

・にきび
・嘔吐感
・むくみ
・脱毛等

上記のような副作用が報告されています。
スタノゾロールは比較的副作用は弱いとされており、適量の服用であれば発生率も低いとされています。
しかし筋力増加を目的とする場合は服用量が増える為、副作用のリスクも高まります。
効果を強く感じすぎてしまう場合や副作用を頻繁に感じる場合は、すぐに服用を中断して下さい。

メテノロン

・吐き気
・にきび
・かゆみ
・胃腸障害
・肝障害等

副作用は弱いとされていますが、上記のような副作用が報告されています。

アナボリックステロイド全般で言える事ですが、男性ホルモンの変化による副作用も考えられ、男性の場合は陰茎肥大、持続勃起、精子の減少等が起こる場合があります。
女性の場合は、男性化、多毛、声変わり、生理不順等、必ず副作用が起こると言うわけではありませんが、異変を感じた場合はすぐに使用を中断し、医師に相談して下さい。

口コミ・レビュー

  • 匿名希望さん (44歳)
    使わない方が身のため
  • 匿名希望さん (44歳)
    約1ヶ月の使用により 肝機能数値が著しく上昇し、 MRIを受けることになりました、 この手の薬による副作用被害報告が多発して、 厚労が動き始めたニュースを最近わかりました。それからヘモグロビンa1cの上昇により、糖尿病初期と診断されました、体を壊してからでは遅いと思います。
  • りっくさん (33歳)
    効果がはっきりわかって驚きました。2錠を半分に割って朝昼夜寝る前に飲んでいます。 下半身に効果があるヨガを続けただけで足に筋肉がついているのがわかります。
  • 亀槍硬太さん (54歳)
    確実な効果がありました! お腹周りから塗りはじめましたが、日々 脂肪が減少していくのがわかります。 いまは一度に1包を使用しますが 何カ所かに分けて塗布しています。 腕や脚は末端(手先やつま先)の冷え性にも効果があるようです。
  • 亀さんさん (54歳)
    毎朝 身繕いの時に1パック全量を 数カ所に分けて塗っています。 お腹周りに…なかなか落ちなかったお腹周りの脂肪が日々目に見えて減っていってます。 腰に…腰痛が楽になりました。 腕と脚…末端の冷え症が改善されつつあるっぽいです。
  • ワークアウターさん (25歳)
    ここで口コミ書いてる人間はオキシを知らなすぎる。サプリメントだと思ってる人間もいればプロテインの変わりに飲むとか言ってる人間もいる。 はっきり言ってサプリメントとは違い薬剤ということを忘れずに手にしてほしい。もちろん副作用もあるし無知が手軽に手を出してはならない薬。アナボリックステロイド 服用するなら色々調べてから服用した方がいいと思う。
  • マイプロテインさん (40歳)
    1日5錠を上限にしてオキシやりました 感想としましては、食事はオーバーカロリー(5000位)トレーニング毎日やれば 2ヶ月で大体半年分くらいは筋肉つきますよ 菓子パンや脂質を多めにしても太らないので安心してバルクあげてください 注意点はケア品は絶対必要ですよ ひとつ二つ飲んでもたいしてかわらないし太るだけだから いっぱい食べれて太らず筋肉になるなら ケア品ケチしないで安心して 毎日楽しくトレーニングがいいと思います 寝る前に和菓子ミックス一袋もいいですよー糖質すら大事になります 効き目あるから副作用注意を心がければ 筋肉もりもりですよ
  • 匿名希望さん (48歳)
    パンツ一丁の立ち姿に愕然とし、一念発起。筋肉つけてお腹を締める目的で、1/4錠(12.5g)を毎日服用。年相応に無理のない自宅トレーニングを続け、ちょうど1か月経ちました。お腹周りの脂肪はまだ落ちてないですが、筋肉は徐々に締まってきていることを実感しています。あと1か月飲んだら、その後1か月は飲まないようにし、肝機能を見ながら繰り返しやっていく予定。副作用なのか、顔が少しギトギト脂増えた気がしますが、それも含め良しとしています。
  • 勝手に輝夜月さんの弟子 さん (25歳)
    レビューにあった 輝夜月さんの書いてあるような感じに やってみたら 胸と肩・腕も厚く、太くなり Tシャツがパツパツに笑 更に進化したかったので、量を 増やしてみたら更に早く大きくなり ました。 僕は途中からホエイじゃなくウェイトゲイナーにしてみたら更なる進化かあり やはりカロリーは沢山の方が付きがいいみたいです。 もし買うひとは特に副作用ないので 沢山食べて飲んでトレーニングがおすすめ
  • トラック野郎さん (40歳)
    骨折を機に骨を強くしようと飲み始めました。 毎回病院でレントゲンを撮るたびに骨が成長しているのが分かるので、治りが早いです。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ