エラ(5日以内)
  • エラ(5日以内)
  • エラ(5日以内)
  • エラ(5日以内)

エラ(5日以内)

更新日:
  • 緊急避妊
  • アフターピル
成分ウリプリスタール酢酸エステル
効果緊急避妊(性行為後の避妊)
副作用吐き気、頭痛、胃痛、生理痛、下腹部痛、めまい、疲労感、消退出血、乳房圧痛
製造元アブディイブラヒム

ご注文

エラ(5日以内) 1錠

内容量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
5,500
4,950(4,9501箱あたり
148
カゴに入れる
2箱
11,000
8,910(4,4551箱あたり
267
カゴに入れる
3箱
16,500
11,880(3,9601箱あたり
356
カゴに入れる

エラとは

エラは緊急避妊薬で、アフターピルと呼ばれる医薬品です。

1回の服用でよく、服用後3~21日で消退出血という出血がおこります。
この出血の確認である程度避妊の成功が認められます。

一般的な緊急避妊薬は性行為後72時間以内の服用において避妊効果が期待できますが、エラは性行為後120時間(5日間)の服用でも85%以上の避妊効果が得られることが臨床試験で明らかになっています。

エラは排卵を抑制し、子宮内膜の増殖を抑える働きがあり、子宮頸管の粘膜を増加させることで精子の通り道を防ぐ効果があります。
黄体ホルモンの増加量が多いため、1回の服用で十分に効果が得られる緊急避妊薬です。

日本でも自由診療でエラを処方しているクリニックがありますが、1錠あたりの価格は9,000円~10,000円が相場で、お薬なびでは半額以下で購入することが可能です。

エラの特徴

エラは、緊急避妊薬ノルレボのジェネリック医薬品です。
ノルレボと同成分なので同じ効果が得られるだけでなく、ノルレボに比べ7割程度の値段(当社比)で購入できるアフターピルです。
妊娠阻止率は、服用のタイミングが早いほど高くなります。(下記グラフ参照)
エラ妊娠阻止率

エラの効果

エラは排卵のために必要な女性ホルモンであるプロゲステロンの働きを抑制する物質を含んでおり、排卵を延期し妊娠を防ぐことが可能です。

服用後、3~21日で出血が見られますが、この出血が緊急避妊完了の合図となります。
しっかりと緊急避妊の効果が得られたか確認するためには、一定期間たった後に市販の妊娠検査薬で検査を行うことをおすすめします。
心配な場合は産婦人科などクリニックで検査をしてもらいましょう。

また、エラを服用後は、月経が数日間遅れる場合があります。
1週間以上予定よりもずれが生じた場合には、医療機関で検査を行ってください。

エラ(アフターピル )の効果「排卵日、時間、消退出血、生理」について

エラの飲み方(用量・用法)

性行為後120時間以内(5日以内)にウリプリスタール酢酸エステルとして30mgを1回服用してください。
本剤を服用する際には120時間以内という制限に関係なく、できる限り早期服用が好ましいとされています。

服用後3時間以内に嘔吐してしまった場合には、効果がなくなる可能性があります。
そのため、服用前後の食事やアルコールの摂取には十分に気を付けてください。

エラの成分

エラの主成分であるウリプリスタール酢酸エステルは、女性ホルモンのプロゲステロンの働きを阻害する作用があります。
プロゲステロンの働きが阻害されることによって避妊を成立させやすくします。

プロゲステロンは妊娠成立に必要な排卵、子宮内膜の増加、高体温の維持の3点について働きかけるホルモンですが、この働きが阻害されることで妊娠を阻止します。

ウリプリスタール酢酸エステルについて
エラの有効成分である、ウリプリスタール酢酸エステルは、2010年にアメリカで医療用に承認された比較的新しい成分で、アブディ・イブラヒム社が緊急避妊薬のエラとして商品化されました。
世界保健機関の必須医薬品リストに載っている成分です。

現在、50か国以上の国において緊急避妊用にウリプリスタール酢酸エステルが処方されており、日本でも自由診療として保険適用外で処方されています。

2014年には欧州医薬品庁が欧州連合において、処方箋がなくてもエラを購入できるよう呼びかけを行っており、2015年にEU全土で販売の承認が得られています。

エラを製造販売している、アブディ・イブラヒム社はトルコ最大手の製薬会社で、1912年に設立された歴史ある企業です。
2003年頃より、トルコの製薬業界を牽引していくほどの企業へと成長しており、国外10か国に支部を設けています。
2013年には日本の大塚製薬と提携し、アブディ・イブラヒム大塚製薬株式会社を設立しておりトルコと日本の製薬技術の発展に大きく貢献している会社です。

エラの副作用

  • 吐き気
  • 頭痛
  • 胃痛
  • 生理痛
  • 下腹部痛
  • めまい
  • 疲労感
  • 消退出血
  • 乳房圧痛
エラ(アフターピル )の副作用「胸の張り、腹痛、頭痛、消退出血」について

エラの使用禁忌

  • 本剤は性行為後に避妊するものであり、計画的に避妊をする場合には、より避妊効果の高い医薬品を服用すること
  • 本剤服用後も妊娠する可能性があるため、産婦人科などで適切な指示を受けること
  • 本剤服用後、医療機関にて妊娠していないことを十分に確認すること
  • 肝臓機能障害、心疾患、腎疾患を患っていないか、また既往歴はないか確認すること
  • 本剤服用後に、不正性器出血が生じる場合があり、月経との区別がつきにくいため、月経周期から適切な時期に医療機関で検査を受けること

エラの使用注意

  • 本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
  • 重度の喘息を患っている方
  • 心疾患・肝疾患またはその既往歴のある方
  • 妊娠している方
  • 36時間以内に授乳を行う方
これらに当てはまる方は医師に相談するか、服用を控えてください。

エラの併用禁忌薬

以下の薬剤との併用に注意して下さい。
  • 抗てんかん薬
  • HIVプロテアーゼ阻害薬
  • 非ヌクレオシド逆転写酵素阻害薬
  • セント・ジョーンズ・ワート

エラのメーカー

エラの発送国

シンガポール

エラの口コミ・レビュー

  • はなさん(27歳)

    2018-07-04

    アフターピルって1つ持ってるとだいぶ安心感が違うなと思います。周りの友達も一応常備してる子が多くて、私もそうしてます。エラって他のより飲むのが遅れても大丈夫って書いてあったので、使いやすいかなと思いました。アフターピル飲まないようにするのが一番なんですけどね…

    ▼ もっと見る ▼

    • マリモさん(25歳)

      2018-05-21

      友人からの進めもあり、エラを以前購入していました。彼氏の浮気で別れました。しかし、彼氏の浮気が発覚する前に中に出されました。それから2日たっていたのですが、エラをすぐ飲んだお陰で妊娠している様子はありません。最低な人との子供は産みたくないので避妊できてよかったです。緊急用でもっておいて本当によかったです。この先も何があるかわからないので常備しておこうと思っています。通販でこのような薬が購入できるのは本当に便利です。

      ▼ もっと見る ▼

      • りぼんさん(24歳)

        2018-05-18

        1錠で約5000円。高い気がするけどクリニックでもらうよりは安いんですよね。それにアフターピルはクリニックとかで事前にもらえないみたいだし。避妊に失敗して結婚した友達を何人も見てきたんで「自分の身は自分で守る!」てことで買うことにしました。中身分からないように梱包してくれてるから周りにバレる心配もなくてよかったです♪

        ▼ もっと見る ▼

        • なっちゃんさん(27歳)

          2018-05-15

          エラを持っていたお陰で妊娠せずに済みました。使う機会なんてそうそうないと思っていましたが、念には念を入れて買っておいて良かったです。しかも5日以内の服用で85%の避妊効果って結構凄いですよね。時間が迫っていても、エラがあれば間に合うと思います。

          ▼ もっと見る ▼

          • 匿名さん(26歳)

            2018-05-13

            彼がゴムを付けてくれないので使ってます。妊娠しにくい体質と言われているのを彼も知っているからなんですけど、もしもの時の為に持っています。妊娠はまだ望んでいないので、まずいかなって時に使えば安心です。ちょっと副作用の吐き気を感じますけど、我慢できないほどではないです。他に不快感はないので、私に合ってると思います。

            ▼ もっと見る ▼

            全ての口コミ・レビューを見る

            口コミ・レビューを投稿する

            レビューを投稿する

            口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
            お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

            上へ