ファビピラビル錠
  • ファビピラビル錠

ファビピラビル錠

更新日:
  • ジェネリック
  • 病気・症状
  • 新型コロナウイルス
  • ファビピラビル錠
  • 商品名ファビピラビル錠
    成分ファビピラビル
    効果抗インフルエンザ剤
    副作用下痢、発疹、嘔吐、悪心、腹痛、肝臓の数値の増加など
    飲み方1日目は1回1600mgを1日2回
    2日目から5日目は1回600mgを1日2回
    総投与期間は5日間
    ※新型コロナウイルスの治療に用いる場合には160錠ご購入ください。
    製造元CRSSTファーマ
ファビピラビル錠は、従来のインフルエンザ治療薬が効かない時に使用される最新の抗インフルエンザ薬です。

また、最近では新型コロナウイルスの治療薬として注目を集めています。

こんな方が購入しています
インフルエンザの治療薬のために
今までのインフルエンザ治療薬が効かない
新型コロナ治療のために

選ばれているポイント
ジェネリックなので低価格
病院で処方されているものと安全性・効果は変わらない
病院では入手できないから通販で購入
  • 抗インフルエンザウイルス剤

有効成分:ファビピラビル

ご注文

ファビピラビル錠 200mg

内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
40錠
5,600
5,100(1271錠あたり
153
カートに入れる
160錠
22,400
20,200(1261錠あたり
606
カートに入れる

ファビピラビル錠を使用したお客様の声

良い評価
さん(歳)
良い評価の口コミが投稿されていません。
悪い評価
さん(歳)
悪い評価の口コミが投稿されていません。
他の口コミ・レビューを見る

商品詳細

ファビピラビル錠はタミフル、リレンザなど全ての耐性をもつ新型インフルエンザの治療薬として開発された最新の抗インフルエンザウイルス剤です。

他の抗インフルエンザウイルス剤が無効な時に限り使用されるため、市場では流通していません。

ファビピラビルは細胞内でリボシル三リン酸体へと代謝され、RNAポリメラーゼを選択的に阻害すると考えられています。

そのことから、インフルエンザウイルス以外のRNAウイルスにも効果を示す可能性があるとされています。

新型インフルエンザの治療
従来の抗インフルエンザ薬では治療できないと判断した時にのみ、医師が有効性および危険性を十分に文章にて説明し、患者あるいは家族の同意を得た上で、使用されています。

お薬なびで取り扱いのあるインフルエンザ薬一覧
タミフル
タミフルジェネリック
リレンザ

新型コロナウイルス感染症に対する治療
現在新型コロナウイルスの治療薬として承認審査が続いており、厚生労働省は200万人分の備蓄に必要な量を購入しているのとことです。

国内の臨床試験では50歳以上の男女316人を対象に治験を行っています。

【海外での臨床試験や承認状況】

・中国:臨床試験で明らかに効果的であったとの結果が出ています。
・イタリア:実験的に使用を承認
・ロシア:臨床試験の第一段階で非常に効果的であると証明。ジェネリックを承認しました。
・インド:新型コロナの軽度から中等度の治療にファビピラビルのジェネリックを承認しました。

参考サイト:https://en.wikipedia.org/wiki/COVID-19_drug_repurposing_research

ファビピラビル錠に関するよくある質問
Q.1病院でも処方してもらえますか?
A.個人利用する場合、ファビピラビル錠は市場では流出しておらず、海外からの取り寄せでしか入手できません。

Q.2新型コロナウイルスに効果はありますか?
A.現在臨床試験中ですので、効果があるとは断言できない状況です。
また、日本国内においては新型コロナウイルスの治療薬として承認されていません。

Q.3子どもや妊娠中の女性でも服用できますか?
A.子ども、の服用に関する安全性は確立されていません。
また妊娠中女性、妊娠している可能性のある方、妊活中の男女ともに使用は禁忌とされています。
服用後7日間までに性行為を行う場合は必ず避妊を行なって下さい。

使用する場合は、必ず医師に相談してください。


サイト運営者から一言

アビガンの新型コロナウイルスへの有効性は懐疑的であり、日本国内でも承認審議中です。
服用する際は必ず医師の指導のもと行なって下さい。
また、新型インフルエンザの治療を目的で使用をする場合も本来であれば医師が患者または家族に有効性や危険性を説明した上で同意を得て使用される医薬品です。




ファビピラビルの関連ページ

新型コロナウイルス関連商品
新型コロナウイルス

他アビガン商品
アビガン・ジェネリック(ファビピラビル)

服用方法・使用方法

服用を開始する前に妊娠している可能性のある女性は、妊娠検査を行い陰性であることを確認した上で投与を開始して下さい。
また、服用した男性は服用終了後7日間、性行為を行う場合は確実に避妊して下さい。
ファビピラビル錠の服用方法
日数服用量服用回数錠数
1日目1回1600mg1日2回服用200mgを8錠
2日目~5日目1回600mg1日2回服用200mgを3錠


※服用する際は必ず医師に相談して下さい。

詳しくは、以下の参考サイトをご覧ください。
医療用医薬品 : アビガン
アビガン錠を服用される患者さんへ-医薬品リスク管理計画

アビガンは市場には流通しておらず、日本国内では医師の指導の元、新型インフルエンザの抗インフルエンザ剤として使用されています。
それを踏まえた上で自己責任で使用するようお願い申し上げます。

注意事項
【痛風・高尿酸血症の方】
・痛風または、痛風の既往歴のある方
・高尿酸血症のある方

毛中尿酸値が上昇し、症状が悪化するおそれがあります。
また、合併症もしくは他の薬剤を併用している場合が多いため、服用の際は注意してください。

【妊婦、産婦、授乳婦等の方】
・妊婦または妊娠している可能性のある方は、使用できません。
・妊娠している可能性のある方は、使用前に妊娠検査を行い陰性であることを確認した上で使用するようにして下さい。
・精液中へ移行するため男性であっても服用後7日間まで性行為を行う場合は確実に避妊を行なって下さい。

妊娠中の型の服用の安全性は確立されていません。動物実験では催奇形性が認められています。

【小児等の場合】
小児に対する安全性は確立されていません。
使用しないで下さい。

※効果・副作用・服用及び使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な薬剤情報を和訳しています。お薬なびでは、服用及び使用による一切の責任を負いかねます。ご使用の際は、必ず医師など専門家にご相談して下さい。


副作用

主な副作用には、下痢、発疹、嘔吐、悪心、腹痛、肝臓の数値の増加などがあげられます。
重大な副作用では、異常行動、アナフィラキシーショック、肺炎、黄疸なども挙げられています。

異常行動との因果関係は不明なものの、インフルエンザ罹患時には、急に走り出す、徘徊するなど転落などに至るおそれのある異常行動を取ることが報告されています。

異常を感じた場合は、すぐ医師に相談してください。

併用禁止薬

【併用禁止薬】
特に報告されていません。

【併用注意薬】
・ピラジナミド
血中尿酸値が上昇する恐れがあります。

・レパグリニド
レパグリニドの血中濃度が上昇し、レパグリニドの副作用が強く出る恐れがあります。

・テオフィリン
ファビピラビルの血中濃度が上昇し、ファビピラビルの副作用が強く出る恐れがあります。

・ファムシクロビル、スリンダク
これらの薬剤の効果を弱める恐れがあります。

保管方法

・小さなお子様の手の届かない場所へ保管してください。
・温度や湿度の高い場所を避け、室温で保管してください。

メーカー

発送国

インド

口コミ・レビュー

まだ口コミはありません。

口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

上へ