痛い口内炎!その種類や症状、意外な事で生じる口内炎について

口内炎とは

「痛っ!」トマトやオレンジなど酸味のある食べ物を食べると飛び上がるほど口の中が痛くて、鏡で確認すると口の中に白い塊ができていることを発見するなんて経験はありませんか。。。

そう。口内炎の話です。
今回は、口内炎について紹介します。

そもそも口内炎とは何でしょうか?
口内炎は、口内や口内周辺の粘膜が炎症して起こる疾患の総称で、歯ぐきや舌などの口腔内だけでなく、唇にもできてしまいます。

今回は、その嫌な口内炎について、様々な種類と症状、意外な原因から生じる口内炎についてご紹介していきます。

口内炎の主な種類2つ~その症状と原因~

口内炎の主な種類は2つあります。

・アフタ性口内炎
歯ぐきや頬の内側や舌の側面や裏側、唇の裏側の粘膜、まれに喉などに2ミリから10ミリほどの丸くて白い潰瘍ができる口内炎で、睡眠不足、疲れやストレスからくる免疫力の低下、栄養不足、歯周病や虫歯など口内の衛生環境悪化などが原因で起こります。
通常は1週間から2週間ほどで自然に治り、潰瘍もなくなります。
口内炎といえば、このアフタ性口内炎が一般的なものです。

突然、口の中に潰瘍ができていたらびっくりしますが、その原因をみると誰にでも起こりうることです。
栄養のあるものを食べ、よく寝てストレスを溜めないようにしたり、こまめな歯ブラシやうがいで口の中を清潔に保ちましょう。

・カタル性口内炎
口の中の粘膜に水泡ができたり赤く腫れたりひび割れが起こり、荒れた状態が続きます。
アフタ性口内炎とは違い物理的な傷や刺激により起こる口内炎で、丸い潰瘍が現れないため口内炎と気づきにくいことがあります。
そして、あまりにも炎症が強いと、口臭が気になるようになることもあります。
矯正器具や入れ歯が接触してしまったり、慌てて食事中に口の中を噛んだりすることが原因で、刺激を受けた箇所に細菌が繁殖し起こります。

矯正器具や入れ歯が接触してなった方は、自分のサイズに合っていない可能性がありますので、処方された医師に調整してもらうようにしましょう。
口の中を噛んでできた方は、食事をする時にはゆっくりよくかんで食べるよう心がけましょう。
胃に負担を掛けませんし、食べすぎも防げるためダイエットにもなります。

その他の口内炎について

他のことが原因で起こる口内炎がいくつかあります。

ニコチン性口内炎 長い喫煙習慣により口蓋(口の中の上あごの部分)の粘膜が異常に厚みを帯び硬くなったり、舌に白い斑点ができる口内炎です。
アレルギー性口内炎 特定の食べ物や薬などが合わずにアレルギー反応を起こし、口内粘膜が炎症を起こす口内炎です。
ウイルス性口内炎 唾液等の飛沫感染や接触感染によるヘルペスウイルスによる口内炎、
免疫力が低下することで人が元々持つ口の中にあるカンジタとよばれるカビ菌が増殖して起こるカンジタ性口内炎、
淋病、クラミジア、梅毒などのSTD(性感染症)により起こる性感染症口内炎などがあります。

ウイルス性口内炎は、口の中の粘膜に多数の細かい水泡が作られ赤くただれて、時には発熱が起こる特徴があります。

口内炎は、他の要因で起こるものがあることがわかります。
中には深刻なものもありますので、心当たりのある方は自分の生活を見直してみるといいかもしれません。

おわりに

今まで口内炎についてそれぞれの症状や原因を簡単に見てきましたが、
仮に口内炎ができてしまった場合は、適切な対策を施したいものですね。

タイトルとURLをコピーしました