つらい身体の冷えを改善する食事と運動

冷えの原因となる食事

「毎年冬になると身体が冷えて仕方がない」─そんな悩みをお持ちの方、もしかしたら普段から身体が冷えるものばかり口にしていませんか?

例えば、冷たい飲み物、アイスクリーム、また過度なダイエットによる野菜中心の食生活など、、、
ドキッとされた方、こうした食生活を中心にしているとまた体が冷えて眠れない日々を送ることになりますよ。

冷えた飲み物やアイスクリームなどは言わずもがな、身体を冷やしてしまいますね。
しかしその他の普段口にする食べ物も一部は身体を冷やす原因となってしまいます。

以下の野菜は身体の冷えの原因となると言われています。

野菜 レタス、きゅうり、トマト、なす
果物 キウイフルーツ、すいか、レモン、メロン
その他 豆腐、そば、白砂糖またはそれを含む加工食品

以上、代表的なものをあげてみました。
こうしてみると暑い季節によく食べるものが多いことが判ります。

ただ夏の暑い時期なら身体を冷やすために有効かもしれませんが、冬の身体が冷える時期に進んで摂取するのはあまりお薦めできません。
ちなみにビールも身体を冷やしてしまいますので冬場に寝酒などは控えた方が良さそうです。

身体を温める食事

身体を温める食物は冬が旬のものが多いようです。

野菜 にんじん、たまねぎ、じゃがいも、かぼちゃ
果物 りんご、いちじく、プルーン、あんず
その他 牛肉、玄米、生姜

よく私たちが冬に食する物が多いのでわかりやすいですね。
身体が冷える季節には上記の食物を習慣的に口にするとよいでしょう。

鍋やにくじゃがなど冬の食材をうまく活用したメニューもたくさんあります。
カレーなども合いそうですね。

ちなみにお酒でいえば、日本酒やワインは身体を温める効果があります。

もうひとつの冷え症の原因は運動不足?

日常で体を動かす習慣が無くなってしまうと身体全体に熱が伝わりにくくなってしまい、結果として冷え症を引き起こしやすくなります。

ただでさえ、冬場は体温を逃がさないために身体の中心に血液が集中してしまうため、四肢の末端などは非常に冷えやすくなっています。
そのため、血流を活発にして熱を身体全体に行き渡らせる必要があります。

しかしそうは言っても冬は外が寒く、肩こりなど疲れがたまりやすいこともあり、なかなか身体を動かそうというモチベーションが湧きませんよね。

そこで今回は家でも簡単にできる「血行促進運動」をまとめてみました。

自宅で効率的に身体を動かすだけで血流が改善!

ウォーキングやランニングなど、外で身体を動かすことで十分に身体を温めることができますが、できるだけ寒い中での運動は避けたい方やどうも気乗りしないという方もいらっしゃるでしょう。

そのような方のために家でもできる簡単な運動をご紹介します。

足踏み
10分間腕を大きく振りながら足踏みをします。もし疲れるようなら5分を2セット行う形でも構いません。
(団地住まいの方は下の階の方の迷惑にならないように静かに行いましょう)

スクワット
スクワットは数ある筋力トレーニングの中でも最もカロリー消費が大きく、筋肉の増強に最適だと言われています。
腹直筋、大殿筋、そして太ももの筋肉など、身体の中でも大きい筋肉に適度な負荷をかけるため、身体全体の血行促進にはもってこいと言えるでしょう。
また、毎日20回前後を行うことで血流と自律神経のバランスが改善することから、多くの方に絶賛されているトレーニングです。

ふくらはぎのトレーニング
ふくらはぎの筋肉は収縮と拡大を繰り返すことによって血液を心臓に送り届けており、下半身の血流において重要な役割を果たしています。
この筋肉が弱まると血流の「押上げ」がうまく行われず、老廃物が足に溜まりやすくなり、下半身の冷えの原因にもなります。
ふくらはぎの筋肉を鍛えるには、かかとを上げ下げしてかかとの曲げ伸ばしを行う「カーフレイズ」がお薦めです。
鍛えると言っても筋肉を肥大させる必要はないので、適度に負荷がかかる程度の運動を日常的に行えば十分と言えるでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

食事の偏りや運動不足に覚えのある方は多少なりとも耳が痛い内容だったかもしれません。
冷え症は外からの寒さだけが原因ではなく、自身の身体が生み出している「冷え」にも大いに原因はあるのです。

しかし、原因が判れば対策すればよいだけです。
個々のペースでいいので早速今晩からでも今回紹介した方法を試してみましょう。

特に今年の冬は寒くなりそうですから早いうちから準備をしておいた方が良さそうですね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました