貧血の予防に効果的な食物は?ヘモグロビンの作用を強めよう

貧血になるのは「鉄」が不足しているから

貧血は栄養や酸素不足でおこるという声もあるようですが、ただしくは鉄の不足から起きることが分かっています。

鉄が不足すると赤血球に含まれるヘモグロビンの作用が弱まり、酸素や様々な栄養素の運搬ができにくくなってしまい、結果として貧血になるのです。

このような状態になると貧血以外にもめまい、息切れ、また食欲不振という症状も顔を出してきます。

ヘモグロビンの作用が弱まるのはなぜ?

赤血球のヘモグロビンはヘムと呼ばれる鉄を含む赤い色素とたんぱく質で構成されています。

そのため鉄分が不足するとこのヘモグロビンが血液の中で作られないため、身体に必要不可欠な酸素、栄養素、またエネルギーなどの供給が行われなくなります。

こうした鉄の不足から起こる貧血を鉄欠乏性貧血と呼ばれており、貧血の原因の9割はこれに該当します。

鉄分摂取にはレバーと刺身が効果的

この鉄欠乏性貧血を解消するには、名前の通りですが、鉄分を摂取するのが一番です。

最も効果的なのは牛レバー、マグロなどの赤身魚(特に血合いの部分)、そして鉄分を多く含む納豆でしょうか。
昔から言われているようにこれらは鉄不足に最適と言われており、その説は現代でも変わりません。

しかし、ただそれだけ摂ればいいというものでもなく、良質のたんぱく質と一緒に摂取することで健康なヘモグロビンを生成できるようです。

レバーには鉄だけでなく「銅」も含まれる

鉄は知っているけれど銅とは何?と思った方、これはヘモグロビンに鉄を渡すという大役を担っており、実は貧血を治すにはこの銅も摂取する必要があるのです。

この銅はかきやかつおといった魚介類、または小麦に多く含有されていますが、レバーは鉄以外にもなんとこの銅も多量に含んでいるので一挙両得なのです。

そのほかのおススメの食べ物

「貧血には鉄分が必須だと言うことは理解できたけど、レバーも赤身魚もちょっと苦手」という方々のために他のおススメの食材も並べてみました。

  • 高野豆腐
  • ひじき
  • カシューナッツ
  • シャコ
  • ほうれん草

中でも豆腐、ひじき、そしてほうれん草は日々の食材として簡単に入手できます。
そのまま食べ辛いのであればいろいろと調理してみると面白いかもしれません。
まずはお試しあれ。

貧血の方が控えるべき栄養素

コーヒーや紅茶に含まれるタンニンと乳製品のカルシウムは鉄の吸収を阻害するといわれています。
摂る場合はなるべく2時間以上経過してからにしましょう。

また、レバーや刺身は鉄分をとるのに最適なメニューですが、過剰摂取など偏りはよくありません。
ビタミンやお酢なども混ぜてなるべくバランスよく摂取するように心掛けてください。

おわりに

いかがでしたか?
いま現在貧血でお悩みの方に少しでも参考になれば幸いです。

早い話、貧血とは身体が酸欠の状態をいいます。そのためなるべく赤血球のヘモグロビンを活性化させて酸素を全身に運ばせなければならないのです。

鉄分だけならそれに特化した錠剤も販売されていますが、どうせなら美味しく摂取したいですよね。
そのために今回は身近な食材をご紹介させていただきました。

他の食材と組み合わせて調理すれば治るまでのプロセスも楽しめるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました